*

ベッドタイムパタヤ宿泊レポート@パタヤカン。部屋は狭いが新築で立地条件も良好。

公開日: : ホテル情報


パタヤ沈没後半戦の日替わりホテルレポートは、パタヤカンのソイ16にある新築ホテル、ベッドタイムパタヤから。
以前、新規オープン時に紹介したが、実際に宿泊するのは今回が初となる。
新築だけあって、建物も部屋も清潔で綺麗。ただし部屋はちょっと狭い。
新築でも料金は安い。立地条件も悪くないんで、夜遊び向けとしてはコスパ抜群のホテルだ。

SPONSOR LINK

ベッドタイムパタヤ(BED TIME PATTAYA)

オープンしたのが、昨年2015年の春から夏にかけて。
まだ1年弱の新築ホテル。

外観
ベッドタイムパタヤホテルBEDTIMEPATTAYA (7)

玄関
ベッドタイムパタヤホテルBEDTIMEPATTAYA (2)

レセプション
ベッドタイムパタヤホテルBEDTIMEPATTAYA (4)

正午過ぎにチェックインに訪れると、30分ほど待ってくれと言われる。

清潔なロビーはソファーやイスが置いてあって、快適。ちょっと蒸し暑いんで扇風機を向けるといい。

ベッドタイムパタヤホテルBEDTIMEPATTAYA (3)

バウチャーの提示は必要なく、パスポートを提出するだけ。
デポジットは徴収されなかった。

ベルボーイはおらず、鍵だけ渡されて、あとは自力で移動。
エレベーターは無し。階段で登る。
わたしは2階の部屋だったが、大きな荷物がある人はちょっと大変かも。

廊下
ベッドタイムパタヤホテルBEDTIMEPATTAYA (5)

室内

わたしが予約したのは、スタンダードルームバルコニー付き。

ドアを開けたところから室内を撮影
ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (11)

率直な感想、狭い…
でも、綺麗。

ダブルベッド、テレビ、冷蔵庫、作業机とイス、ハンガーかけ、エアコン。
最低限必要なもの揃っている。
日本のビジネスホテルみたいだ。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (1)

ベッドは、やや小さめ。キングサイズではない。それでも二人並んで寝るには充分なサイズ。
ベッドの脇には、サイドテーブルとコンセント、照明スイッチあり。壁はすぐ真横。軽い圧迫感あり。

テレビは並の大きさ。26インチくらいか。NHKワールドは見られる。映りも良好。ノイズは少ない。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (12)

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (10)

テレビの下に、作業机。
ただし、柱が邪魔で作業部分が非常に狭くなっている。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (5)

パソコンを置くと、半分外に出てしまう。落ちそうだ。
11.3インチのノートPCでぎりぎり使える。ちょっと不便。

ベッドタイムパタヤホテルの作業机とパソコン

無料Wi-Fiは問題なし。動画もほぼストレスなく見られる速度で、断線もほぼなかった。
ログインするタイプなので、一度PCをシャットダウンすると、再ログインする必要あり。

無料の飲料水二本。ホテル名ラベル付きだ。グラスも置いてある。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (9)

室内喫煙不可。
バルコニー付きの部屋は、外で吸える。

バルコニーへのドア
ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (6)

部屋によりけりだが、ソイ沿いの部屋から眺める景色はこんな感じ。

ベッドタイムパタヤホテルBEDTIMEPATTAYA (1)

すぐ向かい側がバービアとなっているが、音楽の音量は控えめなので、それほどうるさくない。深夜2時には閉店する。

バルコニーには灰皿も置いてあった。イスも二脚あり。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (7)

洗濯物はちょっと干しづらい。適当にイスにかけて干しておくと、昼間は日差しが強いんですぐに乾くだろう。

あと、廊下の一番奥に喫煙スペースがある。

ベッドタイムパタヤホテルBEDTIMEPATTAYA (6)

バルコニー無しの部屋の場合、わざわざ出むく必要あり。

廊下側の窓はこんな感じ。
ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (8)

風情はまったくない。

セーフティボックスは部屋に付いている。4桁の暗証番号を入力するだけなんで簡単だ。

また、電気はカードを入れないと付かないタイプ。

浴室

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (2)

普通のユニットタイプとなっている。

便座を開けると、消毒薬の匂いがした。
このクラスの部屋でここまで綺麗にしてあるのは珍しい。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (4)

洗面台は小さめ。
特に水をためるシンクは底が浅い。すぐにこぼれてくる。

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (3)

シャワーは問題なし。ただ、温度を高めにすると、湯量が少なくなる。
あと、洗面所全体が水びたしになる。
このレベルのホテルだと、致し方ないかな。
あと、トイレットペーパーの位置が遠い。

綺麗に保たれているが、シャワーノズルを固定する台がちょっとバカになっていた。
このあたりの立て付けはやっぱり安普請だ。

アメニティは、石鹸、シャワーキャップ、シャンプー。最低限のものしかないんで、足りない分は持参しよう。
近所のコンビニは、パタヤカン通りまで出ればいくつかある。

 

スイミングプールなし。

レストラン設備なし。近所の食情報は以下に詳しく記述。
レセプション横に冷蔵庫があって、ドリンク類は購入可能。
缶コーヒーが15バーツ(コンビニなら13B)。

ジョイナーフィー無料
IDカード預けあり
(実際に連れ込み確認済み)

地図と周辺施設

地図

ソイの入り口には、黄色い看板のカオニャオマムアン屋「メーサイトーン」があるんで、わかりやすい。
パタヤカンソイ16入り口屋台村食堂

このメーサイトーンのカオニャオマムアンはかなりおいしい。
屋台のカオニャオマムアン (2)
今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

メーサイトーンの奥は、屋台村のような大きな食堂群。
パタヤカンの屋台食堂群
観光客向けなんで、初心者でも利用しやすいはずだ。一部食堂は日本語表記もある。

パタヤカンのソイ16入り口からホテルまでは徒歩1,2分といったところ。まっすぐ行って右手だ。
パタヤカンソイ16

ベッドタイムホテル前は、小さなバービア群となっている。
せいぜい5.6軒でそれほどうるさくない。

ホテルのすぐ近くにイサーン料理食堂。店頭でガイヤーンやプラードゥック(ナマズ)などをグリルしている。
パタヤカンソイ16のイサーン食堂 (2)

マッサージ屋や洗濯屋も多い。

ランドリーショップ
パタヤカンソイ16の洗濯屋

コインランドリーもいくつかある。一回30バーツ前後より。

あと、このあたりはインド人街となっており、インド料理レストランも多い。

パタヤカンソイ16のインドレストラン

かといって、それほどインド人でうるさいわけでもないんで大丈夫。

ソイを進んで左手には、評判の唐揚げ屋。
パタヤカンソイ16の唐揚げ屋
評判通りの味で大人気。
日曜日は休みなので気をつけましょう。
まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

その先には、これまた2015年オープンの新築ホテル、マーチホテル。
マーチホテル
ベッドタイムよりは高くなるが、スイミングプールやフィットネスもあり非常に評価の高いホテルだ。
Agodaでチェック
エクスペディアでチェック
ホテルズドットコムでチェック

日中、スイミングプールへ入りたければ、少し距離は離れるが、ソイ14から12へ抜ける脇道に私営プールあり。一日50バーツ。
パタヤカンのスイミングプール

ソイ14のファミリーマート前のバミー&カオマンガイ屋台もおすすめ。
ここのバミーヘンはおいしいです。
パタヤカンのバミー屋 (5)
パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

パタヤカンを渡ったところにあるカオマンガイもおいしい。ちょっと高いが、パタヤでトップクラスの味だと思う。スープもおいしい。
パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)
セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

パタヤ各方面への行き方

パタヤカンを少し東(スクンビット方面)へ進んで、道路を渡るとソイブッカオの入り口となる。

ソイブッカオ入り口ソンテウ乗り場

画像でソンテウ乗り場が見える。このソンテウに乗ればウォーキングストリートまで一本です。10バーツ。LKメトロならソンテウで数分ですね。
ウォーキングストリートからの帰りは、セカンドロードを走るソンテウに乗って、パタヤカンとの交差点で下車してホテルまで徒歩5分弱でしょう。3分でいけるかな。

セカンドロードに出て、道路を渡ったところ(PSボーリングプラザ前)にもソンテウ乗り場。
セカンドロードPSボーリングプラザ前のソンテウ乗り場

これはノースパタヤを経てナックルア行き。確実にナックルアまで一本で行ける。

パタヤカンにも乗り合いソンテウあり。
標識の向こうに小さく見えるのがソンテウ乗り場。
パタヤカン入り口ソンテウ乗り場

これはスクンビット方面行き。
サードロードを越えると、ビッグCエクストラ、ハーバーパタヤあり。

各方面への乗り合いソンテウ始発乗り場は、どこもホテルから近い。

セントラルフェスティバルは徒歩でも訪問可能。
バービア群でいうと、ソイ7とソイ8は余裕で歩いて行けます。

こう並べてみると、立地条件は素晴らしいなあ。
ただし、まったくのパタヤ初心者にはちょっとわかりづらいかも。
パタヤ3,4回目なら、この便利さがわかるでしょう。

宿泊料金

わたしが宿泊した日の料金はこちら。バルコニー付きスタンダードルームに宿泊した。

アゴダのスタンダードルーム
スクリーンショット_052516_050153_PM

アゴダのバルコニー付きスタンダードルーム
スクリーンショット_052516_050515_PM
税込みで2197円(およそ700バーツ)

じゃらんのバルコニー付きスタンダードルーム
スクリーンショット_052516_050559_PM
スクリーンショット_052516_050756_PM
税込みで2433円

やはり、おすすめは、バルコニー付きの部屋。
バルコニー無しだと、廊下側に窓があるだけの部屋もあるようだ。
差額は200円くらいなんで、特にタバコを吸う人はバルコニー付きの部屋にしましょう。あと洗濯物を干したい人もバルコニー付きがいいでしょう。

各サイトによってプロモ価格を打ち出しているんで、それぞれチェックしてみてほしい。

単純に目先の支払い料金を一番安くする方法は、じゃらんのクーポンを使うこと。
お試しで一日だけ宿泊するなら500円引きクーポンがとても有効だ。
さらにPONTAポイントがたまって、次回以降の宿泊に使える。またサプライス!での航空券購入にも使える。

スクリーンショット_040116_085447_AM
⇒⇒じゃらん海外ホテルクーポン
(6月8日現在もクーポンは配布中)

頻繁に2000円割引キャンペーンをやっており、航空券を購入するならサプライスがお得だ。LCCも扱っている。
⇒⇒航空券予約 サプライス

ベッドタイムパタヤホテル総評

部屋は清潔。
立地条件良好。
これで約2000円。
コスパは抜群だ。
ただし、部屋が狭いし、スイミングプールもないので、リゾート感は皆無です。
完全に夜遊び向け。昼間はどこかでのんびり過ごしておきましょう。
もしくは男性一人の出張用ビジネスホテルとしての利用なら問題なし。

SPONSOR LINK

関連記事

スコアバーズホテルアンヘレス (5)

【アンヘレスのおすすめホテル】スコアバーズホテル SCORE BIRDS滞在レポート

アンヘレス滞在中、クラーク空港からシンガポールへのフライトの待ち時間に利用したのが、スコアバーズ

記事を読む

PJイン (4)

PJインパタヤ宿泊レポート@パタヤカン

パタヤホテル宿泊レポートシリーズ第5弾はパタヤ中心部へ。 セントラルパタヤロード(パタヤカン)

記事を読む

Centra Avenue Hotel Pattaya (5)

ソイダイアナ・ブッカオ近くの新築ホテル Centra Avenue Hotel Pattaya

Centra Avenue Hotel Pattaya セントラ・アヴェニュー・ホテル・パタヤ

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル (2)

パタヤカンにある新築ホテル、BED TIME PATTAYA(ベッドタイム)

ベッドタイムパタヤホテル 場所は、パタヤカン・ソイ16。 パタヤカン沿いの屋台村

記事を読む

lk-mansion-28

LKマンション (LK Mansion)宿泊レポート。思ったより良いホテルだよ。

ソイブッカオ北端に位置するLKマンション。 ここはずっと気になっていた。 手前側にバービアが

記事を読む

セントリックシーパタヤCentric Sea Pattaya (7)

セカンドロードの新築コンドミニアム Centric Sea Pattaya。ホテル利用も可。

パタヤ中心部で一際目立つ高層コンドミニアムが完成し、入居も始まっている模様。 Centri

記事を読む

opeydeplacehotel-1

オペイデプレイス パタヤ (Opey De Place Pattaya)宿泊レポート@ソイレンキー

以前からずっと気になっていたオペイデプレイスに泊まってみた。 場所はソイレンキーのややブッカオ

記事を読む

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)

パタヤ新築ホテル情報2016年7月(更新)

《更新情報》 2016年7月 コーナーロッジ、ノヴァエクスプレス、アットマインドプレミ

記事を読む

じゃらんホテルクーポン年末まで (7)

年末の宿泊までオッケー。じゃらんの1万円クーポン配布中。残り3日。

以前の記事でも取り上げた「じゃらん」の最大1万円割引クーポン配布。 それ以降も、ずっと継続中。

記事を読む

チャイヤプーンイン部屋内部 (2)

チャイヤプーンイン宿泊レポート@ソイチャイヤプーン。一泊450バーツの格安老舗ホテル。

ホテル日替りレポートの5つ目は、わたしの地元とでも言うべきブッカオに戻る。 ブッカオからソイチ

記事を読む

アドステア

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑