*

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

the-coins-pattaya-breakfast-5

おそらく2015年初頭に、向かい側の18コインズ内から移転してきた。

数年前の18コインズ時代に、ブレックファーストを何度も利用していた。その頃はドゥアンナムインに宿泊することが多くて、朝食はホテル近くにある18コインズで済ませていた。
当時は100バーツで、ボリュームもあって味も良かった。
食べ放題の日替りスープコースなんかもあったなあ。

その後、足が遠のいてしまった。
ちょっと気が向いたので、数年ぶりにコインズのブレックファーストを食べてみようか。

SPONSOR LINK

THE COINSのブレックファースト

メニュー
the-coins-pattaya-breakfast-6

ラージが140バーツ
スモールが105バーツ

軟弱にもスモールをオーダーした。

「豆orトマト」、「コーヒーorティー」を選択。たぶん、卵の調理方法も指定できるはず。

コーヒーとオレンジジュース
the-coins-pattaya-breakfast-8

コーヒーはちゃんとドリップしてあるようだ。オレンジジュースは果肉入りだけど、たぶん出来合いのものでしょう。

本体
the-coins-pattaya-breakfast-10

ワンプレート仕様。
ソーセージ1本、ベーコン1枚、目玉焼き2個、豆、トースト1枚分と、揚げパン半切れ。

この揚げパンがいかにもイングリッシュブレックファーストっぽくていいなあ。
RETOXの揚げパンより油の含有量は少ないかも。まだ食べやすい。まあ、それでも一口噛めば、油がにじみ出てくるけど。

山型トーストは、あらかじめ塗られたバターがいいものを使っている。チープなアメリカンブレックファーストでありがちな安っぽいバターとは明らかに風味が違う。トースト自体にも風味がある。このトーストは好き。

ソーセージとベーコンも本場仕様で、しっかりした肉の味を楽しめる。

豆の量は少なめ。トマトでもいいかもね。

やはりスモールだけに量は少ない。
RETOXの99バーツブレックファーストのように、はち切れんばかりの満腹にはならない。

でも、朝飯ならこれくらいでちょうどいいかも。
トーストがうまいのが気に入った。
もっと食べたいと思わせる味だが、i-roversの時のように欲張りすぎると逆につらくなる。
うん、これくらいがちょうどいい。

もちろん、巨漢ファランよろしくがつがつ食べたい人は、ラージを注文してみましょう。
イギリス名物のブラックプディングやマッシュルームも付いてくるし、トーストも2枚分となる。
これぞフルイングリッシュブレックファースト。
完食すれば、朝から夕方までお腹が空かないだろう。

GAMMON BREAKFAST130バーツも気になるなあ。
ガモンとは要するにハムステーキのことだが、朝からステーキというのも乙なものだ。いや、違うか。

ブレックファストといっても、一日中オーダー可能。
お好きな時間にどうぞ。

味は間違いなし。
やっぱり、THE COINSのファラン飯はうまいと再確認できた。

日替りメニューは165バーツ。

the-coins-pattaya-breakfast-4

以前から名物だったシチューも健在のようだ。

THE COINS地図

ブッカオ南側、ソイレンキーと市民病院の間くらい。

MALEEZ LODGE HOTELの1階部分がレストランになっている。
テレビがたくさんあって、ずっとスポーツ中継を流している。

the-coins-pattaya-breakfast-9

テーブル数は多いので、座れないことはないだろう。
通りに面した席は喫煙可能。

向かい側に新聞屋さん。ここには英字新聞を買い求めるファランが次々に現れます。

the-coins-pattaya-breakfast-2

斜め向かいに改築を終えた18コインズ。
18-coins-hotel
1階はただのロビー&カフェになったみたい。

ソイLKメトロ、ソイレンキー、ソイブッカオのこの周辺は、洋食天国となっている。
100バーツから150バーツくらいで腹いっぱいになれるメニューが盛沢山だ。

SPONSOR LINK

関連記事

タイの焼き芋1

タイの焼き芋は紫イモでうまし。タイと日本とじゃがいもと。

屋台の焼き芋 いもの収穫時期なのかどうかは知らないけれど、9月から10月にかけて焼き芋屋台をよ

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

mofai-1

サードロードの巨大モーファイと日本食屋台のラーメン

少し前のこと、バンコク在住の友人がパタヤに遊びに来た。 2泊3日だが、パタヤに特定の相手がいる

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオ2015 (1)

ブッカオ名無し食堂で久しぶりにガパオムーを食べてみた。味は復活したかな。

ソイブッカオにある青い屋根のローカル食堂。店名はない。 誰が呼んだか名付けたか、ブッカ

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑