*

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

公開日: : グルメレポート


ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈している。
以前、このあたりのケバブの食べ比べ記事も書いたっけ。

関連記事:ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ

それからも、さらにケバブ屋が増えている。
最近、ソイレンキーにまたしても新しいケバブ屋が登場した。

kebab-soi-lengkee-8

さっそく食べてみた。
店舗型になっていて、店内でイートイン可能。ケバブだけでなくて、いろいろメニューがある。

SPONSOR LINK

チキンケバブ50バーツ

まずは、定番のチキンケバブから。
チキンケバブは、現在プロモーション中で定価60バーツのところ50バーツ。

メニュー
kebab-soi-lengkee-4
店内で食べることにした。

厨房
kebab-soi-lengkee-1

皿に乗ってケバブ到着。

kebab-soi-lengkee-5

巻は太い。
というか、巻がゆるい。しかも、焼き加減が強くなくて、生地がちょっとやわらかい。
けれども、中身は盛りだくさんである。
肉が多い。しかもしっかりと弾力のある鶏肉だ。
野菜もたっぷり入っている。
今まで食べてきたケバブの中で、一番具材がしっかりしているかも。

巻がゆるいものだから、具がぼろぼろとこぼれてきた。
食べにくいけど、おいしいなあ。
これで50バーツは、かなりお値打ちもの。
食べ歩きには、ちょっと不向きかもね。
店内で食べるのが良さそう。

トルコティー20バーツ

どうせ店内で食べるのだから、ついでにドリンクもオーダー。

メニュー
kebab-soi-lengkee-9

turkish tee(ターキッシュティー)を頼んでみた。つまり、トルコ茶ね。20バーツ。

タイ語で発音するなら、チャートゥルキーみたいな感じになる。
チャー=お茶
トゥルキー=トルコ

kebab-soi-lengkee-6

トルコティーは、さっぱりした普通の紅茶です。砂糖もミルクも入っていませんね。砂糖はお好みでどうぞ。
イートインでもドリンクオーダーは必須ではないけれど、味の濃いケバブには、このさっぱりした紅茶がちょうど合うかも。

チキンサンドイッチ80バーツ

ケバブはたしかにうまかった。でも、あの生地にはちょっと納得がいかない。
そこで、後日再訪の際には、チキンサンドイッチを注文してみた。80バーツ。

kebab-soi-lengkee-2

写真ではわかりづらいが、けっこうでかい。
このパンは何と呼べばいいのだろう。これも、ピタパンの一種なのかな。
以前、ソイブッカオのスクーターズバー横にあったペルシャ料理屋のケバブのピタパンよりも生地が分厚い印象。

ペルシャケバブ
ペルシャ料理屋の40バーツケバブ (7)
関連記事:ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。
(ちなみに、すでにレストランは閉店済みで、バービアに衣替えしている。)

で、このトルコケバブ屋のチキンサンドイッチのパンは、ケバブの生地とは違って、しっかりと焼かれている。それもパリパリになるまで、こんがりと。

kebab-soi-lengkee-3

サンドの中身は、おそらくチキンケバブと同じだろう。
肉と野菜がたっぷりだ。

パリパリのパン生地と、ケバブのコンビネーションがすばらしい。

が、例によって、そのままかぶりつくと中身がダダ漏れ。
食べにくい。
店員がフォークとナイフを持ってきてくれた。
3つくらいに切り分けてから食べるといい。

味付けのソースがやや薄めなので、好みに応じてソースを自分で付け足したほうがいいかも。わたしは、そのままでも充分いけました。
ボリュームたっぷり。これ一品で腹いっぱいになった。
チキンケバブより30バーツ高くなるが、満足度はサンドイッチのほうが高い。
またリピートしたくなる味だった。

満腹で満足。
美容と健康のために、食後には一杯の紅茶を。

他にも本場仕様のメニューがいくつかある。
Falafelなるものが気になってタイ人店員に聞いてみると、「トゥア(豆)」がどうのこうのと言っていた。
調べてみると、豆をつかったコロッケみたいなアラブ料理らしい。そのうち食べてみたい。

地図

場所はソイレンキーのソイブッカオ側入り口近く。
ファミリーマートから少しだけソイ内部に入ったところ。
ファミリーマート前にもケバブ屋台がある。ここのケバブもけっこうおいしい。

トルコケバブ屋の営業時間は、店員に確かめたところ、昼12時から深夜3時までとのこと。でも、たぶん、昼すぎから深夜1時か2時までといった感じかな。晩飯時なら確実に開いているだろう。
このケバブ激戦区にあって、ランニングコストのかかる店舗型経営が持つかどうかは少々疑問だが、ぜひとも生き残ってもらいたい。

SPONSOR LINK

関連記事

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

バスストップレストランパブ (4)

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。 わた

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

パットマカロニー (1)

パットマカロニは、タイ版ナポリタンスパゲティ@PSボーリングプラザのフードコート

PSボーリングプラザ セカンドロードとパタヤカン交差点にあるボーリング場ビル。

記事を読む

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

→もっと見る

PAGE TOP ↑