*

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

公開日: : グルメレポート, プチ情報・便利帳


パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。
地下には日系スーパーマーケットのマックスバリュあり。

SPONSOR LINK

Harbor Pattaya

ハーバーパタヤ (27)

地図

パタヤカン(セントラルパタヤロード)の東寄り、スクンビット通りの少し手前あたりだ。
真横にフードランドがある。

パタヤカンには乗り合いルートソンテウが走っており、ソンテウで簡単に訪問可能。

正面
ハーバーパタヤ (26)

駐車場は奥にある。係員が誘導してくれる。
バイク置き場は、建物の脇に並べて置くスタイル。

ハーバーパタヤ (25)

一方通行でぐるっと建物を回り込むようになっている。
手前側は満車で停められないが、裏にまわると停めやすい。一番奥にも仮設バイク置き場があるが、店舗入口に遠くなるので非推奨。裏手にまわって空きスペースを探そう。

ハーバーパタヤ内のテナント

ハーバーパタヤ (28)

ハーバーパタヤ内部は、キッズ向けの施設が多い。

ハーバーランド
ハーバーパタヤ (19)

日本語での入会案内もあり。
ハーバーパタヤ (22)

くもん
ハーバーパタヤ (20)

ゲームセンターや英会話学校もあり

あとは、定番のレストランやカフェなど。

日本食レストランもあり。

鮪一番。バンコクでは有名店なのか。
ハーバーパタヤ (14)

日本資本の有名レストランは見当たらなかった。

電化製品に特化したトゥッコムは2フロアー分を占めている。
携帯電話とパソコンに分かれているが、充実しているのは携帯電話フロアーのほう。

ハーバーパタヤ (15)

フードコートは5階。
名前はFOOD PORT。何故にDが逆向きなのか?

ハーバーパタヤ (16)

店の数はそれほど多くないかな。

ハーバーパタヤ (18)

日本料理屋が進出していた。

ハーバーパタヤ (17)

うどん75バーツなど。
セントラルフェスティバル地下のフードコートの日本食屋と似たようなものか。

テーブル数は多いんで、座れないことはないだろう。これからテナントが増えることを期待。

パタヤ初のアイススケートリンクは、まだ工事中だった。

ハーバーパタヤ (23)

SNOW LANDは9月オープン予定とのことだ。

ハーバーパタヤ (21)

なお、1階にタイ東部唯一という日本語フリーペーパー「OHAYO」が置いてあった。
ハーバーパタヤ (24)

これ、パタヤで初めて見たよ。
メインがシーラチャーだろうけど、パタヤも取り扱っているんだ。知らなかった。
でも、パタヤ好きなら知っている内容ばかりなんで、あまり意味はないかな。

マックスバリュ(MAX VALU)

ハーバーパタヤマックスバリュ (13)

地下に、日系スーパーマーケットのマックスバリュ。パタヤ初進出。

マックスバリュ前では、イベントを開催しており、タイ伝統舞踊などのステージが組まれていた。
ステージ脇には、タイヤキやたこ焼き屋台も出店している。

ハーバーパタヤ (13)

たこ焼きは、3個55バーツと日本より割高。大きさや味は不明。
ちょっと気になるが、さすがに高いな。

さて、マックスバリュである。
規模はあまり大きくない。

日本の食材やレトルト食品などは、隣のフードランドやビッグCと大差ない感じ。
日本酒や焼酎の取り揃えはちょっとマシかな。
イオン独自の缶チューハイや梅酒が置いてあるのは良し。ちょっと高いが、輸入物だししょうがない。

ハーバーパタヤマックスバリュ (20)

お寿司コーナー
ハーバーパタヤマックスバリュ (19)

一貫16バーツだが、50%ディスカウントで8バーツに。
ネタは、屋台のなんちゃって寿司よりも大きいんで、まずまずお得かな。あくまでディスカウント時の話だが。

弁当と惣菜コーナー
ハーバーパタヤマックスバリュ (18)

気になるカツカレーは、75バーツ。

ハーバーパタヤマックスバリュ (15)

見るからにカツが小さく、ルーとご飯の量も少なめ。ちょっと高いかな。
ちょっと試してみたいが、これならラーメンチャンピオンのカツカレーのほうがよさそうだ。

焼きそば45バーツ。その横にはタイの焼きそばのパットママーが。こちらは25バーツ。

ハーバーパタヤマックスバリュ (17)

鰻重は、驚きの350バーツ。

ハーバーパタヤマックスバリュ (16)

あとはハンバーグ弁当とか焼き鳥重とか。

弁当はそれなりの品揃え。
単品おかずの惣菜は少なめだった。

ハーバーパタヤマックスバリュ (21)

せっかく訪れたんで、かつ丼59バーツと唐揚げ20バーツを購入してみた。

ハーバーパタヤマックスバリュ (14)

店内にはイートインコーナーがあって、電子レンジも置いてある。
マックスバリュで購入したものなら、持ち込んでそのまま食べることができる。

ハーバーパタヤマックスバリュ (22)

カツ丼
ハーバーパタヤマックスバリュ (23)

カツ丼は、カツがいまいちだが、味は悪く無い。きちんとカツ丼の味がしている。
ビッグCやロータスのフードコートに出店している日本料理屋のカツ丼よりは、かなりマシだ。
見た目よりは量もある。
これで59バーツなら、アリかな。ローカル食堂や屋台のタイ料理でも一皿50バーツが珍しくないんで。

唐揚げ
ハーバーパタヤマックスバリュ (12)

唐揚げは竜田揚げみたいな衣だが、この衣が油っぽいし、肝心の肉もへなへな。
これはダメ。

まとめ

マックスバリュの日本食弁当は、まあ、どうしても日本食が恋しくなった時だけ利用すればいいかなというのが正直な感想。
短期滞在者がわざわざ訪れる必要はなさそうです。

ハーバーパタヤ内のレストランにも、特に目新しいものはなし。

トゥッコムは広々としているがパタヤタイのトゥッコムと似たようなものなので、滞在先から近い方のトゥッコムへ行けばよさそう。

何より子供向け施設が充実しており、メイン客層は子供連れのタイ人ないし外国人在住者ということになるだろう。
子連れでパタヤに旅行に来ている家族も利用できるかな。

短期夜遊び旅行組には、あまり縁がなさそうです。より便利な場所にあるセントラルフェスティバル(センタン)で充分用は足りると思う。

とはいえ、ハーバーパタヤ内は広くて綺麗だし、ウィンドウショッピングしているだけでいい暇つぶしになる。

新しいモノ好きの人は、一度ハーバーパタヤを訪れてみましょう。

安くておいしいタイ料理やシーフードが食べたい人は、ハーバーパタヤ向かい側にあるレストラン「カオトムプラジャンバーン」へどうぞ。
カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。
おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

カオマンガイとスープの名店もカオトムプラジャンバーンの隣にある。こちらも忘れずに。夕方には閉まってしまうので、昼間に訪れよう。
パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

SPONSOR LINK

関連記事

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

RETOX朝食 (4)

RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ソイレンキーにオープンしたブリティッシュスタイルのスポーツバー、RETOX(リトックス、もしくは

記事を読む

新旧フィリピンペソ紙幣

ひさびさにフィリピン旅行する人は、旧フィリピンペソ紙幣が使えなくなっているのでご注意を。2016年旧紙幣から新紙幣への移行終了。

2016年7月、今回4年ぶりのフィリピン旅行となった。前回が2012年のこと。 それ以前にもフ

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

khonkaen-superrich-2

コンケーンにも両替所SUPER RICHがあった。タイ地方都市の両替事情。

タイのバンコク、パタヤ、プーケット、チェンマイといった外国人観光客が多く集まる観光地には、私設両

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (4)

タイ・パタヤで使い捨てコンタクトレンズを購入。DUNAマンスリータイプ2ヶ月分で180バーツ。

普段は、常用コンタクトレンズを使っているのだが、どうにも古くなってしまい装着感が悪い。 せっか

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Silver Bullet より:

    GWはパタヤで1週間ほど過ごす予定、ホテルは教えてもらったゴールデンシーにしました。
    九月以来のパタヤ、楽しみです

    カオトムプラジャンバーン、旨そうな店ですね
    基本的に一人旅なので、こういう大人数向きの店は、行く機会が無いのが残念です
    いつものブッカオ名無し食堂かなw

    • 千夜一夜 より:

      ゴールデンシーは、ブッカオ沿いにしてはスイミングプールもあるんで、過ごしやすいと思いますよ。中国人の団体は昼間はでかけてますんで、静かだと思います。
      カオトムプラジャンバーンは、一人でも大丈夫です。手前側の明るいテーブル席のほうで。ファランもタイ人も一人で食べてます。まあ、料理はあまり頼めませんけど。

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑