パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート ホテル情報

R コン ホテル アット サイアム (R-Con Hotel @ Siam)宿泊レポート@ソイブッカオ

投稿日:2016年11月10日 更新日:


ソイブッカオ北側にあるRコンホテルアットサイアムに泊まってみた。
一番下のグレードでも部屋がとにかく広い。
オープンしたのは2014年。まだまだ新しいホテルで、気持ちよく滞在することができた。
一泊だけのつもりがついつい延泊してしまったほど。
かなりコスパの高いホテルです。

SPONSOR LINK



Rコンホテルアットサイアム (R-Con Hotel @ Siam)

r-con-hotelsiam-3

完成当時はGLOWというホテル名だったが、すぐに改称された。
ルームキーは、いまだにGLOWの名が刻まれている。

r-con-hotelsiam-31

レセプション
r-con-hotelsiam-2

チェックインはスムーズ。デポジット無し。

エレベーター
r-con-hotelsiam-6

中規模ホテルのわりには、エレベーターが1機しかない。これはマイナス点。
チェックアウトの正午頃は、非常に混み合う。
また、外出する際もちょっと時間がかかることがある。

デラックスルーム部屋内部

名前はデラックスだが、おそらく、これが一番下のグレード。

r-con-hotelsiam-7

広い。とにかく広い。

r-con-hotelsiam-10

r-con-hotelsiam-12

アゴダ情報によれば、33平米ある。

窓も大きくて、開放的だ。

r-con-hotelsiam-24

ベッドがでかい。
でも、よく見ると、セミダブルサイズのベッドを2つ連結させたもの。
しっかりと固定してあるので、連結部分に落ちることはない。

元々ツインルームとして設計されているせいか、ベッド脇のコンセントの位置が枕の裏側に来てしまう。
それほど不便ではないが。

r-con-hotelsiam-32

サイドテーブルには、読書灯。
あと、目覚し時計兼スピーカーが置いてある。接続ケーブルでスマフォに繋がれば、ガンガンに音楽を流せる。

r-con-hotelsiam-13

ソファー
r-con-hotelsiam-15

食卓と椅子2脚
r-con-hotelsiam-16

さらに奥の窓側には、化粧台と椅子もある。この一角は無駄に広い。

r-con-hotelsiam-33

r-con-hotelsiam-23

クローゼット内に、セーフティボックスあり。

冷蔵庫
r-con-hotelsiam-9
電子ケトルとマグカップとグラス。でもインスタントコーヒー類は置いていない。
無料の水が毎日2本。

液晶テレビは、映りも良好。

r-con-hotelsiam-14

NHKワールドはチャンネルに含まれている。

オープンして2年なのでまだまだ綺麗。
ところどころ劣化が始まっているが、気になるほどではない。

r-con-hotelsiam-8

客室玄関のドアはオートロックではないので要注意。
外出時には必ず自分で鍵をかけること。また、この鍵がちょっと使いにくいのも要注意。外出時は、しっかりロックされていることを確認しよう。

浴室内

r-con-hotelsiam-17

バスタブなし。
シャワーは電気式で、湯温と水圧はまずまず。

r-con-hotelsiam-19

ガラスドアの仕切りと段差があるので、洗面台が濡れることはない。

洗面台。プラスティックコップが2つ用意されている。
r-con-hotelsiam-18

ドライヤー付き。

タオルはバスタオルのみ。ハンドタオルはなかった。

r-con-hotelsiam-20

アメニティは、シャワー室にボディソープとシャンプーがセットされている。
あとは何もない。

バルコニー

r-con-hotelsiam-25

バルコニーは狭い。
室内禁煙につき、喫煙はバルコニーで。
灰皿は自分で用意した。

狭いバルコニーの床にエアコン室外機が置いてあり、室外機からの熱風がもろに当たる。
エアコンをつけていると、ゆっくりバルコニーに滞在するのは厳しい。

でも、室外機前に洗濯物を干しておけばあっという間に乾く。
窓枠や手すりにハンガーをかけられる。

木枠の一部がもげているのは、まあこのレベルのホテルならしょうがないかな。

わたしが泊まったのは、南向きの部屋。しかも最上階の8階だ。

r-con-hotelsiam-22

パタヤタワーも見える。見晴らしはかなりいい。
真下はブッカオ常設市場。
ビーチ方面には、セントラフェスティバルが見える。

Wi-Fi

Wi-Fiは、ユーザー名とパスワードをブラウザ上で入力するタイプ。
1泊だけの予定だったが、3日有効のパスワードをもらえた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_092616_013035_pm

これでログインに成功。
最大速度は、下り6Mbps、上り512Kbps。
実際の接続速度はまずまず良好。たまに切断されることがあり、その度に再度ログインするのは少々面倒だが。

ジョイナーフィー無料

ジョイナーフィー無料。IDチェック&預けあり。
確認済み。

ファミリースイートルーム

スイートルームがこちら。

r-con-hotelsiam-35

リビングと寝室に分かれている。
キッチンもあり。

r-con-hotelsiam-1

浴室にはバスタブがあるようだが、詳細不明。
ホテルとは思えない広さだ。

館内設備

駐車場裏手にスイミングプールあり。

r-con-hotelsiam-29

でも、かなり小さめ。
ベッドはなくて、イスのみ。

上から見るとこうなる
r-con-hotelsiam-21

景観も何もないのでリゾート感はなし。

ロビーは広い。
ソファーがずらり。

r-con-hotelsiam-27

無料のパソコンが2台。
r-con-hotelsiam-30

奥には、フィットネスマシーンが少々。ここがフィットネスジムのようだ。
r-con-hotelsiam-26
これはあまりにもしょぼいので、がっつり運動したい人は、隣のブッカオ市場脇にトニーフィットネスがあるので、そちらでどうぞ。1日100バーツもしないはずだ。

ロビー最奥にレストラン設備もあるが、わたしが宿泊した際は稼働していないようだった。

地図と周辺設備

地図

ソイブッカオ北側のクランクコーナー脇の路地を曲がった先にある。

コーナー脇に看板が出ている。
r-con-hotelsiam-4

小さな路地を入っていき左手がホテル
r-con-hotelsiam-5

この路地はかなりローカル臭いが、逆に静かともいえる。

ホテル目の前には、コインランドリーが置いてある。1回20バーツから。

r-con-hotelsiam-28

ジーパンなど手洗いが難しいものは、ここで洗濯しよう。
バルコニーのエアコン室外機前で干しておけば、ジーパンでも1時間ほどで乾く。

近くにコンビニはいくらでもある。
一番近いのは、ソイブッカオを渡ったところのRコンレジデンス一階にあるファミリーマート。

このファミリーマート前には、夜になるとチムチュム屋が営業している。
ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

ホテルのすぐ隣は、ブッカオ常設市場。
ローカルな食事を試してみたい人には最高の立地だ。

大盛りクイティアオが食べてみたい人は、ソイローングナムケーンへどうぞ。
特盛りクイティアオ!BIG BOWL NOODLE@ソイローングナムケーン

LKメトロまでは、南行きソンテウに乗れば、ものの1,2分だろう。徒歩でも5分あれば行ける。
ウォーキングストリートへは、同じく南行きソンテウに乗って、5分から10分くらい。
セントラフェスティバルへは、少し遠回りする必要あり。
カシコーン銀行脇のソイ(ソイメイドインタイランド)を抜けるか、ソイニュープラザを抜ければいい。
徒歩圏内のエリアにバービアは無数にある。
わたしが宿泊した8階の部屋では、騒音はまったく聞こえなかった。

朝食が付いてないが、ローカルタイ屋台やファラン向けレストランがいくらでもあるので、食に困ることはないだろう。

宿泊料金と予約先

予約するタイミングや時期により、大きく料金が変わる。
わたしが実際に泊まったのは10月のこと。予約は、じゃらん海外ホテルで。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_092616_114213_am

46%割引プロモーションをやっていて、税抜き2127円。
税込みにすると、2500円
830バーツ

時期によってはさらに安くなるし、12月後半や1月前半はさすがに高くなる。

ハイシーズンで1000バーツ未満で泊まれれば、かなりお値打ちだと思う。
ローシーズンなら800バーツ前後が狙い目。

R コン ホテル アット サイアム (R-Con Hotel @ Siam)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコムでチェック

まとめ

とにかく部屋の広さにびっくりした。
窓が大きい上、8階の部屋の開放感は半端ない。

そろそろビーチロード沿いのホテルは卒業して、ソイブッカオ方面に挑戦してみたい。でも、綺麗で広いホテルじゃないと嫌だ。
かといって、1500Bや2000Bは出せないなあ。できれば1000バーツ前後でおさめたい。
そんな初心者から中級者にはうってつけの立地条件と設備内容。

リゾート感はないが、ホテルを出ればローカル感は味わえる。

あとは、周辺のホテルとの価格差で判断すればいいと思う。

ソイブッカオ界隈で、こういったホテルは実は少ない。
やはり、定番のアレカロッジだろうか。価格差が300バーツほどなら、アレカロッジのほうが断然いい。リゾート感が段違いだ。

アレカロッジの詳細をAgodaでチェックする

あとは、新築のDホテルでもいい。
関連記事:ソイブッカオの新築ホテル紹介。屋上プールが見晴らし最高のDホテルと、アットホームなBAAN BUAKHAO。

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート, ホテル情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.