*

ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

公開日: : ホテル情報


ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Sutus court pattaya (1)

日本語表記はばらつきがありますな。
スタスコートだったり、サタスコートだったり、スタッコートだったり、スタッツコート、スータスコートだったりと。
まあ、通じれば別になんでもいい。
とりあえず、ここでは無難にサタスコートとしておきます。

たぶん、今回が2度目の宿泊となる。
前回は、2014年5月のクーデター当日だった。このブログの第1回目だよ。懐かしいなあ。

あれから3年近くたちますが、サタスコートはやっぱりサタスコートのまま。相変わらずず古くさいけど、それなりに部屋も広くて快適。そして、何より立地条件が最高。
中長期滞在で宿泊代を節約したいけれど、立地条件は譲れないという人には、かなり向いていますね。もちろん短期滞在でも大活躍だ。

SPONSOR LINK

スタッコート 3 (Sutus Court 3)

アゴダ表記はスタッコート。もう何が何だか。

Sutus court pattaya (4)

サタスコートは、1から5まで棟が分かれている。
ホテル予約サイトの場合、それぞれ予約先が別々。
わたしは詳しくないですが、棟によって多少の違いがあるみたい。
今回予約したのはサタスコート3。たまたま一番安かったからという単純な理由。
前回宿泊時はウォークインだったが、3に案内された。

棟が分かれていても、レセプションは一つ。しかも狭い。

Sutus court pattaya (2)

とはいえ、意外とレセプションは空いている。

デポジット無し。
水を持ったベルボーイが部屋まで案内してくれる。
建物が多いんで、はじめての人は自力では部屋にたどり着けないかも。

Sutus court 3

正面奥の棟がスタスコート3となるようだ。
バイク置き場も敷地内にあり。

5階建てでエレベーターがついている。上階でもご心配なく。

Sutus court pattaya (8)

たまたま1階の部屋へ通された。

スタンダードダブルルーム(バルコニー付き)部屋内部

あまり部屋の種類はないようだが、宿泊したのはスタンダードダブルルーム(バルコニー付き)というグレード。

普通に広い。

Sutus court room (2)

アゴダ情報では35平米とのことで、さすがにそれは盛り過ぎかもしれないが、たしかに広い。

しかしながら、どこかかびくさく、そして古くさい。
でも汚くはない。
歴史を感じさせるとでも評しておこう。

ベッドのスプリングは多少きしんでいるものの、ちゃんと眠れる。シーツはぼろいが、まあ許容範囲。カオサンやサダルストリートの安ゲストハウスに比べれば天国だ。

Sutus court room (3)

ベッド脇にサイドテーブルと読書灯あり。
化粧台とクローゼットあり。

エアコンの他に天井ファン。
エアコンの効きはばっちりだったが、ハイシーズンならファンだけで充分かも。

Sutus court room (1)

テレビは年代もののブラウン管。これまた歴史の1ページ。

Sutus court room (6)

テレビ台の横に椅子とテーブル。

Sutus court room (5)

冷蔵庫は大きめながら、中身はからっぽ。さっきもらった水を入れておくだけ。

Sutus court room (14)

さらに部屋の奥には、テーブルと椅子のセットがある。

Sutus court room (4)

ただし、すぐ近くにコンセントがない。PC作業時にはちょっと不便。
椅子だらけの室内である。

バルコニー

Sutus court room (7)

流し台、物干し台もある。

Sutus court room (9)

椅子も置いてある。

Sutus court room (8)

灰皿も置いてある。
室内禁煙の表示はなかったけれど、念のため、たばこはバルコニーで吸いました。

まあ便利。
日当たり良好なため、洗濯物はあっという間に乾きますな。

ただ、向かい側はたぶん民家のため、生活臭が全開です。

浴室内

Sutus court room (11)

Sutus court room (13)

なぜか、手すりだらけ。
これなら滑って転ぶ事故が防げる。
勝手な推測では、宿泊客は老人ファランが多いので、浴室での事故を防ぐために設置しているんじゃなかろうか。もしくは、体の不自由な人向けの部屋だったのかも。

残念ながら、昼間も夜もほとんどお湯が出なかった。完全な水ではないが、ぬるま湯程度。このあたりは、部屋の場所やタイミング次第でしょうな。安宿あるあるです。

シャワーを浴びると、トイレと洗面台の床も一緒にずぶ濡れになる。これもタイ安宿スタイル。

Sutus court room (12)

アメニティは、小さな固形石鹸のみ。
必要なものは自分で揃えましょう。

くたびれたバスタオルが2枚。ハンドタオルなし。

セーフティボックスは室内に設置されていない。
レセプション奥にある。

Sutus court pattaya (7)

利用可能時間は、午前8時から夜12時まで。

Wi-Fi

パスワードは部屋内部に掲示してある。

Sutus court room (10)

接続速度はまずまず快適。
プールに近い1階の部屋だからかもしれない。

ジョイナーフィー無料

当然のようにJF無料。
このクラスのホテルでジョイナーフィーがかかったら、誰も泊まりません。

本来はIDカード預けあり。
レセプションに書いてある。

Sutus court pattaya (6)

が、レセプションをスルーして、奥の棟へ直接行けば、IDチェックもIDカード預けも発生しない。ガードマンがいる場合もあるが、たぶんスルーできるでしょう。自己責任でどうぞ。

館内設備

なんといってもスイミングプール。
中庭にあり。

Sutus court swimming pool (3)

土足厳禁。靴は脱いでからプールエリアへ。

上からみたところ
Sutus court swimming pool (2)

外来者は一人80バーツだそうな。スイミングプール営業時間は、午前7時から午後7時まで。

Sutus court swimming pool (1)

朝食付きプランはないようだが、ホテル敷地内にレストランは併設されている。

Sutus court pattaya (3)
詳細不明。
ただ、周囲にはいくらでもレストランがあり、朝食のみならず食事に困ることはない。
マッサージ屋や洗濯屋は、周辺にいくらでもある。

地図と周辺施設

地図

ソイブッカオのど真ん中。ソイレンキーとの交差点近くに建っている。

ソイレンキーへ抜けれる出入り口もあるが夜間は閉じられてしまう。昼間は便利。

Sutus court pattaya (9)

ホテル目の前に、高レート両替所「TTカレンシー」あり。

TT currency

近所のコンビニまで徒歩1分弱。セブンイレブンとファミリーマートの両方あり。

ソイLKメトロ至近距離。

現状、ソイブッカオではソンテウが頻繁に走っている。南行きソンテウなら、ウォーキングストリートへ一本で行ける。
セカンドロードまではソイダイアナを抜けていき徒歩5分弱。

少しだけパタヤの地理がわかっていれば、便利至極な立地条件。
活動的な夜遊び派にとっては、むしろパタヤ最強とまで言えるほどだ。
長期滞在ファランがうじゃうじゃいるのも納得。

レストランや食事関連は以下の記事からどうぞ。

関連記事:ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった
関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり
関連記事:MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。
関連記事:ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ
関連記事:ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。
関連記事:ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ややファラン向けのレストランが優勢だが、タイ料理も少しはある。
イサーン屋台も多く出没。特に早朝の時間帯はタイ人向け屋台が集結していて目移りするほど。

関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。
関連記事:カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。
関連記事:ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介
関連記事:ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

朝から夜中まで楽しめるエリアだ。

宿泊料金と予約先

ハイシーズンで1泊700バーツから800バーツほど。人気ホテルがゆえ、予約混雑状況によって価格は大きく変動する。
空き室の多いローシーズンはもう少し安くなるはずだ。ちなみに、3年前の5月に宿泊した時はウォークインで650バーツだった。

今回は確かめていないが長期滞在割引はあまりない。強気の姿勢だ。ローシーズンで、1ヶ月16000バーツほどだったような。要現地確認。

サタスコートの他の棟の予約先もあげておきます。代表してAgodaのみで。

サタスコート1

サタスコート2

サタスコート4

サタスコート5

どうやら1がグレードが上で、数字が増えるたびにグレードが下がっていくような感じみたいだが、詳細不明。
3は無難ですね。

まとめ

実際に宿泊したサタスコート3しか論評はできないが、部屋の広さは申し分なし。プールの雰囲気もいい。立地条件は最高。これでハイシーズンに800バーツ以下なら、コスパは抜群。
ただし、典型的なパタヤの安ホテルであることも確か。古くさいです。慣れていない人は拒否反応を示すかも。割り切っている人なら問題なし。こんな安宿にサービスとかリゾート感とか高級感なんぞ求めちゃいけません。

ただ個人的には、ほぼ同じ立地条件といえるオペイデプレイスのほうが好きかな。価格はちょっと上がるけど、より落ち着いた雰囲気で滞在できるはず。設備的にも似たようなもの。

関連記事:オペイデプレイス パタヤ (Opey De Place Pattaya)宿泊レポート@ソイレンキー

この周囲には似たようなホテルが乱立しているんで、いろいろと自分の足でまわって自分好みのホテルを見つけるのもパタヤリピートの楽しみの一つでしょう。

SPONSOR LINK

関連記事

march-hotel-pattaya-5

マーチホテル (March Hotel)宿泊レポート。ほぼ新築で清潔、コスパ高し。

日本人固定ファンの多いオーガストスイート、エイプリルスイートと同系列のマーチホテルに泊まってみた

記事を読む

Sakura sky residence (2)

バンコクスクンビットでウォシュレット付き1泊1000円から。日本人向けホテル&カプセルホテル、サクラ スカイ レジデンス宿泊レポート。

スクンビット・ソイ33は、隣のソイ33/1と合わせて、日本人向け店舗が立ち並ぶソイだ。いわばバン

記事を読む

PJイン (4)

PJインパタヤ宿泊レポート@パタヤカン

パタヤホテル宿泊レポートシリーズ第5弾はパタヤ中心部へ。 セントラルパタヤロード(パタヤカン)

記事を読む

privi-suites-16

ジャグジー付きでプチ優雅気分。ザ プリヴィ スイーツ (The Privi Suites)宿泊レポート@パタヤシティウォーク

ウォーキングストリートからほど近いところにあるPATTAYA CITY WALK。 こ

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (1)

ベッドタイムパタヤ宿泊レポート@パタヤカン。部屋は狭いが新築で立地条件も良好。

パタヤ沈没後半戦の日替わりホテルレポートは、パタヤカンのソイ16にある新築ホテル、ベッドタイムパ

記事を読む

Robin's nest guesthouse pattaya (16)

LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに泊まってみた。 LKメトロま

記事を読む

the-chic-boutique-hotel-1

ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)は、ほどよく綺麗なゲストハウスだった。

ホテル予約サイトをチェックしていると見慣れぬホテル名を見つけた。 ザ シック ブティック

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル (2)

パタヤカンにある新築ホテル、BED TIME PATTAYA(ベッドタイム)

ベッドタイムパタヤホテル 場所は、パタヤカン・ソイ16。 パタヤカン沿いの屋台村

記事を読む

The LD Boutique Hotel (12)

ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル名を発見した。 ホテル名

記事を読む

D Xpress apartment (9)

ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まってみた。 名前は、D エクス

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑