*

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

公開日: : グルメレポート ,


当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。
ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごしている。
これまでパタヤで食べたカオマンガイは100皿をゆうに越えるだろう。
わりとカオマンガイは好きなほうだ。

もちろん、フードランド前のカオマンガイ屋の評判は何度となく耳にしてきた
パタヤで一番おいしいカオマンガイ屋ではないかと囁かれること夥しき。

隣のカオトムプラジャンバンには何度も訪れた。
でも、いまだにフードランド前カオマンガイを食べたことがない。
何となく有名過ぎて敬遠していた部分と、単にタイミングが合わなかった部分がある。

これではいかんと、ある昼下がり、愛車のレンタルバイクにまたがったのだった。

パタヤカンをひらすら東へ進むと、フードランド前のカオマンガイ屋はすぐに見つかった。

フードランド前カオマンガイ屋 (2)

おお、これがあのカオマンガイ屋か。何度も店の前を通っているはずだが、しっかりと店構えを見るのすら初めてだ。

フードランド前カオマンガイ屋 (1)

席についてオーダーしたのはもちろんカオマンガイ。普通盛り。

ついにその時がやってきた。

あの伝説のカオマンガイを食べる時だ。

SPONSOR LINK

フードランド前のカオマンガイ

フードランド前カオマンガイ (2)

見た目はすっきりしている。
鶏肉は胸肉のみを利用しているのか、実につやつやしていて、食べやすそう。
タレは濃厚で辛そうだ。

いざ実食。

率直な感想…

ふつー

いや、普通においしい。
うん、あっさりめの鶏肉で、ごはんの油加減と炊き加減も上出来。
ソースは、最初は辛口かと思いきや、決して辛すぎずしつこすぎずと、実によくできている。
おいしい。

これに文句を言うカオマンガイ好きは、まずいないだろうというレベル。

が、パタヤ最高かと問われると、にわかには首肯しかねる。

個人的な嗜好なのだが、肉はもうちょっと脂身が多いほうが好きだ。
鶏肉は、ブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋のほうがおいしいと思う。

パタヤタイカオマンガイ (1)
ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

全体的な味としては、パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ屋と甲乙つけがたい。

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (4)
セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

まあ、期待値が大きすぎたんだろうね。
普通においしいんですけどね。

スープが絶品

実は、入店と同時にわたしの目に飛び込んできたのは、カオマンガイよりもスープだった。
ちょうど蒸し器のふたが開いていて、各種スープを見ることができた。

フードランド前カオマンガイ屋のスープ容器 (1)

いい匂いがしているんだ、これが。

種類がいくつかある。
これがチキンで、これがポークと説明してもらう。チキンでもさらに種類がわかれているもよう。
わたしは、大きな冬瓜が入っているチキンスープにした。

ちなみに、普段は蓋が閉じてあるんで、店の人に頼んで開けてもらおう。
フードランド前カオマンガイ屋のスープ容器 (2)

このチキンスープが絶品だった。

フードランド前カオマンガイ屋のスープ (1)

まずスープ自体、だしがよく出ていておいしい。中華風味の味付けかな。
それに、ほろほろになるまで煮込まれた鶏肉がうまい。うますぎる。
骨付き肉だけど、れんげで軽くつつくだけで、骨と肉がいとも簡単に分離する。
冬瓜も柔らかくて味がしみ込んでいる。うまい。
あと、しいたけも入っている。これもいいアクセントになる。

フードランド前カオマンガイ屋のスープ (2)

スープ、鶏肉、冬瓜、しいたけ。
最高だよ、このスープ。
日本人なら大好きのはずだ。

タイで飲んだスープの中で、ここのスープがナンバーワンだ。
カオマンガイも普通においしいけど、スープはぶっちぎりでおいしい。

ちなみに、カオマンガイに付きものの鶏ガラスープは、付いてきませんでした。
別途スープを注文すると、無料のスープは必要ないとの判断でしょうね。まあ、本当に必要ないんですが。

 

カオマンガイ(タマダー)40B
スープ50B
ペットボトルの水10B
合計100B

なかなか贅沢な昼食となったが、お腹いっぱいで大満足。夜10時までお腹が空きませんでしたね。

最後にはスープの鶏肉の骨だけが残りました。(キュウリ嫌いなので、テンクワーは始めから無かったことにしている。)

フードランド前カオマンガイ完食

次回は、スープと白ご飯にしてみようかしらん。

ちなみに、壁のメニューがこちら。

フードランド前カオマンガイ屋 (3)

タイ語のみですな。

フードランド前カオマンガイ屋厨房

厨房を見るかぎり、カオカームー(豚足ご飯)やカオペット(あひる肉ごはん)も置いている。

場所と行き方

パタヤカンのフードランド前です。

ほぼ真正面にフードランド
フードランド

すぐ横が以前紹介したカオトムプラジャンバン・レストラン
カオトムプラジャンバン

地図

往復ともソンテウでも移動可能。

乗り合いソンテウに乗れば、片道10バーツ。セカンドロードとパタヤカン交差点付近で客待ちしているソンテウなら、スクンビット手前が終点なので、ほぼ間違いなくフードランド前まえ一本で行ける。流しのソンテウだとブッカオで右折してしまう可能性あり。そのときは別のソンテウに乗り換えよう。

ブッカオとパタヤカンの交差点から歩くとすると、15分くらいかな。
歩けない距離ではないです。

帰りは、少しスクンビット方面に歩けば、乗り合いソンテウの乗り場がある。スクンビット通りの工事のためソンテウの数が減っている。その場で待つよりも乗り場まで移動したほうが早いかも。また、ビッグCエクストラ前にも客待ちの乗り合いソンテウが待っていることが多い。そっちまで歩いても良し。

営業時間は朝7時からと言っていたような気がする。
夕方には閉店するようだ。
ちなみに、午後1時半の時点でカオマンガイ用の鶏肉はかなり少なくなっていた。
食べに行くならお昼前後には必ず行きましょう。
スープはまだまだ残っていました。

店内の様子

フードランド前カオマンガイ屋 (4)

店主と思しきおばさんの愛想がすばらしい。いつもニコニコ。でも料理の腕は確か。
数人いる若い女性店員も、接客態度が良好。
いい店だなあ、ここ。

どこの食堂やレストランにも言えることだけど、味にはどうしてもムラが出てしまうもの。日によって味にばらつきが出てしまう。
カオマンガイとて同様。鶏肉の蒸し加減、ご飯の炊き加減や油加減によって、味は大きく変わってしまう。
でも、この店はとても丁寧な作り方をしている。たぶん、いつ訪れても安定しておいしい味でいただけるような気がする。

カオマンガイも確かにおいしいですが、スープがとにかくおすすめです。
是非とも、カオマンガイと一緒にスープも食べましょう。

以上、パタヤナンバーワンといわれるカオマンガイ屋のレポートでした。
ちょっとだけ早起きした時はまた食べに行こうかな。

SPONSOR LINK

関連記事

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

ボートのトンカツカナーごはん

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。 今回はBOATレストランを

記事を読む

boat%e3%80%80breakfast-1

【パタヤのファランな朝食】BOATのアメリカンブレックファースト70バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、セカンドロード沿いにあるBOATにお邪魔しま

記事を読む

mofai-1

サードロードの巨大モーファイと日本食屋台のラーメン

少し前のこと、バンコク在住の友人がパタヤに遊びに来た。 2泊3日だが、パタヤに特定の相手がいる

記事を読む

big-bowl-noodle-11

特盛りクイティアオ!BIG BOWL NOODLE@ソイローングナムケーン

ふらふらとブッカオとサードロードの間を走っていると、見慣れぬクイティアオ屋ができていた。

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

Vietnamese pork noodle soup (3)

パタヤタイのクイジャップユアンは40バーツで豚骨、手羽先、うずら卵入り

またしても、クイジャップユアンを取り上げる。 クイジャップユアンとは、うどんのような米麺を使っ

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

ブッカオ市場のタレートート (4)

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。 何を食べようかと、うろうろわくわくする。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Silver Bullet より:

    お久しぶりです
    blogを拝見すると良くも悪くもパタヤを楽しまれてますね、羨ましいです

    さて、この店のカオマンガイ食べました。
    確かに不味くは無いが絶賛するほどの味では無いような気がします。

    というかバンコクでもカオマンガイは結構食べました。
    ピンクのカオマンガイとか。
    でも、普通ですね。

    タイ料理はとても旨いと思いますが、ことカオマンガイにかけては、シンガポールのチキンライスの方が数段上だと思います。

    4/29から訪タイ予定
    今度は一週間ほどパタヤに滞在出来そう
    それを楽しみに生きてますw

    • 千夜一夜 より:

      お久しぶりです。
      いつものパタヤです。
      カオマンガイは好きですが、そもそも手放しで絶賛するような料理でもないような気もします。日本でいうところの牛丼みたいなもんですので。もちろん、おいしい店はおいしいのですが。

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑