*

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

公開日: : グルメレポート

Chester’sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。
タイ全土で200店舗を越えるらしい。

Chester's frird chicken harbor pattaya (5)

Chester’s Grill(チェスターズグリル)という名称だと思っていたが、現在の看板は、Chester’sとなっている。

ショッピングモールには、かなりの割合でテナントが入居しているはずだ。

パタヤでは、トゥッコムやハーバーパタヤに店舗がある。たぶん、他にもありそう。

TUKCOM店
Chester's Tukcom

メニューを見ていると、なんだか安っぽい雰囲気が否めない。
KFCとマクドナルドのあいのこみたいな感じだ。

Chester's frird chicken harbor pattaya (6)

過去何度か利用したので、軽く紹介。
フライドチキンは意外とおいしいよ。

チェスターズのフライドチキンセット

Chester's (4)

利用したのは、ハーバーパタヤ店。
いつもがらがら。

Chester's (3)

C2という名称のメニューで、フライドチキン2個、フライドポテト、コーラがセットになっている。100バーツぽっきり。
追加料金でコーラのアップサイズが可能。

注文を受けてから、調理開始するようで、10分ほどかかると言われた。

まずは、コーラ。つづいてフライドポテトが運ばれてきた。

Chester's frird chicken harbor pattaya (1)

ま、ポテトは普通です。マクドナルドのほうがおいしいです。

塩、ケチャップ、水、皿、食器類は、別のテーブルに置いてある。お好きなように。

Chester's frird chicken harbor pattaya (2)

さらに時間をおいて、熱々のフライドチキンが到着。
なかなかの迫力である。

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

これがまさに揚げたて。
熱いのなんの。

しかも分厚い。これをじっくり揚げるのだから、時間がかかるのも当然。
たぶん、人気店だと、KFCみたいに作り置きしておくのだろうが、ハーバーパタヤ店は過疎っている。注文ごとの調理となるのかな。こっちのほうがいい。

大きなフライドチキンだが、骨付きのため、可食部分は思ったよりも少ない。
それでも、けっこうな量だ。

衣には味がついている。
KFCのパリパリさくさくの衣とは一味ちがうけど、これはこれでオッケー。

Chester's frird chicken harbor pattaya (4)

大満足とは言えないが、しょせんは100バーツのチェーン店メニュー。こんなもんでしょう。文句はまったくありません。

KFCとはちょっと違う、タイ独自のフライドチキンチェーン店を楽しみたい人向けですな。

フライドチキンの他には、ご飯とセットになったメニューが豊富。

スパイシークリスピーチキンライス

Chester's (1)

コーラとセットで86バーツ。

ナムトック風の味付け。
これは容赦なく辛い。
フライドチキンはさくさくでおいしいけれど、それを凌駕する辛さによって、口の中が支配されてしまう。
チキンの量は少なめ。

タイでしか食べられるたぐいの料理だが、辛いものが苦手な人は遠慮したほうがいいでしょう。
とにかく辛いです。

 

ほかにも、唐揚げチキンライス、照り焼きサーモンライスなんてのもありますな。

詳しくはチェスターズの公式ホームページで。英語メニューあり。

http://www.chesters.co.th/

その記述によれば、創業は1988年。第一号店がバンコクのMBKにオープン。

当時の名称は、Chester’s Grill Chicken。
1990年に、Chester’s Grillへと改称。
さらに、2013年に、Chester’sへ。

どんどんと名前が短くなったわけね。納得。
というわけで、現在の正式名称は、Chester’s(チェスターズ)ということで。

特におすすめしませんが、気が向いたときにさくっと食べるには悪くないです。
KFCと食べ比べてみるのも一興かも。
ちなみに、ハーバーパタヤのKFCが一番安いです。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

Gaen Moogata (18)

蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タイに来たらムーカタを食ってもら

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

Asoke noodle soup (4)

手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見つけた。 大きな教会(Gra

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑