*

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋


パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。
わたしも過去何度も訪れている。
おおよそ200バーツで食べ放題となっている。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)
パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

今回訪れたのは、ソイボンコットにあるムーガタ屋だ。
お値段、なんと139バーツ。これで食べ放題。時間無制限。日本円になおすと420円くらいか。まあ、お安いことで。

SPONSOR LINK

ソイボンコットのムーカタレストラン

店構え
ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

お世辞にも綺麗とは言いがたい外見ですな。
ムーガタのほかに、カオマンガイやカオカームーも置いてあるみたい。

店内
ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (7)
ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (11)

中央に食材がずらり。
ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (2)

それを取り囲むようにしてテーブルや座敷が並んでいる。

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (3)

ローカル臭全開だ。
壁なんて、20年は拭き掃除していないような枯れ具合である。

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (10)

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (12)

オーダーは簡単。好きなテーブルに座って、人数を告げて、ドリンクを注文するだけ。
あとは、店員が勝手にムーガタセットを用意してくれるんで、好きな食材を取りに行けばいい。


ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (1)
ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (8)

ベーコンが珍しいかな。あとは至って普通。

他のムーガタ屋では、肉は少し冷やしてあったりするものだが、ここは野ざらし。衛生的に若干の不安がよぎる。肉汁が床に垂れちゃったりしてるし。

シーフードは少なめ。イカとエビが少々。
まあ、この環境なんでシーフードは期待しないでおこう。

一品ものは、焼き飯とかフライドポテトとか、そんなのがちょろっとあるだけ。

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (4)

野菜もあるし、卵豆腐やインスタント麺もちゃんとある。

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (5)

全体的に種類は少ないですが、ムーガタをするだけなら問題無いでしょう。

あとは一緒です。
専用鍋で肉を焼いて、野菜をぐつぐつ煮込むだけ。

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (6)

お好きなだけ食べましょう。

肉は、まあ、食べ放題のムーガタはなんで、こんなもんでしょう。贅沢言っちゃいけません。
ベーコンをかりかりに焼くと、意外とおいしかったかな。

デザートは、タイ式のあんみつみたいなものしかなかった。アイスクリームは見当たらない。

お会計は、ムーガタ二人分、コーラ大瓶、氷で、合計370バーツほど。
ムーガタはきっちり一人139バーツでしたね。コーラと水で90バーツくらい。
ドリンクは普通のペットボトルの水でもオッケー。これなら、もっと安上がりだ。

 

シーフードまでがっつり食べるなら、サードロードのセーチュアンか、ハリウッド近くのアーイーがいい。
セーチュアン。199バーツでシーフード焼き放題のムーガタ屋。
ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

この2店は、ニンジャよりもおすすめですね。肉もニンジャより少しはおいしいと思う。

わたしは、どこのムーガタ屋に行っても豚バラ肉と白菜を中心に食べるので、このボンコットのムーガタ屋でも充分だけど。

営業時間は、店の看板によれば、午後4時から深夜0時までと書いてある。
でも、わたしが退店したのが深夜11時半くらいで、ちょうど新しい客が入ってきていたので、もっと遅くまでやっていそうだ。

肉の鮮度がちょっと心配なので、なるべく早い時間に訪れたほうがいいかな。
客が少なくて、回転も悪そうだし。

場所と地図

地図

場所は、サードロードのソイ18を入っていって右手。このソイのことをソイボンコットと称している。厳密にはさらに奥に行ったところが標識上のボンコットだけど。

ソイ18入り口
サードロードソイ18ボンコット

隣のソイ18/1から入るとさらに近い。
ソイボンコット入り口

何度も当ブログに紹介している59バーツステーキ屋と、ナムトックスープがうまいクイティアオ屋の間にムーガタ屋がある。
ソイ18/1から入ると、歩いて1分か2分くらい。

ブッカオからはぎりぎり徒歩圏内ですね。

ソイエキサイトもしくはソイチャイヤプーンからサードロードに出て、道路を渡ってからは近いです。

短期旅行者がわざわざソイボンコットまで訪れる必要はないかもしれないが、なるべく安くムーガタの雰囲気だけでも味わいときだけ、ギリギリおすすめします。この微妙な表現をわかってほしい。
まあ、ローカルなところですよ。
あ、店内はかなり蒸し暑いんで、扇風機の近くの席に座りましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。 たぶん正式な店名は、「EV

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。 ⇒パタヤでカオソーイ

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

LKメトロ屋台5

ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

LKメトロ、ソイダイアナ側の入り口にある屋台。 ちょうど不動産屋の目の前を間借りして営

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑