*

サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, 麺類(クイティアオ・バミーなど)


どうも。
安くてうまい屋台を求めて、日夜パタヤをさまよい歩いております。

体重が少し増えてまいりました。
60Kgだったところが、62kgと微増。
食べている量はおそらく日本より減っているはずなのに不思議でございますね。
おいしいけれど油分と糖分が多めのタイ料理のせいです。
マイペンライです。

SPONSOR LINK



バミー屋台

さて、本日紹介するローカル屋台は、サードロードに夜になると出現するバミー屋台であります。
場所は、ブッカオのソイレンキーからサードロードを渡ったところ。
昼間はバイク屋で、夜になるとバイク屋前に屋台とテーブルを並べて開店しております。

サードロードのバミー屋台jpg (6)

サードロードのバミー屋台jpg (5)

ここも以前から気になっておりました。
ようやく初訪問となったので、レポート致します。

まずは調理屋台をのぞきます。
ふむふむ、ムーデーンが吊るしてありますな。
焼き豚でございますね。
赤い色が食欲をかきたてます。
いいですね。
黄色い麺も見えます。

サードロードのバミー屋台jpg (4)

屋台のおばさんに「ミーアライ」と質問するまでもありません。
どっからどう見てもここはバミー屋台です。

おもむろに、「アオ バミーナーム」とだけ注文いたします。
これだけで通じるのであります。
何なら「アオ」もいりません。
男は寡黙にバミーナームです。

テーブルでおとなしく待ちます。
水は自分で汲みましょう。

反対側に見える路地がソイレンキーであります。
サードロードのバミー屋台jpg (3)

まわりのテーブルを見回すと、100%タイ人だらけですね。
ファランや日本人は見かけません。
おっと、次々とバイクに乗ったタイ人がやって来ます。
3人乗りの親子も登場であります。
なかなかの繁盛ぶり。
これは期待がもてます。
タイ人がわざわざバイクに乗ってやって来るということは、その店がうまいという証左なのであります。

おや、10分ほど待っても、まだ料理が到着しません。
屋台にしては時間がかかっております。
丁寧に作っているのでありましょう。
のんびり待ちましょう。
短気は損気、本気にレンキー、あなた元気でぼく病気。
鼻の下は伸ばしても麺は伸ばすな。

しょうもない語呂合わせで戯れているあいだに丼の到着となりました。
待望のご対面であります。

どん!

サードロードのバミー屋台jpg (1)

赤い。
スープが赤いのであります。

うむむ、これは、パタヤ湾に沈みゆく夕日の色か、はたまた夜通し遊んだ末に拝む朝日の色か。
その燃えたぎるような赤は、今宵の獲物を物色する血走った男の目のようでもあり、まさにパタヤ色なのであります。

まずは赤いスープを一口。

うまい。
決してクドくなく、かといってあっさりしすぎてもいない、絶妙のバランス。
ムーデーンの赤いエキスがスープのうまみを引き立てる。

これはまさに、味のレッドゾーンに突入や~

舌のメーターが振り切れてしまうで~

うそです。
わたくし、興奮のあまり、ついつい筆が滑ってしまったようです。
そこまで抜群に美味くはございません。
でも、普通においしくいただけるレベルでございます。

ローカルタイ人に人気なのも納得の味であります。

サードロードのバミー屋台jpg (2)

バミーは、ほどよい茹で加減。
これは高ポイント。
伸びていたり、逆に固かったり、はたまた麺と麺とがくっついていたりと、麺に対するこだわりが感じられない屋台もある中、これはがんばっております。
合格点です。
惜しむらくは、麺の量が少ないことでしょうか。
これは大盛りを頼むことでカバーできます。

赤の根源であるムーデーンも合格点の味であります。
ある程度、肉の食感を残しつつ、うまくスープと麺に絡み合うような薄さにスライスしてあります。
これもまた難しいのであります。
分厚すぎると肉肉しい食べごたえみが増す一方、肉の主張が強すぎて麺料理ではなくなってしまいます。
ナイスですね。
ナイススライスです。
おばちゃん、グッドジョブであります。

わたしくし、あっという間に、完食してしまいました。
麺の量はいささか足りませんが、味には大変満足致しました。
おいしゅうございました。

お会計は40バーツ。
標準価格でございます。
財布にやさしく、こころにうれしい。
そんなバミーに会いたかった。

これで、あとはギアオ(ワンタン)が入っていれば文句なしです。
おっと、よく見てみると、おばちゃんがワンタンの製作中ではありませんか。
手際よく具を皮に詰めております。

これはまた食べに行かねばなりませんね。

では、本日はこのへんで。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

Thai hurikake (2)

タイのふりかけはタガメ入り。いい匂いでご飯がすすむ?

先日、イサーン出身者から白ご飯が食べたいと言われて、買い出しに。 おかずとして、何やらタイ語で

記事を読む

インスタントジョーク Instant jok (4)

インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の原型がなくなるほど、ぐずぐずに

記事を読む

THE SWAN Breakfast (10)

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。 ソイの中に「YAMATO」という日

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム(デーンダム)。 パタヤ在住のタイ人なら、ほ

記事を読む

Asoke noodle soup (4)

手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見つけた。 大きな教会(Gra

記事を読む

Steak chogun (4)

サードロードの新しいステーキ屋、Steak Chogunは49バーツから

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋がオープンしている。 おそらく以前は普通のタイ料理レスト

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽きゃべつ より:

    こちらでは初めましてですね ここも美味しそうですね、今度試してみます。

    • pattayan night より:

      ぜひ、食べに行ってみてください。夜にオープンしてます。

  2. 芽きゃべつ より:

    もうすぐ訪タイです ここで食の情報を学ばせて頂き滞在中の楽しみにさせていただきます。

アドステア

ソイユメのカオマンガイ屋 (1)
ノースパタヤバスターミナル近くのおいしいカオマンガイ屋さん@ソイユメ

ソイユメとパタヤヌア(ノースパタヤ)通りの交差点近くにカオマンガイ

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

→もっと見る


PAGE TOP ↑