*

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。


ボンコットの59バーツステーキ屋

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。
値段のわりにボリュームもあって、かなりコストパフォーマンスの高いローカルステーキ屋である。

久々に再訪してみた。

前回食べたのは、ポークテンダロインステーキ、59バーツ。
写真がこちら。

ボンコットステーキ屋 (6)

関連記事:ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

豚の喉肉ステーキ

で、今回注文したのは、Pork-neck Steak。
70バーツ。

ボンコットステーキ屋メニュー (2)

ポークネックを直訳すれば、豚の首肉。
タイ語なら、コームーとなるのかな。

コー=喉
ムー=豚

つまり豚の喉肉。

豚の喉肉は、タレを染み込ませて炭火焼きにする「コームーヤーン」が有名。
イサーン料理のようだが、わりとメジャーなメニューで、タイ料理屋なら置いている店が多い。
コームーヤーンは、大外れもなく、どこでもおいしい。大当たりの店なら、とてつもなくうまい。
喉の奥から思わず唸り声を上げるほどうまい。

そんな豚の喉肉をステーキにするとどうなるか、とても気になっていた。

焼き上がりがこちら。
ソイボンコットのコームーステーキ (1)

見た目は、ちょっと薄めのポークステーキですな。
細切れとなっているが、喉肉という部位の性質上、やむをえまい。

付け合せは、以前注文したポークテンダロインステーキと変わらない。
フライドポテト、小さなパン、サラダ、茹でた人参。ポテトが太くなったくらい。

まずは、一切れ、コームーを。

やや歯ごたえがある。
一般的なコームーヤーンよりも、若干固めかな。
でも、固いというよりも、弾力性のある感じ。
これは、豚の喉肉特有の食感かも。
脂身は少ない。

ソースは、ポークテンダロインと同じものだろう。
胡椒風味が少々強いが、ごくありふれたステーキソース。

うん、普通においしい。

ソイボンコットのコームーステーキ (2)

ぺろりと完食。
肉の量は、せいぜい150グラムくらいかな。それ以下かも。
付け合せが充実しているので、ランチとしてはこれで充分だ。
ちょっと多めに食べたい人は、白ご飯(カオスワエ)を注文するといいだろう。10バーツ。

単品でコームーヤーンを頼むと、屋台やローカルレストランでも一皿60バーツ前後はする。パタヤの有名イサーン料理屋「チェバーン」なら100バーツくらいしそうだ。

そう考えると、サラダとポテトがついて70バーツは、かなりお得。

一人で食べるとしたら、こういうステーキスタイルもありかな。

コームーヤーン

2人以上で食卓を囲むとしたら、単品のコームーヤーンがベター。

別の店のものだが、これがコームーヤーン。

これは豚トロに近い感じ。
コームーヤーン

こっちは濃厚な味。通常のムーヤーンに近い感じ。
コームーヤーン

もう、うまいとしか言いようがない。
カオニャオとの相性が抜群である。

ステーキでもコームーヤーンでもうまい、豚の喉肉、ぜひどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

queen-vic-breakfast-6

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場

記事を読む

Third road bukkake rice venue (4)

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。 サードロー

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

クイジャップ屋台 (6)

屋台のクイジャップがうまし。手作り麺とスープが絶妙。

ほてほてとソイメイドインタイランドを歩いていると、クィッティアオ風の屋台に遭遇。 でも、ちょっ

記事を読む

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)

ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるBITES RES

記事を読む

walkingstreet-soi15-food-5

【悲報】ウォーキングストリートソイ15の屋台群が撤去される。あのカオマンガイ屋はいずこへ?

ウォーキングストリートのソイ15は、物価の高いエリアにあって格安で提供してくれる屋台がいくつも並

記事を読む

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋のヤムガイ

カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

ソイレンキー入り口にあるカオマンガイ屋台は、以前に紹介した。 カオマンガイとカイマ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    友人とブッカオの通り沿いにムーカタの看板をあげてる店で豚の喉肉食べましたが柔らかく癖がないのでビールにもぴったりですね^^もちろんムーカタも食べましたがwボスファランであろう人がチワワつれてたのが印象に残りましたwwなぜが組み合わせが。。w

    • pattayan night より:

      そのムーカタの店は私も行きましたよ。数日中にブログにアップします。たぶん、同じ店だと思います。
      あのベルギー人ファランボスは、人相悪いです。

  2. 猫大好きパパ より:

    あのボスベルギー人ですかw人相悪いのは名特ですww食材持ってこられたんですが。。一瞬後ずさりしそうに。。wでもお味はよかったです^^

    • pattayan night より:

      単にベルギーの国旗があったからベルギー人だと勝手に思っています。
      そのボスは一番奥に座ってビール片手にじっとこっちを睨んでました。怖い。

  3. 猫大好きパパ より:

    wwwwでも横にチワワですからねww

アドステア

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑