パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

アットマインドプレミアスイート近くの私営プールを利用してみた。1日50バーツ。

投稿日:

今回友人2人が宿泊しているのは、パタヤカンソイ12にある、アットマインドプレミアスイートホテル。

アットマインドプレミアスイーツ

決め手は、部屋の広さと清潔さ、それに洗濯機と日本語テレビ放送があることだった。
部屋のグレードを上げると、バスタブ付き。
2月のハイシーズン利用で、朝食付きプランが4700円ほど。
設備的には文句なしだったそうな。

スーペリアルームの詳しい宿泊レポートは以前お送りした。

新築で清潔!洗濯機付と日本語TV放送あり。アットマインドプレミアスイーツホテル宿泊レポート@パタヤカン

変更点がいくつかあったようだ。

まず、日本語のテレビ放送の内容が変わっている。
わたしが宿泊したときは、NHKの日本語放送のほか、日本語の映画チャンネルが3つあった。
現在の映画チャンネルはWOWOWだけになった。
そのかわり民放が増えた。東京キー局の4つのチャンネルがリアルタイムでそのまま流れているそうだ。これはパタヤではかなり珍しい。
紅白だけでなく笑ってはいけないもリアルタイムで年越し視聴できることになる。
ほぼ日本と同じTV視聴環境が得られるわけで、タイ語と英語のわからない初パタヤの知人は、かなり喜んでいた。

上のグレードだとバルコニーも広くなるが、テーブルはないそうだ。
室内禁煙ながら、バルコニーでの喫煙は可能。でも灰皿はなく、自分で用意する必要がある。

朝食は日本の白ご飯と味噌汁と漬物も置いてある。が、納豆は無し。白ご飯は炊き方が下手なのか、安い日本米なのか、味はいまいちだったそうだけど。

あと、スイミングプールが喫煙になっている。以前は灰皿が置いてあったはずだが、現在は喫煙すると2,000バーツの罰金という張り紙がしてある。

プールサイドのベッドでだらだら寝転んでタバコを吸うのが楽しみという友人は、ちょっと残念がっていた。

そこで、アットマインドのすぐ近くにある私営プールを紹介した。

SPONSOR LINK



パタヤカンのスイミングプール

外観
Swimming pool near @mind (1)

場所は、パタヤカンのソイ12と14を結ぶ路地の中。
アットマインドの裏口から徒歩1分くらい。

地図(PJインホテルとアットマインドホテルと共用)

奥がアパートになっている。本来はアパート住人向けなのだろうけど、一般利用にも開放しているようだ。

利用額は1日50バーツ。

カフェ併設。

Swimming pool near @mind (2)

カフェ利用だけで、スイミングプールに入らない場合は、スイミングプール利用料50バーツはかからない。つまり、ドリンク代を払うだけでいい。
「No swimming pool」とか「マイ ワイ ナーム」とか、係の人にきちんと告げておこう。
グループで訪れても、プールで泳いだ人だけが、それぞれプール代50バーツを払えばいい。

プール
Pattaya Klang swimming pool near @mind (2)
Pattaya Klang swimming pool near @mind (1)

あまり泳いでる人はいない。葉っぱが浮かんでいたりと、それほど清潔ではなさそうだが、まあ軽く泳ぐだけならオッケーでしょう。

プールサイドにビーチベッドやテーブルあり。
さすがにタオルはない。
奥にトイレもある。

アイスコーヒー60バーツ。
ビール(Chang)大ビン80バーツ。
グラスと氷は無料で出してくれる。

フードの持ち込み自由。
近所の屋台で買ってきて、プールサイドで宴会もできる。

屋台はたくさん出ているかな。われわれは焼き鳥とビールで宴会した。

BBQ

他の利用客は、ひたすら寝転がるファラン単身者が多い。
あまり騒ぐのは遠慮すべし。

もちろん喫煙オッケー。

日陰もあって快適。
たまに泳ぐだけで充分なら、利用価値がある。

まあ、周囲はアパートやホテルに囲まれていて、広々としたリゾート感はまったくないけれど、都会のオアシス的にのんびりするなら問題ないでしょう。

綺麗なホテルの綺麗なスイミングプールは、禁煙だったりフード持ち込み不可だったりと、何かと規制が厳しいもの。
それならば、こういったローカルなプールで、無規制にのんびりするのもいいもんです。
友人たちは気に入ってましたね。
1階だけあって、飲み食いしていると、少々ハエが寄ってくるが、まだマシなほうかな。

アットマインドプレミアスイーツ向かい側にあるPJインは格安でおすすめホテル。今回のパタヤ滞在でも宿泊してみたが、評価はまったく下がらない。いいホテルだ。

PJインパタヤ宿泊レポート@パタヤカン

が、プールがない。

スイミングプール設備のないホテルに宿泊している人も、外部利用可能の安いスイミングプールまで出向けば、昼間にのんびり過ごすことができます。

あとは、サードロードのソイビレッジ入り口(50バーツ)、マイクショッピングモール屋上(100バーツ)なんかにもプールがあります。パタヤパークのプールもいいけれど、ちょっと遠い。

アットマインドプレミアスイーツは、パタヤカンのソイ12を入っていった先なので、徒歩とソンテウ派にはちょっと場所が不便かも。パタヤカンやソイブッカオまで歩ける距離ではあるけれど。
そのぶん静かな環境で、設備は充実している。ほぼ新築につき、部屋は綺麗。
日本語TV放送と室内洗濯機がとにかく嬉しいと友人は絶賛。あとは価格次第だそうです。バスタブ付きの部屋でハイシーズン5000円以下なら、次回も利用しようかと言ってました。

ちなみに友人の比較対象は、アレカロッジのエバーグリーン棟だそうな。
アレカが高くなりすぎたので、今回はアットマインドにしたという。

アレカロッジ (1)

アレカの立地条件は抜群で、プールはリゾート感があっていいけれど、いかんせん値上がり傾向なのが痛いとこぼしていましたね。
なお、友人いわく、スーパーデラックスダブルで予約するとエバーグリーン棟に泊まれるそうな。

Agodaでアレカロッジの詳細をチェック

それぞれの予算やスタイルに合わせたパタヤのホテル選びをどうぞ。

SPONSOR LINK

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.