*

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳


以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。
ようやく行く機会があったので、入店してみた。

ボンコットステーキ屋 (8)

ボンコットはローカルなエリアなのだが、この店はステーキを売りにしているだけあって、それほどローカル色が強いわけではない。
店構えは開放的なので、慣れていない人でも比較的入りやすいはずだ。

コストパフォーマンスの高いステーキ屋だと思うので、詳しく紹介してみたい。

SPONSOR LINK

場所と営業時間

このステーキ屋はソイボンコットにある。
正確に言うと、チャルームプラキアット(サードロードのこと)のソイ18だ。
ブッカオ側から行くとすると、ソイエキサイトからサードロードを渡った先がソイ18となる。

サードロードソイ18ボンコット
ここをしばらく直進すると、以前紹介したクィティアオ屋があり、そのすぐ近くにステーキ屋の看板が見えるはずだ。

ボンコットステーキ屋 (7)

パタヤタイ方面から訪れる場合は、サードロードのソイ18/1から入ったほうが断然早い。レストラン「チェリーズ」が目印だ。

地図

営業時間は昼12時から夜11時まで。
ただ、夜は客がいなければ、早く閉めてしまうかも。

ボンコットステーキ屋 (5)

ちょっと陽気なおじさんが厨房で腕をふるっている。
おばちゃんはサーブと会計をするだけのようだ。

メニュー

これがメニュー表。

ボンコットステーキ屋メニュー (1)

ボンコットステーキ屋メニュー (2)

英語併記でわかりやすい。
メインは、やはりステーキ。

ポークテンダーロイン 59バーツ。
チキンステーキ 59バーツ。
ポークネックステーキ 70バーツ
ビーフステーキ 150バーツ
ポークチョップ 120バーツ
Tボーンステーキ 240バーツ
などなど

ステーキのほか、スパゲティもある。50バーツより。
あとタイ料理の種類もそこそこ揃っている。

ボンコットステーキ屋メニュー (3)

ボンコットステーキ屋メニュー (4)
カオパットが40バーツから。
タイ料理の値段は、ローカル食堂や屋台に比べると、わずかに高いか同じくらいの値段設定。ビーチロードやセカンドロードの観光客向けレストランに比べれば格段に安い。

タイ料理しか食べられないようなタイ人と訪れても、問題ないかと思う。
ソムタムは置いていないようだ。
ただ、すぐ隣りの食堂にはソムタムが置いてあるので、たぶん、出前は可能。
タイの飲食店は驚くほど持ち込みに寛容だ。店の人に一言断れば、簡単に許可してくれる。
飲料水は10バーツと良心的な値段。

ファラン式の朝食セットもある。99バーツ。
おじさんに聞いたら、朝食メニューはあるけど、店がオープンするには12時からだよと言われた。
遅い時間帯でも注文するファラン客がいるのだろう。

わたしが入店した時には、ファランが一組いて、あとからもう一組入ってきた。
他にはタイ人カップルが二組いた。
タイ人客がメインだが、ファランにもそれなりに人気があるようだ。

ポークステーキ59バーツ

ボンコットステーキ屋 (6)

さて、今回注文したのは、看板メニューの59バーツステーキ。
Pork Tenderloin。

肉の部位については詳しくないが、おそらく豚のヒレ肉のこと。
脂は少ない。
しっかりした肉という感じだ。
ただ、それほど多い量ではない。
グラムでいうと、せいぜい150gくらいかな。

決して上等な肉ではないと思うけど、そこそこイケる。
固さや臭みもない。
ペロリと平らげてしまった。

ステーキにかかっているソースは、控えめな味。
塩や胡椒などの調味料はテーブルに揃っているので、自分の好みで味を整えたほうがいいかも。

サラダはわりと多め。
茹でた人参も添えてくれる。

ちょっと見づらいが、フライドポテトの下には小さなトースト。お口直しになる。

これで59バーツなら、けっこうなもんじゃないでしょうか。
まあ、あくまで59バーツなので、値段相応の味と量は覚悟しておくべし。
でも、このコストパフォーマンスは充分高いと思う。

白ご飯を別途注文すれば、日本式の定食のできあがり。
メニューによれば、Steamed Riceはたったの10バーツだ。
合計69バーツで立派なトンテキ定食が食べられる。
白ご飯があれば、胃袋も満足できる量になりそうだ。

 

メニューを見返して気になるのが、ポークネックステーキとグリルドポークネック。
豚の首肉を焼いたもの。
タイ語で言うなら、コームーヤーンとなる。
コーが喉、ムーが豚、ヤーンが焼く。
コームーヤーンはうまい。どこで食べてもおいしい。

一例。こんな感じ。
コームーヤーン

そのコームーをステーキとして提供しているのか。
これは少々気になるところ。
次回はコームーステーキを注文してみようと思う。

ソイボンコットの気になるグルメ

以前紹介したナムトックのスープがおいしいクイティアオ屋は隣の隣くらい。
このクィティアオは絶品なので、ぜひ訪れてみてほしい。

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

関連記事:ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

読者さんから頂いた情報では、近くにビフテキを60バーツで提供してくれる食堂があるらしい。
牛肉が60バーツはかなりお得。
そのうち訪れてみたい。

また、食べ放題(?)のムーカタが139バーツ。
ボンコットムーガタ屋 (9)

パタヤタイとの交差点まで移動すれば、10バーツ唐揚げ屋もある。

ますます、ソイボンコットから目が離せない。

SPONSOR LINK

関連記事

スクリーンショット_120615_031436_PM

LCCスクートのクリスマスプロモーション。バンコク片道5900円。往復総額17483円。

頻繁にプロモーションを行っているSCOOT(スクート)が、またしてもプロモーションを展開中。

記事を読む

タイのかんしゃく玉ガティアム (1)

タイのかんしゃく玉の名前はガティアム(にんにく)。クリスマスと年末年始は投げ合って遊ぼう。

今ではすっかり見かけなくなったが、日本でも昔は、かんしゃく玉でよく遊んでいたものだ。 クラッカ

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

イミグレーション(7)

タイの居住証明書の取得方法。タイの運転免許証取得や銀行口座開設に必要。パタヤイミグレーション。(追記あり)

通常の旅行者には無用かもしれないけれど、熱心なタイリピーターならば、タイ現地での運転免許証や銀行

記事を読む

東京タイ大使館HPビザ

タイのマルチプルエントリー観光ビザが取得できるのは日本国内だけ?

2015年11月13日から運用開始予定のタイ・マルチプルエントリー観光ビザ。 その発給要件が、

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。 ⇒パタヤでカオソーイ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サライ より:

    隣のムーガタ屋は安いのにベーコンがあっていいですよ。但し、ビール他飲み代はお高めです。

    近くのイサーン料理兼タムサン屋の牛ステーキはタイ牛だけど何故か柔らかく、牛肉の味がして美味しく食べれます。私もオススメします。メニューにはヌアヤーンと書いてました。

    • pattayan night より:

      いつも貴重な情報ありがとうございます。
      ムーガタ屋と牛ステーキは行ってみます。特にヌアヤーンは気になります。

  2. 芽きゃべつ より:

    ついに行かれましたか、小ぶりな肉ですがコスパは本当に高いです、前は 持ち帰りでしたが次回は店で食べてみます。
     持ち帰りで感心したのが 容器に入れてくれるのですが 肉から蒸気が出るので ポテトフライとトーストで1袋、付け合せ野菜で1袋、ソースとナイフとフォークで1袋と 手間もコストも掛かるのに同一料金でした。
     次回は食べていないチキンステーキ、カオパットと隣りの店からのソムタムの出前でチャレンジします。

     この店から更にソイを歩きセブンイレブンの脇にイーサンステーキの店が有るとWEBで見て行きましたが いつもお休み・・・・・気分で営業する店主らしく 営業日数が少ないです 何回か見に行きましたが前回は味わえず、今回もチャレンジしてみます。
     イーサンステーキとは タレに漬けこんだ牛肉を焼いたものらしく59-60Bで柔らかくて美味しいらしいです。
     店の奥にローカルなビリヤード場が見えたらそこが目印で店頭で焼いているスタイルですが・・・・・・
     見るたびに休んでいました。

    • pattayan night より:

      タイの持ち帰りは容器代がかかるのに料金が同じですよね。
      日本では別に50円とか100円取られることがあるんですけど。

      他の読者さんからも情報をいただきましたが、イサーンステーキは本当に気になります。
      今回の滞在中に、開店していたらラッキーです。次回に持ち越しになりそうな気もしますが。

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑