*

【予約開始】オープンしたてのシーミースプリング3(SEA ME SPRING TREE)内部を見学してきた

公開日: : 最終更新日:2016/11/05 ホテル情報


ビーチロードソイ10にシーミースプリングの新館がオープンしていた。
レセプションで話を聞いてみると、2016年9月2日から営業を開始したとのこと。
完成したての完全新築ホテルだ。しかも、定評のあるシーミースプリングの新館である。
さっそく、内部を見学させてもらった。

SPONSOR LINK

SEA ME SPRING TREE

sea-me-spring-tree-5

ホテル名の表記は、SEA ME SPRING TREE
TREEとTHREEをかけているのだろう。つまり3号館だ。

場所はソイ10のかなりビーチ寄り。ビーチまでは徒歩2分くらい。
シーミースプリング2のすぐ向かい側にある。

↓左がシーミースプリング3、前方がビーチ、右がシーミースプリング2
sea-me-spring-tree-2

ホテル外観
sea-me-spring-tree-3

玄関
sea-me-spring-tree-4

ロビー脇は、カフェになっている模様。料理については不明。
sea-me-spring-tree-1

さっそくホテル内部を見学させてもらう。
こういった新しいホテルでは、部屋内部見学大歓迎なので、遠慮せずにどんどん頼むべし。
わたしと同じタイミングでファラングループも見学してましたね。

物腰柔らかなボーイが案内してくれました。

sea-me-spring-tree-16

シックな雰囲気な廊下は、他のシーミースプリングと同じ。ちょっと照明暗い目。

部屋内部

Me Roomという一番下のグレードの部屋となる。

sea-me-spring-tree-7

壁面テレビ
sea-me-spring-tree-8

ソファー
sea-me-spring-tree-10

冷蔵庫と物置
sea-me-spring-tree-11

寝室はちょっと狹い印象。シーミースプリング2のほうが広いだろう。

スーツケース置きとセーフティボックスは、浴室へ続く短い廊下にある。
sea-me-spring-tree-12

その向かい側に、化粧台とイスもある。
sea-me-spring-tree-15

ちょっと変わった構造だ。このあたりは狭くてうまく全体像が撮影できなかった。

浴室はバスタブ付きで日本人にはうれしい。

sea-me-spring-tree-13

タオルは、バスタオルとハンドタオル。
アメニティは、石鹸、シャンプー、シャワーキャップなど、ごく一般的なもの。

sea-me-spring-tree-14

バルコニー付き。

sea-me-spring-tree-9

煙草はこちらで。景観は期待できませんのあしからず。

寝室も浴室も、当たり前ですが、ピカピカです。
でも、Me Roomはちょっと狹い印象。
まあ、ブッカオ界隈の500バーツゲストハウスに比べれば天国みたいなもんだけど。

屋上スイミングプール

シーミースプリング3は、8階建てで屋上にプールがある。

sea-me-spring-tree-19

昼間だというにの、誰も泳いでない。さすが新築ホテルだ。客がいない。

sea-me-spring-tree-17

おお、なんとか海が見える。ぎりぎりシービューだな。
隣のセレノテルホテルの屋上が邪魔でしょうがない。道路向かいのビルも邪魔だなあ。

セントラルフェスティバル側はこんな感じ
sea-me-spring-tree-18

シーミースプリング2の屋上プールが見えますね。

ちなみに、以前のシーミースプリング2屋上プールは見晴らしがよかった。

シーミースプリングツー

現在はかなり視界が狭まったようで残念。

宿泊料金

現在、プロモーション価格で提供中。これは9月30日までの料金となる。この先は不明。

料金表
sea-me-spring-tree-6

たとえば、Me Roomの場合、通常価格が2150バーツ。
メンバーになると割り引き適用。
メンバーってどうやってなるのか尋ねると、無料で登録可能とのこと。あんまりメンバーの意味が無いような。
現金払いで1665バーツ。クレジットカード払いだと1850バーツ。
ビーチ至近の完全新築ホテルだし、こんなもんですかね。

(追記)
ホテル予約サイトでの取扱いがようやく始まった。

試しにアゴダで検索してみると、10月下旬のスタンダードのバスタブ付きで1泊4300円(税別)ほど。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_101916_035714_pm

税込みで、5100円。約1700バーツ。
スタンダードルームは、上掲料金表でのMe  Roomに相当すると思われる。

シーミースプリング3(Sea Me Spring Tree Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

ブッキングドットコム

なお、ジョイナーフィーについては調べてませんが、シーミースプリング2がJF無料なので、3も当然無料だと思われます。

シーミースプリング1と2の予約先はこちらから。

シーミースプリング1をアゴダでチェック

シーミースプリング2をアゴダでチェック

SPONSOR LINK

関連記事

agodaプロモーション (5)

アゴダ10%割引きキャンペーン中。6月11日まで。プロモーションコード記載あり。

タイのホテル予約に強いagodaが、10%割引のキャンペーン中です。 題して、「a

記事を読む

moonlightplace-pattaya-hotel-6

ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、立地条件はとにかくすばらしい。

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル (2)

パタヤカンにある新築ホテル、BED TIME PATTAYA(ベッドタイム)

ベッドタイムパタヤホテル 場所は、パタヤカン・ソイ16。 パタヤカン沿いの屋台村

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_110516_013015_am

ホテルズドットコムの最大12%割り引きクーポン情報。じゃらんのクーポンも継続中。

海外ホテル予約サイトのHotels.com(ホテルズドットコム)が、最大12%割引となるクーポン

記事を読む

eastiny-residence-hotel-pattaya-28

リニューアルしたイースティニー レシデンス (Eastiny Residence Hotel)宿泊レポート@ビーチロードソイ10

ビーチロードのソイ10に位置するイースティニーレジデンス。 ここは、かつての定宿だった。

記事を読む

チャップリンイン (7)

チャップリンイン(Chaplin Inn)宿泊レポート@サードロード。穴場的ホテルで長期滞在可能。

日替わりホテルシリーズ後半戦の2軒目はサードロードへ。 パタヤタイとの交差点近くにあるチャップ

記事を読む

r-con-hotelsiam-10

R コン ホテル アット サイアム (R-Con Hotel @ Siam)宿泊レポート@ソイブッカオ

ソイブッカオ北側にあるRコンホテルアットサイアムに泊まってみた。 一番下のグレードでも部屋がと

記事を読む

Navin mansion2 (12)

パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。 もちろんデイリーのホテル利用も

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

ホテルズドットコムクーポン情報 (2)

ホテルズドットコム(Hotels.com)の10%割引クーポン情報

ホテルズドットコムの割引クーポン ホテルズドットコムは、エクスペディア系列のホテル予約

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑