*

TOOK LAE DEEの朝食は62バーツから。フードランド各店でどうぞ。

フードランドとTOOK LAE DEE

フードランド

スーパーマーケット、フードランド(FOOD LAND)。
パタヤにはパタヤカンのスクンビット寄りにある。
それほど広いわけではないが、輸入品の揃いも豊富で、買い物しやすい。長期滞在外国人の強い味方だ。
しかも24時間営業、365日休みなしという勤勉ぶり。

地図

そのフードランドに併設されているレストランが、TOOK LAE DEE(トゥックラディー)。

TOOK=安い
LAE=英語のand
DEE=良い

つまり、「安くてうまい」という店名となる。

パタヤカンのTOOK LAE DEEは、フードランド店内に入ってすぐ右手にある。

フードランドTOOKLAEDEE (2)

カウンターがメインの開放的な雰囲気。テーブル席が少しだけある。

空いている席に勝手に座ればよい。きびきびとしたウェイトレスがすぐに注文を取りに来てくれる。

フードランドTOOKLAEDEE (4)

メニューは、各席に置いてある。

これが現物
TOOKLAEDEEメニュー (1)

一部のメニューは、写真付きで店の前に展示されている。
英語がよくわからない人は、こちらを参考に。どの写真もうまそうだ。

TOOKLAEDEE写真メニュー2

TOOKLAEDEE写真メニュー

SPONSOR LINK

TOOK LAE DEEのアメリカンブレックファスト

今回注文したのは、名物の一つ、アメリカンブレックファスト。
24時間注文可能だが、ハッピーアワーの設定がしてある。
午前5時半から午前9時までは、破格の62バーツ。安い。
通常価格は、79バーツだ。

TOOKLAEDEEメニュー (2)

卵は、目玉焼きかスクランブルエッグを選択。
ハム、ベーコン、ソーセージのいずれか。
パンは、普通のトーストか全粒粉パンかを選択と書いてあるが、わたしが訪れた時は、自動的に普通のトーストだった。
ジャムとバターは両方ついてくる。
パイナップルジュースかオレンジジュースも選択。
もちろん、コーヒーか紅茶かも選択できる。

また、どの料理を頼もうが、無料の水が提供される。水は無料という固定観念から離れがたい日本人には、ひそかに嬉しい。

カウンター席の目の前が厨房となっており、料理の様子は一目瞭然。なんという安心感。

フードランドTOOKLAEDEE (3)

5分足らずで、できたてのアメリカンブレックファストが届いた。

TOOKLAEDEEの朝食

シンプルながら、なかなかの見た目。
ハッピーアワーなら、これで62バーツである。うーん、安い。

ソーセージは湯がいたものだが、ボリュームがあって、味もそこそこいい。格安ホテルの朝食ビュッフェの安っぽいソーセージよりはおいしい。マスタードとケチャップをつけて食べると、けっこういける。
スクランブルエッグは焼きたてで、ふわふわ。文句なし。
トーストはいたって普通だが、これはそんなもんでしょう。まずまず大きいし。
コーヒーは、インスタントに毛が生えた程度かなあ。
オレンジジュースは、出来合いのものではなくて、生搾り系だろう。みかんのつぶつぶがたくさん入っていた。

野菜っけがまったくないのが少々気になるが、アメリカンブレックファストなんて、どこも似たようなものだ。
ブリティッシュブレックファストなら、焼きトマトと豆がついてくるのだが。

満腹とはいかないけれど、無難な朝食としては、満足しましたね。
店は利用しやすいし、店員はよく動くうえにフレンドリーだし、居心地は良かった。

ただ、ハッピーアワー以外では79バーツ。
あと20バーツ足せば、RETOXでフルボリュームの本格的なブリティッシュブレックファストを食べることができる。
とにかくがっつり食べたいときは、RETOXへ行くほうがいいかな。

RETOX朝食 (3)
RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ほどほどでさくっと食べたいならアメリカンブレックファストという使い分けがベターだと思う。

なお、TOOK LAE DEEでは、週末限定のブレックファストメニューもあり。

フードランドTOOKLAEDEE (1)

85バーツ。オムレツ屋サラダも付いている。

フードランド・パタヤカン店へは、ソンテウでも訪問可能。
まあ、わざわざ朝食だけを食べにソンテウに乗るのもどうかと思うんで、買い物ついでに食べるのがよさそう。

わたしはまだアメリカンブレックファストしか食べていないが、気になるメニューはいくつもある。
パン粉をつけて揚げるタイプが得意のようなので、魚フライとチキンフライが気になるなあ。
日本料理もメニューに書いてある。
ヤキソバ、91バーツ。
トンカツ、111バーツ。
やっぱりパン粉フライがいいのかな。

今回取り上げたのは、パタヤカン店だが、TOOK LAE DEEはタイ各地にある。
特にバンコクには多い。
トンロー、ラップラオ、スクンビット、ピンクラオなど。
メニューを見る限り、どの店でも内容や料金は同じだと思われる。
買い物ついでに、気軽にTOOK LAE DEEで食べましょう。
安くてうまいという店名に偽りはなさそうだ。

SPONSOR LINK

関連記事

ビエンチャンノンカーイイミグレーション (1)

ビエンチャンからウドンターニーへ。旅は道連れ、ファラン2人とタイ入国。

沈没日記18 ビエンチャン滞在3日目となった。 個人的には長逗留したい街ではないので、ビザを

記事を読む

大雨

【パタヤ近況】ただいま豪雨中で、ブッカオはプチ冠水

昨年の洪水が記憶にあたらしいパタヤ。 2月のこの時期にしては珍しくまとまった雨が降っている

記事を読む

大みそかのLKメトロ

大みそかは、カラオケ嬢とヤードーンで宴会。そのまま抱き合って眠る。

パタヤ沈没日記9 沈没日記が少しディレイしていますが、すっ飛ばして、大みそかの様子を書きます。

記事を読む

パタヤ407バスチケット販売所

タイの夜の女性と一緒にイサーン実家への里帰りを提案されたらどうする?【イサーン・ビエンチャン編スタート】

沈没日記14 カラオケ嬢は、年明けにイサーンの実家に帰郷したいと前々から言っていた。 できれ

記事を読む

チャイ4 (1)

チャイ4のバミーと、友人がペイバーしたバービア嬢はショート1800バーツ先払い

沈没日記37 友人たちのアテンドは毎日続く。 珍しくパタヤの観光にも出かけた。 ビッグ

記事を読む

ドリンキングストリート

肉と酒とノースパタヤ夜遊びめぐり

沈没日記47 日本から新たに遊びに来た友人。 暗くなってから合流して、まずは食事とビールでも

記事を読む

ソイニュープラザのケバブ (2)

一人になっても、やっぱりバービアめぐり。あと、パタヤ断水。

沈没日記43 友人たちが帰国 友人たちは無事にエアポートバスに乗って、スワンナプーム空港へ。

記事を読む

元ゴーゴー嬢とわんこそばクイティアオ

続バンコクデパート嬢物語。パタヤでは野獣になるべし。

パタヤ沈没日記39 まさかの元ゴーゴー嬢との再会。一向にやって来ないバンコクデパート嬢。 最

記事を読む

ビーフハンバーガー

今日も一人寝だが朝まできっちり遊んでやった。深夜の紫煙とハンバーガーうまし。

沈没日記7 結局、カラオケ嬢は帰ってこなかった。 クリスマスの夜も一人寝となった。 電

記事を読む

ドリンキングストリート (1)

ノースパタヤのバービア、ドリンキングストリートとソイ3のバービア群の現状リポート

ノースパタヤ地区の大きなバービア群といえば、二つある。 一つは、有名なドリンキングストリート。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ヤマグチ より:

    >タイ各地にあるスーパーマーケット、フードランド(FOOD LAND)。 パタヤにも数店舗あるが、有名なのはパタヤカン店。

    パタヤの他の店舗はどこにありますか?

    • pattayan night より:

      FOODMARTとごっちゃになってました。確認できたFOODLANDは、1店舗だけですね。すいません、修正しておきます。

  2. けいけい より:

    こんばんは
    ホテルで朝食無しの時、よく行ってました
    ここ1年ほどいってませんが、59バーツだったような
    陸側でも値上げですね

    • pattayan night より:

      微妙な値上げですね。ここの値段設定は、元々1バーツ単位なんで、値上げ幅も1バーツ単位でやるんですね。ローカル系はいきなり5バーツとか10バーツ上げたりするんで、良心的のような。

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑