*

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

公開日: : 最終更新日:2016/07/05 グルメレポート ,


ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない。

一番有名なのは、青い屋根の通称「ブッカオ名無し食堂」だろうか。

ブッカオ名無し食堂外観

ここは基本24時間営業で、ほぼいつでもカオマンガイを取り扱っている。鶏肉切れのこともあるだろうけど。
以前は35バーツだったが、現在はたぶん40バーツ。

あとは、ブッカオ常設市場内にもカオマンガイ屋がある。あまり早すぎる時間帯はやっていないが、昼間ならいつでも食べられる。

夜になると、カオマンガイ屋台はそこそこ出ている。
LKメトロのソイダイアナ側入り口にある通称「LKメトロラーメン」でもカオマンガイが売られている。40バーツ。名無し食堂よりは、おいしいと思う。
LKメトロ屋台8

一番おいしいのは、ブッカオ南端のカオマンガイ屋台だろうか。
パタヤタイカオマンガイ (1)
35バーツと良心的価格だ。

SPONSOR LINK

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋台

ソイレンキー入り口、セブンイレブンの裏手あたりで、いつの頃から営業を始めたカオマンガイ屋台がある。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (4)

向かい側がファミリーマート
ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (2)

地図

ここは、朝早くから開店している。
具体的な時間は忘れたが、早朝から夕方前までの営業と言っていた。
近くにあるパタヤ市民病院で働く人たちがよく食べにきている。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (3)

メニューは、カオマンガイ、カオマンガイトートなど。
とにかく、ここはカオマンガイである。

カオマンガイ

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

ソイレンキー入り口カオマンガイ (1)

肉の部位は、バランスよく配置されているかな。
いたって普通の味。
特筆してうまいわけでも、決してまずいわけでもない。
普通にぺろりと食べられるレベル。
翌日には、どんな味だったのか忘れてしまうが、ファストフードたるカオマンガイとしては、充分合格点だと思う。
40バーツ。

(追記)
その後、もう一度カオマンガイを食べてみた。

ソイレンキー入り口のカオマンガイ

今回は大きめの鶏肉ががっつりと載っかっている。
肉の並びは見た目が良くないが、味はばっちり。
同じ店とは思えない見た目の違い。まあ、個人経営だし、その日によって出来が違うのはしょうがないでしょう。
でも、どちらもそこそこおいしいので文句なし。

カオマンガイトート

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋 (1)カオマンガイトート

さくさく衣のフライドチキンをご飯に載せたもの。ごはんは、カオマンガイ用の油飯。
これは、甘いソースをかけて食べるのが一般的。

これまた、特筆してうまいわけでも、決してまずいわけでもない。
いや、むしろ、おいしいほうかなあ。

カオマンガイとカオマンガイトートを比べると、この店の味に関しては、トートのほうが好きかも。

こちらも40バーツ。

 

LKメトロやブッカオ近辺に滞在していて、朝っぱらからカオマンガイが食べたくなったら、ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋へどうぞ。
いや、取り立てて絶賛するような味では決してありませんが、大きく落胆することもないです。普通に食べられます。
一般的なタイの街角のカオマンガイ屋のレベルはクリアしているかと。

SPONSOR LINK

関連記事

ヤムルークチンつみれサラダ (6)

生乳入り豚つみれサラダ、ヤムルークチン

その屋台は、遠目には、おでんに見えた。 串にささったネタが、ずらりと勢揃い。 ま

記事を読む

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

クイジャップ屋台 (6)

屋台のクイジャップがうまし。手作り麺とスープが絶妙。

ほてほてとソイメイドインタイランドを歩いていると、クィッティアオ風の屋台に遭遇。 でも、ちょっ

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

アンヘレスSMデパートフードコート (12)

【アンヘレスの食事処】SMデパートのフードコードは使い勝手良し

今回のアンヘレス滞在で2回通ったのが、SMと呼ばれる大型ショッピングモールのフードコードだ。

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

バレンタインズの朝食 (2)

バレンタインゲストハウスのブレックファスト@ソイレンキー。ミディアムサイズで109バーツ。

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、ソイレンキーにあるValentines GUES

記事を読む

アドステア

Comment

  1. かな より:

    カオマンガイって、どこで食べても、そんなに変わりないですよね。
    東京で立ち食いソバ食べる感じですか?
    立ち食いソバで、あんまり美味しい、まずい、言いませんよね

    • 千夜一夜 より:

      そうですね、カオマンガイは、たまにご飯がべちゃべちゃ油まみれのひどい店もありますが、だいたい似たような味になりますね。
      その中でも、ごく一部の店舗だけ人気店になっている感じです。人気店は、たしかに他よりおいしいです。
      日本だと立ち食いそばにしてもフランチャイズが多いんで単純には比較できませんが、まあ、大多数の店は似たようなレベルです。

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑