*

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

公開日: : 最終更新日:2017/01/17 グルメレポート


タイは、5月前後がマンゴーの季節。
甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)前後で購入できるフルーツパラダイスだ。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (2)

ただでさえ甘いマンゴーをさらに甘くして食べるお菓子がある。
それがカオニャオマムアンだ。
なんと、甘いもち米の上に完熟マンゴーをたっぷり乗せて、さらに甘いココナッツミルクをかけて食べるのだ。
よくこんなもの思いついたなタイ人よ、と感心してしまうほどである。

SPONSOR LINK

カオニャオマムアン

これがカオニャオマムアンだ。
カオニャオマムアンーメーサイトーン (1)

カオニャオ=もち米=Sticky rice
マムアン=マンゴー=Mango

よって、カオニャオマムアンのことを、英語では、「Mango Sticky Rice」とか「Sticky Rice with Mango」と表記してある。

日本語訳は特にないし、カオニャオマムアンとタイ語で覚えておきましょう。

カオニャオマムアンは、移動式屋台でも売っているし、店舗でも売っている。

パタヤのカオニャオマムアン屋メーサイトーン

パタヤで有名なカオニャオマムアン屋は、パタヤカンにあるメーサイトーン(Mae Sai Thong)だろう。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (6)

場所は、パタヤカンのソイ16入り口付近。

地図

奥が屋台村になっている。
通りを歩いていると、いやでもマンゴーが目に入ってくるので見落とす心配なし。

外観
カオニャオマムアン名店メーサイトーン (3)

創業は1992年らしい。
中国語表記もあるんで、中華系なのかな。

しかも24時間営業。
いつでも好きな時に買える。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (1)

カオニャオマムアンと告げるだけで、すぐに用意してくれる。
一皿60バーツだ。

ポリエステル容器に入れてもらい完成。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (4)

蓋にも、店名がしっかり印刷してある。

中身
屋台のカオニャオマムアン (2)

マンゴーがびっしりと敷き詰めてある。

その下に、もち米。

さらには、袋に入ったココナッツミルクが付いてくる。

ココナッツミルクカオニャオマムアン名店メーサイトーン (5)

まずは、ココナッツミルク無しで食べてみよう。

マンゴーは、ほぼ完熟状態。甘い。
もち米も、やや甘く炊いてある。日本の餅ほどではないが、やや粘り気がある。

もち米とマンゴーのいびつなコンビなんて、うまく合うわけないよと思い込みがちだけど、実際に食べてみると、これが意外とイケるのだ。
びっくりするほど、マッチしている。

これだけでもおいしいが、さらに、ココナッツミルクを投入してみよう。

ココナッツミルクは意外とさらさらしている。
画像ではわかりづらいが、これでもけっこうかけている。

屋台のカオニャオマムアン (3)

甘みは増すものの、それほど甘ったるさは感じない。
逆に味がマイルドになったように感じる。

ココナッツミルクは、好みの問題なんで、お好きにどうぞ。
わたしは、ココナッツミルクがけのほうが好きかな。

(追記2017年1月)
メーサイトーンのカオニャオマムアンが値上げしている。

Mango sticky rice 70 baht (2)
70バーツだ。
そのかわり、ちょっとマンゴーの量が増えたかも。

Mango sticky rice 70 baht (4)
味は変わらず。1月に食べても、とにかくマンゴーが甘い。
70バーツでも買う価値あり。

屋台のカオニャオマムアン

ついで、屋台のカオニャオマムアンも購入してみた。

屋台のカオニャオマムアン (1)

これは移動式屋台となっており、パタヤの街角でちょこちょこと目にする。

昼間でも夜中でも売っている。

中身は、店舗のものと同じ。
マンゴーとカオニャオとココナッツミルクがセットになっている。
こちらも60バーツだ。

深夜に購入したため、翌朝食べることにして、冷蔵庫で保管しておいた。

カオニャオマムアンーメーサイトーン (1)

どんとマンゴーがのっている。
メーサイトーンよりも大きいかもしれない。

マンゴーは、常温でももちろんおいしいけれど、冷やすとさらにおいしくなる。
あまりにもおいしくて脳内の幸福回路が炸裂してしまいそうだ。

が、冷蔵庫に入れていたせいで、もち米が固くなってしまっている。
カッチカチやで。
無理やりスプーンでもち米のかたまりを割るようにして食べる。

いや、それでもおいしい。

ココナッツミルクも冷やすことにより、さらさら感が少なくなっている。
しっかりミルクがかかっていることが画像でわかるだろう。

カオニャオマムアンーメーサイトーン (2)

常温で食べるのとはまた違ったおいしさ。
これはいいねえ。
でも、やっぱりもち米は常温のほうがいいね。

まとめ

もち米に、マンゴーをのせて、ココナッツミルクをかけて食べるカオニャオマムアン。
タイ人の甘いもの好きはひどいなあと思ってしまいがち。
でも、考えてみてほしい。
大福モチに甘いイチゴを入れて上から砂糖をふりかけて食べる日本人も似たようなものだろう。

まあ、スイーツなんで好き嫌いは当然あるだろうけど、一度食べてみると、病みつきになる味である。
嫌いない人は大嫌いで、好きな人は毎日でも食べたくなるだろうなあ。
カロリーは気にしないことだ。

タイ旅行で見かけた際は、騙されたと思って、ぜひどうぞ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

ハーバーパタヤフードコートの冷やし中華

冷やし中華はじめました@ハーバーパタヤ。でも食べたのはチキンカレーライス。

別に何でもいいが、日本の夏の風物詩といえば、海開き、高校野球、TUBE、冷やし中華である。

記事を読む

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (1)

【追記】ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

最近、とんとご無沙汰になったブッカオ名無し食堂。 その2軒隣に、以前からクィティアオ屋がオープ

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂 地図 ブッカオ沿いにあるゴーゴーバー「クラブ・

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑