*

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 グルメレポート


ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。
このカオマンガイ屋台は、パタヤでも屈指の有名店。
テーブルはたくさん置いてあるが、食事時になるといつも埋まっているほど。

パタヤタイカオマンガイ (5)

以前、カオマンガイの食レポはお送りした。

パタヤタイカオマンガイ (1)
ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

たしかに鶏肉は抜群においしかった。
たまたまかもしれないが、ご飯が油っぽいのは残念だった。

今回は、カオマンガイと並んで人気メニューのカオモッガイを注文してみた。
実は数日前の夜10時過ぎに訪れると、すでに完売といわれた。
今回は夜8時半。さすがにこの時間がだと大丈夫。

SPONSOR LINK

カオモッガイ

カオモッガイとは、サフランライスに鶏肉が入ったもの。
南部タイ料理らしいが、どこでも食べられる。

タマダー(並盛り)35バーツを注文。

まずはスープが届くが、これは可もなく不可もなく普通のスープ。
スープにつづいて、カオモッガイの登場。

カオモッガイ (4)

カオモッガイをアップで
カオモッガイ (1)

思ったよりも量は少ない。
が、サフランライはてんこ盛りとなっている。
鶏肉が隠れてしまっている。

ほじくり返すと、鶏肉のお目見え。

カオモッガイ (2)

骨付き肉だ。
この鶏肉が実においしい。
しっかりと蒸し上げられていて、身が柔らかい。ジューシーな味わいである。

甘辛いナムチム(タレ)をつけると、さらにおいしくなる。
この甘辛いタレは、好みが分かれるところだが、少なくともカオモッガイの鶏肉にはよく合うと思う。

サフランライスは、カオマンガイの脂っぽいごはんよりもさっぱりしていて食べやすい。
決してパサパサはしておらず、鶏肉によく合う。サフランの香りもいいよね。

鶏肉、ナムチム、サフランライスのトリオコンビネーションがすばらしい。
これはうまい。

カオモッガイ (3)

あっという間に完食。あとには骨だけが残された。ニワトリさん、ごちそうさまでした。
普通盛りだと物足りない。
少食のわたしでも、思わずおかわりしたくなったほど。
大盛り(ピセーッ)でも40バーツなんで、次回は迷わず大盛りにしよう。

カオマンガイより好きかもしれないなあ、ここのカオモッガイ。
わかりやすい場所にあるんで、まだカオモッガイを食べたことがない人は、ぜひこの店に足を運んでほしい。

地図

シャッターにかけてあるメニューがこちら
ブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋カオモッガイ (3)

(追記)
その後、このカオマンガイ屋は全体的に値上げした。

2017年現在の料金表
Khao man gai Pattaya tai (4)

カオマンガイ、カオモッガイとも並盛り40バーツとなっている。大盛りが45バーツ。

 

カオモッガイの大鍋を見せてもらった。

ブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋カオモッガイ (4)

うーん、すごい量だ。
これが夜の数時間の営業だけで完売してしまうのだから、人気のほどがうかがえる。

ブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋カオモッガイ (1)

どうでもいいですが、わたしの隣のテーブルに韓国人二人組みがやってきてカオモッガイを注文。
すると、カバンの中からおもむろにコチュジャンのような赤いタレを取り出し、鶏肉にどばどばかけていましたね。
せっかくのカオモッガイが台無しとなるのか、よりうまみが増すのかは知りませんが。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

panpan-bbq-hotpot-3

ムーガタとチムチュムとカラオケの店、PANPAN(パンパン)

サードロードに以前から気になっている店があった。 明らかにムーガタとチムチュムの店

記事を読む

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

Jasmine coffee and restaurant (12)

サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE(ジャスミンコーヒー)。

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

(閉店)シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

Satey sophon market (1)

ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon Market)。 サードロ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Hiroooo より:

    マレーシアではチキン・ブリヤイニというやつです。パタヤは、ペナンに匹敵するグルメタウンですね。

    • 千夜一夜 より:

      カオモッガイは、元々タイ南部料理らしいんで、マレーやイスラムの料理の影響が強いでしょうね。
      パタヤは多国籍な街なんで、世界各国の料理が食べられますよ。

アドステア

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

丸亀製麺パタヤ店 (6)
パタヤの丸亀製麺Express実食レポート、ぶっかけうどんとカツ丼とカレーライス

パタヤに誕生した丸亀製麺。 7月7日にオープンしたばかり

Image
TG・タイ国際航空がバンコク行き往復33,000円のタイムセール中

タイ国際航空(TG)がタイムセール中です。 TGア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

→もっと見る


PAGE TOP ↑