*

LKグループの新築ホテル、LK Presidentが営業開始。ホテル部屋内部の様子をレポート。

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 ホテル情報


LKプレジデント (21)

ずっと工事中だったLKグループの新築ホテルがようやく完成し、営業にこぎつけている。
ひときわ目立つ高層ホテル。
エレベーターの表示では26階建てとなっている。

LKプレジデント (17)

夜はエンブレムが点灯しており、とても目立つ。
LKプレジデント夜

まだソフトオープンという形で、工事は続いているが、宿泊は問題なし。
今回、実際に内部見学させてもらったので、即レポートします。

LKプレジデント

LKプレジデント (18)

担当してくれた方の話では、ソフトオープンしたのが年末の28日とのこと。
入り口付近では工事中だし、4基あるエレベーターも2基しか使えない。

LKプレジデント (22)

でも、さすがにLKグループのホテルである。
ロビーは実に豪華。

LKプレジデント (1)

さながら高級ホテルのたたずまいだ。

場所

場所は、サードロード沿い。
ブッカオから行くとすると、ソイレンキーを抜けていった先だ。ソイチャイヤプーンからでも同じくらい。

ソイレンキー内から見たLKプレジデント
LKプレジデント (20)

ソイチャイヤプーンのサードロード側入り口からみたLKプレジデント
LKプレジデント (19)

サードロードを渡ってすぐにホテルがある。ひときわ目立つ建物なので、迷う心配はないだろう。

サードロードと聞くと、ついつい遠いように感じてしまうが、実はソイLKメトロからは、余裕の徒歩圏内。
LKメトロからマイクショッピングモールへ移動するのと同じくらいの距離だ。

ただ、サードロードはそこそこ交通量が多いわりに、信号機はほとんどない。道路を横断する際の交通事故には気をつけよう。ローカルタイ人が渡っているそばで便乗するのが一番安全。

ウォーキングストリートへ行くには、ブッカオまで出てソンテウに乗ればいい。夜遅くなってからの帰りは、さすがにバイタクを利用するのがいいと思うが、昼間や夕方の移動なら特に問題ないかと思う。
もちろん、レンタルバイク派には申し分ない立地だ。

ホテル内の様子

ロビー
LKプレジデント (6)

LKプレジデント (7)

ソファーやイスがとにかく豪華。VIP気分にひたれる。

レストランフロア
LKプレジデント (2)

まだ利用者がほとんどおらず、ぴかぴか。

スイミングプール
LKプレジデント (3)

これは地上階にあるプール。
建物の大きさのわりにプールは狭い。これは、ちょっともったいない。
ただ、現在は利用者がほとんどおらず独占可能。
未確認ながら、最上階や途中の階にもプールがありそうな雰囲気。

室内

デラックスルーム(という名のスタンダードルーム)を見学させてもらった。

ドアはカードキースタイル。
LKプレジデント (15)

室内は、それほど広いわけではないが、設備はばっちりだ。
大型液晶テレビ、クローゼット、ソファーなど。

LKプレジデント (9)

LKプレジデント (10)

LKプレジデント (13)

LKプレジデント (12)

シャワーが天井固定式なのがちょっといただけない。(普通のホースタイプのシャワーも付いているが)
LKプレジデント (14)

デラックスルームにバスタブは付いていなかった。

バルコニーあり。これは4階の部屋からの景色なんで、いたって普通のローカルな眺め。最上階はすごそうだけど。
LKプレジデント (11)

でも、すべてが清潔そのもの。
さすがは完成ほやほやのホテルだ。

なお、Wi-Fiは無料。

料金

現地でのプロモーション価格は以下の通り。
LKプレジデント (5)

デラックスルーム、通常価格1泊4500バーツのところ、1800バーツ(朝食込み)

アゴダで調べてみると、税金込みで1500バーツほど。
LKグループの完全新築ホテルがハイシーズンで1500バーツはなかなかお得だと思う。

実際のアゴダでの宿泊料金は、各自で日付を入力してチェックしてみてほしい。

LK PRESIDENTの料金をアゴダでチェック

 

サードロード沿いには、うまくて安い店が多数。

ホテルすぐ近くのバミーもうまい。
サードロードのバミー屋台jpg (1)

少し歩くが、シーフードトムヤムのクイティアオは、無上のうまさ。
マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

ホテルからソイボンコットを徒歩圏内だ。
コスパ抜群の59バーツステーキや、濃厚なナムトックスープがくせになるクイティアオ屋もある。
ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ホテルには妥協したくない。でも、食事はローカル向けの安くてうまいところに行ってみたい。夜はブッカオとLKメトロ中心で遊ぶ。
そんな人には、うってつけのホテルといえるかも。
安心安定のLKグループの完全新築ホテルに泊まるなら今が狙い目か。

agodaでチェック
ブッキングドットコムでチェック

Expediaでチェック
Hotels.comでチェック

SPONSOR LINK

関連記事

じゃらんホテルクーポン年末まで (7)

年末の宿泊までオッケー。じゃらんの1万円クーポン配布中。残り3日。

以前の記事でも取り上げた「じゃらん」の最大1万円割引クーポン配布。 それ以降も、ずっと継続中。

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

スタジオナナ (2)

BTSナナ駅至近のおすすめホテル、スタジオナナ バイアイチェックイン宿泊レポート@バンコクスクンビット

今回のホテル宿泊レポートは、バンコクのスクンビットへ。 バンコクのスクンビット地区はホテル代が

記事を読む

MプレイスM Place (2)

Mプレイス宿泊レポート@ソイアルノタイ。長期滞在向けサービスアパートメント。

ソイアルノタイにある長期滞在向けサービスアパートメント、Mプレイス(M PLACE)にお試し宿泊

記事を読む

d-hotel-pattaya-16

ソイブッカオの新築ホテル紹介。屋上プールが見晴らし最高のDホテルと、アットホームなBAAN BUAKHAO。

ソイブッカオからサードロードへ向けて、細いソイがたくさん並んでいる。 多くはサードロードへ抜け

記事を読む

じゃらんクーポン2016 (1)

最大1万円引き!じゃらんの海外ホテルクーポンが継続中。ゴールデンウィーク・お盆にも使える。

じゃらんの海外ホテル予約クーポン 以前何度かお知らせしたことのある、じゃらんの海外ホテ

記事を読む

deep-blue-z10-ocean-view-6

オーシャンビューあり。ビーチロードソイ10の新築ホテル、Deep Blue Z10内部見学レポート。

ビーチロード・ソイ10に新しいホテルがオープンしている。 オープンしてから、まだ1週間ほどだ。

記事を読む

lk-mansion-28

LKマンション (LK Mansion)宿泊レポート。思ったより良いホテルだよ。

ソイブッカオ北端に位置するLKマンション。 ここはずっと気になっていた。 手前側にバービアが

記事を読む

the-chic-boutique-hotel-1

ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)は、ほどよく綺麗なゲストハウスだった。

ホテル予約サイトをチェックしていると見慣れぬホテル名を見つけた。 ザ シック ブティック

記事を読む

centara-azure-hotel-pattaya-7

パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)

《更新情報》 2017年2月 グランドパラッツォ、ディープブルーZ10、センタラアズー

記事を読む

アドステア

Comment

  1. アリー より:

    初めまして。

    シャワー、レインシャワーと普通のハンドシャワー両方ついてるように見えますけど。
    まあ、私には少し高くて無理ですけど^^;

    • 千夜一夜 より:

      ホースタイプのシャワーもついてますね。天井固定式ばかり目がいってました。
      LKメトロポールよりは安いですね。

  2. 芽きゃべつ より:

    ついに出来たのですね立地にも申し分なく3RDロードバイク派の私には申し分が無いですが 滞在料金でお呼びが掛かりそうにもないです。ソイボンコットの先にも空き地はたくさんあるので更なる利用しやすい料金の新しいサービスアパートの建設が期待されます。

    • 千夜一夜 より:

      長い工事でしたねえ。まだ完成してませんが。フーターズと同じで、無理やり年内オープンさせた感じですかね。
      ボンコットには、すでに大きなサービスアパートメントがいくつか建ってますよね。あの先の空き地がどうなるか見ものです。

  3. Atsu より:

    はじめまして。たまたま僕も昨日内見を致しました。内装は他のLKのホテルと変わらず豪華ですね。確かにバスタブが無いのが残念でした。他のLKグループと比較して少し、部屋が狭いような気がします。帰りに59Bステーキも食しました。

    • 千夜一夜 より:

      おお、偶然ですね。他にも内覧希望のファランに遭遇しました。新築なんで、みんな興味津々のようです。でも、ホテルの人は嫌な顔一つせずに案内してくれました。
      部屋は少し手狭のように感じました。ソファーチェアーの位置が無理やりですね。設備的にはきっちりしてますね。さすがLKです。

アドステア

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

Don Mueang Air port A1 bus (5)
ドンムアン空港発のA1エアポートバスの始発と終発は何時なのか?

LCCのエアアジアやスクートは、ドンムアン空港を利用している。

→もっと見る

PAGE TOP ↑