*

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

公開日: : 最終更新日:2016/07/05 グルメレポート ,


ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない。

一番有名なのは、青い屋根の通称「ブッカオ名無し食堂」だろうか。

ブッカオ名無し食堂外観

ここは基本24時間営業で、ほぼいつでもカオマンガイを取り扱っている。鶏肉切れのこともあるだろうけど。
以前は35バーツだったが、現在はたぶん40バーツ。

あとは、ブッカオ常設市場内にもカオマンガイ屋がある。あまり早すぎる時間帯はやっていないが、昼間ならいつでも食べられる。

夜になると、カオマンガイ屋台はそこそこ出ている。
LKメトロのソイダイアナ側入り口にある通称「LKメトロラーメン」でもカオマンガイが売られている。40バーツ。名無し食堂よりは、おいしいと思う。
LKメトロ屋台8

一番おいしいのは、ブッカオ南端のカオマンガイ屋台だろうか。
パタヤタイカオマンガイ (1)
35バーツと良心的価格だ。

SPONSOR LINK

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋台

ソイレンキー入り口、セブンイレブンの裏手あたりで、いつの頃から営業を始めたカオマンガイ屋台がある。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (4)

向かい側がファミリーマート
ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (2)

地図

ここは、朝早くから開店している。
具体的な時間は忘れたが、早朝から夕方前までの営業と言っていた。
近くにあるパタヤ市民病院で働く人たちがよく食べにきている。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (3)

メニューは、カオマンガイ、カオマンガイトートなど。
とにかく、ここはカオマンガイである。

カオマンガイ

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

ソイレンキー入り口カオマンガイ (1)

肉の部位は、バランスよく配置されているかな。
いたって普通の味。
特筆してうまいわけでも、決してまずいわけでもない。
普通にぺろりと食べられるレベル。
翌日には、どんな味だったのか忘れてしまうが、ファストフードたるカオマンガイとしては、充分合格点だと思う。
40バーツ。

(追記)
その後、もう一度カオマンガイを食べてみた。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ

今回は大きめの鶏肉ががっつりと載っかっている。
肉の並びは見た目が良くないが、味はばっちり。
同じ店とは思えない見た目の違い。まあ、個人経営だし、その日によって出来が違うのはしょうがないでしょう。
でも、どちらもそこそこおいしいので文句なし。

カオマンガイトート

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (1)カオマンガイトート

さくさく衣のフライドチキンをご飯に載せたもの。ごはんは、カオマンガイ用の油飯。
これは、甘いソースをかけて食べるのが一般的。

これまた、特筆してうまいわけでも、決してまずいわけでもない。
いや、むしろ、おいしいほうかなあ。

カオマンガイとカオマンガイトートを比べると、この店の味に関しては、トートのほうが好きかも。

こちらも40バーツ。

 

LKメトロやブッカオ近辺に滞在していて、朝っぱらからカオマンガイが食べたくなったら、ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋へどうぞ。
いや、取り立てて絶賛するような味では決してありませんが、大きく落胆することもないです。普通に食べられます。
一般的なタイの街角のカオマンガイ屋のレベルはクリアしているかと。

SPONSOR LINK

関連記事

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

fryay-hamburgerchips-1

値上げしたマクドナルドよりも、FRYDAYのハンバーガーを食べよう

タイのマクドナルドは、毎年のように値上げを繰り返している。 また、店舗によって価格設定が違う。

記事を読む

Brauhaus menu (5)

ドイツ料理レストラン、Brauhausのジャーマンブレックファースト

パタヤの各国料理レストラン紹介シリーズ。 今回はドイツへGehen(Go)! どうでもい

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

ウドンのクイジャップ

ウドンターニーの朝食なら、うどんでしょ。ウドンバスターミナルで食べるクイジャップがうまい。

タイ東北部イサーンの主要都市の一つ、ウドンターニー。 ウドンタニとか、ウドンタニーとか、カタカ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. かな より:

    カオマンガイって、どこで食べても、そんなに変わりないですよね。
    東京で立ち食いソバ食べる感じですか?
    立ち食いソバで、あんまり美味しい、まずい、言いませんよね

    • 千夜一夜 より:

      そうですね、カオマンガイは、たまにご飯がべちゃべちゃ油まみれのひどい店もありますが、だいたい似たような味になりますね。
      その中でも、ごく一部の店舗だけ人気店になっている感じです。人気店は、たしかに他よりおいしいです。
      日本だと立ち食いそばにしてもフランチャイズが多いんで単純には比較できませんが、まあ、大多数の店は似たようなレベルです。

アドステア

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑