*

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

公開日: : グルメレポート ,

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐつ煮込む料理。
元々はイサーン料理なのだろうが、バンコクでもパタヤでも食べられる。

チムチュム1

パタヤでは、外国人観光局が集中しているビーチロードやセカンドロード付近ではほとんどチムチュムが見当たらない。
パタヤタイやディスコハリウッド周辺には、チムチュムが食べられるオープンテラススタイルのレストランがたくさんある。
サードロードでも、小さなパブ系レストランやイサーン料理屋でチムチュムが食べられる。

では、ソイブッカオはどうか?
ソイブッカオは、外国人も多いがローカルタイ人も多いエリアだが、意外とチムチュムが食べられる店は少ない。
数年前までは、プアンとか何軒かイサーン料理屋があったのだが。

関連記事:パタヤの中心部でチムチュム

が、探せばあるもので、今回はソイテンモーの屋台でチムチュムを食べてみた。

SPONSOR LINK

ソイテンモーのチムチュム屋台

ソイブッカオ北側のクランク型コーナーの角を曲がったところがソイテンモー。
ちょうど入り口にはRコンレジデンスホテルがあって、ホテルの一階がファミリーマートだ。

Rコンレジデンスホテル

ソイテンモーに入ってすぐ右手にチムチュム屋台がある。

地図

外観
ソイテンモーのチムチュム屋台 (2)

チムチュム用の土鍋が並ぶ
ソイテンモーのチムチュム屋台 (3)

テーブル
ソイテンモーのチムチュム屋台 (1)

チムチュム200バーツ
ソイテンモーのチムチュム屋台 (4)

今回は二人で訪れたので、大盛り250バーツを注文してみた。
200バーツとの違いは、単純に量が増えるのとエビ入りとなることだそうな。

ソイテンモーのチムチュム (3)

具材は、普通の豚肉、肝臓などのホルモン系、イカ、エビ。野菜は、白菜とよくわからない葉っぱ。
トムヤムクンと同じで、ちょっと食べられないハーブがダシの中に入っているかも。

チムチュムの調理方法や食べ方は日本人には簡単です。
野菜と肉をぶちこむだけ。

生卵は、肉にまぶすか鍋に落とすかは人それぞれ。

具材を鍋に入れて、蓋をして煮立つのを待つ。全部は一度に入りきらないので、2,3回に分ける。
がんばれ、炭火。

ソイテンモーのチムチュム (1)

はい、完成。

ソイテンモーのチムチュム (2)

タレは2種類用意してくれた。

ソイテンモーのチムチュム (4)

オレンジ色のは、ムーガタやMKレストランでおなじみの辛いタレ。
黒いものは、ナムトックだという。臭みと辛味があって、かなりクセがある。

鍋からダシをすくって、タレと混ぜて食べるのが一般的。
もちろん、肉を直接タレにつけて食べてもいい。

まあ、ハーブが少々効いている以外は、日本の鍋と似たようなもんです。
春雨(マロニーみたいなやつ)も、付いてます。

最後に残ったダシがうまい。独特の風味だ。
そのまま飲んでもいいが、胃袋に余裕があるなら、ご飯と生卵を追加注文しよう。
雑炊(カオトム)が作れるぞ。

もう、ほんと、日本人には嬉しい鍋です。

深夜のパタヤで、汗をかきながら、はふはふと鍋をつつき合うのも乙なもんです。

250バーツの大盛りは、二人で食べるにはちょうどいいサイズかも。
小腹が空いているだけなら、200バーツの普通盛りでもいいかな。
物足りない場合は、個々の具材を追加注文可能。

瓶コーラが20バーツ。無料の水もあり。
まあ、こんなローカルな屋台だし、近所のファミマで買ってきたドリンクを持ち込んでも、たぶん大丈夫でしょう。
チムチュム以外にも、ガパオなどの定番の炒めもの料理もオーダーできる。

開店は午後6時、閉店は午前6時という完全夜型営業スタイル。

仕事終わりの女性陣が深夜にチムチュムをつつきながら酒盛りしていることもある。
楽しい出会いがあるかもね。

ブッカオ近辺でチムチュムが食べたくなったら、ソイテンモーへどうぞ。

さらに探してみると、ソイブッカオからサードロードへ抜けるソイには、いくつかチムチュムを提供している店が見つかった。
追ってレポートしたい。

SPONSOR LINK

関連記事

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂 地図 ブッカオ沿いにあるゴーゴーバー「クラブ・

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

フーターズパタヤのフーターズガール (4)

フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

2016年1月にグランドオープンしたHOOTERS PATTAYA 少し前に実際に

記事を読む

LEELAカフェ (4)

サードロードのオシャレかつ気軽なカフェ、Leela Coffee&Restaurant

パタヤのカフェシリーズ。 今回紹介するのは、サードロードにあるLee La Coffee &a

記事を読む

アドステア

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑