*

ハーバーパタヤのKFCはお得。セット90バーツ、BOX99バーツ。あと十勝豚丼のチョコカレー。

公開日: : 最終更新日:2016/05/11 グルメレポート


タイの外資系ファストフードといえば、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)かマクドナルドだろうか。
ほとんど日本と同じ状況とも言える。
どちらかというとKFCのほうがタイに根付いている印象が強い。
やはり、ハンバーガーよりフライドチキン(鶏の唐揚げ)のほうに親近感がわくのだろうか。マクドナルドにもフライドチキンが置いてあったりもするしね。

物価、特に食費の安いタイと言われるが、この手の外食は意外と高い。
しかも店舗によって大幅に値段が違う。
パタヤでいうなら、ウォーキングストリートに近いほど高くなって、チーズバーガーセットが150バーツ近くするマクドナルド店舗もある。

KFCも事情は同じで、中心部はやはり高い。
セントラルフェスティバルやマイクショッピングモール内のKFCのセットが130バーツ前後。

SPONSOR LINK

ハーバーパタヤのKFC

ハーバーパタヤ (27)

が、パタヤカンに新しく出来たショッピングモール「HARBOR PATTAYA」地下にあるKFCは、意外と安いんでびっくりした。

ハーバーパタヤKFC (6)

チキンバーガーセット、フィッシュバガーセット、ツイスターセットが90バーツ。
これで、ポテトとドリンクが付く。
(マイクショッピングモール内のKFCで価格調査してみると、ツイスターセットが129バーツ。39バーツも価格差がある。)

チキン2ピースとポテトとドリンクのセットでも90バーツ。

ハーバーパタヤKFC (3)

ハーバーパタヤKFC (2)

ご飯ものも置いてあり、RICE BALLのドリンク付きセットが75バーツだ。

フライドポテトのキャンペーン中でメガサイズ55バーツを注文すると、もう一個ついてくるようだ。

また、期間限定かもしれないが、99バーツMYBOXというセットが販売中。わたしはこのBOXを注文してみた。
(マイクショッピングモール内のKFCでは119バーツ)

ハーバーパタヤKFC (1)

画像で見ればわかるように、ここの店頭メニューはタイ語表記のみ。英語はちょっとだけ。
まあ、現地で指さし注文すれば大丈夫だ。
ちなみにボックスは、「ナインティナインバーツボックス」と英語で言えば通じた。

さて、このボックス、O!!!SUMMER BURGERという新商品のバーガーと、スパイシーフライドチキン2ピース、チキンナゲット2ピース、ドリンクのセットとなっている。
まさにフライドチキンづくしのボックスだ。
イートインだが、きちんと箱に入れてくれる。

ハーバーパタヤKFC (4)

バーガーの包装紙には、バーガープロモーションと書いてある。まあ、これがサマーバーガーなのだろう。

年中夏のタイでサマーバーガーも何もないだろうと一瞬つっこみを入れたくなったが、味はしっかりしている。いつものKFCである。
肉厚のフライドチキンがたまらない。
ソースがピリ辛で、たっぷりと入っている。マヨネーズっぽい甘さもある。かなり濃厚。

ハーバーパタヤKFC (5)

スパイシーフライドチキンは、小ぶりで骨付き。辛さはまあまあってところ。ちょっと衣が粉っぽい。
チキンナゲットは、どこで食べても似たような味なので論評しない。

フライドチキン好きなら満足できるBOXでしょうね。
個人的には、やっぱりこの手のセットにはフライドポテトがないと寂しいかな。
チキンばかりだと飽きるんで。

魚フライが好きなんで、フィッシュバーガーセットも気になる。
セットで90バーツは、マクドナルドやバーガーキングに比べると圧倒的に安い。

まあ、KFCにしろマクドナルドにしろ、日本で簡単に食べられるものなので、あえてタイ旅行中に食べるものとしてはおすすめしませんが、どうせ同じものを食べるなら少しでも安いほうがいい。
ハーバーパタヤへお越しの際はKFCの存在も思い出してください。

関連記事:ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

ハーバーパタヤのレストラン

と、ハーバーパタヤでKFCを食べたついでに、レストランフロアを詳しく探索してみた。

ハーバーパタヤ店舗一覧

シャブシは、375バーツ。

ハーバーパタヤシャブシ

なんか、さらに値上げしてませんかね。

チェスターズ(Chester’s)は、たぶんトゥッコム店と同じ価格かな。

ハーバーパタヤチェスターズ

ジェファー(Jeffer)というステーキ店が少し気になった。

ハーバーパタヤジェファー

ポークステーキセットが109バーツ。
たぶん、そんなにおいしくないような予感がするが。

おっと、北海道十勝豚丼という日本食レストランを発見。
日本資本なのかなあ。詳細不明。

ハーバーパタヤ十勝豚丼 (1)

メニューをのぞくとカツカレーが置いてある。
豚ロースカツカレーが190バーツ。そんなに高くない。

が、ここのカレーメニューには、すべてチョコレートが入っているようだ。
カツカレーの正式メニュー名は「豚ロースかつチョコレートチーズカレーライス」

ハーバーパタヤ十勝豚丼 (2)

たぶん、ルーをマイルドにするためにチョコレートを混ぜているのだろうけど、ただでさえ超甘口のタイ人製カレーがさらに甘くなっているような予感。
さて、どうなんでしょうか。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

セイラーレストランのブレックファースト (4)

【パタヤのファランな朝食】セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

ビーチロードのソイ8のビーチ近くにある老舗のバー&レストラン、SAILOR(セイラー)。 ステ

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

白身魚フライとスパゲッティ

BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ノースパタヤにあるBIG-Cは、パタヤ老舗のスーパーマーケット。かなり巨大な店内で、品数も豊富。

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑