*

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。


ボンコットの59バーツステーキ屋

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。
値段のわりにボリュームもあって、かなりコストパフォーマンスの高いローカルステーキ屋である。

久々に再訪してみた。

前回食べたのは、ポークテンダロインステーキ、59バーツ。
写真がこちら。

ボンコットステーキ屋 (6)

関連記事:ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

豚の喉肉ステーキ

で、今回注文したのは、Pork-neck Steak。
70バーツ。

ボンコットステーキ屋メニュー (2)

ポークネックを直訳すれば、豚の首肉。
タイ語なら、コームーとなるのかな。

コー=喉
ムー=豚

つまり豚の喉肉。

豚の喉肉は、タレを染み込ませて炭火焼きにする「コームーヤーン」が有名。
イサーン料理のようだが、わりとメジャーなメニューで、タイ料理屋なら置いている店が多い。
コームーヤーンは、大外れもなく、どこでもおいしい。大当たりの店なら、とてつもなくうまい。
喉の奥から思わず唸り声を上げるほどうまい。

そんな豚の喉肉をステーキにするとどうなるか、とても気になっていた。

焼き上がりがこちら。
ソイボンコットのコームーステーキ (1)

見た目は、ちょっと薄めのポークステーキですな。
細切れとなっているが、喉肉という部位の性質上、やむをえまい。

付け合せは、以前注文したポークテンダロインステーキと変わらない。
フライドポテト、小さなパン、サラダ、茹でた人参。ポテトが太くなったくらい。

まずは、一切れ、コームーを。

やや歯ごたえがある。
一般的なコームーヤーンよりも、若干固めかな。
でも、固いというよりも、弾力性のある感じ。
これは、豚の喉肉特有の食感かも。
脂身は少ない。

ソースは、ポークテンダロインと同じものだろう。
胡椒風味が少々強いが、ごくありふれたステーキソース。

うん、普通においしい。

ソイボンコットのコームーステーキ (2)

ぺろりと完食。
肉の量は、せいぜい150グラムくらいかな。それ以下かも。
付け合せが充実しているので、ランチとしてはこれで充分だ。
ちょっと多めに食べたい人は、白ご飯(カオスワエ)を注文するといいだろう。10バーツ。

単品でコームーヤーンを頼むと、屋台やローカルレストランでも一皿60バーツ前後はする。パタヤの有名イサーン料理屋「チェバーン」なら100バーツくらいしそうだ。

そう考えると、サラダとポテトがついて70バーツは、かなりお得。

一人で食べるとしたら、こういうステーキスタイルもありかな。

コームーヤーン

2人以上で食卓を囲むとしたら、単品のコームーヤーンがベター。

別の店のものだが、これがコームーヤーン。

これは豚トロに近い感じ。
コームーヤーン

こっちは濃厚な味。通常のムーヤーンに近い感じ。
コームーヤーン

もう、うまいとしか言いようがない。
カオニャオとの相性が抜群である。

ステーキでもコームーヤーンでもうまい、豚の喉肉、ぜひどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

fryay-hamburgerchips-1

値上げしたマクドナルドよりも、FRYDAYのハンバーガーを食べよう

タイのマクドナルドは、毎年のように値上げを繰り返している。 また、店舗によって価格設定が違う。

記事を読む

queen-vic-breakfast-6

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

Schnitzel soi newplaza (3)

ソイニュープラザのヴィーナーシュニッツェル屋台は80バーツ。ほぼとんかつだけど、味もボリュームも良し。

ソイニュープラザを通りかかると、見慣れぬ固定屋台を発見した。 こ、これは!? ヴ

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

boat%e3%80%80breakfast-1

【パタヤのファランな朝食】BOATのアメリカンブレックファースト70バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、セカンドロード沿いにあるBOATにお邪魔しま

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    友人とブッカオの通り沿いにムーカタの看板をあげてる店で豚の喉肉食べましたが柔らかく癖がないのでビールにもぴったりですね^^もちろんムーカタも食べましたがwボスファランであろう人がチワワつれてたのが印象に残りましたwwなぜが組み合わせが。。w

    • pattayan night より:

      そのムーカタの店は私も行きましたよ。数日中にブログにアップします。たぶん、同じ店だと思います。
      あのベルギー人ファランボスは、人相悪いです。

  2. 猫大好きパパ より:

    あのボスベルギー人ですかw人相悪いのは名特ですww食材持ってこられたんですが。。一瞬後ずさりしそうに。。wでもお味はよかったです^^

    • pattayan night より:

      単にベルギーの国旗があったからベルギー人だと勝手に思っています。
      そのボスは一番奥に座ってビール片手にじっとこっちを睨んでました。怖い。

  3. 猫大好きパパ より:

    wwwwでも横にチワワですからねww

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑