*

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

the-coins-pattaya-breakfast-5

おそらく2015年初頭に、向かい側の18コインズ内から移転してきた。

数年前の18コインズ時代に、ブレックファーストを何度も利用していた。その頃はドゥアンナムインに宿泊することが多くて、朝食はホテル近くにある18コインズで済ませていた。
当時は100バーツで、ボリュームもあって味も良かった。
食べ放題の日替りスープコースなんかもあったなあ。

その後、足が遠のいてしまった。
ちょっと気が向いたので、数年ぶりにコインズのブレックファーストを食べてみようか。

SPONSOR LINK

THE COINSのブレックファースト

メニュー
the-coins-pattaya-breakfast-6

ラージが140バーツ
スモールが105バーツ

軟弱にもスモールをオーダーした。

「豆orトマト」、「コーヒーorティー」を選択。たぶん、卵の調理方法も指定できるはず。

コーヒーとオレンジジュース
the-coins-pattaya-breakfast-8

コーヒーはちゃんとドリップしてあるようだ。オレンジジュースは果肉入りだけど、たぶん出来合いのものでしょう。

本体
the-coins-pattaya-breakfast-10

ワンプレート仕様。
ソーセージ1本、ベーコン1枚、目玉焼き2個、豆、トースト1枚分と、揚げパン半切れ。

この揚げパンがいかにもイングリッシュブレックファーストっぽくていいなあ。
RETOXの揚げパンより油の含有量は少ないかも。まだ食べやすい。まあ、それでも一口噛めば、油がにじみ出てくるけど。

山型トーストは、あらかじめ塗られたバターがいいものを使っている。チープなアメリカンブレックファーストでありがちな安っぽいバターとは明らかに風味が違う。トースト自体にも風味がある。このトーストは好き。

ソーセージとベーコンも本場仕様で、しっかりした肉の味を楽しめる。

豆の量は少なめ。トマトでもいいかもね。

やはりスモールだけに量は少ない。
RETOXの99バーツブレックファーストのように、はち切れんばかりの満腹にはならない。

でも、朝飯ならこれくらいでちょうどいいかも。
トーストがうまいのが気に入った。
もっと食べたいと思わせる味だが、i-roversの時のように欲張りすぎると逆につらくなる。
うん、これくらいがちょうどいい。

もちろん、巨漢ファランよろしくがつがつ食べたい人は、ラージを注文してみましょう。
イギリス名物のブラックプディングやマッシュルームも付いてくるし、トーストも2枚分となる。
これぞフルイングリッシュブレックファースト。
完食すれば、朝から夕方までお腹が空かないだろう。

GAMMON BREAKFAST130バーツも気になるなあ。
ガモンとは要するにハムステーキのことだが、朝からステーキというのも乙なものだ。いや、違うか。

ブレックファストといっても、一日中オーダー可能。
お好きな時間にどうぞ。

味は間違いなし。
やっぱり、THE COINSのファラン飯はうまいと再確認できた。

日替りメニューは165バーツ。

the-coins-pattaya-breakfast-4

以前から名物だったシチューも健在のようだ。

THE COINS地図

ブッカオ南側、ソイレンキーと市民病院の間くらい。

MALEEZ LODGE HOTELの1階部分がレストランになっている。
テレビがたくさんあって、ずっとスポーツ中継を流している。

the-coins-pattaya-breakfast-9

テーブル数は多いので、座れないことはないだろう。
通りに面した席は喫煙可能。

向かい側に新聞屋さん。ここには英字新聞を買い求めるファランが次々に現れます。

the-coins-pattaya-breakfast-2

斜め向かいに改築を終えた18コインズ。
18-coins-hotel
1階はただのロビー&カフェになったみたい。

ソイLKメトロ、ソイレンキー、ソイブッカオのこの周辺は、洋食天国となっている。
100バーツから150バーツくらいで腹いっぱいになれるメニューが盛沢山だ。

SPONSOR LINK

関連記事

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

フライデイFRYDEY最新 (1)

FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

当ブログで何度か登場しているフィッシュアンドチップスの名店「FRYDAY フライデイ」

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

nana-burger-bangkok-2

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

アドステア

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑