パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート 屋台もの(焼き鳥や唐揚げやつまみ)

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

投稿日:2016年12月30日 更新日:


恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。
これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言うべきか、ソイブッカオ沿いにも10バーツ唐揚げ屋台が潜んでいた。

なんで今まで気づかなかったんだろう。

SPONSOR LINK



ガイトートナコンナヨック

場所は、ソイブッカオのやや北側のソイ21入り口付近。このソイにはP.Pマッサージがあることから「ソイPP」と呼ぶこともあるが、まあソイの名前なんていずれも通称に過ぎないので気にしないように。

10-bahts-fried-chicken-3

地図

柱の影でひっそりと屋台がたたずんでいる。油断していると見逃すので要注意だ。

10-bahts-fried-chicken-4

屋台の名前は、ガイトートナコンナヨック。
ナコンナヨック県の鶏唐揚げってことですな。
ナコンナヨック(Nakhon Nayok)は、タイ中部の県で、滝が有名な観光スポットらしいけど、行ったことがないのでよくわかりません。
唐揚げも名物なんだろうか。それとも主人の出身地だけのことか。

唐揚げ10バーツ
カオニャオ5バーツ

わたしが訪れた時は、同じ種類と思しき唐揚げが並んでいた。

10-bahts-fried-chicken-1
(一部画像が緑色に乱れているのはカメラのせいです)

右側のボールに入っているのが揚げたてだそうで、そこから4個選んだ。
1個10バーツのはずだが、合計30バーツと言われた。

左側のボールでは、いくつかの唐揚げをセットにしている。たぶんこのひとかたまりが10バーツなのだろう。
店主のさじ加減一つで料金が決まるのかもね。なるべく大きくて肉の多そうな唐揚げを選びましょう。

10-bahts-fried-chicken-5

骨なし唐揚げで、味付けはかなり濃い目。少しだけハーブが効いている。
典型的なタイの唐揚げだ。

クリスピータイプの衣ではなくて、日本の唐揚げに近い食感。
かなり味が濃い、というか塩辛いんでタレは必要ない。そのままどうぞ。肉はわりとしっかりしている。ぺらぺらの肉ではない。
カオニャオ(もち米)によく合います。もしくはビールのアテにも良さそうだ。

営業時間はたぶん昼間だけ。午前中から昼過ぎってところだろうか。夕方には屋台がなくなっています。

 

このガイトートナコンナヨックよりも、ソイボンコットの10バーツ唐揚げのほうが味・量とも上だと思う。

関連記事:一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

他にも10バーツ唐揚げなら、ソイアルノタイ、パタヤタイ、ソイユメなど各所にあるけれど、バイクがないと、わざわざ出向くのは面倒。
さすがにビーチロードやセカンドロード沿いで10バーツ唐揚げは見かけない。
時間と移動手段の限られた旅行者の方は、手近なソイブッカオの10バーツ唐揚げを食べてみましょう。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ串もそこそこいけますね。

15バーツのものがメインとなるが、パタヤの唐揚げ屋なら、パタヤカンの唐揚げ屋がベストかな。

関連記事:まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

あと、最近できたLKチキンの40バーツのフライドチキンはけっこうおいしいです。

関連記事:LK Chickenの唐揚げは、夜食とおつまみに最適。1個15バーツ。

まあ、しょせんはジャンクフードなので過度の期待は禁物です。そんな人はいないだろうけど。
あと、お世辞にもいい油を使っているとは言えないので、食べ過ぎると確実に胃がもたれますよ。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, 屋台もの(焼き鳥や唐揚げやつまみ)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.