*

パタヤの食べ放題ムーカタ(ムーガタ)屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, ムーガタとチムチュム ,

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャの紹介。
パタヤにはいくつも食べ放題のムーカタ屋があるけれど、一番有名なのがNINJA
ニンジャはチェーン店で、今回のレポート場所はサウスパタヤ店となる。

ニンジャへの行き方や、その他店舗、おすすめのムーカタ屋など、まとめて紹介します。
(2017年7月、記事を大幅リニューアルして、最新のパタヤムーガタ情報を盛り込んでいます。)

SPONSOR LINK



ムーカタの食べ方

さて、ムーカタである。
ムーガタとも表記する。
ムーヤンガウリとタイ語で言ったりもする。
韓国式豚焼肉のことだけど、果たして韓国にこのようなスタイルの料理があるかは知らない。
あくまでタイスタイルだ。

ニンジャの場合、食べ放題で一人199バーツ。
ドリンク代は別だ。別に水だけ注文してもかまわない。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (5)

肉、野菜、唐揚げなどの出来合いの惣菜、豚まん、アイスクリームなどが取り放題。
別ブースに置かれているシーフードだけが追加料金となっている。
通常の食べ放題にシーフード食べ放題をプラスして379バーツ。
(2017年の価格は未調査。サードロード店は現在、シーフード食べ放題をプラスすると400バーツ。)

199バーツの通常食べ放題メニューにも、イカやエビなどのシーフードがあるけど、小ぶりなものばかり。
大きめのカニやエビが別料金となっている。
以前実際にシーフード食べ放題を試したことがあるけど、正直、肉だけで手一杯。シーフードまでは手が回らない。それなりに食べごたえのあるカニがあったのだが。
なお、大きな具材のシーフードは、特設の大型グリルで焼くことになる。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (7)

ムーカタの鍋は中央がお椀型の鉄板となっており、そこで肉を焼く。
鉄板の周りがダシを入れる鍋になっており、白菜や春雨などを煮る。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

わたしは、ひたすら豚肉と白菜と春雨。
ムーカタで牛肉は避けたほうがよい。おいしくない。
ひたすら豚肉で攻めるべし。
たまに鶏肉とイカくらい。
ホルモン系も取り揃えてあるが、このあたりは個人の好みで。

タレは、何種類か用意してあるが、基本的に辛い。
どうしても苦手な人は、日本から焼肉のたれやポン酢を持参してもいいかも。
パタヤにあるフードランドやヴィラスーパーに、日本の調味料が置いてあるので、買っていってもいいだろう。

おっと、食べ放題の惣菜に、プーパッポンカリーも置いてあった。
はじめた見たような気がする。
さすがにカニは小ぶりで、食べられる身はほとんどないけど。
味はいたって普通。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (6)

時間無制限なので、ひたすらゆっくり食うべし。
肉の味に期待してはいけない。
豚肉が比較的マシなだけで、日本の焼肉屋ではありえないレベルだと思ってほしい。
でも、たった199バーツなのだ。贅沢をいったらバチが当たる。
白菜がたくさん食べられるところが、野菜不足に陥りがちなタイ食生活にあっては、ありがたい。

炭火の火力が弱くなってきたら、新しく足してもらうこともできる。たぶん、別料金かな。20バーツくらい?
たしか、鍋も取り替えることができたような気がする。

最後はアイスクリームでシメ。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (8)

以上、食べ放題で199バーツ。

友人は日本から持参した焼酎を店に持ち込んでいた。
持ち込み代はたった60バーツ。安い。
あとは水と氷を頼めば、焼酎を飲みながら焼き肉を楽しめる。

食事代と飲み代で一人300バーツ弱。

決して上等な食べ物ではないけれど、ヌルい風が吹く夕暮れ空の下、煙に巻かれて食べる焼肉と鍋は、なかなかオツなものなのである。

乗り合いソンテウのみでサウスパタヤのニンジャへ行く方法

今回は大人数のためソンテウをチャーターした。
ソイブッカオあたりから空のソンテウをチャーターすると200バーツほど。

二人で行く場合は、乗り合いソンテウを利用するのがお得。

パタヤタイ(サウスパタヤロード)をスクンビット方面へ走るソンテウに乗ればオッケー。
始発は、セカンドロードから少しパタヤタイ側へ入ったところ。乗り合いソンテウが停車している。

ビーチロードからソンテウを乗り継ぐなら、パタヤタイとセカンドロードの交差点(ウォーキングストリートの入り口近くの交差点)で下車して乗り換え。記事下部に掲載の地図参照のこと。

ブッカオ方面からの場合、ブッカオとパタヤタイの交差点で下車して、スクンビット方面の流しのソンテウに乗り換えればよい。
たまにブッカオのソンテウが左折して、そのままスクンビット方面へ行くことがあるので、その場合は乗り換える必要なし。終点がどこかははっきりしないけど、行けるところまで行ってしまおう。

スクンビット方面へ向かうソンテウに乗ったら、サードロードを越えて、さらに進む。
すると、スクンビットの手前側に大きなビッグCの看板が見える。
その手前がニンジャとなる。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (1)

この交差点で、右折する。ぬいぐるみを扱う大きな問屋のような店が目印だ。
乗り合いソンテウの場合、このあたりで下車して、徒歩で向かう。

交差点を曲がって、すぐ右手にニンジャが見える。
駐車場もある。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (2)

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (3)

渋滞次第で所要時間は大幅に変わるけど、パタヤタイとセカンドロード交差点のソンテウ乗り場から10分弱くらいかな。

帰りは、またソンテウを捕まえればよい。
ただ、夜間は本数が少くなる。

スクンビットとの交差点近くがソンテウの始発となっている。
何台も待機しており、ある程度乗客が集まれば出発となる。

ムーカタニンジャパタヤタイ店ソンテウ乗り場

ここまで歩いて、乗っておいたほうが出発が早くなるかも。
このソンテウはウォーキングストリート前でセカンドロードを右折して、そのままノースパタヤ方面まで向かう。
終点はおそらく、ドルフィンサークル。

ブッカオ方面へ帰るなら、トゥッコムのすぐ手前で下車すれば、ブッカオに戻れる。

ニンジャ他店

ニンジャはチェーン店。
他にもサードロード沿いとナックルアとジョムティエンに店舗がある。

サードロード店の2017年現在の様子。

Ninja thirdroad (1)
NINJAのフォントがちょっとカタカナっぽく見える。
イメージキャラクターは忍者とクノイチ。

Ninja thirdroad (2)
少々改築したのか店内はわりと綺麗。
シーフードまで全メニュー食べ放題だと400バーツ。
それでも連日大賑わいだ。
営業時間は午後5時から深夜0時まで。
サードロードのかなり北側。ゴルフの打ちっぱなし場の向かい側くらいだ。
パタヤ中心部から最寄りの立地だけど、ソンテウのルートから外れており、バイタク利用となる。
レンタルバイク派には一番便利。

ナックルアにもニンジャがある。
ナックルア店が一番こぢんまりとしていて、個人的には一番好き。
ナックルアのソイ15にある。
ナックルア行きのソンテウがあるので、行き来もしやすい。帰りはビーチロードまでソンテウ一本で帰れる。

さらに、ジョムティエンのセカンドロード沿いに大きなニンジャができている。

ジョムティエンのニンジャムーガタ
確認したのは2016年のこと。それ以前にもあったかどうかは不明。
チャイヤプルックのほうなんで、かなり遠い。道は空いているんで、車があれば早い。

NINJA各店地図

ニンジャ以外のパタヤのムーガタ屋

パタヤには、ニンジャ以外にも食べ放題のムーカタ屋がいくつもある。

以前は、セカンドロードのソイ1の中に食べ放題のムーカタ屋があった。名前は、The Fish。
中心部にあって立地が良く、以前は何度も利用した。たしか200バーツだった。
ただ、現在も営業を続けているかは不明。

(以前のThe Fishの様子)
ムーカタ屋フィッシュ

以下、2017年現在で営業が確認されているものをあげていこう。

アーイー

ムーガタアーイー (8)

ムーガタアーイー (13)

ディスコハリウッド近くにある食べ放題のムーカタ屋。259バーツ。
大きな白い屋根が特徴。シーフードもある。広々としたスペースで利用しやすい。

関連記事:ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

セーチュアン

サードロードのムーガタ屋セーチュアン

パタヤのムーガタセーチュアン (8)

サードロードにできた比較的新しいムーカタ屋。シーフードもたっぷり置いてある。全部自分で焼くスタイル。食べ放題で199バーツ。
店内がやや暑いのが難点だが、現在、ここが一番おすすめの食べ放題ムーカタ屋。ソイブッカオから徒歩圏内。

関連記事:セーチュアン。199バーツでシーフード焼き放題のムーガタ屋。

ゲーンムーガタ

Gaen Moogata (1)

Gaen Moogata (18)

これもサードロードに新しくできたムーカタ屋。巨大な体育館のような構造。カニやエビなどの魚介類が豊富で食べ放題199バーツ。
カニがアタリの日は利用価値が高い。ただ、規模のわりに、シーフードグリルが小さいので焼くのに苦労するかも。焼き代行を頼むのがベター。

関連記事:蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

ソイボンコット内2店

サードロードを渡ったさらに先にあるソイボンコットにも数店ムーカタ屋がある。かなりローカルなエリアだけに料金も安くなる。
ごく一般的な短期観光旅行者は無理して訪れる必要なし。ま、激安なんですけどね。

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

関連記事:食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

BBQ moogata soi bongkot (5)

関連記事:ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

TREE TOWN内のムーガタコンケーン

Tree town pattaya (19)

2017年7月現在、もっとも最新の食べ放題ムーカタ屋。しかも、場所はパタヤ中心部。セントラルフェスティバルから徒歩数分の距離だ。
エビが売りで、食べ放題299バーツ。価格はパタヤのムーガタ屋にしては高いが、立地条件を考えるとやむなしか。
知名度が低くて、客がほとんどいないのが現状。
(わたしもまだ食べていないので味は不明)

関連記事:ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

食べ放題じゃないムーカタとチムチュムの店

また、食べ放題以外にもムーガタが食べられる店は多い。
量にこだわらない人は、こちらのほうがいいかも。1セットで200バーツほど。二人で食べるとやや少ないかもしれないが、ついでに他の料理を注文するといい。
また、チムチュムというイサーン地方の名物鍋も提供している店がほとんど。

チムチュム2

人数が多いならムーカタとチムチュムを同時注文してしまうのもありだ。
ローカル向けなので、残念ながら、パタヤ中心部にはない。移動の足が必要。サードロード沿いの店なら、ソイブッカオから徒歩で行ける。

これまでわたしが食べ歩きてきた店をざっと紹介。

有名なエリアがディスコハリウッド前。

ハリウッド前ムーガタチムチュム

ここには多くのムーカタ・チムチュムレストランが並んでいる。

moogata puang (4)

関連記事:チムチュムとムーガタの有名店、プアン

もちろん、ハリウッド前以外にも、サードロード沿いやパタヤタイ沿いにもムーガタ&チムチュムレストランがたくさんある。

panpan-bbq-hotpot-3

Bakadin (3)

関連記事:ムーガタとチムチュムとカラオケの店、パンパン
関連記事:バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。
関連記事:サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

まとめ

パタヤで一番有名なムーガタ屋はニンジャ。
現在ではより新しい食べ放題のムーカタ屋がでてきていて、一番おすすめとはいい難くなってきた。それでも、パタヤのムーカタといえばニンジャであることに変わりなし。パタヤに住んでいる人なら誰でも知っている。
まずは、一度、ニンジャへどうぞ。
それから他のムーガタ屋をあたってみるのがいいでしょう。

注。サウスパタヤロードに「ムーガタ チャンの店」という日本語表記の店があり、この店のことをムーガタニンジャと呼んでいる人もいるかもしれないが、あまりにもややこしい。通常、パタヤのムーカタ屋でニンジャといえば、食べ放題のNINJAのことです。

SPONSOR LINK

関連記事

soi BJ (1)

ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。 ソイBJとは、ウォーキングスト

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂、ルアンカオプン。 ⇒パ

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

ハーバーパタヤフードコートの冷やし中華

(閉店)冷やし中華はじめました@ハーバーパタヤ。でも食べたのはチキンカレーライス。

別に何でもいいが、日本の夏の風物詩といえば、海開き、高校野球、TUBE、冷やし中華である。

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

ユアドンのカツ丼 (1)

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた(閉店)

先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。 そういえば、新しく日本

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオ2015 (1)

ブッカオ名無し食堂で久しぶりにガパオムーを食べてみた。味は復活したかな。

ソイブッカオにある青い屋根のローカル食堂。店名はない。 誰が呼んだか名付けたか、ブッカ

記事を読む

Tree townのカオマンガイ屋 Khao man gai (1)

TREE TOWN PATTAYAの新しいカオマンガイ屋はうまい。エッグボムもどうぞ。

ソイブッカオの空き地に誕生したTree Town Pattaya(ツリータウンパタヤ)。

記事を読む

chapayom-2

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。 読み方は、たぶん

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑