*

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

公開日: : グルメレポート


セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場ともなっている。

そういったファラン向けのゲストハウスやレストランも多い。

queen-vic-breakfast-10

今回紹介するのは、THE QUEEN VIC RESTAURANT&GUESTHOUSEという店。
ここでブレックファーストを食べてみたのでレポートする。

SPONSOR LINK

THE QUEEN VIC RESTAURANT

正面
queen-vic-breakfast-8

看板
queen-vic-breakfast-9

名前は、QUEEN VICTORIAの略なのだろう。もろにイングランド系。
ソイ6に、QUEEN VICTORIAという有名パブがあるんで、わざとこの略称にしたのか。

店内
queen-vic-breakfast-3

queen-vic-breakfast-1

カウンターっぽい作りの席がメイン。テーブル席もある。

奥にはビリヤード台
queen-vic-breakfast-2

上階がゲストハウスになっている。
朝食を取っていると、上から宿泊客のファランが降りてくる。
宿泊料金は不明。たぶん1泊600Bくらいでしょう。
立地条件は素晴らしいんで、興味がある人は直接たずねてほしい。

イギリス本国の新聞が常備してあり、ファランたちはずっと読んでいる。
もちろん、タイの英字新聞であるBANGKOK POSTとNATIONの当日号もあって、自由に読める。

BREAKFAST

queen-vic-breakfast-7

メニュー番号1が、スモールブレックファストだ。105バーツ。
ビッグブレックファストは、160バーツ。

他にも洋食系メニューは揃っている。

今回は、スモールブレックファストをオーダーした。

queen-vic-breakfast-4

コーヒーはインスタントに毛の生えたレベル。マグカップは大きめ。
オレンジジュースは付いていない。

本体
queen-vic-breakfast-5

どんっ!とワンプレート

山型トーストが2枚。わずかに風味がある。タイのコンビニで見かける小さな四角いトーストよりはかなり上。
卵2個使用。
ポテト好きとしては、ベイクドポテトがうれしい。
イングリッシュソーセージは、くさみがないマイルドな味。
ベーコンは厚切りで脂身もあって、ちょっとしたステーキのようだ。
豆は定番ですな。
無難においしいイングリッシュブレックファーストだ。

おかずとトーストの割合が、ちょうどいい感じ。
味がくどくないのもいい。
ヨーロッパ系のソースが充実しているので、味はお好みで調整可能。

queen-vic-breakfast-6

思いっきりがっつり食べたい人はビッグサイズをどうぞ。
ベーコン、ソーセージの量が2倍。さらにトマトとマッシュルームが加わるみたいです。

店内喫煙可能。
食後は、コーヒーと煙草で一服しながら、英字新聞を読む。
客のファランは、みんなそんな感じ。

ずっと居座っていても、煙たがれることはない。

だらだらした空気が流れるパタヤの典型的欧米人向けレストランだ。
沈没ファラン系のだらけた雰囲気が好きな人には、うってつけ。

別に日本人でもウェルカムですよ。
店員のタイ女性はけっこうフレンドリー。

お会計は、バーカウンターに直接伝票を持っていってあげると、手っ取り早い。

地図

セカンドロードのソイ11、つまりソイハニーのセカンドロード寄り。
(現在のGoogle Mapに登録されている位置情報は間違っている。正確にはソイハニーの北側です。)

場所はわかりやすいが、いかにもファラン向けの雰囲気から素通りしてしまう日本人が多いかも。

まとめ

取り立ててうまいわけではない。
ただ、セカンドロードに近い立地のわりには安いし、ボリュームがあって味もそこそこいい。
評価は分かれるところだが、個人的には、これくらいのサイズと中身が一番しっくり来る。
量が少なくてもダメだし、多すぎるのも辛い。

何より、店内のだらけた雰囲気が好きだ。

ソイハニーその他のレストランもついて。

斜め向かいのベイブリーズホテルならビュッフェスタイルのブレックファストで150バーツ。
関連記事(ホテルレポート):バスタブ付きの格安ホテル。ベイブリーズホテルパタヤ (Bay Breeze Hotel Pattaya)宿泊レポート@ソイハニー

QUEEN VICのすぐ近くにあるJO Restaurantのブレックファストは、スモールなら79バーツ。
関連記事:JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

少々値段は上がるが、RETOX2号店のブレックファストはうまい。
関連記事:RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

有名なMALEE1号店も、ここソイハニーにある。
系列店情報はこちらから。
関連記事:MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。
関連記事:MALEEのブレックファースト69バーツと99バーツは、可もなく不可もなし

SPONSOR LINK

関連記事

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

パタヤのファランな朝食シリーズ RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。 ここの

記事を読む

Hot pot chimchum (1)

コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐりをしてから、チムチュムを食べる

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

セイラーレストランのブレックファースト (4)

【パタヤのファランな朝食】セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

ビーチロードのソイ8のビーチ近くにある老舗のバー&レストラン、SAILOR(セイラー)。 ステ

記事を読む

カオトムプラジャンバン料理

おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

少し前に紹介したおすすめのタイ料理&イサーン料理&シーフードのおいしいレストラン、カオトムプ

記事を読む

パタヤタイバミーナム (2)

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋

記事を読む

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)

ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるBITES RES

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑