*

カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

公開日: : 最終更新日:2017/07/12 グルメレポート ,


ソイレンキー入り口にあるカオマンガイ屋台は、以前に紹介した。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (4)

カオマンガイとカイマンガイトートがあって、どちらも味は良好。
しかも朝から営業していて、昼飯に食べるのはちょうどいい。

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

その後、もう一度カオマンガイを食べてみた。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ

鶏肉の形は悪いけど、この肉が実においしかった。
ブッカオ南端にある有名カオマンガイ屋よりも、素直においしいと思えるレベル。
まあ、個人でやっている店なので、当日の仕込み次第では大ハズレもありうるけど、ソイブッカオないしLKメトロ付近に滞在しているなら一度は食べてみてほしい。

SPONSOR LINK



カオヤムガイセーブ

で、店頭のメニューを見てみると、さらに気になる料理を発見。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋メニューヤムガイ

YOM SPICY CHICKEN RICEと書いてある。
YOMは、たぶんヤムのことだろう。
写真から判断すると、これはカオヤムガイセーブだな。

ヤムガイセーブとは、鶏肉の唐揚げを使ったラーブ風のサラダだ。
けっこう好きなタイ料理の一つ。
が、このヤムガイセーブをご飯に載せて食べるスタイルは初めて。

カオ=ご飯
ヤム=あえる(転じてサラダ)
ガイ=鶏肉
セーブ=イサーン語でおいしい

注文の際は、セーブは不要。カオヤムガイとだけ伝えれば大丈夫だ。
英語メニュー表記があるんで、もちろん英語でもいいし、指差しでもいいだろう。

店頭の唐揚げをさくさくとカットして、ハーブと唐辛子と野菜を和えて、ごはんにぶっかけると出来上がり。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋のヤムガイ

おお、おいしいぞ。

ここの唐揚げは、日本のチキンカツと普通の唐揚げの間くらいの衣の付け方。
ちょうどいい感じだ。
ほどよい辛さと酸味がたまりません。
ご飯によく合う。
これは当たりメニューですな。
40バーツと、お値段もリーズナブル。
ぺろりと完食した。
さすがに量は少ないけど、タイ料理なんてどこも似たようなものなんで、たっぷり食べたい人は「ピセーッ(大盛り)」とオーダーしてください。

なお、お持ち帰りにするとこうなる。ちゃんとスープ付き。スープを入れる小さなお椀も忘れずにもらいましょう。

yam gai zeb

以前の記事を訂正せねばなるまい。
ここでは、カオマンガイもしくはカオマンガイトートだけを食べておけばいいと書いたが、このカオヤムガイもおすすめ料理に入れなければ。

ソイレンキー入り口の小さな屋台食堂だが、意外と侮りがたい。

地図

営業時間は、早朝から夕方くらいまでとのこと。

ブッカオ常設市場のヤムガイ(閉店済み)

ソイブッカオ北側のクランクコーナー近くにあるブッカオ常設市場。
いろんな食べ物屋台が並んでいるが、通称10バーツ唐揚げ屋があって、ここでもヤムガイを取り扱っている。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (5)

料金は、サイズによって分かれている。
35バーツ、45バーツ、55バーツ

ブッカオ常設市場の唐揚げ屋ヤムガイ

ここのヤムガイセーブも試してみた。

45バーツのヤムガイをオーダー。
すると、プレーン味の10バーツ唐揚げを3つ取り上げて、小さくカット。それからサラダに仕上げていく。

できあがりがこちら
ヤムガイ

料理はビニール袋に入れられるが、頼めば容器を別にもらえる。この手のどんぶりは、タイ語でトゥワエと言えば通じる。

ここの屋台は白ご飯を置いていないので、近くのぶっかけ飯屋で白ご飯だけ注文すれば、カオヤムガイにできる。
わたしは1品だけおかずを白ご飯にぶっかけてもらった。ぶっかけ飯が30バーツ。

肝心のヤムガイのお味ですが、うーん、この唐揚げとサラダとの相性がいまいちかなあ。酸味がちょっときつめ。
唐揚げをそのまま食べたほうがおいしいと思う。
しかも45バーツはちょっと量が多い。一人で食べるなら、35バーツで充分だと思う。

ヤムガイとぶっかけ飯

ぶっかけ飯と合わせて75バーツ。
わたしには食べきれませんでした。
追記:ブッカオ常設市場内の唐揚げ屋台は撤退した。)

やっぱり、カオヤムガイを食べるなら、ソイレンキー入り口屋台のほうがおすすめです。
カオマンガイのみならず、カオヤムガイもどうぞ。

 

SPONSOR LINK

関連記事

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

mcdonald

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

タイの朝食といえば、おかゆ。 タイ語でジョークという。 原型がなくなるまでに煮こまれたお米が

記事を読む

ko moo yan

イサーン料理食堂のコームーヤーンがB級グルメ度100%でうまい。白ご飯とのシンクロ率も100%。

サードロードにある安くてうまいイサーン料理食堂のティーラーブセーブ。 イサーン出身者との晩餐に

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (1)

【追記】ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

みんな大好きソイブッカオ名無し食堂。 その2軒隣に、以前からクィティアオ屋がオープンしてい

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリートソイ15 、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑