*

バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, ムーガタとチムチュム


パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってきた。
店名は、バーカディン。

Bakadin (1)

英語表記はまちまちだ。
Bakadin、Baekadin、Baegathinなどなど。
タイ人の発音もまちまち。
バーカディンとかバカーディンともバカディンともベェカディンともベェァカディンとも聞こえる。ま、いろいろ試したみたら、どれかは通じるでしょう。
ベェァカディンが一番近いような気もするが、煩雑な表記となるので、ここではバーカディンとしておく。

地元タイ人の間ではけっこう有名な店。
バーに勤務している人が仕事終わりに食べに行くことが多い。
わたしもそんなバー勤務のタイ人に教えてもらった。

SPONSOR LINK



バーカディン1&2

パタヤタイのかなりスクンビット寄りの立地。バイクで走っていると簡単に見つけられる。

入口
Bakadin (2)

向かい合わせにバカディン1とバーカディン2がある。

2のほうが客入りがいいみたい。
たぶんメニューは同じだろうし、空いている1のほうに入る。

典型的なタイのオープンレストランだ。
奥に大型モニターがあって、サッカー中継なんかを流している。

Bakadin (17)

テーブル席もあれば、屋根付きの座敷もあり。

Bakadin (14)

座席に陣取る。靴を脱いであがるんで、日本人には馴染みやすい。

メニュー
Bakadin (4)
Bakadin (5)
Bakadin (6)
Bakadin (7)

ムーガタ、チムチュムから、各種単品料理まで幅広いラインナップ。
イサーン料理も揃ってますね。

ドリンクメニュー
Bakadin (8)

ビール大ビンが75バーツから。
水の大ビンが30バーツ。
氷が20バーツ。

わりと安い料金設定。

ガイトートグルア

軽くつまめるものとして、ガイトートグルアをオーダー。

Bakadin (12)

塩をまぶした鶏肉をフライにしたもの。
ここのガイトートグルアは、唐揚げタイプではなくて素揚げ。生姜がたっぷり添えられている。
ビールのあてにはちょうどいいかな。

ムーガタ

本編はムーガタ。
食べ放題ではない。
1セット180バーツ。

Bakadin (10)

Bakadin (11)

豚肉、ホルモン、イカ、エビなどなど定番の具材。エビは小さいなあ。あと、野菜。

ボリュームはそこそこあって、二人で食べるには充分な量。

Bakadin (9)

大食漢には物足りないだろうけど、他に1品か2品ほどつまみながら食べると、お腹いっぱいになれる。
食べ放題のムーガタはついつい食べすぎてしまうものだが、定量のムーガタはお腹にやさしい。
まあ、あれやこれやと好き勝手に食べられるのがビュッフェの魅力なのだが、ほどほどに味を楽しむなら、これくらいの量がちょうどいい。

バーカディンのムーガタは、ナムチム(たれ)がおいしい。
一緒に食べたタイ人の褒めていました。たしかにおいしいわ、このタレ。

連れのタイ人は、生卵を追加注文。
溶き卵にしてムーガタの鍋に投入していた。これで卵スープのできあがり。

Bakadin (13)

ムーガタのスープは元々ダシが取ってある。そこに肉のうまみと野菜のうまみが加わり、卵の柔らかな味が相まって、得も言われぬうまい卵スープとなった。
こりゃあ、たまらんね。

そこでやめておけばいいものを、肉の皿に残っていた豚の血までスープに投入した。
豚の血はやめてくれ。まあ、ちゃんと火を通せば、これまたおいしい豚の血入りスープの出来上がりだけど、ちょっとしつこい味になってしまった。

Bakadin (15)

卵2個投入はおすすめの食べ方です。是非、ためしてみてほしい。
焼肉のシメには卵スープですな。

いやあ、おいしいムーガタだった。

Bakadin (16)

ガイトートグルアとムーガタですっかり満腹。
ムーガダ、ガイトートグルア、ビアリオ1本、追加の卵一個で合計410バーツ。
安いっすね。

ムーガタだけでもお腹が膨れるんで、二人で訪れると、あまりいろんな種類の料理が楽しめないかも。
でも、逆にムーガタとドリンクだけでいいなら、すごく安上がり。
4人くらいのグループで行くと楽しそうだ。
イサーン料理もおいしいとのことで、次回はいろいろ試してみたい。

地図とまとめ

地図

乗り合いソンテウのルート上にあるんで、ソンテウで行けなくもない。ただし、夜はかなり本数が少なくなるんで、待ち時間は覚悟したほうがいいですね。

バイクがないとちょっと行きづらいですが、仲の良いタイレディを誘ってぜひどうぞ。おすすめです。

パタヤタイの大通り沿いには、似たようなムーガタ&チムチュムの店がいくつか並んでいる。
複数のタイ人に聞き取り調査したところ、バーカディンの評価が一番高いですね。
営業時間は、ざっくり、夜から朝まで。暗いうちはやってます。

バーカディンの近くには、これまた地元タイ人の間で人気の韓国式かき氷(ビンスー)屋「Ice Frost」がある。

ice-frost-bingsu-pattaya-5

関連記事:パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

ムーガタとかき氷のダブルパンチコースへ案内してあげればタイ人はきっと大喜びでしょう。

パタヤのムーガタ(ムーカタ)&チムチュム関連記事

シーフードメインのムーガタをがっつり食べたいなら、サードロードにあるセーチュアンかゲーンムーガタがおすすめ。
どちらも200バーツでシーフードまで食べ放題だ。
特にゲーンムーガタのカニはうまかった。

Gaen Moogata (18)

関連記事:蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ
関連記事:セーチュアン。199バーツでシーフード焼き放題のムーガタ屋。

パタヤの大定番のムーガタといえばニンジャ。ただしシーフードまで食べ放題にすると400バーツかかる。団体客でにぎわっているけれど、個人的にはもう時代遅れ。たぶん行くことはない。

関連記事:パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

とにかく安い食べ放題のムーガタなら、ソイボンコットへ。

関連記事:食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋
関連記事:ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

ハリウッド近くの定番ムーガタ&チムチュムの店も忘れずに。

Hot pot chimchum (2)

関連記事:ハリウッドディスコ前でチムチュムを食べるのはパタヤ夜遊びの定番コース
関連記事:ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

チムチュムなら、サードロードのPANPANが独特の風味でおいしい。まだ食べていないが、ムーガタもやっている。

panpan-bbq-hotpot-3

関連記事:ムーガタとチムチュムとカラオケの店、パンパン

ソイブッカオ近くでチムチュムを食べるなら、ソイテンモーで決まりだ。というか、他に選択肢はほとんどない。

hot-pot-chim-chum-2

関連記事:ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

パタヤ訪問予定の人はご参考までに。

SPONSOR LINK

関連記事

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

カイピン (3)

カイピン-殻付きの串焼き卵

屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。 鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。

記事を読む

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋のヤムガイ

カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

ソイレンキー入り口にあるカオマンガイ屋台は、以前に紹介した。 カオマンガイとカイマ

記事を読む

Soi9 coffee (6)

Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロードのソイ11となる。

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオ名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂   地図 ブッカオ沿いにあるゴ

記事を読む

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂、ルアンカオプン。 ⇒パ

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑