*

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳 , ,


パタヤタイカオマンガイ (5)

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた。
この屋台は昔から知っていて、評判も聞き及んでいる。
屋台前を通りかかったことは、たぶん100回以上になる。
だけど、実際に食べるのはこれが初めてとなる。

SPONSOR LINK

カオマンガイ屋台

場所の地図

バイク屋さんの軒先を借りている形なので、おそらく営業時間は夜だけ。
壁に値段表らしきものが貼ってある。

パタヤタイカオマンガイ (4)

まったく読めないが、何やら細かく分かれている。
6バーツと8バーツって何が買えるんだろう。

オーダーはもちろんカオマンガイ。
席にすわって、少し待つ。
パタヤタイカオマンガイ (3)

すぐにカオマンガイが到着。
ついで、スープと無料の水を持ってきてくれた。

パタヤタイカオマンガイ (1)

ナムチム(タレ)を軽くかけてから、まずは鶏肉を賞味。

あれまあ、うまいぞ、これは。
肉厚でジューシーでやわらかい。
上掲写真でいうなら、右側の白身の肉がとにかくうまい。
もも肉か胸肉かはわからないけど、これほどうまいカオマンガイの鶏肉ははじめて食べたかも。

カオマンガイ屋によっては、細切れで筋と脂の多い肉を出す店も少なくない。
でも、ここの鶏肉はいいね。
がっつり鶏肉の味を堪能できる。
思わず感心して笑みがこぼれるほど。

鶏肉にかけるタレ(ナムチム)はかなり辛めなんで、かけすぎには注意。

パタヤタイカオマンガイ (2)

スープは大きな器で出てきた。
これは普通かな。
どこの店のスープも、基本的にコショウの風味が強いんで。

とにかく、この鶏肉は絶品だ。
これまで食べたカオマンガイの中では一番おいしい鶏肉と言って差し支えないレベルである。

が、ちょっとごはんの油っぽさがわたしには合わなかった。
油でごはんがべたべたになっていた。
ごはんは最後まで完食できず。

まあ、カオマンガイ(鶏油飯)という料理の性質上、ごはんが油っこくなるのはどこの店にも言えることなんだけど。その油飯が売りなわけで。
でも、実際、このごはんがダメでカオマンガイを食べない友人もいる。

訪れたのが夜10時過ぎで、おそらく開店から時間が経ちすぎていた。
そのぶん、釜に長時間入れられていたごはんがべちゃべちゃになって、余計な油分が浮き出ていたのかも。

もっと早い時間帯に行けばよかったかな。

一皿35バーツ
50バーツでカオマンガイを提供している店もある中、この価格はすばらしい。

というわけで、ここのカオマンガイの鶏肉はかなりうまい。
それだけは自信を持ってオススメできます。

ただ、カオマンガイとしてのリピートは微妙。
開店直後の時間に行けば、ごはんもおいしいかも。
それとも、鶏肉だけテイクアウトしようかな。
甘辛いナムチムじゃなくて、ポン酢とかわさび醤油をつけて食べたら意外とうまいかもね。

その他のパタヤのカオマンガイ

あとパタヤのカオマンガイで有名なのが、セントラルパタヤロード(パタヤカン)のフードランド向かい側にあるカオマンガイ屋。
ここの存在もずっと前から知っているけど、いまだに訪れたことがない。
たしか営業時間が昼間のみ。
ソンテウ派かつ夜行性のわたしには、ちょっと行きづらいのだ。

ブッカオの名無し食堂のカオマンガイはいたって普通の味。
たしか35バーツ。

名無し食堂

ブッカオ常設市場内のカオマンガイ屋も35バーツ。
これといって特徴はないけど、決して不味くはない。
カオマンガイ

ソイLKメトロ入り口のバミー屋台のカオマンガイが40バーツ。
まずまずおいしい。平均レベルは余裕でクリア。

カオマンガイ

セントラルパタヤロードの南側、セカンドロードとの交差点にほど近いところにあるカオマンガイ屋が50バーツ。
ここのカオマンガイもけっこうおいしかった覚えがある。
ただ、50バーツはカオマンガイにしては高い気がして、リピートはしていない。

カオマンガイに大きなハズレはないと思う。
これは不味い、というほどのカオマンガイにあたったことはない。
しょせんはタイのファストフードみたいなもので、あまり気取って食べるものじゃないかもしれない。
でもどうせ食べるなら、少しでも美味しいものが食べたくなる。
パタヤには、かなりの数のカオマンガイ屋があるはずで、その中から自分好みの店を探しだしてほしい。

 

SPONSOR LINK

関連記事

スクリーンショット_120615_031436_PM

LCCスクートのクリスマスプロモーション。バンコク片道5900円。往復総額17483円。

頻繁にプロモーションを行っているSCOOT(スクート)が、またしてもプロモーションを展開中。

記事を読む

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (2)

セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

ソイ7とソイ8を歩いていると、急に洋食が食べたくなった。 こんな時は、ソイ8にあるSAILOR

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

イミグレーション滞在期限延長手続き (7)

タイ・ノービザ入国30日滞在期間延長の必要書類が追加。最新手続き方法。

タイにノービザで入国した場合の滞在期限は30日。 イミグレーションオフィスで手続きすれば、さら

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

移動遊園地観覧車

タイの移動遊園地は、どこか昭和チックで懐かしい雰囲気。一度は行くべし。

パタヤのソイエキサイト空き地に移動遊園地がやって来ていた。 せっかくなんで、ちょっと遊びに

記事を読む

カイピン (3)

カイピン-殻付きの串焼き卵

屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。 鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ガイア より:

    毎回いい情報ありがとうございます。

    カオマンガイ好きにはたまらない記事です。
    5月に行くので食べてみますね。

    フードランド前は、2年位前まではおいしかったんですが、今は米の味が落ちまして滞在中1回行くか行かないかくらいになりました。
    カオマンガイはダメですが、スープが相変わらずおいしいです。

    個人的に今は、ビーチクラブ横の食堂が一番だと思ってますけどね。

    • pattayan night より:

      鶏肉、お米、スープと3つすべて満点のカオマンガイ屋はなかなか難しそうですね。

      ビーチクラブ横の食堂は、一日二回食べたに行った覚えがあります。
      夕方に一人で食べて、夜中もう一度スーパーガールの子に連れて行かれました。遠い思い出です。

  2. さる より:

    良く座れましたね。私もここは食べた事がないですが、いつも満席のイメージでした。

    ソンテウに乗ってると目に良く目に付きます。

    カオマンガイですと、ブッカオとソイダイアナのファミマとセブンの交差点のところの屋台のカオマンガイが一番美味しかったです。セブンの正面のところです。

    後は、カオマンガイのスープでしたら、セカンドロードとセントラルロードの交差点をレンキーの方に曲がってすぐのソイにあるカオマンガイの屋台のところのスープが絶品でしたね。
    いつも、お客さんで混んでいて、入ってみたら、スープがめちゃめちゃ美味しかったです。
    良くみるとみんなクイティァオ食べてました。

    • pattayan night より:

      夜10時過ぎだったせいか、客足はまばらでした。

      ブッカオとダイアナの交差点のカオマンガイは記事にしています。
      http://pattayalife.net/archives/1616

      記事を読み返すと、「肉は細切れだけど味はよし」と書いてますね。シンガポール野郎の印象が強くて、カオマンガイを食べたことを忘れてました。

      ご指摘のセカンドロードとセントラルロードのカオマンガイは、当記事の一番最後の50バーツの店だと思われます。
      そう言われてみれば、スープがおいしかったような。クィティアオも置いてますね。50バーツなんで、ちょっと足が遠のいてしまいます。

  3. サライ より:

    私は月一のローテーションに入ってます。
    実はここの名物はメニュー一番上に書いてあるカオモックガイです。サフランライスの上にカレー風味の焼どりが乗っています。

    メニュー程度のタイ語なら読めるので補足しておくと、数字の6.8は60.80の間違いだと思います。タイ語を日本語表記するとガイプラオチュットレックとガイプラオチュットヤイと書かれています。直訳すれば鶏肉のみ小セット、大セットとあるので鶏肉皿と油炊き込み飯とスープのセットだと思われます。吉野家で言う牛皿定食みたいなものか?
    欲張りの人はメニュー4段目左にあるガイソン(グ)ヤーン(鶏肉二種乗せ)40バーツがいいですね。メニュー一番下はガポープラー(魚の浮き袋スープ)35バーツと異色のメニューがありますが、何でだろうか?

    • pattayan night より:

      カオモックガイもあるんですか? 気付きませんでした。カオモックガイはけっこう好きなんで、今度頼んでみます。
      ちょうど向かい側の市場内の屋台群にも、カオマンガイとカオモックガイの店があって、そこでカオモックガイを食べたことがあります。味は、まずまずだったような。

      メニューの謎がいろいろ解けました。ありがとうございます。
      魚の浮袋スープは珍しいですね。

  4. ヨッシータルン より:

    6バーツ、8バーツの意味。

    鶏だけご飯なし 小60バーツ
              大 80バーツ ですね。

    6,8の横の0が取れてるだけですね。
    良く見ると、0の取れた跡がありますね・・><

    • pattayan night より:

      情報ありがとうございます。
      ちょうど同じタイミングで別の読者さんからも情報が寄せられましたが、ゼロが取れているだけというシンプルすぎる答えでしたね。
      大の80バーツで、どれだけの量が提供されるのか、ちょっと興味はあります。

  5. ヨッシータルン より:

    でも、それなら少しペーンですね・・。
    お店の人に確認が必要でしょう。
    私は次回は来月20日にパタヤ入りです。
    貴殿と入れ違いなのが残念です。

    4月30日~5月4日、8月10日~14日はパタヤ入りしますので、機会があればぜひ!

    4月25~30日、8月7~10日はバンコクです。

    • pattayan night より:

      GWは、たぶん日本にいると思います。8月はパタヤかもしれません。
      タイミングがあえばいいですね。

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑