*

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

公開日: : 最終更新日:2017/01/17 グルメレポート


タイは、5月前後がマンゴーの季節。
甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)前後で購入できるフルーツパラダイスだ。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (2)

ただでさえ甘いマンゴーをさらに甘くして食べるお菓子がある。
それがカオニャオマムアンだ。
なんと、甘いもち米の上に完熟マンゴーをたっぷり乗せて、さらに甘いココナッツミルクをかけて食べるのだ。
よくこんなもの思いついたなタイ人よ、と感心してしまうほどである。

SPONSOR LINK

カオニャオマムアン

これがカオニャオマムアンだ。
カオニャオマムアンーメーサイトーン (1)

カオニャオ=もち米=Sticky rice
マムアン=マンゴー=Mango

よって、カオニャオマムアンのことを、英語では、「Mango Sticky Rice」とか「Sticky Rice with Mango」と表記してある。

日本語訳は特にないし、カオニャオマムアンとタイ語で覚えておきましょう。

カオニャオマムアンは、移動式屋台でも売っているし、店舗でも売っている。

パタヤのカオニャオマムアン屋メーサイトーン

パタヤで有名なカオニャオマムアン屋は、パタヤカンにあるメーサイトーン(Mae Sai Thong)だろう。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (6)

場所は、パタヤカンのソイ16入り口付近。

地図

奥が屋台村になっている。
通りを歩いていると、いやでもマンゴーが目に入ってくるので見落とす心配なし。

外観
カオニャオマムアン名店メーサイトーン (3)

創業は1992年らしい。
中国語表記もあるんで、中華系なのかな。

しかも24時間営業。
いつでも好きな時に買える。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (1)

カオニャオマムアンと告げるだけで、すぐに用意してくれる。
一皿60バーツだ。

ポリエステル容器に入れてもらい完成。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (4)

蓋にも、店名がしっかり印刷してある。

中身
屋台のカオニャオマムアン (2)

マンゴーがびっしりと敷き詰めてある。

その下に、もち米。

さらには、袋に入ったココナッツミルクが付いてくる。

ココナッツミルクカオニャオマムアン名店メーサイトーン (5)

まずは、ココナッツミルク無しで食べてみよう。

マンゴーは、ほぼ完熟状態。甘い。
もち米も、やや甘く炊いてある。日本の餅ほどではないが、やや粘り気がある。

もち米とマンゴーのいびつなコンビなんて、うまく合うわけないよと思い込みがちだけど、実際に食べてみると、これが意外とイケるのだ。
びっくりするほど、マッチしている。

これだけでもおいしいが、さらに、ココナッツミルクを投入してみよう。

ココナッツミルクは意外とさらさらしている。
画像ではわかりづらいが、これでもけっこうかけている。

屋台のカオニャオマムアン (3)

甘みは増すものの、それほど甘ったるさは感じない。
逆に味がマイルドになったように感じる。

ココナッツミルクは、好みの問題なんで、お好きにどうぞ。
わたしは、ココナッツミルクがけのほうが好きかな。

(追記2017年1月)
メーサイトーンのカオニャオマムアンが値上げしている。

Mango sticky rice 70 baht (2)
70バーツだ。
そのかわり、ちょっとマンゴーの量が増えたかも。

Mango sticky rice 70 baht (4)
味は変わらず。1月に食べても、とにかくマンゴーが甘い。
70バーツでも買う価値あり。

屋台のカオニャオマムアン

ついで、屋台のカオニャオマムアンも購入してみた。

屋台のカオニャオマムアン (1)

これは移動式屋台となっており、パタヤの街角でちょこちょこと目にする。

昼間でも夜中でも売っている。

中身は、店舗のものと同じ。
マンゴーとカオニャオとココナッツミルクがセットになっている。
こちらも60バーツだ。

深夜に購入したため、翌朝食べることにして、冷蔵庫で保管しておいた。

カオニャオマムアンーメーサイトーン (1)

どんとマンゴーがのっている。
メーサイトーンよりも大きいかもしれない。

マンゴーは、常温でももちろんおいしいけれど、冷やすとさらにおいしくなる。
あまりにもおいしくて脳内の幸福回路が炸裂してしまいそうだ。

が、冷蔵庫に入れていたせいで、もち米が固くなってしまっている。
カッチカチやで。
無理やりスプーンでもち米のかたまりを割るようにして食べる。

いや、それでもおいしい。

ココナッツミルクも冷やすことにより、さらさら感が少なくなっている。
しっかりミルクがかかっていることが画像でわかるだろう。

カオニャオマムアンーメーサイトーン (2)

常温で食べるのとはまた違ったおいしさ。
これはいいねえ。
でも、やっぱりもち米は常温のほうがいいね。

まとめ

もち米に、マンゴーをのせて、ココナッツミルクをかけて食べるカオニャオマムアン。
タイ人の甘いもの好きはひどいなあと思ってしまいがち。
でも、考えてみてほしい。
大福モチに甘いイチゴを入れて上から砂糖をふりかけて食べる日本人も似たようなものだろう。

まあ、スイーツなんで好き嫌いは当然あるだろうけど、一度食べてみると、病みつきになる味である。
嫌いない人は大嫌いで、好きな人は毎日でも食べたくなるだろうなあ。
カロリーは気にしないことだ。

タイ旅行で見かけた際は、騙されたと思って、ぜひどうぞ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

LKメトロ屋台5

ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

LKメトロ、ソイダイアナ側の入り口にある屋台。 ちょうど不動産屋の目の前を間借りして営

記事を読む

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

mcdonald

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

タイの朝食といえば、おかゆ。 タイ語でジョークという。 原型がなくなるまでに煮こまれたお米が

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

khao-soi-pattaya-third-road-11

サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

以前紹介したサードロードのカオソーイ食堂。 カオソーイもうまいし、カイジアオ定食も

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

カオトムプラジャンバン料理

おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

少し前に紹介したおすすめのタイ料理&イサーン料理&シーフードのおいしいレストラン、カオトムプ

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑