*

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

公開日: : グルメレポート ,


バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。
注文の際はバミーとだけ告げればオッケーだが、バミーナムと指定したほうがわかりやすい。

それに対して、バミーヘンとは、汁なしのバミーのこと。
スープ無しのラーメンって、つけ麺のことかと思いきや、汁なしでのそのまま食べるのである。
いや、別皿でスープを用意してくれるが、あえてつけ麺にせずそのまま食べる。

以前は汁なしラーメンなんて、と思っていたが、意外とこれがおいしいのだ。
店によりけりなのは当然だが、麺がしっかりしている店なら、けっこうイケる。

SPONSOR LINK

パタヤカンソイ14のバミー屋台

今回食べたのは、パタヤカンソイ14を進んだところにある屋台。
たぶん夕方からファミリーマート前で営業している。

地図

地図を見ればわかるように、パタヤカンとブッカオ交差点からも使い。
歩いて2,3分あれば行ける。

スクリーンショット_042016_062939_AM

店構え
パタヤカンのバミー屋 (1)

見るからにバミー&カオマンガイの屋台。
なんとなく直感で、バミーヘンを注文してみると、これがおいしかった。

パタヤカンのバミー屋 (3)

麺の湯がき方や処理が丁寧なんだよね。
スープの熱さや味でごまかしがきかないぶん、バミーヘンは麺が大事。

ここのはちょうどいい茹で加減と水切り具合。

具材はムーデーン(焼豚)とルークチン(つみれ)と野菜といういたってシンプルなもの。
ムーデーンは特筆して上等なものではないけれど、麺にマッチしている。

スープは自動的についてきたが、これはカオマンガイ用のものだろう。

パタヤカンのバミー屋 (2)

もちろんタイのクイティアオでは、汁付きだろうが、自分で調味料を加えて味をととのえるのが基本。
バミーヘンでも同じ。
唐辛子、砂糖、酢、ナンプラーを加える。
で、ひたすらよくかき混ぜる。

ちょっとだけ水分がほしかったので、スープをちょろっと加えておいた。

これでばっちり。
実にうまかった。
麺の歯ごたえと、焼豚と、ナンプラーの香ばしさがダイレクトに伝わってくる。
汁なしの醍醐味だ。

あっという間に完食してしまった。
化学調味料と塩分たっぷりのスープがないぶん、ちょっとはヘルシーか。

パタヤカンのバミー屋 (4)

いかんせん量が少ないのが難点。
普通盛り(タマダー)で40バーツ。
大盛り(ピセー)にしたほうがいいかな。

汁なしラーメンなんてと敬遠している人も、一度はバミーヘンを食べてみてほしい。
クイティアオ屋ならどこでも食べられるはずだけど、バミーはバミーメインの店のほうがいいでしょう。
とりあえず、このパタヤカンソイ14のファミマ前屋台のバミーヘンは、間違いなくおいしいです。

SPONSOR LINK

関連記事

jumbo-sushi-7

JUMBO SUSHIは、定食50バーツの日本料理食堂@サードロードソイ15

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つけた。 近づいて

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

fryay-hamburgerchips-1

値上げしたマクドナルドよりも、FRYDAYのハンバーガーを食べよう

タイのマクドナルドは、毎年のように値上げを繰り返している。 また、店舗によって価格設定が違う。

記事を読む

タイの焼き芋1

タイの焼き芋は紫イモでうまし。タイと日本とじゃがいもと。

屋台の焼き芋 いもの収穫時期なのかどうかは知らないけれど、9月から10月にかけて焼き芋屋台をよ

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

ウドンのクイジャップ

ウドンターニーの朝食なら、うどんでしょ。ウドンバスターミナルで食べるクイジャップがうまい。

タイ東北部イサーンの主要都市の一つ、ウドンターニー。 ウドンタニとか、ウドンタニーとか、カタカ

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

take-away-breakfast-5

TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE AWAY。 白

記事を読む

パタヤタイのクイジャップユアン (2)

パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

ウドンターニー、ビエンチャンにつづいて、パタヤで食べられるクイジャップ(クイチャップ)を紹介した

記事を読む

アドステア

Comment

  1. いわさん より:

    ファミマ前のこの屋台のバーミーナムをよく食べました。
    飲んだ後アパートへ帰る前にはちょうど良いです。
    おいしいですね。
    若い夫婦が2人で頑張ってやってるようです。
    前のマッサージのおねーちゃんもよく食べていました。

    • 千夜一夜 より:

      若夫婦っぽいですね。麺の取り扱いがすごく丁寧な仕事ぶりです。しっかりほぐしてくれるんですよね。
      屋台で食べていると、マッサージ屋のおねえさんに声かけられます。

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑