パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート

ザ グラス サービスド スイーツ バイ アット マインド宿泊レポート。日本語テレビ放送、ウォシュレット付きコンドミニアム。

投稿日:2018年4月8日 更新日:

パタヤタイ沿いに建つコンドミニアム、The Grass。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (46)

このコンドミニアムの一部をアットマインドグループがホテル(サービスアパートメント)として運営している。
ホテルとしては2016年中盤開業で、まだまだ新築に近い。

以前も紹介したことがあるが、今回は実際に宿泊してみた。きっちり2泊。
リビング、寝室、ダイニングキッチン、浴室に分かれているコンドミニアムスタイル。
はっきり言って広くてゆとりのある部屋ではないが、コンパクトにまとめてあり清潔で快適だ。アットマインドお得意の日本語テレビ放送とウォシュレットはやっぱり嬉しい。
スイミングプール、フィットネスジム、サウナ付き。
これで1泊700バーツ以下。
いろいろマイナス点もあるが、価格帯から考えると、コスパは高いと思う。

SPONSOR LINK



ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (The Grass Serviced Suites by At Mind)

アゴダでの登録名は、The Grass Serviced Suites by At Mindとなっている。以前は、ザ グラス サービスド スイーツだけだったが、いつの間にか、バイ アット マインドが加わった。
アットマインド系列であることを前面に打ち出したいようだ。

ザ・グラスは、築浅の大型コンドミニアム。一部の部屋をホテルとして貸し出している。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (47)

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)から敷地内に入っていく。
バイクや車の場合は、ガードマンにゲートをオープンしてもらう。

駐輪場は、入って左側の建物の真ん中あたり。場所は決まっておらず、てきとうに停める。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (1)

チェックインは、入って右手の棟のレセプションで行う。

玄関
ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (2)

ロビーは小さめ。レセプションのカウンターも小さい。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (75)

チェックインとチェックアウトの時間帯は混み合いがち。
客層は、中国や韓国の若いグループ客とインド人家族、それにタイ人が目立つ。

アゴダで予約していった。バウチャーは不要だったが、予約番号を教えてくれと言われた。
バウチャーは印刷していないが、予約番号は控えてあったので、それを伝えればオッケーだった。
デポジット1000バーツ。札ごとコピーして、控えを渡してくれる。

チェックインは2時から。すでに3時をまわっていたため、すぐに部屋を用意してくれた。
カードキーを渡されて、自力で部屋へ。
ベルボーイはいないようだ。
ホテルではなく、サービスアパートメントないしサービスレジデンスと言うべきもの。ホテルの同レベルのサービスは一切期待できない。

レセプションのある本館と、向かい側の別館があるみたい。
別館だと建物入口がオートロックになっている。本館は出入り自由。
今回は本館2階の部屋をアサインされた。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (74)

エレベーターは2機。
カードキーをかざさないと、目的階のボタンを押すことはできないシステム。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (3)

廊下
ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (73)

1ベッドルームスイート部屋内部

アゴダでの部屋名は、1ベッドルームスイーツ。他にもグレードはあるようだが、これがスタンダードな部屋のようだ。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (4)

カードキーで解錠。
室内の電気はカードを挿して通電させる。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (32)

中に入ると、いきなりリビング。奥に寝室。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (5)

おおざっぱに、リビング、寝室、ダイニングキッチン、バルコニー、浴室に分かれている。

リビング

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (6)

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (21)

ソファーとテーブル。クッション多数。
ソファー脇にもテーブルがあり、電気スタンドと電話が置いてある。コンセントもこのテーブル近く。

ソファーの真正面に液晶テレビがあって、のんびり視聴可能。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (22)

アットマインドグループ名物の日本語放送テレビはここでも健在。
民放5社とNHK本放送、NHK BS1、スターチャンネルがそのまま見られる。
しかも映りは良好。

ドアとテレビの間にあるのは下駄箱。収納スペースはまずまず。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (23)

リビングにエアコン設置。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (36)

寝室

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (7)

寝室とリビングの間には、ガラス扉。きっちり閉めることができる。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (8)

ベッド脇に電気スタンド。両サイドにコンセントもある。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (10)

寝室内にクローゼットあり。セーフティボックス。スーツケース置きなど。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (26)

窓があって、外の景色も見える。
が、2階のため、特に何もない。カーテンは常時閉めっぱなしにしていた。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (25)

また、鏡と小さな台もあり、ティッシュボックスとドライヤーが置いてある。コンセントもあり。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (11)

寝室内にもリビングとは別にエアコンが設置してある。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (24)

二人で泊まっていても、リビングと寝室で使い分け可能。これは便利。
でもリモコンは一個しかなかった。共用で使うようだ。同じ機種なので問題ないが、ちょっとややこしい。

キッチンダイニング

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (12)

冷蔵庫、流し台、電子レンジ、小さなテーブルと椅子が2脚。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (13)

電気プレートはないので、料理は不可。
皿は置いてある。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (15)

冷蔵庫の上には、電子ケトル、インスタントコーヒーなど。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (31)

冷蔵庫内は、無料の水が2本だけ。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (16)

テーブルは小さいが、食事をするには問題ない。
また、きっちり座ってPC作業をするには、リビングよりもこっちのほうがいい。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (14)

ただし、テーブル脇にコンセントがなく、流し台かリビング側から線を延ばす必要あり。

バルコニー

キッチンの奥がバルコニー。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (27)

やや狭め。椅子もテーブルもない。
室外機は2台分。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (28)

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (30)

エアコン室外機の外枠に洗濯物が干せる。部屋の向きによるだろうけど、洗濯物はあっという間に乾く。
室内禁煙につき、喫煙はバルコニーで。灰皿は置いていない。自分で用意しましょう。

2階の部屋のため、景観はほぼ望めなかった。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (29)

駐車場と屋台と向かい側の建物と資材置き場が見えるだけ。
高層階だと景色は良さそう。
なお、夜はとても静か。

浴室

狭い。はっきりいって狭い。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (17)

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (33)

ドアを開けると、便器に当たる。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (35)

用を足すには、完全にドアを開け閉めする必要があって、微妙にストレスを感じる。

タオルは、バスタオルとハンドタオルが2枚ずつ。タオルの質感はそこそこいい。
タオル掛けは、トイレの上。

洗面台でちょろっと手を洗ってからタオルで手を拭くにも、ドアをきっちり閉めておかないと、タオルに手が届かない。これも、微妙にストレス。

でもトイレは、簡易ウォシュレット付き。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (34)

タイスタイルのハンドシャワーも別に付いていて、ダブルウォシュレット状態。これはいいね。

シャワーブースにはガラス扉付きで、洗面台の床がずぶ濡れになることはない。
ただ、水はけが悪い。排水口の蓋をずらしておけば、比較的に流れやすいかと。
シャワーブース自体はそれほど狭くない。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (19)

シャワーの水圧も温度も特に問題ない。普通にホットシャワーが浴びられる。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (20)

ボディーソープとシャンプー設置あり。

洗面台はやや小さめ。洗面用具を置くスペースは乏しい。微妙に不便。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (18)

アメニティは、綿棒とシャワーキャップ。ハンドソープは備え付きだ。

浴室内の清潔度も問題ない。普通に綺麗だ。
狭いだけ。

Wi-Fi無料

パスワードを入力するだけのタイプ。
パスワードはルームカードキー入れに書いてある。
接続状態、通信速度とも良好。かなり快適。

ジョイナーフィー無料

宿泊人数2人で予約していて、チェックイン時は1人。
「何人で泊まるのか?」と質問された。「今は1人だけど、あとでもう1人来る」と答えておく。
すると、ゲストはIDカードのチェックが必要と言われる。あと、ゲストは英語が話せる必要もあるとか何とか言っていたような。
その後、実際にゲストを連れ込んだが、レセプションはスルーされた。当然のような顔をして、さらっとエレベーターへ向かえば大丈夫のようだ。
向かい側にある別棟にはレセプションがないため、ほぼIDカードチェックはスルーできるはず。
宿泊人数を2人にしておけば、JF無料は確実。IDカードチェックはタイミングと運次第といったところか。
アットマインドグループはどこも共通だと思う。

部屋総評

まだ築数年しか立っておらず、とても清潔。ほとんどの日本人が納得できるレベル。
設備的にも申し分ない。
ソファーと日本語テレビ、ベッド、キッチン、テーブル、シャワー。普通に快適に過ごせる。
が、無理やり詰め込んだ感がすごい。
設計の苦労がしのばれる。
広くてゆとりのあるスペースに滞在したい人には向いていない。
とりわけ、洗面とトイレはストレスを感じる人が多いかも。慣れればどうってことないのだが。
逆に半径3メートルで幸せを感じられる人にはうってつけかも。

ルームクリーン

ドアノブに掃除依頼の札をかけておけばいいのだが、なかなか掃除にやって来なかった。
午前中に外出して、昼過ぎに帰宅しても、札がかかったまま。
しょうがないので、レセプションに出向いて直接依頼すると、ほどなくルームクリーンにやって来た。
このあたりはタイミング次第だろうけど、要件があるなら直接レセプションに申し出たほうがよさそう。
ルームクリーン自体は完璧にやってもらえた。

館内設備

大型コンドミニアムだけに、設備は揃っている。基本的に外へ出ることなく生活が成り立つ。

レストラン Le Grass Cafe

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (58)

朝食会場ともなる。
営業時間は、朝食が午前5時45分から10時まで、アラカルトが午前10時から午後10時まで。

日本人向けメニューもある。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (37)

朝食は食べていないが、アットマインドグループだけに味噌汁など日本人向け料理がある程度揃っていると思われる。

コンビニ KT MART

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (56)

品揃えは大手コンビニには大幅に劣るが、最低限のものは揃っているかと。
価格は、コンビニと同じくらい。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (55)

営業時間は、午前8時から深夜0時まで。
なお、コンドミニアム裏口脇に、セブンイレブンがある。

サロンとコインランドリー

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (57)

コインランドリーは1回30バーツから。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (50)

スイミングプール

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (39)

宿泊棟の隣にスイミングプール、フィットネスジム、サウナがある。
利用可能時間は、午前6時から午後10時まで。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (72)

プールは広くない。がっつり泳ぐのはきつそうだ。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (69)

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (71)

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (40)

子供が楽しそうに遊んでいる。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (41)

夜はこんな雰囲気。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (54)

フィットネスジム

プール横にフィットネスジム。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (42)

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (70)

それほど広くないが、普通に使えそう。

サウナとロッカールーム

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (43)

さらにサウナも設置されている。
ロッカーの奥がサウナ。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (44)

が、せいぜい二人までしか使えないような個室タイプサウナ。
あまりゆっくりはできそうにない。

駐輪場・駐車場

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (51)

これは決定的にスペースが足りていない。
毎回、駐輪スペースを探すのに苦労したし、出すのにも苦労した。
ガードマンが整理してくれるのだが、どうにも面倒に感じた。若いガードマンは丁寧で愛想もよくて好印象。

また、裏口にもゲートがあるが、これはコンドミニアム居住者しか利用できないようだ。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (66)

レセプションで、開閉用のカード登録をお願いしたところ、女性スタッフは「セブンに行きたいのね」と親身になって対応してくれたが、男性スタッフが無愛想に「Can not」と繰り返していて、結局拒否された。使えないのはしょうがないが、ちょっと気分悪い。
迂回すればいいだけなのが、これまた微妙に面倒くさい。

(追記)
情報をいただきました。
ゲート脇に歩行者用の出入りドアあり。ここはカードをかざすと開閉可能。が、バイクと車用のゲートは利用不可。

コンドミニアム脇にも駐車場あり。こっちは比較的空いている。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (65)

コンド敷地内への出入り可能。スイミングプールのそば付近。

地図と周辺施設

地図

コンビニは、前述のとおり、すぐ裏手にセブンイレブンがあり。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (67)

ちょっとした買い物なら敷地内のマートで何とかなる。

裏手のセブンイレブン脇には、バミーで有名なCHY4。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (68)

よほど日本人利用者が多いのか、日本語メニューまで張り出してあった。初めて見た。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (52)

ここのバミーナムは、焼豚とワンタン入りで、普通においしい。日本語メニューでいうなら、焼豚ワンタン麺。そのまんま。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (53)

深夜0時過ぎまで営業しているとのこと。

パタヤタイ沿いは、ムーガタ&チムチュムを提供するオープンレストラン多数。

一番有名なのは、バーカディン。コンドの隣がバーカディン1、向かい側がバーカディン2となる。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (48)

関連記事:バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

さらには、向かい側に生け簀のエビが食べ放題のムーガタ屋もできた。
ここは、かなりおすすめ。ザ・グラスに泊まるなら、必ず訪れてほしい。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド前エビ食べ放題ムーガタ

関連記事:生け簀のエビが食べ放題!パタヤタイの新しいムーガタ屋

そのエビ食べ放題のムーガタ屋の隣には、39バーツステーキ屋がある。
本当に39バーツでステーキが食べられる。無料の水もある。おすすめだ。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド前39バーツステーキ屋

関連記事:これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ
関連記事:パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

また、韓国式かき氷の有名店ICE FORSTがコンドの隣にある。巨大かき氷は女性ウケ抜群。ここもマスト。

ザグラスサービスドスイーツバイアットマインド (45)

関連記事:パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

他にも、有名なクイティアオ屋など、ローカル向け食堂はいくつもある。

ビッグCも徒歩圏内。

パタヤタイソンテウ (2)

生活するだけなら意外と便利な立地。
ただ、基本的にローカルタイ人向けの店が多く、タイやパタヤに慣れていないと苦労するだろう。ある程度タイ語力が必要かも。
ビッグC内のケンタッキーも英語表記がないほどだ。
とはいえ、この付近にも外国人は多数居住しており、英語はそれなりに通じる。

パタヤタイ通りは乗り合いソンテウが走っており、ウォーキングストリートへ1本で行ける。

パタヤタイソンテウ (1)

が、本数は少なめ。
とりわけ夜間は極端に少なくなる。

スクンビット側のソンテウ始発は、ファミリーマート前。

パタヤタイソンテウ (3)

ウォーキングストリート近くの始発は、セカンドロードからパタヤタイに入ったところのワットチャイモンコン前付近。
ウォーキングストリートから帰る時は、座ったまま出発まで待っておけばいい。

ソンテウ派でも移動はなんとかなるが、ビーチロードやセカンドロードやソイブッカオの利便性に慣れていると、かなりストレスは感じると思う。
サードロードとパタヤタイ交差点付近はかなり渋滞する。ソンテウでも移動には時間がかかる。

昼間はホテルに滞在、夜はウォーキングストリートへ繰り出すようなスタイルだと、それほど問題ないかと。
日中もソンテウと徒歩で動き回りたい人には向いていない。

レンタルバイクの場合は、裏手の道を抜けていくと、ソイボンコットへ通じている。そのままサードロード、ソイブッカオへと移動可能。
パタヤの地理に慣れていると、そこまで不便ではない。

このあたり、滞在スタイルや移動スタイル、はてはパタヤの土地勘の有無によって、かなり評価が変わってくるだろう。
パタヤ初心者が泊まると、かなり苦労するであろうことは確か。
バイクタクシーはパタヤタイ沿いにいくらでも待機しており、バイタク利用者なら問題ないと思う。乗車前にきちんと料金交渉しておいたほうがいい。

ちなみに、スクンビット通りにも乗り合いソンテウは走っている。紺色ではなく白色の車体。
北行きは、ナックルアが終点。バンコク行きバスターミナルへ行くなら、スクンビットまで出て、白ソンテウを拾うのがベター。パタヤヌア(ノースパタヤ)との交差点で降りて少し歩けば、バスターミナルだ。ソンテウ代は10バーツ。

宿泊料金と予約先

アゴダで予約して、1泊2299円(税込み)だった。673バーツ

スクリーンショット_031418_043330_AM

清潔な部屋、日本のテレビ視聴可能で、673バーツは破格値といえる。
と思いきや、GW中の料金を調べてみると、

スクリーンショット_040618_115121_PM

631バーツまで下がっている。
日本人人気も高いようだが、妙に安い。ギフトカード還元分を考えると、609バーツ。
タイミング次第で価格は変更されるが、おおむね700バーツ前後で泊まれるはずだと思う。ハイシーズンはこれよりも高くなるだろうが、それでも800から900バーツくらいのはず。
朝食付きプランもあり。周辺で気軽にブレックファースト系を食べられるレストランがないので、朝食付きにしてもいいかも。

ちなみに、マンスリーだと、一ヶ月27,000バーツと言われた。掃除毎日、電気代水道代込み(ただし、電気使用量は上限があるとのこと。上限値は不明)。
この条件だと、普通にホテル予約サイトを通して、30日間予約したほうがいいだろう。

なお、コンドミニアムの所有者から直接借りることもできる。コンドミニアム所有者から話を持ちかけられたことが、直接契約した場合は一ヶ月15,000バーツあたりが相場とのこと。(契約期間によって価格は異なるのが通例。交渉可能。別の情報によると、1ヶ月8000バーツで借りられるという話もある。)
電気代、水道代、ルームクリーン代別途必要。

ザ グラス サービスド スイーツ バイ アット マインド予約先

アゴダ

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

ブッキングドットコム

まとめ

部屋の機能性、清潔度、利便性については文句なし。浴室が狭いなど、一部フラストレーションがたまる部分もあるが、価格を考えると、これ以上は望めそうにない。
パタヤタイ沿いで立地条件は悪くないように思えるが、かなりスクンビット寄りのため、これまた微妙にストレスがたまる。
でも、昼間は日本のテレビ放送をだらだらソファーに座りながら鑑賞していると、あっという間に時間が経つ。
これはこれで快適。

ホテル利用だが、通常のホテルとは別物と考えるべし。あくまでサービスアパートメント、サービスレジデンスだ。コンドミニアムの一角を個人に貸し出しているというスタイル。
ホテルサービスを求めるなら、他のホテルをあたったほうがいい。

アットマインドグループには新築ホテルが2つある。
アットマインドプレミアスイーツとアットマインドエクスクルーシブだ。
どちらも部屋は断然広くなる。

アットマインドエクスクルーシブパタヤホテル (12)

電子レンジはもちろん、洗濯機もついている。
エクスクルーシブのほうは、浴室にバスタブ付き。
日本語テレビ放送は当然完備。チャンネルは同じ。

関連記事:新築で清潔!洗濯機付と日本語TV放送あり。アットマインドプレミアスイーツホテル宿泊レポート@パタヤカン
関連記事:日本語テレビ、ウォシュレット、バスタブ、洗濯機付きの完全新築ホテル、アットマインド エクスクルーシブパタヤ
関連記事:友人宿泊パタヤホテル、フリッパーロッジとアットマインドエクスクルーシブへ遊びに行く

一般的なパタヤ短期滞在旅行者には、この2つのほうをおすすめします。
パタヤ中心部でいろいろ遊びたいなら、立地的にもアットマインドホテルのほうがいい。(ウォーキングストリートとの単純往復だけを考えると、ザ・グラスのほうが便利かも)
エクスクルーシブとザ・グラスを比較すると、価格差は約2倍。
あとは自分の滞在スタイルと予算に合わせて、どう考えるかです。
宿泊費は極力節約しつつも、日本語テレビ放送を望むなら、ザ・グラスしかないです。

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.