パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど) グルメレポート

【値上げ】ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台。鶏肉はやっぱりおいしい。

投稿日:2017年6月20日 更新日:

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた。

パタヤタイカオマンガイ (5)

この屋台は昔から知っていて、評判も聞き及んでいる。
屋台前を通りかかったことは、数知れず。だけど、実際に食べるのはこれが初めてとなる。

(追記)
2017年6月に食べに行くと、価格が値上がっていた。それも含めて、いろいろと追記しておいたので、更新記事としてアップしておきます。

SPONSOR LINK



カオマンガイ屋台

場所の地図

ソイブッカオとパタヤタイ(サウスパタヤロード)の交差点角にある。
バイク屋さんの軒先を借りている形なので、おそらく営業時間は夜だけ。

テーブルはソイブッカオ沿いにもパタヤタイ沿いにもある。
客席は多いけれど、いつも満席気味。人気店だ。

Khao man gai Pattaya tai (5)

壁に値段表らしきものが貼ってある。

パタヤタイカオマンガイ (4)(これは以前のもの。2017年6月現在のものはのちほど掲載。)

オーダーはもちろんカオマンガイ。並(タマダー)か大盛り(ピセー)か聞かれるんで、並にしておく。

席にすわって、少し待つ。
パタヤタイカオマンガイ (3)

すぐにカオマンガイが到着。
ついで、スープと無料の水を持ってきてくれた。

パタヤタイカオマンガイ (1)

ナムチム(タレ)を軽くかけてから、まずは鶏肉を賞味。

あれまあ、うまいぞ、これは。
肉厚でジューシーでやわらかい。
上掲写真でいうなら、右側の白身の肉がとにかくうまい。
もも肉か胸肉かはわからないけど、これほどうまいカオマンガイの鶏肉ははじめて食べたかも。

カオマンガイ屋によっては、細切れで筋と脂の多い肉を出す店も少なくない。
でも、ここの鶏肉はいいね。
がっつり鶏肉の味を堪能できる。
思わず感心して笑みがこぼれるほど。

鶏肉にかけるタレ(ナムチム)はかなり辛めなんで、かけすぎには注意。

パタヤタイカオマンガイ (2)

スープは大きな器で出てきた。
これは普通かな。
どこの店のスープも、基本的にコショウの風味が強いんで。

とにかく、この鶏肉は絶品だ。
これまで食べたカオマンガイの中では一番おいしい鶏肉と言って差し支えないレベルである。

が、ちょっとごはんの油っぽさがわたしには合わなかった。
油でごはんがべたべたになっていた。
ごはんは最後まで完食できず。

まあ、カオマンガイ(鶏油飯)という料理の性質上、ごはんが油っこくなるのはどこの店にも言えることなんだけど。その油飯が売りなわけで。
でも、実際、このごはんがダメでカオマンガイを食べない友人もいる。

訪れたのが夜10時過ぎで、おそらく開店から時間が経ちすぎていた。
そのぶん、釜に長時間入れられていたごはんがべちゃべちゃになって、余計な油分が浮き出ていたのかも。

もっと早い時間帯に行けばよかったかな。

一皿35バーツ
50バーツでカオマンガイを提供している店もある中、この価格はすばらしい。

というわけで、ここのカオマンガイの鶏肉はかなりうまい。
それだけは自信を持ってオススメできます。

ただ、カオマンガイとしてのリピートは微妙。
開店直後の時間に行けば、ごはんもおいしいかも。

(追記)40バーツへ値上げ

2017年6月に食べに行くと、価格表が新しくなっていた。

Khao man gai Pattaya tai (4)
カオマンガイやカオモッガイが並サイズ(タマダー)で40バーツ、大盛り(ピセー)が45バーツ。
それぞれ5バーツの値上げです。うーん、値上げは残念だけど、カオマンガイ40バーツは標準価格みたいなもんだし、しょうがないか。

カオマンガイの並をオーダー。

Khao man gai Pattaya tai (1)
パクチーをどけて、肉をアップで。

Khao man gai Pattaya tai (2)
やっぱり、肉はおいしい。肉厚があって、ジューシー。決して柔らかくなりすぎず、固くもなく、ほどよい弾力感。
ここの鶏肉はいい。
5バーツ値上げしたせいなのか、たまたまなのか、ちょっと肉の量が増えたような気がする。
ご飯は以前より油っけが少なくなったようで食べやすい。

Khao man gai Pattaya tai (3)
特大容器のスープはそのまま。これは特においしいとは思えない。胡椒味。
ナムチムの辛さも変わらず。
並盛りだけど、これ一皿で満足できましたね。

このカオマンガイ屋は、カオモッガイも売り。

カオモッガイ (1)

関連記事:カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

できれば、カオマンガイとカオモッガイの両方を試してもらいたい。カオモッガイも40バーツに値上げしております。

その他のパタヤのカオマンガイ

パタヤのカオマンガイで有名なのが、セントラルパタヤロード(パタヤカン)のフードランド向かい側にあるカオマンガイ屋。

フードランド前カオマンガイ (1)

関連記事:パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

確かにカオマンガイはおいしいけれど、記事タイトルにあるように、むしろスープのほうが絶品。
この2店が、パタヤのカオマンガイ屋の双璧だろうか。

 

セカンドロードとパタヤカン(セントラルパタヤロード)の交差点近くにあるカオマンガイ屋もおいしい。

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

関連記事:セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

やや価格が高いのが難点だが、カオマンガイもスープもどちらもおいしい。

 

ウォーキングストリートで有名なのが、以前ソイ15にあったカオマンガイ屋台。
質・量とも申し分のない名店。

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

関連記事:ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

が、その後、屋台規制のため、一時撤退。現在はソイ14とソイ15を結ぶ路地にて営業再開。テーブルがないので持ち帰り専門。その場で立ち食いならできそう。

関連記事:【朗報】旧ビーチクラブ前カオマンガイ屋が微妙に移転して営業中

 

昼間にソイブッカオ界隈でさくっとカオマンガイを食べるなら、ソイレンキー入口の屋台もおすすめ。

ソイレンキー入り口カオマンガイ (1)

関連記事:朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

量は少ないけれど、普通においしいカオマンガイ。
でも、おすすめのは、カオガイトートとカオヤムガイセーブだけど。

関連記事:カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

 

パタヤカン・ソイ12にあるカオマンガイもそこそこおいしい。

Khaomangai soiAR (1)

関連記事:パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

 

定番のソイブッカオ名無し食堂にもカオマンガイはある。基本的に24時間営業なんで、売り切れでなければ、好きな時に食べられる。
最近食べていないが、いたって普通の味という記憶しかない。以前は35バーツだったが、現在は不明。

 

カオマンガイに大きなハズレはないと思う。
これは不味い、というほどのカオマンガイにあたったことはない。
しょせんはタイのファストフードみたいなもので、あまり気取って食べるものじゃないかもしれない。
でもどうせ食べるなら、少しでも美味しいものが食べたい。
パタヤには、かなりの数のカオマンガイ屋があるはずで、その中から自分好みの店を探しだしてほしい。

 

SPONSOR LINK

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど), グルメレポート
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.