パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート ホテル情報

ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)は、ほどよく綺麗なゲストハウスだった。

投稿日:2016年12月17日 更新日:


ホテル予約サイトをチェックしていると見慣れぬホテル名を見つけた。

ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)

場所は、パタヤカン沿いでソイユメのすぐ近くのようだ。
名前はブティックホテルと名乗っているからには、そこそこ豪華なのだろうか。
1泊700バーツほどだし、あまり期待せずに宿泊してみた。

SPONSOR LINK



ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)

外観
the-chic-boutique-hotel-13
the-chic-boutique-hotel-12
1階がファミリーマートになっていて、向かい側にはDUCATIショップがある。

看板
the-chic-boutique-hotel-14

玄関
the-chic-boutique-hotel-11

オートロックになっている。
チェックインしようにもインターフォンすらなくて入れない。
電話番号が書いてあり、そこに電話すべし。ちょっと面倒だ。

1階がロビーで、レセプションは2階にある。
なぜか黒人の兄ちゃんが担当者だった。何なんだ、ここは。

すでに予約済みであることを告げると、予約バウチャーの提示どころかパスポートのチェックすらなかった。名乗ってもいないぞ。どうなってるんだか。

そういえば、ソイブッカオのゲストハウスでも同じだったなあ。
関連記事:ソイブッカオの典型的ゲストハウスはこんな感じ。BRゲストハウス宿泊レポート。

黒人の兄ちゃんが、いくつか部屋を案内してくれた。
好きな部屋を選べるようだ。

廊下
the-chic-boutique-hotel-10
もちろんエレベーターなし。客室は3階と4階にある模様。

パタヤカン沿いの部屋はちょっと騒音が気になるので、3階にあって、ソイに面した部屋にした。

部屋内部

おそらく、もともとあった建物をリノベーションしたものだろう。まだ日が浅いようで、部屋内部は綺麗だ。

the-chic-boutique-hotel-1

ダブルベッド、サイドテーブル、クローゼット、冷蔵庫、テレビ、エアコン。
最低限の設備は揃っている。

the-chic-boutique-hotel-5

the-chic-boutique-hotel-3

ベッドサイドの照明は片方だけ点灯できた。
the-chic-boutique-hotel-2

冷蔵庫には無料の水が2本。
the-chic-boutique-hotel-8

クローゼット内にセーフティボックス無し。

テーブルとイスも無し。

バルコニー無し。

the-chic-boutique-hotel-4

窓の外からは、DUCATIとパタヤカン通りが見える。

the-chic-boutique-hotel-9

通電用のカードキータイプではないので、部屋の電気は付けっぱなしでオッケー。

浴室

the-chic-boutique-hotel-6

典型的なタイの安ホテルの浴室だ。
シャワーとトイレと洗面台が同じ面に収まっている。

なぜか、鏡が洗面台の横にある。

the-chic-boutique-hotel-7

浴室は、すでに汚れが目立ち始めている。
しかもシャワーのお湯があまり出なかった。たまたまこの部屋だけだろうが、これはきつい。

室内も浴室も、よくあるパタヤのゲストハウスと同等のもの。
ブティックホテルを期待していくとがっかりする。
全然ブティックホテルではないが、ゲストハウスと割り切れば、意外と綺麗なんで、それほど悪くないかも。

Wi-Fi

無料。パスワードはレセプションに紙がおいてある。
部屋の中でも繋がりは良好。かなり早い通信速度。動画サイトがまったく途切れることなく視聴できた。

ジョイナーフィー

玄関のドアはオートロック。夜間はレセプション無人。
IDカードチェックやジョイナーフィーが発生しようがない。よってJF無料。
自己責任でどうぞ。

館内設備

特に何もない。
1階ロビーには、ソファーが置いてあり、キッチンも備わっている。

the-chic-boutique-hotel-16

キッチンを使っていいかはしらないが、電子レンジは使わせてもらった。ちょっと便利。

the-chic-boutique-hotel-15

あと、電子ジャーとインスタントコーヒーも無料で使っていいみたい。

地図と周辺

地図

ソイユメの一本東側のソイ入り口、ファミリーマート横だ。
パタヤカンは乗り合いのルートソンテウが走っており、移動に大きな問題はない。

ビッグCエクストラまでは、徒歩2,3分ほどで便利。
ここのフードコートは、セントラルフェスティバルに比べると安い。
関連記事:ビッグCエクストラのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

新しいショッピングモールのハーバーパタヤも徒歩圏内。
関連記事:ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。
関連記事:冷やし中華はじめました@ハーバーパタヤ。でも食べたのはチキンカレーライス。
関連記事:パタヤ、ウォシュレット付きトイレのあるショッピングモールやホテルってどこ?

老舗のスーパーマーケット、FOOD LANDはハーバーパタヤのすぐ隣だ。
関連記事:TOOK LAE DEEの朝食は62バーツから。フードランド各店でどうぞ。

日常生活に関しては、とてつもなく便利な立地だ。

近所のおすすめレストランはなんと言っても、カオトムプラジャンバンだ。
関連記事:カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。
関連記事:おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

さらに、パタヤ一うまいと評判のカオマンガイ屋も近い。
関連記事:パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

ソイアルノタイあたりも歩いて行ける。アルノタイの中には、小規模ながらバービア群あり。
徒歩圏内の夜遊びはそれくらい。
パタヤカンを走るソンテウに乗れば、ウォーキングストリートまで1本で行けることが多い。
帰りはソンテウを乗り継ぐかバイタクで。
もちろん、レンタルバイクがあればどこでも好きなところへ。バイクはホテル前に駐輪可能だ。

ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)予約先

わたしが予約した際は、1泊700バーツ程度だった。

総評

部屋は綺麗だけど、700バーツ以上出して、わざわざ泊まる必要はないというのが正直な感想。ただのゲストハウスですな。
部屋によっては、パタヤカン通りの交通音がうるさいだろう。
1階ロビーにキッチンと電子レンジがあるのは便利。
また、前述の通り、周辺に大きなスーパーがいくつか固まっているので、生活にはとてつもなく便利だ。
年末年始のピークシーズンで他の宿が高騰して、他に選択肢がなくなってきたら、考慮に入れてもよさそう。
クリスマスや大晦日前後で700バーツならばアリでしょうね。
ローシーズンなら500バーツがいいところでしょう。マンスリーなら電気水道代込みで1万2000バーツがマックスかな。つまり1泊400バーツから500バーツが本来ふさわしい価格帯だと思いますね。

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート, ホテル情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.