*

サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

公開日: : グルメレポート


パタヤのチムチュム&ムーガタ店の新規開拓シリーズです。
今回はサードロード沿いの店へお邪魔しました。

Banchaing chimchum (3)

店名は、Banchaing。タイ語の発音が微妙だけど、バンチャーンとしておきます。バンチアン、バンチェーンとも聞こえる。
典型的なオープンスタイルのムーガタ&チムチュム&イサーン料理&タイ料理のレストランですな。
チムチュムが安くてうまかった。

SPONSOR LINK

Banchaingのチムチュム

外観
Banchaing chimchum (4)
Banchaing chimchum (11)

植木鉢が多くて、ちょっとした都会のジャングル。

店内
Banchaing chimchum (15)
Banchaing chimchum (10)

テーブル席がメインで、座席もあり。
生バンド演奏ステージも用意されているが、訪問時は演奏はなかった。わりと静かに過ごせる。ただサードロード沿いの席は車の音でちょっとうるさいかも。

いちおう天井もあるが、よくみると、一部屋根がない。

Banchaing chimchum (2)

客はすべてタイ人。外国人は見かけなかった。つまりわたし一人だけ。

メニュー
Banchaing chimchum (8)
Banchaing chimchum (9)

ムーガタとチムチュムが鉄板のようだ。
他のテーブルを見渡すと、必ずどちらかは注文していた。

今回はチムチュムにしてみた。

Banchaing chimchum (7)

Banchaing chimchum (6)

まあ、一般的なチムチュムですね。
やや肉の量が少ないが、野菜は豊富。

Banchaing chimchum (16)

香草入りのスープがうまい。けっして香草臭くないし、かなり飲みやすい。
オーソドックスなチムチュムで、食べて損は無し。
野菜たっぷりでヘルシーですね。野菜不足はチムチュムで解消しましょう。

二人で食べると少し物足りない量かも。

無難にカオパットを追加オーダー。

Banchaing chimchum (17)

エビとイカ入りのカオパットタレーだ。これまた普通においしい。
チムチュムとカオパットでほぼお腹いっぱいになれました。

イサーン料理も多数揃っているようだし、ソムタムやラーブなどをオーダーしてもいいだろう。
コームーヤーンもあり。

Banchaing chimchum (12)

チムチュム、コーラ2本、氷、カオパットタレーで計275バーツだった。
えらく安いなあ。
コーラが1本20バーツ、氷が20バーツで60バーツ。カオパットが60バーツくらいか。
いったい、チムチュムがいくらなんだろう。150バーツくらいか。
たしかに量からすると150バーツでもおかしくないが、やっぱり安いよね。
使い勝手の良い立地のわりには良心的な価格です。お手軽にチムチュムを食べる時に重宝しそう。

地図

ソイで言うなら、サードロードのソイ8入口角。
サードロード沿いだが、パタヤカンとの交差点から数十メートルほどなんで、意外と行きやすい。ソンテウと徒歩でも訪問可能。
ソイブッカオからも徒歩圏内。

営業時間はメニューによれば、18時から朝7時まで。暗いうちはやってます。
一人で入店するには難易度高すぎなんで、タイ人を誘ってどうぞ。看板の写真を見せれば、連れて行ってくれるでしょう。

 

パタヤのチムチュム&ムーガタレストラン関連記事

ソイブッカオ近辺でチムチュムを食べるなら、ソイテンモーで決まり。
ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

サードロード沿いのPANPANのチムチュムは、ステンレス鍋で食べやすい。しかもうまい。
ムーガタとチムチュムとカラオケの店、パンパン

ハリウッド前はパタヤの大定番です。
ハリウッドディスコ前でチムチュムを食べるのはパタヤ夜遊びの定番コース

パタヤタイのバーカディンは、ローカルタイ人の間で評価高し。
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

ちょっと遠いけど、ソイカオノイ近くのチムチュムもうまい
コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

SPONSOR LINK

関連記事

FRYDAY breakfast (6)

FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフィッシュアンドチップスの名店で

記事を読む

ko moo yan

イサーン料理食堂のコームーヤーンがB級グルメ度100%でうまい。白ご飯とのシンクロ率も100%。

サードロードにある安くてうまいイサーン料理食堂のティーラーブセーブ。 イサーン出身者との晩餐に

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

マイクショッピングモールフードコート (6)

マイクショッピングモールのフードコート、眺めはいいけど、やっぱりしょぼかった

マイクショッピングモールとは マイクショッピングモールはパタヤ老舗のショッピングモール。

記事を読む

mofai-1

サードロードの巨大モーファイと日本食屋台のラーメン

少し前のこと、バンコク在住の友人がパタヤに遊びに来た。 2泊3日だが、パタヤに特定の相手がいる

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

Tom yum noodle pattaya tai (5)

ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 ここは以前に紹介した。 関

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑