*

ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ

公開日: : グルメレポート


LKメトロ近所のケバブ屋

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっていて、5,6軒のケバブ屋台が軒を連ねている。
昼間からやっている屋台もあれば、夕方以降にオープンする屋台もある。

LKメトロケバブ屋 (1)

ケバブなんて作り方が同じなんだからどこも同じ味かと思いきや、肉の味付けに違いがあって、なかなかおもしろい。
LKメトロで働いている人に聞いてみても、あそこの屋台がうまいとか、あそこはダメとか評価が分かれる。

この周辺のケバブは以前から何度も食べているが、ちょっと意識的に食べ比べしてみた。

SPONSOR LINK

ケバブの注文のしかた

ほとんど説明不要だろうから簡単に。

一部専門店をのぞいて、ケバブ屋台ではチキンドネルケバブの一種類のみを置いている。
「ケバブ ワン プリーズ」とでも伝えれば、勝手に作ってくれる。

ケバブ屋の野菜とソース

入れる野菜は選択可能。
玉ねぎ(オニオン)、トマト、きゅうり(キューカンバー)など。カッコ内は英語。
不要な野菜があれば、指差しで「ノー」とでも伝えればいいだけ。
全部入れだと「オール」とか「エブリシング」。タイ語なら「トゥックヤン」かな。

ソースもお好みでどうぞ。
ケチャップ、マヨネーズ、バーベキューソース、チリソース、マスタードなど。

ケチャップの発音は「キチャップ」、マヨネーズは「マヨニーズ」のほうが通じやすいが、指差しでもオッケー。

よくわからなければ、「アップトゥーユー」でもよし。標準的なソース(たぶん、ケチャップとマヨネーズ)をかけてくれるだろう。タイ語で「タムチャイクン」と言ってもいいかな。
「スパイシー?」と聞かれることがあって、イエスと答えると「チリソース」を入れてもらえる。

わたしは、いつも、「マイサイテンクワー バーベキューソース マヨネーズ ペッニッノイ」と注文している。
キュウリいれないで、バーベキューソースとマヨネーズかけて、ちょっとだけ辛くしてね。

バーベキューソースを置いていない屋台では、しかたなしにケチャップにしている。

まあ、お好みでどうぞ。

「Eat here or take away?」と、持ち帰りかここで食べるかを聞かれる。

屋台の店先には、イスやテーブルが置いてあり、その場で食べることもできる。
その場で食べるメリットは、ソースが足りないと思えば、自分で付け足すことができる点かな。ドリンクがないと喉が乾くけど。
持ち帰りなら、アルミホイルで包んで袋に入れてくれる。
二人で食べる場合は、半分にカットしてくれるんで、頼んでみよう。

なお、LKメトロやソイブッカオ周辺のケバブは60バーツ。
セカンドロードからビーチロードにかけては70バーツ。
ウォーキングストリート内は80バーツ。
繁華街に近づくほど値段が上がっていきます。
移動式ケバブ屋台は60バーツがほとんど。

では、食べ比べスタート。

チャップリンイン前のケバブ屋

ケバブ屋

実にノーマルな味。
あまり印象に残らなかった。

ケバブ

わたしの勝手な推察では、場所も設備も同じだが、おそらくオーナーが変わっている。
以前のほうが、おいしかったような気がする。
バーベキューソースも置かなくなったし、もうリピートはしないかな。

ニコムコートの下にあるケバブ屋

LKメトロケバブ屋 (5)

LKメトロケバブ屋 (2)

ブッカオ定番の格安ホテル、ニコムコート(NiKom Court)に隣接した屋台。
英国式インドカレーも置いてあるケバブ屋台。
今回、初めて食べてみた。

LKメトロケバブ屋 (3)

ここは、肉の量が多めで、味も濃い。
平均レベルは余裕でクリアしている。
チャップリンイン前のケバブ屋台よりは、かなり上。

LKメトロケバブ屋 (4)

バーベキューソースとマヨネーズをたっぷり入れてもらった。
最後は、ちょっと胃もたれ気味になってしまった。
ソースは控えめに。
でも、リピートはアリだな。

この並びには、他にもハンバーガー屋台やスパゲッティ屋台もある。
屋台で購入して、ニコムコート1階のバーに持ち込んで食べてもよい。バーではドリンクの注文は忘れずに。

ソイレンキー入り口のファミマ前ケバブ屋

ソイレンキー入り口のケバブ屋

ソイブッカオを渡って、ソイレンキー入り口(パクソイ)のファミリーマート前にある屋台。
この界隈では一番新しい屋台かも。

ソイレンキーのケバブ屋 (1)

ちょっとアラブ系っぽい雰囲気がある。
屋台に張られたメニューは豊富だが、実際にあるかどうかは不明。
ポテトフライくらいはすぐに作ってくれそうだが。

普通にチキンケバブを注文。

ソイレンキーのケバブ屋 (2)

肉の味付けが他とは明らかに違う。
かなり香辛料が混ざっている。インドから中東系の香りがする。ややカレー風味なのかな。
ナン生地も、やや厚みがあり、しっかり焼いてくれている。ナンだけでもおいしい。

これまで数多く食べてきたケバブの中で、一番本格的でおいしい。
肉自体がけっこう濃厚なので、あまりソースはかけ過ぎないほうがいいかな。

リピートするなら、このソイレンキー入り口ケバブ屋台に決定。

 

今回の食べ比べは、とりあえずこの3店舗。
さすがに短期間で全店制覇は厳しいので、これくらいで。
過去も含めれば、ほぼすべて食べているはずだけど。

LKメトロポールホテル前で夫婦らしきペアでやっているケバブ屋もそこそこおいしかった覚えがある。

LKメトロ周辺のケバブ屋はすべて60バーツ。
がっつり晩飯にするには物足りないけど、昼飯にしたり、飲み歩いて小腹が空いた時には、けっこう重宝する。

まあ、実際のところ、それほど味に大差はないんで、気が向いた時に好きな屋台で食べればいいんじゃないでしょうかね。

ちなみに、ケバブは中東系料理。トルコあたりが本場。
トルコには10日ほど滞在したことがあるので、何度もケバブを食べた。
トルコのケバブは、ナンのような生地ではなくて、分厚いパンに挟んで食べるのが一般的だった。
もちろん、タイのケバブ屋台のようなスタイルもあるだろうけど、あまり見かけなかった。

で、味のほうはというと、パタヤの屋台のほうがおいしいから不思議。
少なくとも、決して本場に負けていない。
きちんとしたケバブレストランなら別だろうが、気軽に食べるサンドイッチケバブとしては、パタヤで充分かな。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

the-coins-pattaya-breakfast-1

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋があ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 太郎 より:

    グルメレポートシリーズも面白いですね。僕は一番目の屋台が好きでいつもここで買っていたんですが。
    ソイニュープラザのEveryday Frydayというお店には行かれていますか?フィッシュアンドチップスがメインですが99バーツでボリューム大。パタヤで一番かと思っています。ファランが厨房で頑張って調理してます。よかったらレポートしてください。

    • pattayan night より:

      ソイニュープラザのフィッシュアンドチップス屋は、何度も見かけていますが、まだ食べたことがありません。
      99バーツは、お得ですね。今度食べてレポートしたいと思います。

  2. ヨッシー より:

    ケチャップは ソー マクアテートが一番通じますね! ソース トマトの意味ですね。

    • pattayan night より:

      まあ、ケバブ屋の人には確実に英語が通じるんで、ケチャップで充分ですけどね。ローカル食堂になると、ソースマクアテーですね。

  3. TF より:

    はじめまして、こんにちは!
    いつも楽しく拝読させてもらってます。

    >「マイサイテンクワー バーベキューソース マヨネーズ ペッニッノイ」
    なるほど~、こう言えばいいのですね、参考になります^^

    GWにビーチロード、ソイ13/4あたりでトルコ人(?)夫婦のケバブを試しました。
    奥さんがアルミホイルで丁寧に巻いてくれたんですが、これが激ウマ!薄焼きナンにビーフと野菜がたっぷり。BBQソースが絶妙^^

    パタヤにはこんなにうまいスナックフードがあるのかと感動しました!

    このケバブが、また食べたくて盆休みにも行ったのですが屋台を発見できず・・・

    パタヤの屋台の味、追求してみたいと思いますw
    年末年始は混んでいるかなぁ・・・

    • pattayan night より:

      セカンドロードとパタヤタイ交差点付近には、トルコ人っぽい人がやっている本格的なケバブ屋がありますね。回転している肉が何種類か置いています。チキン以外もあります。
      あそこはおいしそうですが、まだ食べていません。
      ケバブは、いまやパタヤ名物かもしれませんね。
      あちこちにあるんで、お好みのケバブ屋台を探してみてください。
      ちなみに年末年始は、世界中から旅行者が殺到しますんで、すごい人混みですよ。ホテル予約はお早めに。

  4. 猫大好きパパ より:

    ケバブは食べたことないなぁ。。次回食べてみます^^
    大部屋でのSPマッサージも受けてみないとw

    • pattayan night より:

      ケバブは、うまいです。ぜひどうぞ。
      まあ、SPマッサージ屋はお好みで。

  5. 大魔王 より:

    ケバブ食べ比べ、参考になりました。先日、ハンブルクで外食が高いので初めて食べたらはまってしまいました。
    次回のパタヤで是非、試してみたいと思います。

    • pattayan night より:

      わたしが一番最初にケバブを知ったのはオランダでしたね。20年くらい前ですが、すでにアムステルダム市内のあちこちにありました。
      でも、値段と味は、パタヤが一番かも。

  6. Ratchada3 より:

    私もこの界隈によく泊まるのですが、確かにケバブ屋台がたくさんあるなーって思いつつ、まだ食べたことありませんでしたー。
    タイに行くとタイご飯中心で、ファランの街パタヤならハンバーガーなんかもたまに食べます(記事内のニコムコート隣接のOZ BURGERも好きで、昼からビール片手に食べますねー)が、ケバブは買う気が起きないんですよねー。
    なんかケチャップにマヨネーズ、スイートチリあたりだと、雰囲気が今ひとつなのと、鶏肉よりも羊肉とかの方が美味しく感じまして・・・。
    今度行ったら食べてみようかな?!と思いますー。

    • pattayan night より:

      ケバブには、バーベキューソースがおすすめです。
      ケチャップとマヨネーズは、おっしゃるように少々味気ないです。
      あと、トルコ人がやっているケバブ屋では、羊肉も扱っているようです。
      次回はぜひケバブをお試しあれ。

  7. 芽きゃべつ より:

    パタヤタイと2RDの交差点のケバブ・・・私はここのが好きです、去年つい面倒でソイ・ダイアナで食べましたがナンチャッテ感が満載で その後は上記場所だけとなりました。でも何時も混んでいて5-10分位待たされますし 少し遅いと価格が高い肉しか残っていません 今年の価格ですがチキンで60B、チキン以外は正体不明ですが80Bですが 外側の皮部分が大きくて 中身も詰まっていて結構食べごたえが有ります。まだアラブ人街にも有りそうですがこちらは未調査です。

    • pattayan night より:

      パタヤタイとセカンドのケバブ屋はずっと気になってます。たしかに人気店ですね。
      ウォーキングストリート近くのソイマリーンにも、アラブ人向けのケバブ屋がありますね。あのあたりは、アラブ人街になっているので、他にもありそうです。
      ソイレンキー入り口のケバブ屋台は、ボスがアラブ人っぽいです。肉の味付けも、ソイダイアナの他店とは少し違っています。10月5日まで休みのようですので、それ以降で。

  8. けんたろー より:

    どーも!

    自分は99%タイ飯派ですが、ソイダイアナ側LKメトロ入口右側ファミリーマート前のケバブ屋をたまに利用してます。
    「あたしはチャイディーだよ」が口癖のおばちゃんで大盛りをお願いすると食べきれない位の太巻きを作ってくれますよ。
    嬢にお土産を頼まれた時などは2本買うと100Bにおまけしてくれますし。
    あっ、当然ですが様々な恩恵を受けるにはタイ語でコミュニケーションが必須ですw

    • pattayan night より:

      ケバブの割引はすごいですね。英語でもいいんですが、なるべくタイ語でコミュニケーション取っておくと、扱いがよくなってきますよね。

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑