*

カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

公開日: : グルメレポート ,


ソイレンキー入り口にあるカオマンガイ屋台は、以前に紹介した。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (4)

カオマンガイとカイマンガイトートがあって、どちらも味は良好。
しかも朝から営業していて、昼飯に食べるのはちょうどいい。

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

その後、もう一度カオマンガイを食べてみた。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ

鶏肉の形は悪いけど、この肉が実においしかった。
ブッカオ南端にある有名カオマンガイ屋よりも、素直においしいと思えるレベル。
まあ、個人でやっている店なので、当日の仕込み次第では大ハズレもありうるけど、ソイブッカオないしLKメトロ付近に滞在しているなら一度は食べてみてほしい。

SPONSOR LINK

カオヤムガイセーブ

で、店頭のメニューを見てみると、さらに気になる料理を発見。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋メニューヤムガイ

YOM SPICY CHICKEN RICEと書いてある。
YOMは、たぶんヤムのことだろう。
写真から判断すると、これはカオヤムガイセーブだな。

ヤムガイセーブとは、鶏肉の唐揚げを使ったラーブ風のサラダだ。
けっこう好きなタイ料理の一つ。
が、このヤムガイセーブをご飯に載せて食べるスタイルは初めて。

カオ=ご飯
ヤム=あえる(転じてサラダ)
ガイ=鶏肉
セーブ=イサーン語でおいしい

注文の際は、セーブは不要。カオヤムガイとだけ伝えれば大丈夫だ。
英語メニュー表記があるんで、もちろん英語でもいいし、指差しでもいいだろう。

店頭の唐揚げをさくさくとカットして、ハーブと唐辛子と野菜を和えて、ごはんにぶっかけると出来上がり。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋のヤムガイ

おお、おいしいぞ。

ここの唐揚げは、日本のチキンカツと普通の唐揚げの間くらいの衣の付け方。
ちょうどいい感じだ。
ほどよい辛さと酸味がたまりません。
ご飯によく合う。
これは当たりメニューですな。
40バーツと、お値段もリーズナブル。
ぺろりと完食した。
さすがに量は少ないけど、タイ料理なんてどこも似たようなものなんで、たっぷり食べたい人は「ピセーッ(大盛り)」とオーダーしてください。

以前の記事を訂正せねばなるまい。
ここでは、カオマンガイもしくはカオマンガイトートだけを食べておけばいいと書いたが、このカオヤムガイもおすすめ料理に入れなければ。

ソイレンキー入り口の小さな屋台食堂だが、意外と侮りがたい。

地図

営業時間は、早朝から夕方くらいまでとのこと。

ブッカオ常設市場のヤムガイ

ソイブッカオ北側のクランクコーナー近くにあるブッカオ常設市場。
いろんな食べ物屋台が並んでいるが、通称10バーツ唐揚げ屋があって、ここでもヤムガイを取り扱っている。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (5)

料金は、サイズによって分かれている。
35バーツ、45バーツ、55バーツ

ブッカオ常設市場の唐揚げ屋ヤムガイ

ここのヤムガイセーブも試してみた。

45バーツのヤムガイをオーダー。
すると、プレーン味の10バーツ唐揚げを3つ取り上げて、小さくカット。それからサラダに仕上げていく。

できあがりがこちら
ヤムガイ

料理はビニール袋に入れられるが、頼めば容器を別にもらえる。この手のどんぶりは、タイ語でトゥワエと言えば通じる。

ここの屋台は白ご飯を置いていないので、近くのぶっかけ飯屋で白ご飯だけ注文すれば、カオヤムガイにできる。
わたしは1品だけおかずを白ご飯にぶっかけてもらった。ぶっかけ飯が30バーツ。

肝心のヤムガイのお味ですが、うーん、この唐揚げとサラダとの相性がいまいちかなあ。酸味がちょっときつめ。
唐揚げをそのまま食べたほうがおいしいと思う。
しかも45バーツはちょっと量が多い。一人で食べるなら、35バーツで充分だと思う。

ヤムガイとぶっかけ飯

ぶっかけ飯と合わせて75バーツ。
わたしには食べきれませんでした。

やっぱり、カオヤムガイを食べるなら、ソイレンキー入り口屋台のほうがおすすめです。
カオマンガイのみならず、カオヤムガイもどうぞ。

(この記事の情報は数週間ほど前のものなので、今現在も屋台が営業中かどうかは確認が取れません。現地でお確かめのほどを。)

SPONSOR LINK

関連記事

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

soi BJ (1)

ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。 ソイBJとは、ウォーキングスト

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

domicil-breakfast-7

オーストリア料理レストラン”DOMICIL”のブレックファースト

ソイ7とソイ8の間のセカンドロード沿いにオーストリア料理レストラン、DOMICILがある。

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑