*

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ


日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。

ハーバーパタヤ夜

あまりローカル過ぎるタイフードは苦手な二人なんで、しっかりしたタイ料理レストランで食事を取ることにした。

SPONSOR LINK

TAMMOUR(タムモア)

たまたま見つけたのが、ハーバーパタヤ2階にある、このお店。

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

TUMMOURと書いてある。
タイ人に発音を聞いてみると、タムモア。

タムがソムタムのことで、モアが全部という意味だと教えてもらった。

タイ料理とイサーン料理のレストランのようだ。
バンコク、ビエンチャン、ヤンゴン、ビエンチャンに店舗あり。

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (1)

決して高級レストランではなくて、テーブルもイスも安っぽいが、新築のハーバーパタヤ内にあるので綺麗そのもの。

メニュー
tammourタムモア@ハーバーパタヤ (2)

オーダーは自分で用紙に記入するタイプだが、こちらが外国人だとわかると店員がきちんと対応してくれる。英語も通じます。

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (4)

水はテーブルの上のペットボトルを利用する。街角食堂と同じスタイルだ。

ソムタムタイ、ガイトート、パッタイ、コームーヤーン、カオニャオ3つを注文。

カオニャオ

カオニャオ@タムモア

カオニャオとは、もち米のことだ。イサーンでは、白飯代わりに食べられている。

ここのカオニャオは、かなりもっちりした炊き加減で、もちもち感がグッド。
容器も雰囲気があっていいよね。

コームーヤーン

コームーヤーン@タムモア

コームーヤーンとは、豚の喉肉を焼いたもの。イサーンの名物料理の一つ。

鉄鍋にキャベツが敷き詰めてあり、その上にコームーヤーンが載っかっている。
ちょっと脂身が多いが、普通においしい。カオニャオとの相性が抜群である。

ソムタムタイ

ソムタムタイ@タムモア

イサーンの代表料理といえば、ソムタムである。
イサーンのみならずタイ料理の代表とも言える。
ソムタムタイは、イサーン式ソムタムを食べやすくしたもの。

見た目は上品な感じで、それほど辛くなさそうに思える。
実際に食べてみると、口当たりはとてもマイルド。食べやすい。
でも、じわじわと辛さが湧いてくる。
春雨のようなカノムジンと一緒に食べると、辛さが中和される。
もちろんカオニャオとの相性もいい。
ここのソムタムは食べやすい。

ガイトート

ガイトート@タムモア

ガイ=鶏
トート=揚げる

つまり鶏肉の唐揚げ。
フライドチキンと注文すれば、これが出てくる。

手羽唐揚げだ。

揚げたてホクホクで、衣に味がついてあり、身もジューシー。
これは、おいしい。
ビールのあてに最適だが、残念なことに、この店にはビールが置いていない。
カオニャオと一緒に食べましょう。

パッタイの写真は撮り忘れたが、味は問題なし。というか、普通においしかった。

 

全体的にとても丁寧な味に仕上がっている。
量は少なめ。

タイ料理やイサーン料理初心者でも安心して食べられる。

料理4皿、カオニャオ3つ、ペットボトルの水を合わせて、合計340バーツ。
お値段も良心的。
ただし、量は少ないんで、男3人ではお腹いっぱいにならなかった。

わざわざ食べに行くほどではないかもしれないが、ハーバーパタヤを訪れた際に軽くタイ料理を食べるには利用価値があり。特にイサーン料理初心者にはおすすめ。
家族連れでも安心です。

ハーバーパタヤ地図

がっつりビールを飲みながらタイ料理やイサーン料理やシーフードが食べたいのなら、ハーバーパタヤの斜め向かいにあるカオトムプラジャンバンがおすすめだ。
カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。
おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

Chicken world Pattaya (3)

カレー風味の巨大ガイヤーンにかぶりつけ!Chicken World@ソイブッカオ

ソイブッカオの南側に以前から気になっているガイヤーンの店がある。 店頭に大きなグリルがおいてあ

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑