*

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

公開日: : 最終更新日:2017/01/17 グルメレポート


タイは、5月前後がマンゴーの季節。
甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)前後で購入できるフルーツパラダイスだ。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (2)

ただでさえ甘いマンゴーをさらに甘くして食べるお菓子がある。
それがカオニャオマムアンだ。
なんと、甘いもち米の上に完熟マンゴーをたっぷり乗せて、さらに甘いココナッツミルクをかけて食べるのだ。
よくこんなもの思いついたなタイ人よ、と感心してしまうほどである。

SPONSOR LINK

カオニャオマムアン

これがカオニャオマムアンだ。
カオニャオマムアンーメーサイトーン (1)

カオニャオ=もち米=Sticky rice
マムアン=マンゴー=Mango

よって、カオニャオマムアンのことを、英語では、「Mango Sticky Rice」とか「Sticky Rice with Mango」と表記してある。

日本語訳は特にないし、カオニャオマムアンとタイ語で覚えておきましょう。

カオニャオマムアンは、移動式屋台でも売っているし、店舗でも売っている。

パタヤのカオニャオマムアン屋メーサイトーン

パタヤで有名なカオニャオマムアン屋は、パタヤカンにあるメーサイトーン(Mae Sai Thong)だろう。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (6)

場所は、パタヤカンのソイ16入り口付近。

地図

奥が屋台村になっている。
通りを歩いていると、いやでもマンゴーが目に入ってくるので見落とす心配なし。

外観
カオニャオマムアン名店メーサイトーン (3)

創業は1992年らしい。
中国語表記もあるんで、中華系なのかな。

しかも24時間営業。
いつでも好きな時に買える。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (1)

カオニャオマムアンと告げるだけで、すぐに用意してくれる。
一皿60バーツだ。

ポリエステル容器に入れてもらい完成。

カオニャオマムアン名店メーサイトーン (4)

蓋にも、店名がしっかり印刷してある。

中身
屋台のカオニャオマムアン (2)

マンゴーがびっしりと敷き詰めてある。

その下に、もち米。

さらには、袋に入ったココナッツミルクが付いてくる。

ココナッツミルクカオニャオマムアン名店メーサイトーン (5)

まずは、ココナッツミルク無しで食べてみよう。

マンゴーは、ほぼ完熟状態。甘い。
もち米も、やや甘く炊いてある。日本の餅ほどではないが、やや粘り気がある。

もち米とマンゴーのいびつなコンビなんて、うまく合うわけないよと思い込みがちだけど、実際に食べてみると、これが意外とイケるのだ。
びっくりするほど、マッチしている。

これだけでもおいしいが、さらに、ココナッツミルクを投入してみよう。

ココナッツミルクは意外とさらさらしている。
画像ではわかりづらいが、これでもけっこうかけている。

屋台のカオニャオマムアン (3)

甘みは増すものの、それほど甘ったるさは感じない。
逆に味がマイルドになったように感じる。

ココナッツミルクは、好みの問題なんで、お好きにどうぞ。
わたしは、ココナッツミルクがけのほうが好きかな。

(追記2017年1月)
メーサイトーンのカオニャオマムアンが値上げしている。

Mango sticky rice 70 baht (2)
70バーツだ。
そのかわり、ちょっとマンゴーの量が増えたかも。

Mango sticky rice 70 baht (4)
味は変わらず。1月に食べても、とにかくマンゴーが甘い。
70バーツでも買う価値あり。

屋台のカオニャオマムアン

ついで、屋台のカオニャオマムアンも購入してみた。

屋台のカオニャオマムアン (1)

これは移動式屋台となっており、パタヤの街角でちょこちょこと目にする。

昼間でも夜中でも売っている。

中身は、店舗のものと同じ。
マンゴーとカオニャオとココナッツミルクがセットになっている。
こちらも60バーツだ。

深夜に購入したため、翌朝食べることにして、冷蔵庫で保管しておいた。

カオニャオマムアンーメーサイトーン (1)

どんとマンゴーがのっている。
メーサイトーンよりも大きいかもしれない。

マンゴーは、常温でももちろんおいしいけれど、冷やすとさらにおいしくなる。
あまりにもおいしくて脳内の幸福回路が炸裂してしまいそうだ。

が、冷蔵庫に入れていたせいで、もち米が固くなってしまっている。
カッチカチやで。
無理やりスプーンでもち米のかたまりを割るようにして食べる。

いや、それでもおいしい。

ココナッツミルクも冷やすことにより、さらさら感が少なくなっている。
しっかりミルクがかかっていることが画像でわかるだろう。

カオニャオマムアンーメーサイトーン (2)

常温で食べるのとはまた違ったおいしさ。
これはいいねえ。
でも、やっぱりもち米は常温のほうがいいね。

まとめ

もち米に、マンゴーをのせて、ココナッツミルクをかけて食べるカオニャオマムアン。
タイ人の甘いもの好きはひどいなあと思ってしまいがち。
でも、考えてみてほしい。
大福モチに甘いイチゴを入れて上から砂糖をふりかけて食べる日本人も似たようなものだろう。

まあ、スイーツなんで好き嫌いは当然あるだろうけど、一度食べてみると、病みつきになる味である。
嫌いない人は大嫌いで、好きな人は毎日でも食べたくなるだろうなあ。
カロリーは気にしないことだ。

タイ旅行で見かけた際は、騙されたと思って、ぜひどうぞ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

アドステア

アドステア

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

→もっと見る

PAGE TOP ↑