*

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

公開日: : グルメレポート

パタヤのカツカレー

カツカレーが好きだ。
海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わないけど、カツカレーだけは別腹。カツ丼も含めてもいいが、とにかくカツカレーなのである。
以前は、パタヤのセントラルフェスティバルにCoCo壱番屋があった。わたしも一度だけカツカレーを食べたことがある。日本と変わらぬ味でおいしかった。

ココ壱がセンタンから撤退後は、友人に連れられて入ったFUJIレストランでカツカレーを食べたこともある。

FUJIのカツカレー

ひどい味だった。

あとは、コンビニの冷凍カツカレーか。
コンビニ弁当カツカレー2

FIJIよりも、ルーはまともな日本式カレーなのが何とも。カツは、まあ、ペラペラのハムカツですな。量は少ないです。

それから、幻のカツカレー屋台なんてものもあったなあ。

カツカレー屋台

結局、このカツカレー屋台は、その後一度も見かけず。
一体、どこへ消えてしまったのか。

ノースパタヤには金沢カレーなるものがあるらしいが、わたしは入ったことがない。
値段もそこそこするらしい。

他にも、日本人経営の食堂やレストランに行けば、カツカレーにありつけることはわかっている。
でも、それではおもしろくない。

タイ人経営のローカルレストランでカツカレーを食べてみたいではないか。

で、訪れたのがラーメンチャンピオンなるレストランであった。

ま、レストランというより、道端にある食堂みたいなところだけど。

SPONSOR LINK

ラーメンチャンピオン

ラーメンチャンピオン (1)

場所はサードロード(Chalermphrakiat)のソイ22近く。サードロードに面している。
隣が、ザ エス レジデンス (The S Residence)という比較的新しくて評判の高いホテル。

地図

昼間の外観
昼間のラーメンチャンピオン

寿司やラーメンや焼き鳥など、かなりいかがわしい。どこか日本を勘違いしているような店構え。
この店の存在はかなり以前から知っていたけれど、ずっと敬遠していた。
ローカルタイ人から、安くて美味しいから一度行ってみなと言われて、初めて入ってみた次第。

看板
ラーメンチャンピオン (4)

夜10時頃の入店。
店内はテーブル席が7,8組くらいあって、半分以上の席がタイ人で埋まっている。そこそこ繁盛しているようだ。

店員はハッピ姿
ラーメンチャンピオン

テーブル
ラーメンチャンピオン (2)

メニューがこちら
ラーメンチャンピオンメニュー (3)

うーむ。すべてタイ語のみ。
見本写真の画像が荒くて、わかりにくい。
ラーメンもあれば、たこ焼き、お好み焼き、うどん、餃子、焼き魚、てんぷら、などなど。

さらにはお寿司までも
ラーメンチャンピオンメニュー (2)

さすがにお寿司は食べる気にはなれない。
やはり、狙いはカツ丼ないしカツカレーだ。

おっと、カツカレーらしきものを発見。

ラーメンチャンピオンメニュー (1)

79バーツと書かれている。その左横がカツ丼だろう、69バーツ。右横が天丼で69バーツ。
念のため、店員に「カツカレー?」と日本語で聞いてみたが、まったく通じなかった。
どうやら店員は日本語の料理名があまり得意ではないみたい。
「ムートート カリー ラート カーオ」みたいな説明を受ける。
おお、それならカツカレーで間違いなさそうだ。

トンカツって、タイ語では単純にムートートって呼ぶんだね。

10分ほどして、料理が到着。

ラーメンチャンピオンのカツカレー

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

うん、見た目はまさにカレーライスだ。注文は間違いじゃなかった。
しかも、具がごろごろしている。
鶏肉、じゃがいも、にんじんがたっぷり入っている。その下にトンカツが埋まっている。

ラーメンチャンピオンのカツカレー (2)
カツはそれほど大きくないが、しっかりとした肉と衣で、味も悪くない。

肝心のルーはどうか?

間違いなくインスタントのルーを使っているな。
でも、それだけに安定の日本式カレーの味となっている。辛さはかなり控えめ。日本のインスタントカレーの甘口から小辛の間くらいだろうか。激辛好きのタイ人とは思えない甘口ぶり。
が、普通に食べられるレベルなのは確か。
日本の一般家庭でカレーを作る際に、市販のカレールーを使うのは当たり前。そう考えると、別にやましいことはない。
レトルトのインスタントカレーと家庭で作るカレーの中間くらいの味といった感じ。

ご飯は、タイ米ではなくて、日本米を使っている。ちょっと水分大目の炊き加減なのは残念だが、日本式カレーにはやはり日本米がよく合う。

まったく味には期待していなかったぶん、とてもおいしく食べることができた。

とにかく量が多いんで、これ一皿でお腹いっぱいになれる。
満足です。

いやあ、甘く見ていてすいませんでした、ラーメンチャンピオンさん。
これで79バーツなら、文句ありません。

またカツカレーが食べたくなったら、ここでリピートします。

まあ、短期滞在の旅行者の人が、わざわざサードロードまで出向いてまでカツカレーを食べる必要はないと思う。
それよりも、タイ料理屋でタイカレーを食べて欲しい。
でも、一週間くらい滞在していて、ふいに日本式カレーが食べたくなったら、このラーメンチャンピオンにどうぞ。
FUJIレストランよりは、間違いなく日本式カレーの味ですよ。しかも価格は3分の1くらい。
ちなみに無料の水はなさそうなんで、ペットボトルの水をどうぞ。10バーツです。

 

食後、調理担当のおばさんと少し立ち話。
この人は、日本語の料理名もわかるようだ。

厨房をのぞかせてもらった。

ラーメンのスープは2種類。右がトムヤム味で、左が味噌味だそうな。
ラーメンチャンピオンの厨房 (2)

こっちは、揚げ物。カツがすでに一枚揚がっている。
ラーメンチャンピオンの厨房 (1)

営業時間は、夕方5時くらいから深夜12時くらいまでとのこと。

今のところ、他のメニューに挑戦する気はないけど、カツ丼はそのうち食べてみるつもり。
あとは、たこ焼きくらいかな。

SPONSOR LINK

関連記事

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

Kaiten回転の焼肉としゃぶしゃぶ (9)

焼肉とシーフードとしゃぶしゃぶ食べ放題のKAITEN(回転)@セントラルフェスティバルパタヤ

日本からパタヤへ遊びに来た友人たちとセントラルフェスティバルパタヤで食事。 いつも

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑