*

ビッグCエクストラのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

公開日: : グルメレポート

パタヤカンにあるBIG-C EXTRA(ビッグシーエクストラ)

ビッグCエクストラ

セントラルパタヤロード(パタヤカン)をスクンビット方面へ進み、サードロードを越えて左手にある。
バイクがあれば便利だが、ソンテウの巡回ルート上にあるんで、ソンテウでも簡単に訪問可能。

わたしが初めてパタヤを訪れた時はカルフールだったが、その後、カルフールがタイから撤退して、ビッグCエクストラとなった。

2階が巨大なスーパーマーケットとなっている。元カルフールだけあって、とにかくでかい。ノースパタヤのビッグCよりも広いかも。

わたしは、かつてパタヤでアパート暮らしをはじめる際に、ここで必要なものを買い揃えた。
とりえあず日用品から電化製品、食料品まで何でも揃うんで、ここに来れば問題なし。本屋もある。

生鮮食品や惣菜も種類豊富。
輸入物も扱っていて、日本の商品も手に入りやすい。インスタントラーメン、カレー、醤油、焼き肉のタレ、焼きそばソース、サバ缶、味噌汁などなど。どれも値段は高いけど、長期滞在者の強い味方ではある。

スーパーマーケットの横は、ホームセンター「HOME PRO」。ここも大きい。

ビッグCエクストラのホームプロ

一週間程度の短期滞在でも、とりあえずビッグCへ行って、滞在期間中に必要になるであろうモノを買い揃える人も多い。どうせ買うなら、コンビニよりも安価だし、品揃えも豊富。
セカンドロードのパタヤカン交差点にあるスーパー「TOPS」が閉店となった今、パタヤ中心部の大型スーパーマーケットといえば、ここ、ビッグCエクストラだろう。
(セントラルフェスティバル地下のスーパーはちょっと小さい上に、お値段も高め。)

1階には、メジャーどころのチェーン店系レストランが揃っている。
KFC、スウェンセン、ミスタードーナッツ、FUJIレストラン、MKなどなど。
KFCのメニュー表を見る限りでは、パタヤ中心部よりも安い。

こういった人が集まる場所には掲示板が用意されているもの。

ビッグCエクストラ内の掲示板

車やコンドミニアムの売買と賃貸情報がメイン。
個人が中心なので、代理店を通すよりも安く物件が借りられることもある。気になる人はこまめにチェックだ。

SPONSOR LINK

フードコート(FOOD PARK)

ショッピングセンターにつきものなのが、フードコート。ビッグCの場合、フードパークという名称になっている。

ビッグCエクストラのフードコート (3)

ここのフードコートは、セントラルフェスティバル地下のフードコートよりも、庶民的な雰囲気。少なくとも高級感はまるでない。
セントラルと同じ系列の店舗も入っているようで、全体的には似たような品揃えなのだが、同じメニューでもビッグCのほうが安い。セントラルが60バーツなら、ここは50バーツといった具合。

セントラルに比べて、客足は少ない。あまり旅行者が訪れる場所ではないせいかな。
夜8時過ぎで、この閑散ぶり。

ビッグCエクストラのフードコート (6)

フードコートの利用方法

説明不要だろうけど、念のため。

まずクーポンを購入する必要がある。プリペイドカード方式になっており、入ってすぐの窓口でカードを購入する。
一人で食べるだけなら100バーツもあれば十分なんで、100バーツ札を出せばオッケー。1000バーツ札を出す場合は、金額を指定する。すると、ちゃんとお釣りは返ってくる。
また、使用後に残高があれば、プリペイドカードを出して返金してもらおう。特に言葉はいらない。黙ってカードを差し出せば、返金してくれる。英語では「Refund リファンド」と言う。

ビッグCエクストラのフードコート (1)

あとは、好きな店先で料理を注文して、プリペイドカードを渡せばいい。

ただし、フードコート内には、ちょっとした屋台も出ていて、そこは現金決済のみ。
また、安いステーキ屋などもあって、そちらも現金での支払のみ。

ビッグCエクストラのフードコート (2)

お箸やスプーンは、お湯で消毒できるようになっている。セントラル地下のフードコートにはないシステム。

おすすめメニュー

ビッグCエクストラのフードコート (4)

カオマンガイ、クイティアオ、ぶっかけ飯系、カレーなど一通り揃っているが、セントラル地下のフードコートよりも種類は少ない。
洋食系や日本食もほとんどない。
(フードコートとは別だが、すかいらーくによく似た日本食風のステーキ屋ならある。謎のオーサカステーキとかね。)

まあ、庶民向けのフードコートなんで、高級な味はまったく期待できない。
英語でも表記してあるし、旅行者でも気軽に利用できるのが高ポイント。

わたしが、ちょこちょこと利用している店舗がこちら。

ビッグCエクストラフードコートのバミー (2)

この写真の右下のものが、おすすめ。
ビッグCエクストラフードコートのバミー (5)

バミーに豚肉とワンタンがゆで卵が載っていて、甘辛いソースをぶっかけたもの。
料理名は不明。

焼き豚とカリカリ豚肉の甘からソースがけバミー」といったところか。豚肉は、英語で「SPECIAL MARINATED PORK RIBS」と書いてある。たぶん、カリカリ豚肉のことだと思われる。

実物がこちら
ビッグCエクストラフードコートのバミー (4)

見るからに、身体に悪そうなジャンキーな風貌だ。

味もかなりジャンキー。ソースがどっぷり。

でも、意外とうまい。
大量にかかっている甘辛いソースに最初違和感があるが、そのうち慣れてきて、やめられなくなってしまう。

豚肉とワンタンとゆで卵好きには、この組み合わせがたまらない。
焼き豚は今ひとつだが、カリカリの豚肉がおいしい。

ガラスケースには、豚肉をどーんと吊るしてある。

ビッグCエクストラフードコートのバミー (1)

見本を見る限りでは、クリスピーフライドチキンもあるし、あひる(Duck)焼きも置いてある。
お好みの具材を載せてみよう。バミーではなくて、白ご飯でもオッケーだ。

B級ジャンクフード好きには、たまらない一品である。
50バーツ。

おそらく、セントラル地下のフードコートにはないメニュー。

この店舗には、普通のクイティアオの他、ガオラオと白ご飯のセットも置いている。

ビッグCエクストラフードコートのバミー (3)

 

フードコート内で、他には特におすすめはありません。
こちらが外国人だとわかると、やたらとマッサマンカレーをすすめてくる店があるくらい。

まあ、気軽にお好きなものをどうぞ。

あと、謎のすかいらーく風ステーキ屋とその隣のステーキ屋も、過去何度か利用したことがある。

ビッグCエクストラのステーキ屋

ステーキや丼ものがが60バーツくらいなんで、味に期待は厳禁ですな。
他に行くところがあるでしょう。

というわけで、セントラルフェスティバルに比べると、物価の下がるビッグCエクストラのご紹介でした。

地図

ソンテウ乗り場も併記しておいた。

サードロードより先なんで、不便な場所にあると思いがちだけど、ソンテウに乗ってしまえば、楽々行ける。乗り場は、セカンドロードとセントラルパタヤロード交差点の東側。

帰りは、道路向かいにソンテウが待っていることが多いんで、簡単に乗車可能。このソンテウは、直進してビーチロードまで行くことが多いかな。客待ちしていない場合でも、しばらく待てば通りかかる。ただし夜間はがくっと本数が減るので要注意。

SPONSOR LINK

関連記事

カオソーイ (3)

パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

カオソーイとは、タイ北部チェンマイの名物料理。 乾燥麵と太麺が入ったカレーラーメンのようなもの

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

バレンタインズの朝食 (2)

バレンタインゲストハウスのブレックファスト@ソイレンキー。ミディアムサイズで109バーツ。

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、ソイレンキーにあるValentines GUES

記事を読む

ユアドンのカツ丼 (1)

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた

先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。 そういえば、新しく日本

記事を読む

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽キャベツ より:

    ここの前に200Bでフカヒレスープを食べさせてくれる店があります、今年は300Bに値上げしたので行っていません。
    最近フードコートではスムージーの利用が専門になりました。
    30-35B買い物後に歩き疲れた時に、外部テラスでの1服に最適です、またエスカレーター入口前のアイスクリーム店10Bで小さなソフトクリーム(バニラ、チョコレート)が食べられます。

    • pattayan night より:

      そういえば、ここのでフードコートでは、コーラやアイスコーヒーなどのドリンクは、サイズを容量で指定するタイプでしたね。「コーラ12オンス」みたいな感じでした。オンスで言われても、最初はさっぱり量がわからなかったです。

  2. APUS より:

    センタンB1FのフードコートとBiG-Cエキストラのフードパークでは客層が全く違います。

    センタンB1Fは外国人の短期旅行客が70%以上を占めています。
    一方、BiG-Cは外国人の短期旅行客は1%前後(ほとんどいない)、外国人のロングステイヤーが40%前後でしょうか?
    日中のフードパークのテーブルの多くが、外国人のロングステイヤーの集まりで占領されています。
    趣味が無い連中が多く、BiG-Cでのお喋りが唯一の暇潰しのようです。
    皆さん、平均して5時間前後滞在します。

    BiG-Cのフードパークは美味しくないので、BiG-CやHOMEプロの従業員は、外の個人営業のタイ飯屋で食べています。同じ値段で美味しいものが食べられます。

    千夜一夜さんも、ロングステイされるときは、ブッカオは飽きるので、生活の利便性に優れた大型ショッピングセンターの近くがお勧めです。

    • pattayan night より:

      ビッグCのフードコートは夜、がらがらですね。
      わたしは、以前、パタヤカン沿いのアパートでロングステイしていたので、ここはよく利用していました。昼間、コーヒー飲みながら本読んでました。似たようなファランも多かったですね。
      セントラル地下のフードコートでも、チェスやってる暇そうなファランを見ますね。

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑