*

蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

公開日: : グルメレポート


パタヤのムーガタシリーズ最新作。

初訪タイの知人のために、タイに来たらムーカタを食ってもらわねばと企画した。

ムーガタとは、焼肉と鍋が一緒になったもの。
韓国式バーベキューとも呼ばれるが、たぶん、韓国にはないでしょう。知らんけど。
タイ独自スタイルの焼肉鍋ですな。
知人は初めて聞くムーガタに興味津々。でも、あらかじめ想像していたものとは違っていたらしいけど。言葉だけで説明するのは難しい。直接連れ行けば一発解決だ。

最初はセーチュアンに連れ行こうと思っていた。
ソイブッカオから近いうえ、200バーツと価格も手頃。味もまずまず。

同行予定のローカルタイ人に聞くと、サードロードのムーガタ屋がおすすめだそうな。てっきりセーチュアンだと思いきや、別の店らしい。

半信半疑で訪れてみると、巨大なムーガタ屋にたどりつく。
シーフードまで食べ放題で199バーツ。

Gaen Moogata (18)

とにかく、蟹がうまかった。
シーフード好きには、おすすめです。

SPONSOR LINK

ゲーンムーガタ

Moogata gaen (1)

店名はゲーンムーガタ。
グーグルマップ表記では、「ร้านเก่งเนื้อย่างเกาหลี」となっている。
タイ人にはこれを見せればわかってもらえるでしょう。
ラーンゲーンヌアヤーンガウリ。つまり、韓国式焼肉店ゲーンといった意味。タイ人いわく、ゲーンムーガタと呼ぶそうな。
ゲーンは、英語のGoodとかWellに相当する単語。うまいとかそんな意味ね。

外観
Gaen Moogata (1)
昼間(一番奥がムーガタ屋。手前は駐車場。左手に見えるのがバドミントン場。)
Moogata gaen (2)

とにかく広い。体育館のようだ。
駐車場も広くて、たまに中国系団体客が大型バスに乗ってやって来る。が、中国系団体客は、奥にあるテーブル一角に隔離されるようで、とくに鬱陶しいことはなかった。

店内
Gaen Moogata (3)

Gaen Moogata (4)

食べ放題199バーツ。
ちなみにお一人様ムーガタだと249バーツですな。日本の一人焼肉とどちらのハードルが高いか。勇気を持ってチャレンジを。

食材コーナー
Gaen Moogata (5)


Gaen Moogata (11)

野菜
Gaen Moogata (8)

手作りソムタム
Gaen Moogata (7)

おつまみコーナー。骨なしチキンフライがそこそこおいしい。
Gaen Moogata (6)

特製ソース
Gaen Moogata (13)

そして、シーフードが豊富だ。

Gaen Moogata (12)
Gaen Moogata (10)

特にこの蟹がいい。この大きさの蟹が199バーツで食べ放題なのは価値がある。
ムーガタ有名店のニンジャでは、蟹や海老などの大きめのシーフードを食べるには追加料金が必要で計400バーツ(通常の食べ放題なら200バーツ)。

グリルが置いてあり、自分で焼くなら当然無料。

Gaen Moogata (19)

でも少々面倒くさい。
そんな時は店に頼むこともできる。

Gaen Moogata (9)

焼き代行は、皿一盛りなら20バーツ、トレイ一盛りなら40バーツ。
面倒な人は頼んじゃいましょう。
テーブル番号を告げておけば、焼き上がり次第デリバリーしてくれる。楽ちん。

あとは、よくある食べ放題のムーガタと一緒。
好きなように食べればいい。

Gaen Moogata (14)
初ムーガタの知人にレクチャーしながら、和気藹々と食べます。まあ、好きにやればいいです。鍋奉行はいりません。

肉の味は期待しちゃいけません。ごくごく標準レベルの食べ放題ムーガタ屋レベルの肉です。

おっと、シーフードが焼き上がったようだ。
続々と運ばれてくる、貝! エビ! カニ!

Gaen Moogata (16)
Gaen Moogata (17)
Gaen Moogata (15)

フラッシュの関係で、ややグロイ外見となってしまったが、この蟹がうまい。

どうせ安物だろうと特に期待はしていなかった。でも、思いのほか身が詰まっているうえに味もしっかりしている。
食べ放題でこの蟹を出して経営は大丈夫かと余計な心配をしてしまうほど。

肉を食べている場合ではない。いや、食べるけど。

エビと貝は並でしたな。
友人は、ひたすら貝と海老と蟹と格闘しておりました。肉には手を付けず。

焼酎持ち込みオッケー。たぶん、数十バーツの持ち込み料がかかります。

あと、フロアの一番端っこの外側のテーブルでは喫煙オッケー。

南国の生ぬるい空気の下、のんびりとムーガタを食べるのはいいもんです。

Gaen Moogata (2)

最後はアイスクリームでシメましょう。

4人で訪問。ビール大瓶2本、ソーダ2本、水1本、氷、焼酎持ち込み、シーフード焼き代行数皿で会計1400バーツ。一人350バーツ。

はじめてのムーガタに知人も大満足のご様子。テンションが上がってましたね。
焼肉と鍋とシーフードと焼酎とビールと喫煙が同時に味わえたんだから、文句なしでしょう。
あと、これで一人1000円ちょっとかよと、その安さにびっくりしてましたな。
いや、これだけおいしい蟹が食べられて、この値段はわたしもびっくりです。
自分で全部焼いたら、もっと安くなる。

まあ、こういった新鮮な食材は、その時々の仕入れ状況によって、品質が大きく変わるもの。
今回はたまたま当たりだっただけど、次回行ったらハズレかもしれない。
期待せずに訪れるといいことがあるかも。

ゲーンムーガタの地図と行き方

地図

サードロード沿い。
レンタルバイク派なら、ソイブッカオあたりから5分前後(信号待ち次第)で行けます。

とはいえ、徒歩で行けないこともない。

以下のように、パタヤタイのトゥッコムから歩いて8分の距離。

スクリーンショット_022117_034437_PM

ぎりぎりソイブッカオのパタヤタイ側入り口から歩いて10分ちょっとかなあ。
まあ、どっちみち、タイ人と一緒に行くなら徒歩は無理でしょうけど。

営業時間不明。
夕方くらいからやってます。
なにせ巨大なもんで、座れない可能性はほぼゼロです。
お好きな時間にお好きなだけ食べましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

khao man gai soi AR (2)

パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ屋のご紹介。 場

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

ソイボンコット(SOI BONGKOCH)にあるクィティアオ屋がとてもおいしかったのでおすすめし

記事を読む

Hot pot chimchum (1)

コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐりをしてから、チムチュムを食べる

記事を読む

boat%e3%80%80breakfast-1

【パタヤのファランな朝食】BOATのアメリカンブレックファースト70バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、セカンドロード沿いにあるBOATにお邪魔しま

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑