*

チムチュムとムーガタの有名店、プアン

公開日: : グルメレポート


その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタとイサーン料理を扱うレストランがあった。たしか、プアン2ないし3という屋号だったはず。
現在のTREE TOWN付近だ。
はじめてチムチュムを体験したのは、このプアンだった。たぶん、2010年頃の話。屋根のないオープンレストランで、日本人の友だち数人とイサーンレディ数人とで宴会したものである。いい思い出だ。

その後、このプアンは閉店。
ソイブッカオ沿いの貴重なチムチュム屋&ムーガタ屋がなくなってしまった。

でも、プアン2やプアン3があるなら1もあるはずだ。

では、プアン1はどこにあるのか?
ローカルタイ人に聞き取り調査したところ、プアン1は、ハリウッド近くで健在であるという。

SPONSOR LINK

プアン

ここがプアン。

Moogata puang

看板にเพื่อนの文字。
プアン、ないしプアーン。友達って意味ですね。
すでに1という店番号は外され、ただのプアン。おそらく1という数字が書いてあった上にWi-Fiのステッカーが貼ってある。

場所は、ハリウッドの目の前の通りではなくて、少しパタヤカン寄り。Google Mapでいうところの「Phettrakul」通り沿い。
ハリウッド前のレストランは何軒か入ったことがあるが、この通り沿いから入る店は初めてだ。

昼間はやっていないので夜に訪問。

moogata puang (9)

店内の様子
moogata puang (8)

テーブルの数が多い。基本は屋根のないオープンレストランだが、一部屋根付きの座敷がある。
イサーン系レストランでは定番の形ですね。大きなモニターがあるのもお約束。どこかで見たことがあるような気がするほど定番スタイル。
かなり広い店内で、満席になる心配はないだろう。

座敷は少々蒸し暑いけど、扇風機が置いてあり、それなりに快適。

moogata puang (6)

メニュー
moogata puang (2)

ムーガタもチムチュムも200バーツとのこと。

一般的なタイ料理もあるし、もちろんイサーン料理も揃っている。

ムーガタ

最近チムチュムを食べたばかりなんで、今回はムーガタで。

ムーガタに入れる具材はいろいろ選べるようだ。
何にするか聞かれたが、肉とホルモンとシーフードのミックス(ルアンミット)にしておいた。

moogata puang (3)

肉はやや少なめ。普通の豚肉とホルモン少々。エビちょろっと、イカたっぷり。
野菜はそれなりの量。

ごく普通のムーガタです。

でも、ここのムーガタはダシがおいしい。
同行したタイ人は、まずダシだけを飲んでいたくらい。
たしかにおいしい。

moogata puang (4)

肉と野菜をしっかり食べてから、最後に溶き卵を投入した。
まあ、さらにおいしいこと。
元々おいしいスープに、さらに肉と野菜のうまみが加わり、とどめに生卵である。
最高の卵スープと化した。

完食。
でも、二人で食べると、やや物足りない量かも。
追加トッピングはもちろん可能なので、適宜追加すればいい。

ご飯ものを食べようと、カオパットを注文した。カニ入りのカオパットプーだ。

moogata puang (5)

ぱりっと炒めてあり、そこそこおいしいカオパットだ。
腹の足しにちょうどいい。カニの殻が少々混ざっていたのはご愛嬌。

ムーガタ、カオパットプー、コーラ大瓶と氷、合計320バーツだった。
二人で焼肉鍋食べて、1000円ほど。
安いですね。

次回は思い出のチムチュムを食べてみよう。

チムチュム

と、店内に既視感があったので、あらためて過去のハリウッド前レストラン訪問歴を調べてみた。

おっと、今年の2月に友人たちと一緒にチムチュムを食べたところじゃないか。

Hollywood Esan style open restaurant (1)

関連記事:ハリウッドディスコ前でチムチュムを食べるのはパタヤ夜遊びの定番コース

プアンはすでに訪問済みでチムチュムも食べてましたな。

あの時はまったく店名なんて気にしていなかった。
そういえば一緒に行ったタイ人がプアンがどうのこうのと言っていて、この店に決めたのだった。てっきり友達がいるからだと思っていたが、店名がプアンだったのね。
しかも前回はハリウッド向かい側から出入りしており、今回はパタヤカン寄りの出入り口。
まったく気づかなかった。
メニュー写真を見比べるとまったく同じだし。これはとんだ失態。
店名はちゃんと確かめておくべきだった。

まあ、これでプアンのチムチュムとムーガタは制覇したことになるんで良しとしよう。

Hollywood Esan style open restaurant (10)

ちなみに、プアンのムーガタは、土鍋ではなくてステンレス鍋での提供だった。

昔の記憶では、ソイブッカオ店では土鍋だったはずなのだが。
でも、普通においしいチムチュムです。
これで200バーツなら充分でしょう。

地図

ちょうど交差点に建っていて、どちらの通りからも入ることができる。

moogata puang (1)

すぐ近くには、食べ放題のムーガタ屋アーイー。
食べ放題のムーガタが食べたいなら、アーイーにしましょう。

関連記事:ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

その向こうにイサーンディスコのタムナムコンイサーン。

関連記事:パタヤ早起きから最後はイサーンディスコのタムナンコンイサーンで深夜まで遊ぶ

ハリウッド前には、他にも似たようなムーガタ&チムチュム屋がたくさん並んでいる。

Hollywood Esan style open restaurant (2)

自分の勘違いを棚に上げて敢えて言いますが、正直なところ、どこで食べても似たようなものだと思う。
タイ人よっては、ここがいいあそこがいいと主張するんで、別にプアンでなくとも、好きなところへ行けばいいでしょうな。料金的にも大差ないんで。
でも、プアンの味は間違いないです。タイ人に聞いても、店名はほぼ知っている店なんで、タイ人を誘う時に便利ですね。
個人的には昔の思い出をクリアにできたんで、もう思い残すことはないです。気の向くまま好きなところでチムチュムとムーガタを食べます。

SPONSOR LINK

関連記事

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑