パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ新築ホテル情報 ホテル情報

オーシャンビューあり。ビーチロードソイ10の新築ホテル、Deep Blue Z10内部見学レポート。

投稿日:2017年1月6日 更新日:


ビーチロード・ソイ10に新しいホテルがオープンしている。
オープンしてから、まだ1週間ほどだ。まさに完全新築ホテル。

ホテル名は、Deep Blue Z10(ディープブルーZ10)。

deep-blue-z10-hotel-pattaya-10

さっそく内部見学させてもらった。詳しくレポートしよう。

SPONSOR LINK



Deep Blue Z10

外観
deep-blue-z10-hotel-pattaya-11

地図

ソイ10のかなりビーチ寄り。シーミースプリングツーの隣。

deep-blue-z10-hotel-pattaya-1

まだソフトオープンと書いてある。

実際、まだまだ工事中。

地下駐車場は、この通り。
deep-blue-z10-hotel-pattaya-3

ホテル内部はほぼ完成している。

ロビーは広々。エアコンも効いていて快適。

deep-blue-z10-hotel-pattaya-9

レセプションは、奥にひっそりとテーブルが置いてあるだけ。これは、いずれきちんと作るのだろう。

deep-blue-z10-hotel-pattaya-4

部屋の種類は3つ。

現地での表記は、以下の通り。
・スーペリア
・スーペリアwithバルコニー
・デラックスオーシャンビュー

さっそくホテル内部を見学させてもらう。

9階建ての小じんまりとしたホテルだ。
1フロアに6部屋ほどしかない。

廊下
deep-blue-z10-hotel-pattaya-6

スーペリアルームwithバルコニー

一番下のグレードのスーペリアには、バルコニーが付いていないとのこと。
そこで、バルコニー付きの部屋を見せてもらった。
部屋は4階。

鍵はカードキータイプ
depp-blue-z10-superior-14
部屋内部
depp-blue-z10-superior-1
depp-blue-z10-superior-8

depp-blue-z10-superior-9

部屋はやや手狭だろうか。激狹というほどではない。当たり前だけど、完全新築なので、どれも真新しい。

ライティングデスクは大きい。
depp-blue-z10-superior-11

電子ケトル、コーヒー、ティッシュなど。
depp-blue-z10-superior-10

冷蔵庫はテーブル下に。
depp-blue-z10-superior-12

クローゼット内に、セーフティボックスあり。
depp-blue-z10-superior-13

浴室は、わりと広め。

depp-blue-z10-superior-6

洗面台もピカピカ。ドライヤー付きだ。
depp-blue-z10-superior-3

アメニティ
depp-blue-z10-superior-5

シャワーブースはガラス扉付き。洗面台の床が濡れることはなさそう。
depp-blue-z10-superior-2
depp-blue-z10-superior-4

バルコニーに椅子が二つ。

depp-blue-z10-superior-7

ビーチ方向をむいているが、残念ながら海は見えない。
眼下では、まだ工事中。

deep-blue-z10-hotel-pattaya-5

全体的に見れば、必要最低限の設備を揃えているような印象。小じんまりとまとめましたといったところか。

おそらく、スーペリアルームは、バルコニーが付いていないだけで、部屋自体は同じだと思われる。

デラックスオーシャンビュー

ついでに、オーシャンビュールームも見せてもらった。
部屋は8階。ここまで上がれば海が見えるようだ。

部屋内部は、スーペリアルームとほぼ同じ。広さも同じくらいだろうか。

deep-blue-z10-ocean-view-3

deep-blue-z10-ocean-view-7

浴室も似たようなもの。
deep-blue-z10-ocean-view-2

最大の違いは、バルコニーからの眺めとなる。

曇りがちの天候のため、いまいちはっきりしないが、オーシャンビューとなっている。

正面
deep-blue-z10-ocean-view-4
北側
deep-blue-z10-ocean-view-5

南側
deep-blue-z10-ocean-view-6

かろうじてパタヤサインが確認できる。
快晴時の眺めは、さぞ素晴らしいだろうなあ。
ただし、ビーチ側に建つホテルが邪魔で、全面的なオーシャンビューとはならない。ある程度やむなし。

館内設備

特に何もない。

現在、ホテル横にてスイミングプール棟を建築中とのこと。

deep-blue-z10-hotel-pattaya-2

現在のところ、スイミングプールは系列ホテルのものが利用可能。はっきり確認していないが、近くにあるそうだ。
レストランはないが、朝食付きプランあり。これも未確認ながら、系列ホテルのレストランを使うようだ。

ジョイナーフィー無料

現地で確認した。
ゲスト一人目まではジョイナーフィー無料。
二人目以降は有料(たしか500Bだったような)。

宿泊料金と予約先

1月現在、現地でのウォークイン料金は、以下のとおり。いずれも朝食付き。

deep-blue-z10-hotel-pattaya-7

スーペリア:2550バーツ
スーペリアwithバルコニー:2850バーツ
デラックスオーシャンビュー:3550バーツ

予約はアゴダでも可能と言われた。

日程によって料金は変わってくるはずなんで、興味がある人はチェックしてみてほしい。

まとめ

立地条件は文句なし。
どこへ行くにも便利だ。ビーチまでは徒歩1,2分だろう。セントラルフェスティバルまでは徒歩5分以内。
ビーチロードにソンテウに乗れば、あっという間にウォーキングストリートへ行ける。
価格のわりには部屋はそれほど広くないけれど、セレノテルのような極狭ではない。
完全新築ホテルでオーシャンビューは価値があると思うが、ハイシーズン真っ只中とはいえ3550バーツはちょっと高すぎるような。
まあ、ヒルトンあたりに比べると安いのだが。
ローシーズンの価格を調べると、一番下のグレードで2000バーツ、オーシャンビューバルコニー付きで2550バーツほど。実に微妙な価格設定。

ソイ10には、他にも新築ホテルがある。

関連記事:オープンしたてのシーミースプリング3(SEA ME SPRING TREE)内部を見学してきた

ソイ10はホテル銀座と化してきたので、いろいろと検討してみてください。

SPONSOR LINK

-パタヤ新築ホテル情報, ホテル情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.