*

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

公開日: : 最終更新日:2015/12/30 グルメレポート ,


以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。

場所はサードロードと少々不便な場所にあるが、ブッカオからでも歩いて行ける。
シーフード満載でスープがとにかくうまい。

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)
これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

日本に帰ってからも、あの赤いスープがふいに脳裏をよぎり、無性に食べたくなってしまったものだ。

パタヤでようやく時間が取れたので、満を持して再訪問。

SPONSOR LINK

マハーサムット

地図

時刻は夜9時半頃。

マハーサムット (1)

おっと、店が広くなっている。
そういえば工事をしていたっけ。
倍とはいかないが、1.5倍くらいには店舗面積を拡大。
それでも、ほぼすべてのテーブルが埋まるほど繁盛している。
厨房は大忙しだ。

マハーサムット (2)

壁には、フェイスブックの投稿写真がずらりと並ぶ。
人気ぶりがうかがえる。

マハーサムット (3)

当ブログの影響かどうかは知りませんが、日本人客も増えてきたもよう。
店名は書かれていないが、ネット上にも画像がアップされてますね。
フェイスブックのマハーサムットのページにも日本人の書き込みあり。
テレビ局の取材も来ていたようだ。

今回注文を取るのは、小学生くらいの男の子。
なかなかのワルガキである。

また、メニュー表も作り変えていた。

新しいメニューがこちら

表面が、標準のクイティアオとカオトムとカオパットの定番もの
マハーサムット新メニュー (1)

裏面が、大盛り全部乗せ系の食えるものなら食ってみやがれもの
マハーサムット新メニュー (2)

基本的に以前と同じ。
ちなみに、メニューには載っていないが、690バーツの超ウルトラスペシャルメガ盛りもあるそうだ。

メニュー表面右上の50バーツのシーフードクイティアオはカニ無し。タイ語の読み方は不明だが、意味は「クィティアオタイランド湾」となる。イカとエビと貝は標準装備。

メニュー表面右下の60バーツのものがカニ入りのクイティアオで、ここの看板メニュー。
この60バーツのカニ入りの料理名が、店名と同じ「クイティアオマハーサムット」だ。マハーサムットの意味は、海洋(ocean)。

今回は、看板メニューのクイティアオマハーサムット60バーツを注文。
麺はセンレックにした。

15分ほど待ったかな。
到着。

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

待望の再対面。

うむ、スープは相変わらず絶品である。
カニの風味も加わっており、さらにおいしくなっている。

が、残念なことに麺がダメだった。
急いで調理しすぎたせいか、まったく麺がほぐされていない。
麺全体がひとかたまりになっており、一部をすくうと全体がついてくる始末。
茹で加減もあまい。
まあ、自分で麺をほぐしてやると、普通の状態になったが、やっぱりこれはいただけない。

調理担当はボスの女性ではなくて、若い男だった。これが失敗の元だったのかな。

とにかくスープが絶品だけに残念だ。

ちなみに、カニは、半分に切ったもの。
食べる部分はかなり少ない。
カニミソをちゅーちゅー吸うとおいしいけど。
ただ、風味付けにはいいかな。

マハーサムットクイティアオトムヤム (3)

わたしは、日本のラーメン屋でもタイのクイティアオ屋でも、スープだけを飲み干すことはないけれど、ここのスープはほぼ最後まで飲んでしまう。
それほどうまい。

マハーサムットクイティアオトムヤム (1)

うーむ、次回は、麺の選定が難しいところだな。
このスープにはセンレックが一番合うと思うのだが、茹で方がこれじゃあなあ。

バミーでもないし、ママーにしてみようか。
きちんと茹でてくれれば、トムヤムとママーの相性は抜群のはずである。
タイ人の注文は、ママーも多い。

あとは、いっそのこと、麺なしのシーフードトムヤムスープにしてしまうか。
で、カオパットを注文すればばっちりかも。

できれば、2,3人で訪れて、メガ盛りとカオパットをシェアするスタイルがベストか。

年末年始にパタヤで飲み歩いている人は、シメのラーメンとして食べてみてはいかが?
もちろん、夜遊びに出かける前に食べてもいい。
タイ女性を連れて来ても、喜んでくれるはずだ。

営業時間は夕方6時から深夜3時まで。ただし、開店から夜10時くらいまでは大人気なので満席の可能性高し。15分から30分待ちは覚悟しておこう。

テレビの取材もあって、これからますます繁盛しそうだが、お願いだから、麺はちゃんと湯がいてほしい。
油断すると没落するのが飲食業界のならわし。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

FRYDAYのフィッシュバーガー (2)

FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

以前紹介したフィッシュ・アンド・チップスの名店「FRYDAY」。 場所は、ソイニュープラザ内で

記事を読む

カオソーイ (3)

パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

カオソーイとは、タイ北部チェンマイの名物料理。 乾燥麵と太麺が入ったカレーラーメンのようなもの

記事を読む

ヌアヤーンとナムトックムーのダブル焼き肉丼

ヌアヤーンとムーヤーンのダブル焼き肉丼うまし

ある夜のこと。 食事中の友人たちから誘いを受ける。 食べきれないくらい量があるんで、食べに来

記事を読む

ハーバーパタヤKFC (1)

ハーバーパタヤのKFCはお得。セット90バーツ、BOX99バーツ。あと十勝豚丼のチョコカレー。

タイの外資系ファストフードといえば、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)かマクドナルドだろう

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽キャベツ より:

    ここはたびたび行っています、悪ガキ風の子供はあれで14歳
    笑顔が良いマセガキですが顔を覚えたら良くしてくれます。
    米麺の固まってしまった時の対処法ですが 唐辛子漬けの酢を入れる人は固まった麺を上にして酢をそこに掛けるとほぐしやすいです。掛けない人はゴメンナサイですね。
    ママーはいつも茹で加減が硬くて1度でやめました、普通にセンレックが無難です。

    • pattayan night より:

      あのワルガキ、14歳ですか。小学生にしか見えません。
      お釣りをチップといって、巻き上げようとしていました。まあ、冗談半分でしたけど。
      普通のクイティアオには酢をかけるんですが、ここのスープには何も入れなくていいですねえ。
      予想はしていましたが、ママーの茹で加減も硬めですか。

  2. Hiroooo より:

    くいてえ〜〜〜〜〜

  3. えいじ より:

    今日は59bステーキ食べて、ソイ6で○いてあるいてマハーサムット行きました。100Bの全部乗せ食べました。確かにスープは旨いですがぬるかったです。センレックでしたがやはり麺はほぐれてなかったです。注文とり14さいですかー。見えないですね。ニコニコしてました。59Bステーキ美味しかったです。

    • 千夜一夜 より:

      ソイ6からマハーサムットまで徒歩ですか。かなり遠いですよ。よく歩きましたねえ。
      スープがぬるいのは、ほとんどのクイティアオ屋がそうなんで、もう気にならなくなりました。麺のほぐしはきちんとやってほしいです。でも、スープが旨いんで、またリピートすると思います。
      59バーツステーキは、最近わたしも行きました。あのコスパはやっぱりすばらしいです。
      (コメント一部だけ伏せ字にさせていただきました。)

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑