*

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

公開日: : グルメレポート


恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。
これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言うべきか、ソイブッカオ沿いにも10バーツ唐揚げ屋台が潜んでいた。

なんで今まで気づかなかったんだろう。

SPONSOR LINK

ガイトートナコンナヨック

場所は、ソイブッカオのやや北側のソイ21入り口付近。このソイにはP.Pマッサージがあることから「ソイPP」と呼ぶこともあるが、まあソイの名前なんていずれも通称に過ぎないので気にしないように。

10-bahts-fried-chicken-3

地図

柱の影でひっそりと屋台がたたずんでいる。油断していると見逃すので要注意だ。

10-bahts-fried-chicken-4

屋台の名前は、ガイトートナコンナヨック。
ナコンナヨック県の鶏唐揚げってことですな。
ナコンナヨック(Nakhon Nayok)は、タイ中部の県で、滝が有名な観光スポットらしいけど、行ったことがないのでよくわかりません。
唐揚げも名物なんだろうか。それとも主人の出身地だけのことか。

唐揚げ10バーツ
カオニャオ5バーツ

わたしが訪れた時は、同じ種類と思しき唐揚げが並んでいた。

10-bahts-fried-chicken-1
(一部画像が緑色に乱れているのはカメラのせいです)

右側のボールに入っているのが揚げたてだそうで、そこから4個選んだ。
1個10バーツのはずだが、合計30バーツと言われた。

左側のボールでは、いくつかの唐揚げをセットにしている。たぶんこのひとかたまりが10バーツなのだろう。
店主のさじ加減一つで料金が決まるのかもね。なるべく大きくて肉の多そうな唐揚げを選びましょう。

10-bahts-fried-chicken-5

骨なし唐揚げで、味付けはかなり濃い目。少しだけハーブが効いている。
典型的なタイの唐揚げだ。

クリスピータイプの衣ではなくて、日本の唐揚げに近い食感。
かなり味が濃い、というか塩辛いんでタレは必要ない。そのままどうぞ。肉はわりとしっかりしている。ぺらぺらの肉ではない。
カオニャオ(もち米)によく合います。もしくはビールのアテにも良さそうだ。

営業時間はたぶん昼間だけ。午前中から昼過ぎってところだろうか。夕方には屋台がなくなっています。

 

このガイトートナコンナヨックよりも、ソイボンコットの10バーツ唐揚げのほうが味・量とも上だと思う。

関連記事:一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

他にも10バーツ唐揚げなら、ソイアルノタイ、パタヤタイ、ソイユメなど各所にあるけれど、バイクがないと、わざわざ出向くのは面倒。
さすがにビーチロードやセカンドロード沿いで10バーツ唐揚げは見かけない。
時間と移動手段の限られた旅行者の方は、手近なソイブッカオの10バーツ唐揚げを食べてみましょう。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ串もそこそこいけますね。

15バーツのものがメインとなるが、パタヤの唐揚げ屋なら、パタヤカンの唐揚げ屋がベストかな。

関連記事:まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

あと、最近できたLKチキンの40バーツのフライドチキンはけっこうおいしいです。

関連記事:LK Chickenの唐揚げは、夜食とおつまみに最適。1個15バーツ。

まあ、しょせんはジャンクフードなので過度の期待は禁物です。そんな人はいないだろうけど。
あと、お世辞にもいい油を使っているとは言えないので、食べ過ぎると確実に胃がもたれますよ。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

BBQ moogata soi bongkot (5)

ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

以前、ソイボンコットにある食べ放題ムーガタ屋を紹介した。 139バーツという破格値であった。

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

バンコクトップスフードコートのカオソーイ

スクンビット・ロビンソンデパート地下TOPSフードコートのカオソーイ

バンコク・スクンビットソイ17と19の間にあるロビンソンデパートメント(Robinson Dep

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

→もっと見る

PAGE TOP ↑