*

イサーン料理食堂のコームーヤーンがB級グルメ度100%でうまい。白ご飯とのシンクロ率も100%。

公開日: : グルメレポート


サードロードにある安くてうまいイサーン料理食堂のティーラーブセーブ。
イサーン出身者との晩餐に最適な食堂だ。

Tee raab zab isaan food restaurant

関連記事:サードロードの安くてうまいイサーンレストラン、ティーラーブセーブ。おすすめはトムセーブ。

複数のイサーン出身者を連れて行ったところ、いずれも高評価をいただく。
また行きたいということで、何度目かの入店となった。

SPONSOR LINK

ソムタムパラー

イサーンのソムタムといえば、カニ入りのソムタムプーパラーである。
が、生の沢蟹が入っており、とってもデンジャラス。
店によっては、きちんと蟹に火を通してから調理してくれるが、なるべくなら食べたくない。
沢蟹にあたると、もうとんでもなく悲惨なトンシア(下痢)になるもんで。
まあ過去二回、ここのソムタムプーパラーを食べたが、いずれも問題なかったけれど。

som tum

念のため、今回はソムタムパラーとオーダーした。
ソムタムプーパラーの蟹抜きですな。パラーという、魚を発酵させたイサーン独自の調味料入りなんで、イサーン気分は味わえます。
そんなに臭くないです。わたしは、普通のタムタイ(タイ風ソムタム)より好きです。
でもやっぱり激辛。うまい。

トムセーブヌア

イサーン風のおいしいスープ、それがトムセーブ。
前回の続いてのオーダー。

tom zab
ホルモンたっぷり、香草たっぷり。辛味と酸味もたっぷり。
ここのトムセーブは安定してうまい。おすすめ。

コームーヤーン

今回のメインディッシュ。
これが食べたかった、コームーヤーン。
豚の喉肉をタレに漬けてから炭火で焼いたもの。
イサーン風豚トロ焼肉です。

ko moo yan

脂身多し。
表面に焦げ目がつき、中は絶妙に火が通っている焼き加減が最高。
甘いつけダレが無上にうまい。

辛いナムチム(タレ)が別途用意してあるが、そのまま食べても充分うまい。
でも、甘いつけダレ味の豚肉に甘いナムチムを加えると、さらにうまくなる。

熱々の焼き立てだ。
これはたまらない。うまくないはずがない。

日本の商店街の一角で、ガスコンロが置かれたカウンター席だけでこじんまりと営業している焼肉店の、決して高級品ではないが、安くてうまい焼肉の味を彷彿とさせた。
このB級グルメ感がたまらない。

そして、こういった焼肉には、白ご飯がよく似合う。
イサーン料理屋だが、カオニャオ(もち米)ではなく、普通に白ご飯(カオスワエ)をオーダーしておく。

コームーヤーンと白ご飯のシンクロ率100%。

これが炊きたての日本米ならシンクロ率は200%を超えそうだ。

Tee raab zab isaan restaurant

漬物がわりにソムタム、味噌汁代わりにトムセーブ。
こりゃあ、イサーン風焼肉定食だね、最高。

わたしががつがつコームーヤーンと白ご飯をむさぼっていると、同行したイサーン人は呆れ顔。
「脂身だらけの肉ばっかり食べていると、太るわよ」と注意された。

おっしゃる通りですが、こればっかりはやめられない。

たしかにここのコームーヤーンは脂身が多い。でもそのぶん、脳内の快楽物質の放出も多いのだ。
肉の脂は人を幸福にする麻薬みたいなもんだ。
わかっていてもやめられない。

 

あと、前回もオーダーしたガイトートグルアも食べた。軟骨の唐揚げです、ソムタムによく合う。

コームーヤーン、ソムタムパラー、トムセーブヌア、ガイトートグルア、白ご飯2皿、コーラ2本で、合計325バーツ。

二人で訪れるとちょうどお腹いっぱいになれる量。
でも、とにかくコームーヤーンの脂が最高だった。

コームーヤーンといった肉料理は、その日の仕入れ具合や肉の部位によって、味が大きく変わるもの。
今日うまくとも、明日もうまいとはかぎらない。
これは大型店でも同様。
とにかく、この日のティーラーブセーブのコームーヤーンはB級グルメとしては百点満点の味だった。
高級焼肉の味を求める人は訪れる必要なし。
イサーンのB級グルメを求める人はぜひ訪れてほしい。

地図

外国人が一人で訪れるには、さすがにハードルが高いような気もする。
できれば、イサーン出身者と一緒にどうぞ。

コームーヤーンだけでなくイサーン料理やタイ料理全般を扱うレストランなら、パタヤカンのカオトムパラジャンバンがおすすめ。

関連記事:カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。
関連記事:おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。
関連記事:カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

メニューは豊富で英語併記。
外国人客も多いし、奥のオープンエリアの雰囲気もいい。
でもお値段安めで、料理が出てくるのも早い。
ここなら外国人一人でも問題ないですね。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ市場のタレートート (4)

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。 何を食べようかと、うろうろわくわくする。

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

panpan-bbq-hotpot-3

ムーガタとチムチュムとカラオケの店、パンパン

サードロードに以前から気になっている店があった。 明らかにムーガタとチムチュムの店

記事を読む

Villa market breakfast (1)

ヴィラマーケット内のレストランでブレックファースト@PATTAYA AVENUE

PATTAYA AVENUE(パタヤアベニュー)はセカンドロード沿いにあるショッピングモール。

記事を読む

Pattaya takoyaki (4)

パタヤでたこ焼き!ナイトマーケットの巨大イカ入りたこ焼きはまるでエイリアン。

たこ焼きが食べたいのである。 理由はない。 食べたいから食べたい。 が、ここはタイのパタヤ

記事を読む

Banchaing chimchum (7)

サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

パタヤのチムチュム&ムーガタ店の新規開拓シリーズです。 今回はサードロード沿いの店へお邪魔しま

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

Tesco lotus south pattaya (5)

テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める。まさに炒飯である。

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑