*

サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳


どうも。
安くてうまい屋台を求めて、日夜パタヤをさまよい歩いております。

体重が少し増えてまいりました。
60Kgだったところが、62kgと微増。
食べている量はおそらく日本より減っているはずなのに不思議でございますね。
おいしいけれど油分と糖分が多めのタイ料理のせいです。
マイペンライです。

SPONSOR LINK

バミー屋台

さて、本日紹介するローカル屋台は、サードロードに夜になると出現するバミー屋台であります。
場所は、ブッカオのソイレンキーからサードロードを渡ったところ。
昼間はバイク屋で、夜になるとバイク屋前に屋台とテーブルを並べて開店しております。

サードロードのバミー屋台jpg (6)

サードロードのバミー屋台jpg (5)

ここも以前から気になっておりました。
ようやく初訪問となったので、レポート致します。

まずは調理屋台をのぞきます。
ふむふむ、ムーデーンが吊るしてありますな。
焼き豚でございますね。
赤い色が食欲をかきたてます。
いいですね。
黄色い麺も見えます。

サードロードのバミー屋台jpg (4)

屋台のおばさんに「ミーアライ」と質問するまでもありません。
どっからどう見てもここはバミー屋台です。

おもむろに、「アオ バミーナーム」とだけ注文いたします。
これだけで通じるのであります。
何なら「アオ」もいりません。
男は寡黙にバミーナームです。

テーブルでおとなしく待ちます。
水は自分で汲みましょう。

反対側に見える路地がソイレンキーであります。
サードロードのバミー屋台jpg (3)

まわりのテーブルを見回すと、100%タイ人だらけですね。
ファランや日本人は見かけません。
おっと、次々とバイクに乗ったタイ人がやって来ます。
3人乗りの親子も登場であります。
なかなかの繁盛ぶり。
これは期待がもてます。
タイ人がわざわざバイクに乗ってやって来るということは、その店がうまいという証左なのであります。

おや、10分ほど待っても、まだ料理が到着しません。
屋台にしては時間がかかっております。
丁寧に作っているのでありましょう。
のんびり待ちましょう。
短気は損気、本気にレンキー、あなた元気でぼく病気。
鼻の下は伸ばしても麺は伸ばすな。

しょうもない語呂合わせで戯れているあいだに丼の到着となりました。
待望のご対面であります。

どん!

サードロードのバミー屋台jpg (1)

赤い。
スープが赤いのであります。

うむむ、これは、パタヤ湾に沈みゆく夕日の色か、はたまた夜通し遊んだ末に拝む朝日の色か。
その燃えたぎるような赤は、今宵の獲物を物色する血走った男の目のようでもあり、まさにパタヤ色なのであります。

まずは赤いスープを一口。

うまい。
決してクドくなく、かといってあっさりしすぎてもいない、絶妙のバランス。
ムーデーンの赤いエキスがスープのうまみを引き立てる。

これはまさに、味のレッドゾーンに突入や~

舌のメーターが振り切れてしまうで~

うそです。
わたくし、興奮のあまり、ついつい筆が滑ってしまったようです。
そこまで抜群に美味くはございません。
でも、普通においしくいただけるレベルでございます。

ローカルタイ人に人気なのも納得の味であります。

サードロードのバミー屋台jpg (2)

バミーは、ほどよい茹で加減。
これは高ポイント。
伸びていたり、逆に固かったり、はたまた麺と麺とがくっついていたりと、麺に対するこだわりが感じられない屋台もある中、これはがんばっております。
合格点です。
惜しむらくは、麺の量が少ないことでしょうか。
これは大盛りを頼むことでカバーできます。

赤の根源であるムーデーンも合格点の味であります。
ある程度、肉の食感を残しつつ、うまくスープと麺に絡み合うような薄さにスライスしてあります。
これもまた難しいのであります。
分厚すぎると肉肉しい食べごたえみが増す一方、肉の主張が強すぎて麺料理ではなくなってしまいます。
ナイスですね。
ナイススライスです。
おばちゃん、グッドジョブであります。

わたしくし、あっという間に、完食してしまいました。
麺の量はいささか足りませんが、味には大変満足致しました。
おいしゅうございました。

お会計は40バーツ。
標準価格でございます。
財布にやさしく、こころにうれしい。
そんなバミーに会いたかった。

これで、あとはギアオ(ワンタン)が入っていれば文句なしです。
おっと、よく見てみると、おばちゃんがワンタンの製作中ではありませんか。
手際よく具を皮に詰めております。

これはまた食べに行かねばなりませんね。

では、本日はこのへんで。

SPONSOR LINK

関連記事

新旧フィリピンペソ紙幣

ひさびさにフィリピン旅行する人は、旧フィリピンペソ紙幣が使えなくなっているのでご注意を。2016年旧紙幣から新紙幣への移行終了。

2016年7月、今回4年ぶりのフィリピン旅行となった。前回が2012年のこと。 それ以前にもフ

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

ソイボンコット(SOI BONGKOCH)にあるクィティアオ屋がとてもおいしかったのでおすすめし

記事を読む

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。 いやあ、60バーツほどでス

記事を読む

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽きゃべつ より:

    こちらでは初めましてですね ここも美味しそうですね、今度試してみます。

    • pattayan night より:

      ぜひ、食べに行ってみてください。夜にオープンしてます。

  2. 芽きゃべつ より:

    もうすぐ訪タイです ここで食の情報を学ばせて頂き滞在中の楽しみにさせていただきます。

アドステア

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑