*

ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳 ,


ソイボンコット(SOI BONGKOCH)にあるクィティアオ屋がとてもおいしかったのでおすすめしたい。

この店は地元のタイ人に教えてもらった。
かなり以前に教えてくれたのに、今まで放置していた。
もっと早く行っておけばよかったと少し後悔。
地元人のアドバイスには耳を傾けるべし。

SPONSOR LINK

クィティアオ屋

ボンコットのクィティアオ屋 (6)

店構えはいたって普通のクイッティアオ屋。
訪れたのは午後2時ころ。ちょうど他の客が帰るタイミングで、客はわたし一人となった。
おばさんが一人で切り盛りしていた。

ボンコットのクィティアオ屋 (1)

注文は、いたってシンプルに「センレックムー」とだけ伝えた。

タイのクィティアオにおける米麺の太さは以下の3種類がデフォルト。

センミーが極細麺(かなり細くて、にゅうめんくらいの太さ)
センレックが細麺(もしくは中太麺で、一般的な中華そばくらいの太さ)
センヤーイが極太麺(きしめんくらいの太さ)

わたしはいつもセンレックにしている。

ボンコットのクィティアオ屋 (5)

この店では他にもバミーや乾燥麺も置いてあった。

で、出てきたのがこちら。

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

おっと、このどす黒いスープの色はナムトックだな。
クィティアオのスープで言うナムトックとは、牛か豚か鶏かしらないけど、動物の血入りの濃厚なスープのことだ。
通常の透明なスープのことはナムサイという。

ナムトックは癖があり、最初はとっつきにくいスープだけど、慣れてくればそれこそ癖になる味だ。
タイ人にはかなり人気のスープである。

さて、さっそく一口スープをすする。

お、いい感じだ。

でも、もうちょっとだけ味付けをしよう。
テーブルの上に置かれた唐辛子、酢、砂糖、ナンプラーの定番セットを少々ふりかける。
まるで親の敵のように唐辛子と砂糖をぶちこむタイ人も多いが、ここは日本人らしく慎ましく適量ですませたい。
あくまでアクセントをつけるためのものだ。

ボンコットのクィティアオ屋 (4)

あとはかき混ぜて出来上がり。

具材は普通の豚肉とホルモンのミックス。
ナムトックにはホルモンが定番だ。

濃厚なナムトックのスープと麺とが絶妙にからまっている。
かといって、決してくどい味ではない。
鼻にかかるような臭みもない。
何とも奥深い風味だ。

これは、うまいぞ~

味皇が巨大化してしまうほどの勢いはないけれど、海原雄山の仏頂面がぴくりと動いてしまうくらいにはうまい。
ってことは、かなり美味しいのだ。

ボンコットのクィティアオ屋 (3)

あっという間に麺を完食。
麺の量は少ないので、大盛りにしてもいいかもね。
食の細いわたしでも、おかわりしたくなった味だ。

一杯40バーツなり。

ブッカオのRコンバービア近く、カシコーン銀行の横のソイ入り口に、夜になるとオープンするクィティアオ屋があり、そこでもナムトックを提供していて、いつもにぎわっている。
わたしも何度か食べたことがあるけど、たしかにそこそこおいしい。
でも、ソイボンコットのクィティアオのほうが上だな。間違いない。

とにかくあの絶品スープは忘れられない味だ。
ナムトックが苦手な人も、ここなら大丈夫じゃないだろうか。

やっぱり、うまい店はジモティーに聞け、だな。

ソイボンコットのクイッティアオ屋の場所

レンタルバイク派以外ではちょっと行きづらいかもしれない。
ブッカオ近辺に宿泊しているなら徒歩でも訪問可能だ。

地図

ソイエキサイトを出て、サードロードを渡る。
ほぼ正面にサードロード(Chaloem Phrakiat)のソイ18がある。

サードロードソイ18ボンコット

このソイが通称、ソイボンコット(Bong koch)。
厳密に言えば、このソイ18がソイボンコットというわけではない。
標識上のソイボンコットは、このソイ18から枝分かれした先にある。
が、地元タイ人もこのあたり一帯をソイボンコットと称しているから、たぶんソイボンコットでいいと思う。

で、このソイ18に入ってから、しばらく直進。
右手にインターナショナルビュッフェレストラン「チェリーズ Cherry’s」が見える。
そのすぐ隣がクィティアオ屋だ。

ソイチャイヤプーンやソイレンキーからサードロードを渡るなら、サードロードのソイ18/1というソイから入ったほうが断然近い。
インターナショナルビュッフェのレストランがある角を右に曲がればすぐにクィティアオ屋となる。

ここを右に曲がればクィティアオ屋
ボンコット・シェリーズ

店の名前は知らない。

また営業時間も不明。
平日の昼間ならやっているでしょう。テキトウな情報で申し訳ない。

パタヤ滞在の昼間、特にすることがないなら、散歩がてらソイボンコットまで出かけてみましょう。
うまいスープが待ってますよ。

SPONSOR LINK

関連記事

タイのかんしゃく玉ガティアム (1)

タイのかんしゃく玉の名前はガティアム(にんにく)。クリスマスと年末年始は投げ合って遊ぼう。

今ではすっかり見かけなくなったが、日本でも昔は、かんしゃく玉でよく遊んでいたものだ。 クラッカ

記事を読む

RETOX朝食 (4)

RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ソイレンキーにオープンしたブリティッシュスタイルのスポーツバー、RETOX(リトックス、もしくは

記事を読む

エアアジア機体

エアアジアでチケットを直接購入。関空発着便の時間変更はうれしいけど、カード決済手数料が値上がりしていた。

次回のパタヤ旅行のために、いつも通りエアアジアで航空券を購入した。 墜落事故で騒が

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

パタヤタイバミーナム (2)

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋

記事を読む

スクリーンショット_030616_073717_AM

本日朝10時からスクートがプロモ開始。バンコクまで8000円。

何かというとプロモーションばかりやっている印象のLCC、スクート(SCOOT)。 今回のプ

記事を読む

スクリーンショット_062116_101434_PM

バンコク往復2万円以下ざくざく!サプライスの5000円割り引きクーポンは7月10日まで。

何度かお知らせしている格安航空券販売のサプライス割り引きクーポン情報。 5000円割り引きクー

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

RAINBOW24 Pattaya (15)

RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。 といっても見つけたのは2軒だ

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 高原です より:

    こんばんは。
    ゴーゴー嬢を送った時
    こちらの道を確か利用しました
    斜め45度位の道ですよね。
    麺屋があるとはしりませんでした。
    今度いってみます。
    この辺は安そうなローカル宿街だと
    思っていました
    ではまた

    • pattayan night より:

      そうです、斜めに進む道です。
      ボンコットはローカル向けアパートと長期滞在者向けのアパートが多いです。
      ファランもたくさん歩いていますよ。

  2. 山本益博 より:

    このソイの入口にセブン-イレブンがあり、その北側には女学生の制服を着た尺八屋がある。
    その隣が、日本人ロングステイヤー御用達の「シルバープレイス」だ。
    家賃は7000B~。

    パタヤのクイテイオ屋で評判がいいのは、下記YOUTUBEの店だ。
    昼飯時は満席だ。
    普通の店より、10B高いが。
    普通盛りと大盛りの料金が併記されているので、大盛りが好きな日本人にはオーダーが簡単だ。
    https://www.youtube.com/watch?v=YOPDiO3AsNs

    個人的には、同じくサードロードにある店が贔屓だ。
    サードロードの北側、セントラルロードとノースロードの中間地点にある信号(ここは窪みにあり、洪水被害がひどい)からサードロードをノース側へ100m進んだ左側にある。
    お客の多さが人気店であることを証明している。
    普通盛りが40B 大盛りが50Bと良心的だ。
    ここのバーミーは細麺で縮れ麺で美味しい。
    具も、魚のつみれは他店ではスーパーで売っているものだが、この店のは特製らしく、噛んだ食感が段違いだ。
    スープも全部飲み干すお客が多い。

    • pattayan night より:

      なるほど、詳しいクイッティアオ屋情報ありがとうございます。
      今度、訪ねてみます。
      つみれはどこの店も同じ味であまりおいしくないですよね。特製のルークチンを食べてみたいです。

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑