*

ムーガタとチムチュムとカラオケの店、パンパン


サードロードに以前から気になっている店があった。

panpan-bbq-hotpot-1

明らかにムーガタとチムチュムの店のようだ。

ปั่นปั่น หมูกะทะ จิ้มจุ่ม

店名は、パンパンムーガタチムチュムと読むようだ。そのままですな。
パンパンで通じるはず。

ちょうど食べに行く機会があって、タイ在住の友人ら3人で訪れてみた。

SPONSOR LINK

パンパンムーガタチムチュム

外観
panpan-bbq-hotpot-11

手前は屋外席。屋根もきちんとあるので雨でも濡れる心配なし。喫煙オッケー。

panpan-bbq-hotpot-10

屋内席あり。

panpan-bbq-hotpot-4

扉にはKARAOKEの文字。
店内はエアコンが効いている。

panpan-bbq-hotpot-8

奥にはスクリーンがある。どうやら本当にカラオケもできるみたいだ。

メニュー

panpan-bbq-hotpot-2

ムーガタは食べ放題ではなくて、皿に盛られたタイプ。

panpan-bbq-hotpot-5

ムーガタ:小159バーツ、大209バーツ
チムチュム:小129バーツ、大209バーツ

中国人客が訪れるとは思えないが、なぜかすべて中国語併記だ。
ムーガタは、鍋肉。チムチュムは、泰武士陶火鍋。
日本人には直感的に理解しやすい。

あと、単品のタイ料理やイサーン料理もあり。

panpan-bbq-hotpot-6

でも、カオニャオは置いていないと言われた。

ドリンクメニュー
panpan-bbq-hotpot-7

シンハービール大瓶:100バーツ
チャンビール大瓶:75バーツ
コーラ小瓶:25バーツ
ドリンキングウォーター:20バーツ
バケツ入り氷:20バーツ

まずは、ビールのツマミがわりにコームーヤーンを一皿オーダー。豚の喉肉焼き。

panpan-bbq-hotpot-9

決してまずくはないけれど、肉が細切れのうえ、脂身が多くていまいちかな。酒のアテにはちょうどいいのだが。

チムチュム

メインはチムチュムで。
大サイズをオーダーした。

ステンレス製の鍋と電気コンロを使う。
まあ、土鍋と炭火のほうが風情はあるけれど、調理しやすくて食べやすいのは、こっちのほうだろう。

panpan-bbq-hotpot-3

野菜たっぷり。
豚肉、ホルモン、イカ、エビなど。具材はごく一般的な内容。

かなり独特のスープだ。
一緒に食べたタイ在住歴の長い友人も、このスープは珍しいと言っていた。
使っているハーブが他とは違うのだろう。
スープが喉を通り、香りが鼻から抜けていくときの風味が他のチムチュムとは一線を画している。
この味の違いは、文章ではうまく表現できない。

でもおいしい。くせになる味だ。

そして、ここの豚肉は、そこそこいい肉を使っているようだ。
厚みがあるのに柔らかい。

他店のチムチュムも同様だが、最後に残ったスープが最高にうまい。
追加トッピングで、シメに麺を入れてもいいかもね。もちろん、白飯と生卵を加えて雑炊にしてもいい。

大サイズはそれなりにボリュームがあるけれど、3人で食べるには少し物足りない。でも、二人で食べると、かなりお腹いっぱいになれるだろう。

大サイズでも209バーツなので、二人なら迷わず大サイズにすべし。

チャンビールの大瓶2本、ドリンキングウォーター1本、氷、コームーヤーン一皿、チムチュム大サイズで、合計500バーツ。
安いねえ。

客層は、タイ人ばかり。
ちょこちょこと客がやって来る繁盛店だ。

おそらくバーが閉店する深夜になれば、もっと客が増えると思われる。

タイ人グループの注文は、ムーガタとチムチュムが半分ずつくらい。
タイ人知り合いに聞いたところ、ムーガタの評判は上々だ。

次回機会があれば、ムーガタも食べてみたい。
豚肉がおいしそうだしね。

地図

グーグルマップにもパンパンは登録されているが、位置が微妙にずれているような気がする。
まあ、だいたいこのあたりということで。

サードロード沿い。
ソイブッカオから行くなら、サードロードのソイ13を越えて左折すればいい。
Rコンレジデンス前のクランクコーナー付近から徒歩で5,6分。充分徒歩圏内でしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_110816_053912_am

営業時間は聞いていないが、Google Map情報によれば、夕方5時半から早朝6時まで。
こういった店は終夜営業が基本です。

ソイブッカオ界隈で働いている女性たちなら、パンパンは知っているでしょう。けっこう有名店です。
がっつりチムチュムが食べたくなったら、ぜひどうぞ。

なお、サードロードは遠いなあという人は、ソイブッカオでもチムチュムが食べられます。

ソイテンモーのチムチュム (1)
ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

ここもそれなりにおいしいですが、パンパンのほうが上ですね。
距離はそれほど離れていないので、できればパンパンまで行くことをおすすめします。
また、パンパンではムーガタとチムチュムの宅配サービスもやっている模様。とにかく動くのが面倒な人は、デリバリーしちゃいましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

クイジャップ屋台 (6)

屋台のクイジャップがうまし。手作り麺とスープが絶妙。

ほてほてとソイメイドインタイランドを歩いていると、クィッティアオ風の屋台に遭遇。 でも、ちょっ

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑