パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど) グルメレポート

ウォーキングストリートソイ15 、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

投稿日:2016年3月8日 更新日:


ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。
ローカル向けの屋台や食堂は、一本路地に入ったところにちらほらと出ている。
一番わかりやすいのが、ソイ15。

ウォーキングストリートソイ15

ここには、屋台と簡易テーブルが並べられており、WS内で働くタイ人がメインながら、外国人観光客もよく利用している。

今回紹介するのは、通称「ビーチクラブ前カオマンガイ屋台」である。
パタヤやWSに通いだして長いけれど、ここのカオマンガイを食べるのは初めてだ。

なお、このカオマンガイ屋台の斜め向かいには、屋台ではなくて食堂(レストラン)もある。
(上掲写真の左側。店頭に蒸しどりが吊るしてある。)

こちらのカオマンガイも有名。こっちは、通称「ビーチクラブ横カオマンガイ食堂」。
わたしがパタヤで初めて食べたカオマンガイは、たぶん、この食堂。カオマンガイというタイ語料理名を覚えたのも、この食堂だった。
しかも一晩で2回食べたことがある。まあ、いろいろ思い出深いんで、そのうちレポートしてみようかな。

まずは、ビーチクラブ前カオマンガイからレポート。

SPONSOR LINK



ビーチクラブ前カオマンガイ屋台

店構え
ビーチクラブ前カオマンガイ屋台 (2)

英語名は、Sliced Chicken with rice and soup

スライスした鶏肉のせご飯とスープ

注文は、カオマンガイとだけ告げればオッケー。チキンライスでも余裕で通じるはずだ。

訪問したのは夜10時頃。

ビーチクラブ前カオマンガイ屋台 (1)

ガラスケースの中の蒸しどりが残り少なくなっている。
これがなくなれば閉店なのか、それとも補充して夜中まで営業を続けるかどうかは不明。
また開店時間も不明。たぶん、夕方くらいから。

屋台横にテーブルが並んでいるので、空いている席へどうぞ。
結構な人気店なので、相席になる可能性高し。
無料の水は、セルフサービスでどうぞ。あ、水じゃなくて、お茶だったかも。

カオマンガイ到着

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

うわ、でかい。
びっくりした。

通常、カオマンガイの蒸鶏の配置は、横一列。
が、ここは二列配置となっている。すごい鶏肉の量。ご飯を覆い尽くさんばかりの勢いだ。
しかも、皮や脂身の部分がほとんどない。
たぶん胸肉だと思うが、あっさりとした味付け。
場所によっては、ややパサパサしているが、食べごたえあり。

ビーチクラブ前カオマンガイ (1)

テーブルの上に置いてあるタレをかける。他のカオマンガイ店よりも薄めの色をしているが、けっこう辛い。かけすぎには注意だ。

ビーチクラブ前カオマンガイ (2)

タレをかけると、あっさり味の鶏肉のうまみが増す。

肉の量に比例してご飯も多い。
ただ炊き加減はちょっと油っけが多くて、最後はきつくなってきた。

付属のスープはいたって普通かな。
カオマンガイのスープで、これはうまいと唸らされる店はめったにないんで、あまり期待しないこと。お口直しにちょろっと飲む程度ですな。

少食のわたしには、これを完食するのはかなり厳しかった。
鶏肉は食べきったが、ごはんは少し残してしまった。

お会計は50バーツ

カオマンガイ相場はおおむね一皿40バーツだが、この量と味と立地条件で50バーツなら文句なし。すばらしい。

ただ、個人的には、カオマンガイの鶏肉は、もうちょっと皮と脂身が混じっているほうが好き。
このさっぱりした胸肉も好きだけど、バランスの問題として皮も欲しいのだ。
脂っぽいのは苦手なくせに、まったく脂っけがないのも寂しい。贅沢なもんです。
たぶん、部位を指定すれば皮や脂身を混ぜてもらえると思いますけどね。

バミーナム

ここはカオマンガイがメインの屋台だが、クイティアオも扱っている。

一緒に訪れた知人は、カオマンガイではなくバミーを注文していた。
「バミーナム」とオーダー。
すると、こちらが到着。

ビーチクラブ前カオマンガイ屋台のバミーナム

おお、これもおいしそうだ。
カオマンガイ用の鶏肉がどっさり載っかっている。
揚げニンニクチップがいい感じだ。

スープもクリアーな色合い。

野菜は、もやしとパクチーくらいかな。
パクチー嫌いな人は、「マイサイパクチー」と告げるのを忘れずに。

わたしは実際に食べていないが、知人いわく、そこそこいけるとのこと。

カオマンガイの鶏肉がさっぱり味でおいしいんで、カオマンガイの油っこいご飯が苦手な人は、むしろラーメンにして食べるほうがいいかもね。
米麺のセンレックやセンミーも置いてますね。
たぶん、このスープと鶏肉にはバミーが合うと思います。

バミーナムガイも50バーツ。
これだけ鶏肉が入って50バーツならお買い得。

WSで遊ぶ前に、腹をすかせた状態で訪れて欲しいカオマンガイ屋だ。

場所と行き方

地図

行き方は簡単です。
ウォーキングストリートの正面ゲートをくぐり、少し歩いて、ソイ15の標識が見えたら左折。
すると右手に見えます。屋台手前がシャークの裏口。向かい側がビーチクラブ。斜め向かいがエンジェルウィッチ。

ウォーキングストリートソイ15

狭い路地の上、人通りもはげしい。
かなり賑やかな一角で、あまり落ち着いて食べられる雰囲気ではない。
さくっと注文して、さくっと食べきってしまいましょう。
同じテーブルにビキニ姿のギャルが同席したりもします。バスローブみたいなのは羽織っているけど。
おもしろいところです。ぜひどうぞ。

(補足)
このレポートは2月の終わり頃に訪問した時のもの。
2016年3月現在、ビーチクラブは微妙に店名が変わっております。
まあ、外見も中身もほぼ変わっていないようなので、あえて従来通りのビーチクラブ前と表記。
これからはシャーク裏口横カオマンガイ屋台とでも呼ぼうかしらん。

(追記)移転済み

その後、ソイ15の屋台は規制のため、撤去を余儀なくされた。
しばらく行方不明になっていたが、すぐ近くの路地中で復活。味はそのままです。

Khao man gai walking street (4)

詳しくは以下の記事で。
復活した旧ビーチクラブ前カオマンガイ屋は、イートイン可能。味はそのまんま。

SPONSOR LINK

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど), グルメレポート
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.