*

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

公開日: : グルメレポート


10バーツ唐揚げ屋台 (2)

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。

移動式屋台の唐揚げ屋台は、小さなものでも15バーツはする。おおむね20バーツくらいのものが多いだろうか。

が、今回紹介する屋台は、10バーツ。安い。そしてうまい。

一個10バーツではない。一皿で10バーツだ。

SPONSOR LINK

屋台の場所と地図

場所は、パタヤタイとソイボンコットの交差点付近。
パタヤタイのソイでいえば、ソイ16となる。

バイクがないと少々厳しい立地だ。
パタヤタイには乗り合いソンテウが走っているので、ソンテウを使えば訪問可能。

地図

屋台の外観
10バーツ唐揚げ屋台 (5)

以前は、もう少しボンコット方面に寄っていたが、現在はソイ入り口にある。
品揃えも少し変化があるようだ。

以前の様子
10バーツ唐揚げ (2)

10バーツのものもあれば、15バーツのものもあった。

現在は、すべて10バーツのものしか見当たらない。

10バーツ唐揚げ屋台 (1)

唐揚げの種類と味

一皿10バーツの唐揚げは2種類。

10バーツ唐揚げ屋台 (4)

左が、ほぼ皮だけの唐揚げ。
ちょっとだけ身もついている。
これがうまい。しかも、これだけ盛ってあっても一皿10バーツだ。

よほど売れるようで、売り場のすぐ横で次から次へと揚げている。
できれば熱々で食べたいところだ。

10バーツ唐揚げ屋台 (3)

右は、団子型の唐揚げ。
こっちのほうが身が多い。周囲に唐辛子がまぶしてある。唐辛子唐揚げ団子といったところか。唐ばかりでわかりづらくて申し訳ない。

アップにして撮影したもの。唐辛子が浮き出ているのが見える。
10バーツ唐揚げ屋台 (7)

とはいえ、決して激辛ではない。
しかも、唐辛子といっても、タイの唐辛子の風味とは少し違う。
日本で売られている一味唐辛子をまぶしたせんべいと同じ味がする。

この唐揚げ、意外とクセになる。
しかも一皿10バーツだ。すばらしい。

残りは、一個10バーツの唐揚げ。いくつか食べてみたが、どれも骨付きだった。
普通の唐揚げ屋台なら15バーツか20バーツのサイズのものが、10バーツ。
これまた安い。

大きめの唐揚げにも唐辛子をまぶしたものがある。
ここの唐揚げ屋は、この唐辛子まぶしが名物のようだ。

カオニャオは一袋5バーツ。

わたしは、皮の唐揚げ一皿、唐辛子唐揚げ団子一皿、普通の骨付き唐揚げ2個、カオニャオ1個を購入。全部で45バーツだった。

ざっとこれだけの量になる。

10バーツ唐揚げ屋台 (6)

一人では食べきれないほどの量となった。

日本の唐揚げでも大量に食べると、胸焼けがしてくるもの。
ここの唐揚げ屋も同様。
移動屋台の唐揚げに比べると、油の質はまだマシ。
でも、やっぱり食べ過ぎると、胸焼けがしてくる。

野菜と一緒に食べるのがよさそうだ。

日本人としては豆腐入り味噌汁がほしいところだが、ここはタイ風茶碗蒸し(カイトゥン)で我慢しようか。セブンイレブンで売ってます。

セブンイレブンの茶碗蒸しカイトゥン (1)

定食にせずとも、ビールのアテにもぴったりだ。
特に一盛り10バーツの2種類は骨なしなんで、気軽に食べられる。しかもうまい。

安くて辛くて美味しい唐揚げが食べたくなったら、パタヤタイへどうぞ。

袋にはきちんと店名(?)と電話番号が記載されたシールが貼ってある。
うーん、丁寧な仕事ぶりだ。

10バーツ唐揚げ屋台 (8)

店員の若い女性は愛想もよくて好感触。調理のおじさんは黙々と鶏肉を揚げていた。
営業時間や休業日は不明。今回の訪問は正午過ぎくらいで、前回は日没後だった。
心配な人は、写真に載っている電話番号へかけてみてください。

蛇足ながら、唐揚げを選ぶ際は、台に置いてあるトングを自分で使って、ほしい唐揚げを選べばいい。
店員さんが袋を用意してくれるんで、その中へ投入するだけ。
もちろん皿に盛られているぶんは、指差しだけでオッケー。
言葉いらずで簡単です。

その他の唐揚げ屋

なお、ブッカオ北側のブッカオ常設市場にも、新しく唐揚げ屋ができている。

外観
ブッカオ常設市場の唐揚げ屋

やや小ぶりながら1個10バーツ。
試しに食べてみたが、骨付きで味はしっかりしていた。
スパイシーな唐揚げも売っている。
大きさによって値段が違い、10バーツか12バーツ。

ここはヤムセーブも作ってくれる。使用する唐揚げによって料金が変わるようだ。35、45、55B。
ヤムセーブとは唐揚げを使ったラーブみたいなサラダ。味はほぼラーブと同じ。

以前食べたヤムセーブ。ヤムガイセーブとも呼ぶ。
ヤムガイセーブ

けっこう好きなメニューだが、この屋台のものはまだ食べていない。

また、市場内には、典型的なタイスタイルの唐揚げ屋台もある。2軒ほど営業している。

ブッカオ市場の唐揚げ

骨なし唐揚げ棒が一本10バーツから。これもおいしい。

言うまでもなく、移動式の唐揚げ屋台はあちこちに出ている。

ガイトート屋台 (2)

唐揚げ屋台は、店によってつけダレや衣が違うんで、自分好みのものを探そう。まあ、移動屋台は再発見が難しいけど。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

MALEE3マリーレストラン (1)

MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。

MALEE(マリー)は、パタヤで数店舗展開しているレストラン&ゲストハウス。 今回訪れたのは、

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

ワンタンスープギアオナーム (3)

サードロードにあるワンタンスープと火鍋(モーファイ)の屋台

餃子やワンタンが好きだ。 焼き餃子がベストだが、水餃子やワンタンスープもいい。 タイでも、餃

記事を読む

パタヤタイのクイジャップユアン (2)

パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

ウドンターニー、ビエンチャンにつづいて、パタヤで食べられるクイジャップ(クイチャップ)を紹介した

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Ratchada3 より:

    この唐揚げは美味しそうですね!私は辛いのが大好きなので、衣が辛い唐揚げなんて心躍りますー(・Д・)ノむっちゃビールに合いそうですねー。いくらでも飲めちゃいそう。
    今度パタヤに行った時にはぜひ行ってみたいと思います!!!
    ちなみに団子型のは、ミンチとかではなく、普通の肉を固めてるんですかね?

    ちなみに冷めたカオニャオと唐揚げを深夜に買って、女の子の部屋で食べて、残りを次の日の朝とかに食べる、なんて時に、パタヤにいるなあって感じたりします。

    • pattayan night より:

      団子型は、もも肉っぽい普通の肉です。脂身もあって、ぎしぎしに肉が詰まっているわけではないですけどね。
      タイの唐揚げは冷めてからでも、食べられますね。衣がぱりぱりのままです。

  2. もも太郎 より:

    ひょっとしたら違うかも知れませんが、、、
    ソンテウで3rdロードを越え池のある建物の
    先のセブンの通りをはさんだ屋台に1時間前
    に買い物にいった者です
    手羽(元?)は15Bでした以前もそうでした
    (UPされた写真でもそうかと) 
    唐辛子のは今日はありませんでした
    10B唐揚げはトゥッコムとカシコーンのソイを
    突き当り左にもあります
    ここは24hではありませんけれど
    突き当たる前の10B麺屋
    その先の食堂等色々あるのでぜひ

    • pattayan night より:

      たぶん、そこですね。向かい側にセブンがあったはずです。
      15Bの値札があるのは前回の写真ですね。今年3月くらいです。今回のは15Bの上に紙を貼って10Bに修正していました。
      その日の鶏肉の大きさによって値段を変えているのかも。
      前回の写真を見返すと、唐辛子唐揚げが写っていませんでした。日替わりメニューなんでしょうかね。
      トゥッコム裏の10B唐揚げは知りませんでした。10Bクィティアオもあるんですか。今度行ってみます。
      パタヤカンのソイ14あたりにも以前は10B唐揚げを見かけたんですが、今回見つかりませんでした。

  3. yuu より:

    唐揚げは日本人なら誰でも好きなのではないかな…パタヤタイとサードの交差点よりまだスクンビット寄りなんですね。バイクなしではちょっと遠いけど、行ってみる価値ありそうですね。

    • pattayan night より:

      中にはハーブの効いている唐揚げ屋台もありますが、ここの唐揚げは日本人にも受ける味です。唐辛子まぶしは好き嫌いが分かれそうですが。
      けっこう遠いですよ。一応、乗り合いソンテウのルート内ですが。ボンコット方面に興味がある人は、ついでに寄ってみるのがいいかもしれませんね。
      バイクがあれば楽勝です。

  4. 芽キャベツ より:

    最近 火、金のボッカオマーケットに10Bのトリ唐揚げの店が出てきましたね、今日も出ていたので出店常連組に入ったのかな?ここなら近いです 場所は場内のパタヤタイに出入りする1本3RDロードより この道に小さな食べ物屋台がたくさん出ています 目を凝らして良く見れば判ると思いますが場所が多少前後しますが先着順?その近くにファランで何時も一杯のコーヒー屋が有ります、ここのカプチーノはイタリア人も美味しいと、自分の店ではないのに自慢していました。味は確かに美味しいです。

    • pattayan night より:

      火金市場にも10バーツ唐揚げ屋ですか。あの辺りの食べ物屋台は、珍しいものがあって、好きですね。たまに買い食いに行きます。
      あそこのカフェは評判いいですね。今度行ってみます。

  5. コイケン より:

    情報あざーす!
    少なくとも自分が行った朝8時には絶賛営業中でした。
    この時間だと15Bの商品も置いてありましたよ。
    ちなみにこの唐揚げ屋からパタヤタイをスクンビットに向かって暫く走った左側のバミー専門食堂(中華系の大きな食堂です。夜はいろいろ出してるのかも?)でサラポーが売ってました。
    パタヤではあまり見かけないので情報まで。
    1個10Bです。

    • pattayan night より:

      あの店、開くの早いですねえ。
      バミー専門店が気になります。今度のぞいてみます。情報ありがとうございます。

  6. 芽キャベツ より:

    コイケンさん情報のサラパオの店 3月前に行き食べました 麺とスープが他店より劣るのでその後はサラパオの持ち帰り専門になってしまいました、サラパオは1個10バーツで幾つか種類は有りますが普通の豚まんとチャーシューの具のが美味しいのでその2種類です、場所はパタヤタイ・ソイ6の角ですね。

    • pattayan night より:

      チャーシューの肉まんはおいしそうですね~。そういえば、パタヤで肉まんはあんまり見かけませんね。
      バスで長距離移動していると、ドライブインなんかで、よくつまみ食いします。間違って中身が甘ったるいアンコだったら最悪ですけど。

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑