パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート ホテル情報

マーチホテル (March Hotel)宿泊レポート。ほぼ新築で清潔、コスパ高し。

投稿日:2016年10月14日 更新日:


日本人固定ファンの多いオーガストスイート、エイプリルスイートと同系列のマーチホテルに泊まってみた。
開業は2015年と、ほぼ新築ホテルと言える新しさ。
部屋は清潔でわりと広め。館内にはスイミングプールとフィットネスジム付き。
設備に関しては申し分なし。
はじめてオーガスト系のホテルを体験してみたが、日本人から人気が出るのも当然だと納得。

SPONSOR LINK



マーチ ホテル (March Hotel)

場所はパタヤカンソイ16の奥のほう。

外観
march-hotel-pattaya-16

レセプション
march-hotel-pattaya-15

ロビーはとても広くて、高級感あり
march-hotel-pattaya-13

チェックインは12時頃。ちょうどチェックアウトの時間帯と重なったがスムーズに手続きできた。
スタッフの動きはきびきびしている。

デポジット代わりにクレジットカード提示する必要あり。JCBはダメで、VISAにしてくれと言われた。

ボーイが部屋まで案内してくれた。

march-hotel-pattaya-14

エレベーターは2機あって、待ち時間は少なくて済む。

デラックスルーム部屋内部

march-hotel-pattaya-1

予約したのはデラックスルームだ。名前は豪華だが、たぶん、これが一番下のグレードだと思われる。
それでも充分な広さと設備だ。

ベッドはふかふかで気持ちいい。
march-hotel-pattaya-5

ソファーはないが、使いみちのよくわからない長椅子がある。

作業机とテレビ台。イスにはクッションが置いてある。作業机の上にティッシュボックスもあり。
march-hotel-pattaya-4

クローゼット内にセーフティボックス。説明書は日本語併記。
march-hotel-pattaya-2

冷蔵庫の上にコーヒーカップとグラス。あと、電気ケトルも置いてある。ミニバーはなくて、無料の水が2本だけ。
march-hotel-pattaya-3

Wi-Fiは、もちろん無料。
パスワードはチェックイン時にもらえる。Wi-Fiは各部屋独自のパスワードとなっている。

march-hotel-pattaya-10

USB差し込み口と有線LAN差し込み口もある。しかも部屋内部からオンオフ切り換え可能。
このようなシステムは初めて見た。
通信速度は申し分なし。たまに切断されることがあるが、Wi-Fiボタンを押せば復旧する。

浴室内

march-hotel-pattaya-7

シャワーブースは、きちんと扉で仕切られている。

march-hotel-pattaya-8

天井固定式とハンドシャワー切り換え可能。バスタブは付いていない。
湯温と湯量は問題なし。むしろ、お湯の勢いが良すぎて、温度調整が大変だったくらい。むちゃくちゃ熱かった。

洗面台も広い。

march-hotel-pattaya-9

アメニティは、石鹸、シャンプー、ボディソープ、ボディローション、シャワーキャップ、歯ブラシ、綿棒と充実している。
しかもドライヤー付き。
文句なしでしょう。

バルコニー

march-hotel-pattaya-6

イスが2脚とテーブル。室内は禁煙だが、バルコニーでは吸える。
また、洗濯物干しも置いてある。

march-hotel-pattaya-18

ただし、玄関とは反対側の部屋は、目の前が工事中となる。おそらくは系列のMAY HOTELを建設している。
わたしが宿泊したのは2階。

march-hotel-pattaya-19

とにかく本当に目の前で工事をしている。
作業している人がベランダのすぐ横を歩いているような状態だった。
カーテンを開けていると、部屋の中は丸見えとなる。
防音がしっかりしているので、部屋内部ではそれほどうるさくはないが、それでも日中は工事の音が聞こえてくる。
夕方には工事が終わり、夜間はとても静か。ぐっすり眠れる。
また、ベランダの床は砂埃がたまっていた。たとえ毎日掃除しても結果は同じだろう。

これが現在のマーチホテルの最大の問題点。

もちろん、これは部屋によりけり。
ソイ16に面した部屋(つまり海側)は日当たりもよく快適そうだ。
こちら側の部屋をリクエストしたほうが断然いい。いや、そうすべきです。

館内設備

1階ロビー横にレストラン。
もちろん、ルームサービスで手配も可能だ。
朝食は食べていないので不明。

2階に、スイミングプールとフィットネスジム。

march-hotel-pattaya-12

プールはそれほど広くない。がっつり泳ぐには不向き。

march-hotel-pattaya-11

テーブルやチェアはそこそこ揃っている。泳ぐよりもチェアでまったり過ごすのが良さそう。

フィットネスジム
march-hotel-pattaya-17
決してマシンが多いわけではないが、一通りのことはできそう。

玄関脇に駐輪場があって、地下に駐車場。

ジョイナーフィー無料

なお、ジョイナーフィーは一人目までは無料。二人目以降は500バーツ。
IDカードチェックと預けあり。

地図と周辺設備

地図

場所は、パタヤカンのソイ16の奥手。
セカンドロードのソイ5から入っていってもいい。

ウォーキングストリートへ行くには、ビーチロードまで歩いてソンテウに乗る。
ソイブッカオへLKメトロ方面へは、パタヤカンへ出てブッカオの入り口まで徒歩5,6分で、そこからソンテウに乗る。このソンテウでウォーキングストリートへ行くことも可能。
ノースパタヤ方面へは、セカンドロードからソンテウに乗ればいい。
パタヤカンにも乗り合いソンテウは走っていて、スクンビット方面へ向かえば、ハーバーパタヤやビッグCエキストラへ。ビーチ方面へ向かうソンテウは、セカンドロードで直進すればそのままウォーキングストリートへ行けるし、右折したならノースパタヤへ向かう。
このあたりのソンテウの使いかたは少々慣れが必要となるが、慣れさえすれば各方面への移動も難しくない。
バイタク待機所は、歩いて1分くらい。
ホテル前から手を上げれば、迎えに来てくれるはずだ。ベルボーイに頼んでいいだろう。

最寄りのコンビニはセカンドロード沿いまで出たところにファミリーマートがある。

もしくは、隣のソイへ抜けていったところにもファミリーマートあり。
このファミリーマート前に夜になるとバミー屋台が開店していて、けっこうおいしい。
バミーヘンがおすすめだ。
パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

また、マーチホテルからパタヤカンへ向かう途中に、パタヤナンバーワンとも称される唐揚げ屋がある。
何度も食べているが、間違いなくうまい。
まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

パタヤカン入り口には、屋台村のような大きな食堂街となっている。
わりとリーズナブルな価格でタイ料理が食べられる。

マンゴーをもち米に載せたカオニャオマムアンがうまい。
今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

宿泊料金と予約先

わたしが実際に宿泊したのは9月のこと。
ホテル予約サイトで朝食無しプラン1泊1000バーツほどだった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_101416_032524_am

9月時点でのウォークイン価格は以下の通り
march-hotel-pattaya-20

デラックスルーム:1泊(朝食なし)1450バーツ
一ヶ月なら35000バーツ

時期やタイミングによるかもしれないが、事前予約のほうが安いはずだ。

マーチ ホテル (March Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

まとめ

まだ開業から1年足らずで、ほぼ新築に近い。
部屋はとても清潔だ。清潔好きの日本人でも納得できるレベルでしょう。
部屋も館内設備も申し分なし。
決して不便な立地ではないけれど、完全なパタヤ初心者が泊まるにはちょっとわかりづらいかもしれませんね。
あと、部屋によっては目の前で工事中となってしまうのが残念なところ。部屋指定はビーチ側で。
ローシーズンで1000バーツ前後、ハイシーズンならプラス300バーツほどで予約できれば、コスパは非常に高いはずです。それより高くても利用価値は充分にあります。チェックイン時の部屋リクエストは忘れずに。

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート, ホテル情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.