*

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

公開日: : グルメレポート ,

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐつ煮込む料理。
元々はイサーン料理なのだろうが、バンコクでもパタヤでも食べられる。

チムチュム1

パタヤでは、外国人観光局が集中しているビーチロードやセカンドロード付近ではほとんどチムチュムが見当たらない。
パタヤタイやディスコハリウッド周辺には、チムチュムが食べられるオープンテラススタイルのレストランがたくさんある。
サードロードでも、小さなパブ系レストランやイサーン料理屋でチムチュムが食べられる。

では、ソイブッカオはどうか?
ソイブッカオは、外国人も多いがローカルタイ人も多いエリアだが、意外とチムチュムが食べられる店は少ない。
数年前までは、プアンとか何軒かイサーン料理屋があったのだが。

関連記事:パタヤの中心部でチムチュム

が、探せばあるもので、今回はソイテンモーの屋台でチムチュムを食べてみた。

SPONSOR LINK

ソイテンモーのチムチュム屋台

ソイブッカオ北側のクランク型コーナーの角を曲がったところがソイテンモー。
ちょうど入り口にはRコンレジデンスホテルがあって、ホテルの一階がファミリーマートだ。

Rコンレジデンスホテル

ソイテンモーに入ってすぐ右手にチムチュム屋台がある。

地図

外観
ソイテンモーのチムチュム屋台 (2)

チムチュム用の土鍋が並ぶ
ソイテンモーのチムチュム屋台 (3)

テーブル
ソイテンモーのチムチュム屋台 (1)

チムチュム200バーツ
ソイテンモーのチムチュム屋台 (4)

今回は二人で訪れたので、大盛り250バーツを注文してみた。
200バーツとの違いは、単純に量が増えるのとエビ入りとなることだそうな。

ソイテンモーのチムチュム (3)

具材は、普通の豚肉、肝臓などのホルモン系、イカ、エビ。野菜は、白菜とよくわからない葉っぱ。
トムヤムクンと同じで、ちょっと食べられないハーブがダシの中に入っているかも。

チムチュムの調理方法や食べ方は日本人には簡単です。
野菜と肉をぶちこむだけ。

生卵は、肉にまぶすか鍋に落とすかは人それぞれ。

具材を鍋に入れて、蓋をして煮立つのを待つ。全部は一度に入りきらないので、2,3回に分ける。
がんばれ、炭火。

ソイテンモーのチムチュム (1)

はい、完成。

ソイテンモーのチムチュム (2)

タレは2種類用意してくれた。

ソイテンモーのチムチュム (4)

オレンジ色のは、ムーガタやMKレストランでおなじみの辛いタレ。
黒いものは、ナムトックだという。臭みと辛味があって、かなりクセがある。

鍋からダシをすくって、タレと混ぜて食べるのが一般的。
もちろん、肉を直接タレにつけて食べてもいい。

まあ、ハーブが少々効いている以外は、日本の鍋と似たようなもんです。
春雨(マロニーみたいなやつ)も、付いてます。

最後に残ったダシがうまい。独特の風味だ。
そのまま飲んでもいいが、胃袋に余裕があるなら、ご飯と生卵を追加注文しよう。
雑炊(カオトム)が作れるぞ。

もう、ほんと、日本人には嬉しい鍋です。

深夜のパタヤで、汗をかきながら、はふはふと鍋をつつき合うのも乙なもんです。

250バーツの大盛りは、二人で食べるにはちょうどいいサイズかも。
小腹が空いているだけなら、200バーツの普通盛りでもいいかな。
物足りない場合は、個々の具材を追加注文可能。

瓶コーラが20バーツ。無料の水もあり。
まあ、こんなローカルな屋台だし、近所のファミマで買ってきたドリンクを持ち込んでも、たぶん大丈夫でしょう。
チムチュム以外にも、ガパオなどの定番の炒めもの料理もオーダーできる。

開店は午後6時、閉店は午前6時という完全夜型営業スタイル。

仕事終わりの女性陣が深夜にチムチュムをつつきながら酒盛りしていることもある。
楽しい出会いがあるかもね。

ブッカオ近辺でチムチュムが食べたくなったら、ソイテンモーへどうぞ。

さらに探してみると、ソイブッカオからサードロードへ抜けるソイには、いくつかチムチュムを提供している店が見つかった。
追ってレポートしたい。

SPONSOR LINK

関連記事

マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋があ

記事を読む

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

flandria-2

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

アドステア

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑