*

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。
このカオマンガイ屋台は、パタヤでも屈指の有名店。
テーブルはたくさん置いてあるが、食事時になるといつも埋まっているほど。

パタヤタイカオマンガイ (5)

以前、カオマンガイの食レポはお送りした。

パタヤタイカオマンガイ (1)
ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

たしかに鶏肉は抜群においしかった。
たまたまかもしれないが、ご飯が油っぽいのは残念だった。

今回は、カオマンガイと並んで人気メニューのカオモッガイを注文してみた。
実は数日前の夜10時過ぎに訪れると、すでに完売といわれた。
今回は夜8時半。さすがにこの時間がだと大丈夫。

SPONSOR LINK

カオモッガイ

カオモッガイとは、サフランライスに鶏肉が入ったもの。
南部タイ料理らしいが、どこでも食べられる。

タマダー(並盛り)35バーツを注文。

まずはスープが届くが、これは可もなく不可もなく普通のスープ。
スープにつづいて、カオモッガイの登場。

カオモッガイ (4)

カオモッガイをアップで
カオモッガイ (1)

思ったよりも量は少ない。
が、サフランライはてんこ盛りとなっている。
鶏肉が隠れてしまっている。

ほじくり返すと、鶏肉のお目見え。

カオモッガイ (2)

骨付き肉だ。
この鶏肉が実においしい。
しっかりと蒸し上げられていて、身が柔らかい。ジューシーな味わいである。

甘辛いナムチム(タレ)をつけると、さらにおいしくなる。
この甘辛いタレは、好みが分かれるところだが、少なくともカオモッガイの鶏肉にはよく合うと思う。

サフランライスは、カオマンガイの脂っぽいごはんよりもさっぱりしていて食べやすい。
決してパサパサはしておらず、鶏肉によく合う。サフランの香りもいいよね。

鶏肉、ナムチム、サフランライスのトリオコンビネーションがすばらしい。
これはうまい。

カオモッガイ (3)

あっという間に完食。あとには骨だけが残された。ニワトリさん、ごちそうさまでした。
普通盛りだと物足りない。
少食のわたしでも、思わずおかわりしたくなったほど。
大盛り(ピセーッ)でも40バーツなんで、次回は迷わず大盛りにしよう。

カオマンガイより好きかもしれないなあ、ここのカオモッガイ。
わかりやすい場所にあるんで、まだカオモッガイを食べたことがない人は、ぜひこの店に足を運んでほしい。

地図

シャッターにかけてあるメニューがこちら
ブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋カオモッガイ (3)

以前は剥落していた料金部分が直してある。

カオモッガイの大鍋を見せてもらった。

ブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋カオモッガイ (4)

うーん、すごい量だ。
これが夜の数時間の営業だけで完売してしまうのだから、人気のほどがうかがえる。

ブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋カオモッガイ (1)

どうでもいいですが、わたしの隣のテーブルに韓国人二人組みがやってきてカオモッガイを注文。
すると、カバンの中からおもむろにコチュジャンのような赤いタレを取り出し、鶏肉にどばどばかけていましたね。
せっかくのカオモッガイが台無しとなるのか、よりうまみが増すのかは知りませんが。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Hiroooo より:

    マレーシアではチキン・ブリヤイニというやつです。パタヤは、ペナンに匹敵するグルメタウンですね。

    • 千夜一夜 より:

      カオモッガイは、元々タイ南部料理らしいんで、マレーやイスラムの料理の影響が強いでしょうね。
      パタヤは多国籍な街なんで、世界各国の料理が食べられますよ。

アドステア

Ginza
ギンザ閉店と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

Tesco lotus south pattaya (5)
テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める

→もっと見る

PAGE TOP ↑