*

「 2015年8月~パタヤ沈没日記 」 一覧

パタヤ2ヶ月沈没生活で知り合った女性たちとのその後のやり取り

前回の2ヶ月に渡るパタヤ沈没生活。 たくさんの女性たちと知り合った。 実際にペイバーしたこともあれば、仲良くなって部屋に来てもらったり、連絡を取り合うようになったケースもある。 以下、そんな彼女

続きを見る

カラオケ嬢から早くも送金依頼来たる

(沈没日記後日譚) パタヤ沈没後半戦でずっと一緒だったカラオケ嬢。 わたしが帰国後、カラオケ嬢からビデオ通話がかかってくるようになった。 これはお約束。 会話の内容は、「タムアライ

続きを見る

2015年パタヤ2ヶ月沈没生活。実際の出費は2ヶ月で29万円でした。

57泊58日。ほぼ2ヶ月のパタヤ沈没生活。 毎度恒例、滞在費や夜遊び代に関しての実際の費用についてのまとめです。   前半戦はこんな感じだった。 生活費:17,0

続きを見る

さらばパタヤ-沈没日記最終話

58日目最終日 わたしは予定通り7時半には起床。 もちろん、カラオケ嬢はベッドで爆睡している。 なるべく起こさないように音を殺して荷造り開始。 1時間とかからずに、すべて片付いた。

続きを見る

パタヤ最後の夜は濃厚2回戦。カラオケ嬢はムーガタ2回戦+α

57日目 本日が実質的なパタヤ滞在最終日だ。明日の昼過ぎのエアアジア便で帰国となる。 でも、朝は一人で目覚めた。 カラオケ嬢が泊まりに来なかったからだ。 これで3日連続となる。

続きを見る

最初で最後(?)の浮気はクラブ4で濃厚なショートタイム

56日目 パタヤ滞在は残りわずか。二日後の飛行機で日本に帰国予定だ。 昨晩は深酒したせいで、泥のように眠りこけてしまう。 が、朝7時ころ、カラオケ嬢から電話がかかってきて目が覚める。

続きを見る

パタヤカン散策後、バービアのタダ酒で酔っ払う

55日目つづき パタヤカン付近散策 夜、レンタルバイクでお出かけ。 パタヤカン方面へ行ってみよう。 久々にビッグCエクストラへ。 以前、パタヤカン沿いのアパートに住んでいた頃はよくお世話

続きを見る

ブンブンからのタンブンはタイ夜遊びのよくあるパターン

55日目 朝のブンブン パタヤ滞在は残り3日。 いよいよ、終わりが近づいてきた。 昨晩はカラオケ嬢が部屋に来ず、一人寝となった。 ベッドが広いし、気兼ねなく眠ることができる。 が、

続きを見る

21歳フリーランスバービア嬢たちとキラーゲーム

54日目つづき 夜おそくなり、再度外出。 この日は、レンタルバイクをカラオケ嬢に預けており、わたしは徒歩移動となった。 頼むから、事故らないでくれよ。 スクーターズバー ブッカオをふらふ

続きを見る

サードロード付近のディスコとパブ。パタヤのローカルパブには未成年がいっぱい?

54日目 いよいよパタヤ沈没生活も残り4日となった。 ゴールはもうすぐだ。 目覚めは快適な朝。いや、もう正午過ぎだ。夜の街パタヤに朝はない。起きたら昼になっているのが当たり前。 ベッド

続きを見る

浮気心に目覚めた男は、ソイ6へとバイクを走らせる 沈没史第53話

  以下の記事は、2015年10月頃についての回想録です。   泥酔カラオケ嬢が泣きじゃくる。タイの夜の女性の心の闇は深いのか。からの続きです。  

続きを見る

泥酔カラオケ嬢が泣きじゃくる。タイの夜の女性の心の闇は深いのか。

(52日目つづき) 気持ちのよいブンブンを終えて、カラオケ嬢を見送ってから、部屋に戻る。 夜。 サードロードのにあるシーフードトムヤムが極上のクィティアオ屋へ。 店名は「マハーサムット

続きを見る

バイクでパタヤ散策からのブンブンコース

52日目 カラオケ嬢は、いつものごとく爆睡中。 いかんな。 さすがに変化がなさすぎる。 外を見ると、天気は良好。 そうだ、バイクに乗ろう。 せっかくバイクをレンタルしたのに、彼

続きを見る

ありふれたパタヤ沈没の日常。夜の女性との半同棲生活はこんな感じ。

51日目 21歳カラオケ嬢との日常は、あまりにも強固かつ流れ作業的なものになりつつあり、もはや特筆すべき出来事は起こりそうにない。 この日も典型的な一日となった。 朝から昼 いつものように

続きを見る

特定の相手との安定の日々か、新規開拓の不安定な日々か。それが問題だ。

50日目 カラオケ嬢との日常 もはや、わたしのベッドはカラオケ嬢の定位置と化した。 彼女は一日の大半をわたしのベッドで過ごしている。 12時間睡眠して、あとはベッドの上でだらだらゲームしたりテ

続きを見る

ソイハニー、ソイ10、ソイ8、ソイ7バービアめぐり

49日目つづき 出勤するカラオケ嬢を見送ってから、部屋で一休み。 ソイハニー、ソイ10、ソイ8、ソイ7バービアめぐり 夜10時過ぎ、わたしも動き出す。 そこそこやる気を取り戻してきたんで、

続きを見る

タイ女性へのお土産は美白クリーム。でも渡す相手は変更した。

49日目 カラオケ嬢は熟睡。 今日は一段と睡眠時間が長い。 すでにぶっちぎりで連続12時間を経過。   もうわかりきっているので、わたしは一人で朝食を済ましてある。

続きを見る

レンタルバイク導入で機動力アップ。でも最後はやっぱりバービア呑んだくれ。

48日目 ひさびさにパタヤでバイク運転 昼前、起床。 カラオケ嬢は例によって爆睡中。 しばらくは目を覚まさないだろう。 その間に、わたしはレンタルバイクの調達へ出向く。 いくつかまわっ

続きを見る

ブッカオ南側バービア捜索。最後はカラオケ嬢と寝る。

47日目つづき ソイブッカオ南側をひらすらバービアめぐり 夜遅くなってから、一人でバービアめぐり。 夜のパタヤでも、ちょっとだけやる気が戻ってきた。 今回は、ブッカオの南端(火・金市場手前

続きを見る

カラオケ嬢と仲直り?朝からブンブンで500バーツ借金返済。

46日目 前夜は深夜3時くらいにベッドに入った。 深夜2時くらいまでバービアで飲んで部屋に戻りシャワーを浴びてから、軽くネットをチェックしてから寝るようにしているので、だいたいいつもこのく

続きを見る

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑