*

「 イサーン 」 一覧

ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ」からの続き) ノンカーイ到着。タイに入ったので、ラオス・イサーン旅行記とする。

続きを見る

コンケーンで見つけた日本ラーメン屋台は、謎仕様に美味いスープですごい

イサーンでは、ふいに日本語の看板やのれんに出くわすことがあり、びっくりさせられる。 ブリラムで見つけた謎のカフェ まあ、これは単なるファッションみたいなものだ。 ウドンターニ

続きを見る

コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

イサーン遠征編後半10 これが2度目のコンケーン訪問となる。 前回は、2012年のこと。 関連記事:コンケーンの夜遊び情報とホテル(地図あり) この当時は、コンケーンの情報があまり

続きを見る

コンケーン中心部のおすすめホテル、チャダ ヴェランダ ホテル (Chada Veranda Hotel)宿泊レポート

コンケーンは、イサーンの中核都市の一つ。 街の規模は大きい。 とはいえ、中心部は限られていて、利便性の高い外国人向けのホテルも限られている。 有名なのは、コンケーンのランドマークとも言うべき

続きを見る

コンケーンにも両替所SUPER RICHがあった。タイ地方都市の両替事情。

タイのバンコク、パタヤ、プーケット、チェンマイといった外国人観光客が多く集まる観光地には、私設両替所がたくさんあって、外貨両替に困ることはまったくない。 しかし、あまり外国人が来ないような地方都

続きを見る

ノンカーイからコンケーンへの行き方。コンケーンのバスターミナルは3つあって、ややこしい。

イサーン遠征編後半9 ノンカーイには2泊した。 もう充分でしょう。 次はコンケーンを目指すことに。 ノンカーイとコンケーンの間にはウドンターニーがあるが、すでに滞在済みなのでスルー

続きを見る

ノンカーイのグルメ。カオピヤックと日本式焼き鳥とサテ。

イサーン遠征編後半8 ノンカーイ滞在2日目は、朝のメコン川沿い散歩からスタート。 今日はいい天気ですな。 対岸のラオスの建物もはっきり見えます。 ボート

続きを見る

【ノンカーイ夜遊び情報】ノンカーイのバービアでペイバー。10年前の価格でやってます。

イサーン遠征編後半7 ノンカーイ夜遊び開始。 事前情報は、Gダイアリーの最強マップと、ネットでちょっと調べただけ。 まあ、どうせ、バービアとカラオケくらいでしょう。 とにかく歩けば何か見つ

続きを見る

ノンカーイ、メコン川沿いのゲストハウス滞在と街歩き。

イサーン遠征編後半6 ウドンタニーからノンカーイに到着した。 アルファベット表記で、Nong Khai。 ノンカイ、ノーンカイ、ノーンカーイ、ノンカーイでも何でもいいんやない

続きを見る

ウドンターニーからノンカーイへ行くにはロットゥがおすすめ。50バーツ。

イサーン遠征編後半5 ウドンタニーをあとにして、ノンカイへ向かうことにする。 隣の県となるが、距離的にはそれほど遠くない。 おすすめの移動方法はロットゥだ。 ウドンターニー

続きを見る

地元ウドンタニーのバービア嬢をペイバー。アパートも訪問してみたよ。

イサーン遠征編後半4 ウドンターニー滞在2日目。 CV25ゲストハウスのコテージはおもしろいけれど、やっぱり普通のホテルのほうがいいや。 そこで、ウドン定番のアットホームアットウドンホテル(

続きを見る

ウドンターニー夜遊びの現状。バービアめぐりで決まり。

イサーン遠征編後半3 さて、ウドンタニーの夜遊び開始である。 前回ウドンを訪れたのは、2016年1月のこと。 あれから半年以上経過したが、どう変わったのだろうか。 (注。これは国王崩御

続きを見る

ウドンターニー初日はラーメン三昧。ホテルはCV25ゲストハウス。

イサーン遠征編後半2 そんなわけで、第二次イサーン遠征スタートである。 まずは、パタヤからウドンターニーへひとっ飛び。 エアアジアを使うと楽でいい。たった1時間のフライトだ。これまでの1

続きを見る

【スリン夜遊び情報】ローカルカラオケとコヨーテクラブで遊んでみた。バービアとMPもあるよ。

イサーン遠征編9 さて、スリン(Surin)の夜遊びである。 昼間のうちに軽く調査はしておいた。 日が暮れてから、夜遊び開始。 ホテルから大通りに出ると、遠くのほうで犬の鳴き声が聞

続きを見る

スリンってこんなところ。観光、ラックムアン、ホテル情報。

イサーン遠征編8 スリン(Surin)の街を散策してみた。 お隣のブリラム(Buriram)とは違い、スリンは「地球の歩き方」に掲載されている。 とはいえ、今回のイサーン遠征旅行では

続きを見る

ブリラムからスリンへ

イサーン遠征編7 犬と象の夜間歩きに辟易したのでブリラム脱出を決意。 次なる目的地は、ブリラムの東隣にあるスリンだ。 ブリラムの宿をチェックアウトして、徒歩数分でバスターミナルへ移動

続きを見る

ブリラムの夜遊びはどうなっているのか?犬と象に気をつけろ!

イサーン遠征編6 ブリラーム嬢を求めて サービス満点、性格良し、人懐っこい、明るい、と何かと評判の高いパタヤのブリラム出身嬢たち。 わたしも過去のお相手遍歴では、ブリラム出身者に大きくお世話にな

続きを見る

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは、ブリラムでもブリーラムでもブリラームでもブリーラームでも何でもいい。 ブリラムに関しては、あ

続きを見る

コラート2日目。今日も元気な60歳のS氏

元バービア嬢の実家へ 翌日は、ピマーイ近くにあるK氏の彼女の実家へ。 タクシー4人乗り。 さらに実家近くで、彼女の母親をピックアップして5人乗りに。 ドライバーを入れたら総勢6人である。普通の

続きを見る

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。 チャンツアーかナコンチャイエアーがよかったけど、チケット売り場が見つからず。 テキトウな窓口で

続きを見る

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑