パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ新築ホテル情報 ホテル情報

パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)

投稿日:2017年7月7日 更新日:


パタヤ新築ホテル情報を一新しました。
記事の構造を変えて、地図も追加。かなり見やすくなったと思います。
最新のホテル情報を盛り込んでいます。
せっかくのパタヤ滞在。予算が許すなら、なるべく綺麗で快適な部屋に泊まりたいところです。

現地で実際に確認したものと、そうでないものがあります。
ご利用の際は、リンク先をよく確認してからお願いします。

Agoda
Booking.com
Expedia
Hotels.com
じゃらんnet海外ホテル

それぞれにリンクを貼っています。
空室状況、最安値、条件が調べやすいかと思います。
ポイントなどを貯めている人は、それぞれお好きなサイトでチェックしてください。

大雑把に地区ごとに分けています。

参考価格は、ローシーズンでの価格を調べたもの。ハイシーズンはこれより高くなります。
各予約サイトによってバラつきがあります。
また、プロモーションや直前割引などで大幅に安くなるケースもあれば、満室間近で割高になるケースもある。あくまで目安としてお考えください。

【更新履歴】
2017年11月5日:セントラルパタヤに、アットマインドエクスクルーシブを追加。
2017年9月20日:ノースパタヤにル バリ リゾーツ&スパを追加、パタヤタイにナルサバ ブティック パタヤを追加、ソイブッカオにPace Residence Pattayaを追加
2017年8月6日:ソイブッカオに、Pプラスホテル、ウィスパーホテルを追加
2017年8月6日:セカンドロードに、スヌーズゾテルを追加
2017年8月8日:パタヤタイに、ザ グラス サービスド スイーツを追加

目次

パタヤホテル地図

パタヤ新築ホテルとホテル宿泊レポートの一覧を地図で示しておいた。
ピンクのホテルマークが、レポート付きの新築ホテルの場所。
ピンクの吹き出しマークが、レポートなしの新築ホテルの場所。
青色のホテルマークが、詳細なレポートありのホテルの場所。
レポートありの場合、当該記事へのリンクを貼っています。まだ、代表してAgodaで詳細が見られるようにリンクを貼っています。
地図右上の四角いところをクリックすると、別枠で拡大した地図が見られます。

ビーチロードからセカンドロード付近

地理に不安のあるパタヤ初心者から、何度も訪れているパタヤリピーターまで、とにかく便利なのがビーチロードからセカンドロードにかけてのエリア。
特にソイ10にあるホテルは定番中の定番。完全なパタヤ初心者でも、まずはここに泊まっておけば大丈夫です。

シーミースプリングツリー(Sea Me Spring Tree Hotel)

sea-me-spring-tree-7

ビーチロードソイ10に新規オープンした新築ホテル。開業は2016年9月2日。
部屋はぴかぴか。屋上プールは、かろうじてシービュー。

sea-me-spring-tree-17

詳しい内部見学レポートはこちらから。
【予約開始】オープンしたてのシーミースプリング3(SEA ME SPRING TREE)内部を見学してきた

参考価格:1600B

シーミースプリングツリー(Sea Me Spring Tree Hotel)予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
ブッキングドットコム

Deep Blue Z10(ディープブルーZ10)

deep-blue-z10-hotel-pattaya-11

ビーチロードのソイ10にビーチ寄りに完成した新築ホテル。2016年暮れにぎりぎりソフトオープンした。
部屋はもちろんぴかぴかだが、やや部屋は狭い。
高層階はオーシャンビューとなっている。

deep-blue-z10-ocean-view-6

詳しい内部見学レポートはこちらから。
オーシャンビューあり。ビーチロードソイ10の新築ホテル、Deep Blue Z10内部見学レポート。

参考価格:2000B

Deep Blue Z10(ディープブルーZ10)予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
ブッキングドットコム

ソイ10には、新築ではないが、築浅で充分に綺麗なホテルがいくつもある。

ページ 10 ホテル (Page 10 Hotel)
ザ ステイ ホテル (The Stay Hotel)
シー ミー スプリング ホテル (Sea Me Spring Hotel)
シー ミー スプリング トゥー ホテル (Sea Me Spring Too Hotel)

これらの中から選べば、間違い無し。

メラ マーレ ホテル パタヤ (Mera Mare Hotel Pattaya)

mera-mare-1

2016年開業の新築ホテル。
ノースパタヤのハードロックホテル近く。ビーチは目の前。シービュールームあり。
宿泊棟手前のカフェレストラン、その上がスイミングプール。
高級な部類のホテル。

参考価格:2500バーツ

メラ マーレ ホテル パタヤ予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
じゃらん
ブッキングドットコム

E アウトフィッティング ブティック ホテル パタヤ

イーアウトフィッティングホテル (2)

セカンドロードソイ8の奥にある。セントラルフェスティバル目の前の好立地。2015年改築新装のブティックホテル。穴場的ホテル。部屋は清潔。緑の生い茂る敷地内はパタヤのオアシス。

e-out-fitting-pattaya-5

詳しい宿泊レポートはこちらから
センタン徒歩1分。E アウトフィッティング ブティック ホテル パタヤ (E-Outfitting Boutique Hotel Pattaya)宿泊レポート

参考価格:1200バーツ

スタジオ セントラル パタヤ バイ アイチェック イン (Studio Central Pattaya by iCheck inn)

ソイ7ホテルアイチェックイン (1)

ソイ7のセカンドロード側にある。ソイ7は、いわずと知れたバー通り。立地条件が良すぎて、深夜まで爆音が響いている。部屋によっては静かなようだ。
2015年末頃、元々あった建物を改築して新装オープン。アイチェックイングループは部屋が綺麗だと評価が高い。が、すでに劣化地し始めたとの口コミも。
価格は安めなので、部屋次第では利用価値高し。バービア好き向け。
(追記)2017年後半にJ.P Innと名称変更。外観に変わりなし。おそらくアイチェックイングループから外れたものと思われる。

参考価格:600バーツ

The Base Condo(ザ・ベース・コンド・パタヤ)

The base pattaya

セカンドロード沿い、ソイハニーとソイダイアナの間にある高層コンドミニアムを業者がホテルとして貸し出している。
2016年開業の新築コンドだ。部屋によっては見晴らし最高であろう。
業者によって予約先が異なる。
現状では、ブッキングドットコムで予約が可能。

参考価格:1500バーツ

ブッキングドットコム予約先。それぞれ部屋の階層やグレードや条件が異なる。よく確かめたほうがいい。

ザ ベース コンド パタヤ バイ マイパタヤプロパティ(The Base Condo Pattaya by Mypattayaproperty)

ザ コジ― @ ザ ベース パタヤ

ザ ベース アパートメント バイ ココ

NEW!スヌーズゾテル (SnoozZotel)

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)

ソイ12のセカンドロード側。LKメトロもウォーキングストリートも徒歩圏内で便利な立地。2017年に改築しており、室内はぴかぴか。ただし、安いグレードの部屋には窓がなく狭いのが難点。

詳しい内部見学レポート⇒2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

参考価格:750バーツ

スヌーズゾテル (SnoozZotel)予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム

ノースパタヤ(パタヤヌア)付近

ビーチロード付近以外のノースパタヤ地区にあるホテル。
ビーチロードロードからは離れるため、初心者にはやや不便となるが、日本人向けの施設や飲食店が多いエリアでもある。

ル バリ リゾーツ&スパ (Le Bali Resort & Spa)

Agodaルバリリゾーツ&スパ (1)

ノースパタヤロードとサードロード交差点近くにオープンした完全新築の豪華リゾートホテル。
少し前に完成していたが、ようやく予約開始となった。

Agodaルバリリゾーツ&スパ (2)

部屋はバスタブ付き。
ノースパタヤのバスターミナルへは近いが、夜遊びには少々不便かも。

参考価格:3500バーツ

ル バリ リゾーツ&スパ (Le Bali Resort & Spa)予約先

アゴダ

ブッキングドットコム

グランドパラッツォ(Grand Palazzo Hotel Pattaya)

Grand Palazzo Hotel Pattaya

ノースパタヤの新しくなったビッグC(セントラルマリーナ)のすぐ裏手にある大型新築ホテル。
敷地入り口にセブンイレブンあり。ビッグC、セントラルマリーナと合わせて、買い物はとてつもなく便利。
ホテル前の道はディスコハリウッドへ通じている。徒歩数分。深夜までハリウッドで遊んでも千鳥足で歩いて帰れる距離。
Agoda情報によれば、一番下のグレードの部屋でも50平米ある。

Image
プレミアスーペリアはバスタブ付きの模様。
Image
雰囲気は高級ホテルのたたずまいだ。

参考価格:2200B

ザ LD ブティック (The LD Boutique)

The LD Boutique Hotel (1)

ノースパタヤのサードロード近くにある新築ホテル。2016年オープン。

The LD Boutique Hotel (11)
部屋は広くて快適。キッチン付き。バスタブはないが、シャワーの温度調節がデジタルで可能。
レンタルバイクがあれば便利な立地。すぐ近くにゴルフの打ちっぱなし場がある。
マンスリープランが激安。

詳細な宿泊レポートはこちらから。
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

ザ LD ブティック (The LD Boutique)予約先

アゴダ

セントラルパタヤ(パタヤカン)付近

パタヤカン(セントラルパタヤロード付近)にあるホテル。パタヤ中心部ともいえるが、大通りから少し中に入ったところにホテルがあるため、慣れないうちは移動が少しむずかしい。まったくの初心者は避けたほうがいいが、数回目のパタヤなら問題ない。
質が良く、価格も安めのホテルが多い。

アット マインド プレミア スイーツ ホテル(At Mind Premier Suites Hotel)

アットマインドプレミアスイーツホテル (2)

パタヤカンソイ12を少し入ったところにある新築のサービスアパートメント型ホテル。おそらく2015年完成、2016年開業。
アットマインドグループは施設やサービスに定評あり。スイミングプール、フィットネスジム完備。サウナもある。
部屋には洗濯機、キッチン、電子レンジもあり、さらにテレビは日本語放送対応。日本のTVがリアルタイムで見られる。朝食は味噌汁付き。

アットマインドプレミアスイーツホテル室内 (10)

詳細な宿泊レポートはこちらから。
新築で清潔!洗濯機付き!日本語TV放送でオリンピックも見れる!アットマインドプレミアスイーツホテル宿泊レポート@パタヤカン

参考価格:1100バーツ

アット マインド エクスクルーシブ パタヤ (At Mind Exclusive Pattaya)

アットマインドエクスクルーシブパタヤホテル (24)

2017年11月頃オープンの完全新築ホテル。上掲のアットマインドプレミアスイーツと同じソイ12の中にある。
完成したてのため、すべてが真新しい。まさにぴかぴか。
日本語テレビ放送、洗濯機、電子レンジ、バスタブはもちろん、トイレにはウォシュレットまで装備。

アットマインドエクスクルーシブパタヤホテル (14)

スイミングプール、サウナ、フィットネスジム付きだが、11月現在はソフトオープンのためサウナは利用できない可能性がある。

詳細な内部見学レポートはこちら。
日本語テレビ、ウォシュレット、バスタブ、洗濯機付きの完全新築ホテル、アットマインド エクスクルーシブパタヤ

参考価格:1700バーツ(ハイシーズン)

アット マインド エクスクルーシブ パタヤ予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
ブッキングドットコム

ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)

Nova Express Pattaya (1)

パタヤカンからサードロードへ抜ける道にある新築ホテル。2016年開業。
部屋はやや狭めながら、清潔で綺麗。ぴかぴかだ。

Nova express room (3)

屋上のプールが気持ちいい。フィットネスも併設。

Nova express swimming pool (4)

詳細な宿泊レポートはこちらから。
新築ホテル、ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)宿泊レポート

参考価格:1000バーツ

マーチホテル(MARCH HOTEL)

マーチホテル

march-hotel-pattaya-5

2015年夏頃にオープンした新築ホテル。
エイプリルスイーツ、オーガストスイーツ系で、サービスには定評がある。日本人利用者多し。
スイミングプール、フィットネスジム付き。バスタブ付きの部屋もあり。普通にいいホテル。
場所は、パタヤカン(セントラルパタヤロード)ソイ16を奥に入っていったところ。セカンドロードからは、セカンドロードのソイ5から入っていくと、パタヤカンソイ16に突き当たる。

詳細は宿泊レポートはこちらから
検索 マーチホテル マーチホテル (March Hotel)宿泊レポート。ほぼ新築で清潔、コスパ高し。

参考価格:1000バーツ

ベッドタイムパタヤ(BED TIME PATTAYA)

ベッドタイムパタヤホテル (2)

パタヤカンのソイ16にある。パタヤカンの食堂群の横から入ってすぐ。
2015年開業の新築ホテル。
立地的にはまったく問題ない。部屋は狭いが、とても清潔で綺麗。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (1)

節約派にはかなりおすすめのホテルだ。でも、できればバルコニー付きの部屋にしたほうが良さそう。

実際の宿泊レポートはこちらでどうぞ。
ベッドタイムパタヤ宿泊レポート@パタヤカン。部屋は狭いが新築で立地条件も良好。

参考価格:700バーツ

ベッドタイムパタヤ(BED TIME PATTAYA)予約先

Agodaでチェック
エクスペディアでチェック
Hotels.comでチェック
じゃらんでチェック

サウスパタヤ(パタヤタイ)付近

サウスパタヤロード(パタヤタイ)付近にあるホテル。ローカルなエリアではあるが、ウォーキングストリートへは近い。
一部ホテルをのぞいて、初心者でも安心のエリア。特にアサナホテルはウォーキングストリート至近の好立地であり、日本人フレンドリーなホテルとなっている。

アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)

Asana hotel pattaya (31)

2017年7月現在、パタヤ最新ホテル。
オープンしたてでピカピカ。
ウォーキングストリートまで徒歩5分の好立地。周囲にはコンビニも屋台もたくさんある。
部屋は広くて、キッチン付き。基本的に全室バスタブ付き。

Asana hotel deluxe (6)

より詳細な内部見学レポートはこちらから。徹底解説しています。
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

参考価格:1500バーツ

アサナ ホテル&レジデンス予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
ブッキングドットコム

ナルサバ ブティック パタヤ (Noursabah Pattaya)

Agodaナルサバ

パタヤタイにある宮殿のようなホテル。2016年末に建築を終えて開業した模様。
ヌールサバとも表記する。

完成前の様子
ナルサバ ブティック パタヤ

プールを取り囲むようにして客室が並ぶ。
ベッドは天蓋付き。女性が大変喜びそうな部屋。

Agodaナルサバブティック

特定の相手としっぽり過ごすには良さそう。
やや立地は不便だが少し歩けば乗り合いソンテウ利用可。

参考価格:1800バーツ

ナルサバ ブティック パタヤ (Noursabah Pattaya)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

ブッキングドットコム

ザ グラス サービスド スイーツ (The Grass Serviced Suites)

The grass pattaya (1)

パタヤタイ(サウスパタヤロード)のスクンビット近くに建つ新築コンドミニアム、The Grassをホテル(サービスアパートメント)として貸し出している。
アットマインドグループが、2016年中頃からホテル事業を始めたようだ。

THE GRASS Agoda (2)

部屋はリビングと寝室に分かれていて、キッチンもあり。
どうやら、他のアットマインド系列ホテルと同じくテレビは日本のチャンネルがリアルタイムが見られるそうだ。
スイミングプール、サウナあり。
コンビニは敷地内とすぐ裏手にあり、ビッグCが道路向かいにある。すぐ横はムーガタ・チムチュムで有名なバーカディンと韓国かき氷のIce Frost。
ソンテウルート内なので、ウォーキングストリートで遊ぶだけなら問題なさそうだが、あとの夜遊びにはやや不便。
コンド裏道を抜けると、ソイボンコットへ通じており、レンタルバイクがあれば、いろいろ遊べる。
THE GRASSは、意外と住んでいる日本人が多いとのこと(コンド所有のタイ人情報)。

より詳しい紹介記事⇒The Grass Serviced Suitesはアットマインドグループの新築サービスアパートメント

参考価格:770バーツ

ザ グラス サービスド スイーツ (The Grass Serviced Suites)予約先

アゴダ

ブッキングドットコム

レ バス レジデンス (Le Bus Residence)

Le bus residence pattaya (25)

パタヤタイからさらに奥に進んだソイコーパイにある新築ホテル。2016年オープンで真新しい。
部屋はほどほどに広くて綺麗。オットマン付きのソファーチェアが置いてある。電子レンジもあり。

Le bus residence pattaya (12)

ビーチロード付近なら2000バーツ近くしそうな部屋。
レンタルバイク派には、かなりおすすめ。

詳細な宿泊レポートはこちらから。
ソイコーパイの新築ホテル、レ バス レジデンス (Le Bus Residence)宿泊レポート

参考価格:700バーツ

レ バス レジデンス 予約先

アゴダ

ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)

Pintree service apartment pattaya (2)

2015年開業のサービスアパートメント。サウスパタヤロード沿いにあって、立地条件はいい。ウォーキングストリートまではぎりぎり徒歩圏内。
とにかく部屋が広い。大きなソファーと大きなテレビ。奥に寝室があって、さらにキッチンエリアまで。これほど広い部屋はパタヤ中心部では珍しい。

Pintree service apartment pattaya (15)

プールはないが、フィットネスジムは完備。

詳細な宿泊レポートはこちらから。
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

参考価格:1000バーツ

ピンツリー サービス アパートメント予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
じゃらん
ブッキングドットコム

ソイブッカオ付近

パタヤ好きを虜にしてやまないソイブッカオである。完全なパタヤ初心者はちょっと遠慮したほうがいいかもしれないが、旅慣れしている人なら大丈夫。ビーチロードやウォーキングストリート付近に比べると、物価が3分の2か半分ほどになる。ホテル代も安くなる。ただ、新築ホテルは少なめ。

P プラス ホテル(P Plus Hotel)

Pプラスホテル P Plus hotel

2017年7月にオープンしたばかりの完全新築ホテル。場所はソイエキサイト入り口。ソイブッカオ至近、もちろんLKメトロも近い。
ソイブッカオやLKメトロ界隈では屈指の完全新築ホテル。現在のところ、すべての施設が完成しているわけではなくソフトオープン状態。

参考価格:1300バーツ

P プラス ホテル(P Plus Hotel)予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
ブッキングドットコム

ザ ウィスパー ホテル (The whisper hotel)

The whisper hotel ウィスパーホテル

セカンドロードのソイ15からソイブッカオへ抜ける道にある新築ホテル。2017年7月オープン。
いわゆる2階建てバービアの脇道(泥道)と言えば、わかる人にはわかるが、やはりちょっとわかりづらい。セカンドロードやソイブッカオへ行くには中途半端な位置にある。それだけに知名度も低く、お値段安め。意外と狙い目かも。

参考価格:1200バーツ

ザ ウィスパー ホテル (The whisper hotel)予約先

アゴダ
ブッキングドットコム

Pace Residence Pattaya

Pace Residence Pattaya (1)

2016年オープンの新築ゲストハウス。最近ようやくホテル予約サイトでの取り扱いが始まった。
場所は、ソイブッカオの市民病院前あたりの新しいゲストハウス群の一角。
このあたりのホテルやゲストハウス、マッサージ屋はどれも新しい。

Pace Residence Pattaya (2)

LKメトロは余裕の徒歩圏内。ソイ15へ通じていて、パタヤアベニューへも歩いていける。
最近ようやく知名度が上がってきたが、まだまだ穴場のエリア。

参考価格:800バーツ

Pace Residence Pattaya予約先

アゴダ

D ホテル パタヤ (D Hotel Pattaya)

d-hotel-pattaya-10

2016年開業。ソイブッカオでは数少ない新築系ホテル。
部屋は広くて清潔。屋上プールが気持ちいい。

d-hotel-pattaya-16

詳細な内部見学レポートはこちらから。
ソイブッカオの新築ホテル紹介。屋上プールが見晴らし最高のDホテルと、アットホームなBAAN BUAKHAO。

参考価格:1100バーツ

D ホテル パタヤ (D Hotel Pattaya)予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
じゃらん

さらに、同系列のDエクスプレスアパートメントも近くにある。同じく屋上プール付きで、部屋は広い。
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

立地条件はDホテルのほうが上。ソイブッカオ至近なのでとにかく便利。

センタラ アズール ホテル パタヤ (Centara Azure Hotel Pattaya)

centara-azure-deluxe-room-13

centara-azure-hotel-pattaya-7

ソイブッカオとセカンドロードを結ぶソイ15にできた新築ホテル&コンドミニアム。
2016年の年末にオープンしたばかり。
部屋は、トイレとシャワーと洗面台がセパレートになっている。スライダー付きのプールが魅力的。

詳しい内部見学レポートはこちらから。
ソイブッカオ新築ホテル、センタラ アズール ホテル(Centara Azure Hotel Pattaya)内部見学レポート

参考価格:2300B

センタラ アズール ホテル パタヤ予約先

アゴダ
ブッキングドットコム

センタラアヴェニューホテルパタヤ(Centra Avenue Hotel Pattaya)

Centra Avenue Hotel Pattaya (5)

ソイダイアナとブッカオを結ぶ路地の奥に建つ新築ホテル。2015年オープン。
有名なアレカロッジの裏手にあたる。
LKメトロまでは歩いて3分ほどの好立地。

参考価格:1400バーツ

ザ ムーンライト プレイス(The Moonlight Place)

ムーンライト2

moonlightplace-pattaya-hotel-6
場所は、ソイハニーイン(セカンドロード・ソイ11)のソイブッカオ寄り北側の路地を入って右手。ソイブッカオまで徒歩1,2分。
アパートを改築したと思しきホテル。まだまだ新しい。部屋は広くて快適。夜は静か。
セントラルフェスティバルが近い。昼はソイハニー、夜はLKメトロと遊びに最適。立地条件はかなりいい。

詳しい宿泊レポートはこちら
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

参考価格:700バーツ

ザ ムーンライト プレイス予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
じゃらん
ブッキングドットコム

サードロード付近

ソイブッカオからサードロードを渡った先にあるエリア。俄然ローカルとなるが、意外と便利なエリア。物価は安い。
ある程度パタヤに慣れてきた人向け。

LKプレジデント(LK PRESIDENT)

LKプレジデント (18)

LKプレジデント (10)

2015年年末から2016年新年にかけてソフトオープンした新築ホテル。
その後、ようやく高層階も本格オープンにこぎつけたようだ。高層階からの眺めは高評価。
サードロード沿いだが、ソイLKメトロまでは徒歩5分の好立地。

詳しくはこちらの記事を参考に。
LKグループの新築ホテル、LK Presidentが営業開始。ホテル部屋内部の様子をレポート。

参考価格:1400バーツ

ザコーナーロッジ(THE CORNER LODGE)

コーナーロッジthecornerlodgepattaya (7)

サードロードを渡り、ソイボンコットに入り、さらに奥まで進んだところ。ソイでいえば、パタヤタイソイ10にある新築ホテル。2016年オープン。

コーナーロッジ部屋内部 (9)

部屋は木目フローリングで綺麗。電子レンジあり。スイミングプールとジムもある。
立地条件は悪いが、コスパは最高だ。レンタルバイク派にはかなりおすすめ。

詳しい宿泊レポートはこちら。
コスパ最強の完全新築ホテル!コーナーロッジ宿泊レポート@パタヤタイ・ソイボンコット

参考価格:680バーツ

まだまだ新しいホテル

2014年以前にオープンや改築を終えたホテルを集めてみた。
地域はばらばらです。

Travelodge Pattaya(プレミアイン、オゾパタヤ)

プレミアイン

オゾホテル

2014年オープンでまだまだ新しいホテル。セカンドロードとソイブッカオを結ぶソイ15にある。
元はオゾパタヤ。その後、ホテル名がPremier Inn Pattayaに変更となった。さらに2017年、Travelodge Pattayaへ名称変更。めまぐるしいが中身に変化なし。
パタヤ・アヴェニューの裏口の近く。アレカロッジの裏門の前あたりだ。
アレカロッジ横の脇道を抜ければ、ソイLKメトロも至近。とても便利な立地。
あまり値が下がらないのがネック。

参考価格:1100バーツ

メルキュールパタヤオーシャンリゾート(Mercure Pattaya Ocean Resort)

メルキュールパタヤオーシャンリゾート

ノースパタヤ、ビーチロードのソイ1。
2014年オープン。
見た目も豪華なリゾートホテル。

参考価格:2,000バーツ

セレノテルパタヤ(SERENOTEL PATTAYA BEACH FRONT)

ホテルセレノテルパタヤ1

ビーチロードのソイ10、しかもビーチ近くという最高の立地。
竣工は2014年だが、実際に稼働し始めたのは2015年から。
立地はいいが部屋は狹いと評価は今ひとつ。高層階のシービューの部屋にすれば広くなるようだ。

参考価格:1400バーツ

R コン ホテル アット サイアム (R-Con Hotel @ Siam)

Rコンサイアム2
2014年オープン。当初はグロウセントラルだったが、いきなりRコン・グループへ名称変更。
ソイブッカオ北側のクランクコーナーから少し入ったところ。常設市場も近い。
ブッカオ沿いにバービアが点在しているが、少し奥まった場所にあるのでとても静か。

r-con-hotelsiam-33

部屋はとにかく広くて日当たりも良好。コスパは良好だ。

詳細な宿泊レポートはこちらから
R コン ホテル アット サイアム (R-Con Hotel @ Siam)宿泊レポート@ソイブッカオ

参考価格:900バーツ

アデルフィ パタヤ(Adelphi Pattaya Hotel)

ホテルアデルフィパタヤ

ソイブッカオのPPボディマッサージの目の前。
2014年改築改装。以前の名称は、ヴィラパナリーホテル。
ブッカオ常設市場まではとても近い。LKメトロは徒歩圏内、ウォーキングストリートまではソンテウで一本。
すぐ隣にローカルディスコがあり、部屋によってはうるさいかも。

参考価格:1300バーツ

T5 スイ―ツ (T5 Suites)

T5 suites hotel (29)

タップラヤー通りにある2013年完成のホテル。
築4年ほど経過しているが、まだまだ清潔。部屋は広くて、バルコニー付き。

T5 suites hotel (9)

コスパはかなり高い。スイミングプールがないのが残念か。
ウォーキングストリートまではソンテウを使えば、5分ほど。ジョムティエンビーチへも行きやすい。
パタヤ初心者は泊まってはいけないが、少し慣れている人やレンタルバイク派には申し分ない。おすすめ。

詳細な宿泊レポートはこちら。
コスパ上々の優良ホテル、T5 スイ―ツ (T5 Suites)宿泊レポート

参考価格:600バーツ

まとめ

並べてみると、パタヤの新築ホテルは意外と多い。
結局、どこがいいのかわからないという人もいるかも。

まったく初めてパタヤを訪れるなら、ソイ10のホテルがベスト。シーミースプリングのどれかに泊まれば間違いない。少し値は張るが、立地と設備は申し分なし。道に迷う心配もない。パタヤのホテルのレベルの高さを身をもって味わえるでしょう。
ウォーキングストリートを中心に遊ぶつもりなら、サウスパタヤのアサナホテルが一番おすすめ。バスタブ付きで快適。ここならウォーキングストリートまで歩いて行けて安心。

パタヤ2回目以降は、少し冒険してもいいかなと。
ソイブッカオなら、Dホテルがおすすめ。屋上プールが気持ちいい。もしきは、パタヤで一番新しいホテルといえるPプラスホテルもいいだろう。
パタヤカン(セントラルパタヤ)なら、マーチホテルかアットマインドプレミアスイーツ。特にアットマインドの設備の充実ぶりはすごい。

レンタルバイク派には、コーナーロッジとレバスレジデンスが2強。コスパ重視ですね。

予算と経験と遊び方に応じたホテルを選択できるのが、パタヤのいいところ。
ホテル探しもまた旅の楽しみです。

パタヤのホテル予約先一覧はこちらからどうぞ。

タイ旅行好きならクレジットカードも忘れずにどうぞ。
タイ旅行好き必携!? リクルートカードJCBを作ってみた。

SPONSOR LINK

-パタヤ新築ホテル情報, ホテル情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.