*

バスタブ付きの格安ホテル。ベイブリーズホテルパタヤ (Bay Breeze Hotel Pattaya)宿泊レポート@ソイハニー

公開日: : ホテル情報


ソイハニー(セカンドロードソイ11)にあるベイブリーズホテルは、このあたりでは老舗のホテルとなる。
以前友人が何度が宿泊したことがあり、見学もさせてもらったが、自分でも実際に宿泊してみることにした。
少し古いホテルだが、きちんと手入れされていて、特に不都合はなかった。
バスタブ付きなのが日本人には嬉しいところ。

SPONSOR LINK

ベイ ブリーズ ホテル パタヤ (Bay Breeze Hotel Pattaya)

場所は、ソイハニーのセカンドロード寄り。
ビーチまでは徒歩5分くらいの好立地だ。

baybreezehotelpattaya-18

レセプション
baybreezehotelpattaya-21
ロビーは広めでソファーあり
baybreezehotelpattaya-17

デポジットは不要。
部屋まではベルボーイが案内してくれた。
もちろんエレベーター付き。

スタンダードルーム部屋内部

予約したのはスタンダードルーム(バルコニー無し)となる。

ドアを開けたところ
baybreezehotelpattaya-1

ダブルベッド、液晶テレビ、冷蔵庫、作業机、クローゼット、テーブルと椅子2脚、スーツケース置き。

baybreezehotelpattaya-2

baybreezehotelpattaya-3

baybreezehotelpattaya-5

パタヤの中級ホテルとしては、充分合格点。
決して広くもなく狭くもなく、普通に滞在できる。

電子ケトルとインスタントコーヒーとティーも置いてある。
baybreezehotelpattaya-8

クローゼットの中に、スリッパとセーフティボックスあり。
baybreezehotelpattaya-9

セーフティボックスはロックされた状態となっていて、利用するにはレセプションに声をかける必要があるようだ。
そういえば、以前友人が宿泊していた時もそうだった。レセプションに電話して、それなりの地位の人が鍵を開けてくれた覚えがある。

わたしが宿泊した部屋は室内喫煙可能。
灰皿も置いてあった。

一番安いスタンドルームにバルコニーはない。

baybreezehotelpattaya-6

窓枠の下は、ちょっとした物置スペースみたいになっていて、エアコン室外機が置いてある。
さらに手すりがあるので、そこに洗濯物を干すことができなくもないかな。

(バルコニー付きのスタンドルームもあるので、バルコニーが欲しい人はそちらを予約しましょう。)

わたしが通された部屋は、ソイハニーイン側の4階。
向かい側の建物の屋根が見える。

baybreezehotelpattaya-7

階下には、RETOX GAME ONなど、欧米人向けパブやバーなど。

バービアも近くにあるので、呼び込みの喧騒は聞こてくるものの、爆音で音楽を鳴らしているわけではない。

セカンドロードを渡った先のソイ10バービア群の音楽が一番にぎやかだが、さすがに気になるほどうるさくはない。

窓から見えるソイ10バービア群
baybreezehotelpattaya-20

夜は充分静かに眠れた。

なお、部屋の照明が少なくて、夜になると少々薄暗く感じた。
ムード重視の方には問題無いでしょう。

浴室内

baybreezehotelpattaya-11

スタンダードルームはバスタブ付きとなる。
ユニットバスタイプだ。
しかも、お湯の出方が半端ない。

時間帯によるかもしれないが、江戸っ子も納得の熱々の湯が出た。
また、シャワーは壁固定式で使いにくい。しかも水圧がきついため、温度調整がなかなか難しい。

baybreezehotelpattaya-10

アメニティは、バスフォームとシャンプーと石鹸とシャワーキャップ。歯ブラシはない。
洗面所でもお湯が出ます。

タオルは、ボディタオルのみ。ハンドタオルやフェイスタオルは無し。

トイレからタイ名物のハンドシャワーが外されている。
これはマイナス点だ。あれがないと大をした時に困るし、タイ女性も不便に感じるに違いない。

浴室は、壁のタイルが剥がれていたりと、全体的に老朽化が目立っていた。
これは寝室内にも言えること。でも、決して汚いわけではないのでご安心を。
古い施設のわりには頑張っているほうだと思う。

 

Wi-Fiは、ブラウザを開いてログインするタイプ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_091516_053005_pm

User NameとPasswordは、レセプションで登録してもらう必要があった。
ユーザーネームは部屋番号、パスワードは自分のファーストネームとなる模様。
速度はまずまず快適。

デラックスルーム

なお、以前友人が宿泊したデラックスルームがこちら。

baybreezedelaxroom-3

baybreezedelaxroom-1

たしかに部屋は広くなり、設備もやや豪華に。

baybreezedelaxroom-2

ただし、浴室に湯船は無し。洗面台は広くて綺麗。
よく見ると、こっちはトイレのハンドシャワー付きだなあ。
(この写真は2014年に撮影したもので現在もハンドシャワーが健在かは不明。)

館内設備

建物は9階建て。
プールは3階にある。

baybreezehotelpattaya-12

かなり狭めで景観も悪いが、チェアの数は多い。

baybreezehotelpattaya-13

タオルも置いてある。

がっつり泳ぐにはまったく不向き。リゾート感もまったくない。
昼間に何もすることがなければ、ここに来て、ひたすら寝転がることを推奨します。

2階階段踊り場付近にソファーと、フィットネスマシーンが一台だけ置いてある。
baybreezehotelpattaya-14
なぜ、こんなところに。

1階ロビー脇にレストラン。

baybreezehotelpattaya-16

朝食ビュッフェは150バーツ。

baybreezehotelpattaya-15

もちろん、朝食付きプランに宿泊すると追加料金無しで食べられる。
ここの朝食は評判がいいですね。
朝7時から12時まで提供しているのは高ポイント。ゆっくり起きても大丈夫だ。

予約の際は、朝食付きプランと朝食無しプランの料金を比較しましょう。
150バーツ以内の差額なら、朝食付きがおすすめ。それ以上の差額なら現地で朝食料金を払ったほうがお得になる。

地図と周辺施設

地図

場所はセカンドロードのソイ11、すなわちソイハニーインとなる。略してソイハニーで通じる。

このソイを抜けていくと、ソイブッカオへ通じる。
ソイハニーは、言わずと知れた怪しいマッサージ通りだ。特にソイブッカオ側は露骨に怪しい。

ベイブリーズ目の前にあるクイティアオ屋はすっきりした味のスープでおいしい。
手軽にクイティアオを食べるにはおすすめ。

ベイブリーズ玄関前に、RETOX GAME ON。ここはソイレンキーにあるRETOXの姉妹店。24時間営業のスポーツバーだ。
朝食レポートがこちら。
RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

69バーツで食べられるブレックファースト店もあるが、味量とも今ひとつか。
JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

セカンドロードを渡って少し北上すれば、巨大ショッピングモールのセントラルフェスティバル。
ここに来れば、日本食からファストフードまで何でも揃う。地下のフードコートはタイ初心者でも利用しやすい。

ソイブッカオまで出て、右折すればすぐにLKメトロへ。

ウォーキングストリートまで行くには、セカンドロードを渡りビーチロードまで出てから、乗り合いソンテウをつかまえるのがわかりやすい。10バーツ。
もちろん、ソイブッカオから南行きソンテウに乗っても大丈夫だ。これも10バーツ。パタヤの地理に慣れていない人は、降り場所(サウスパタヤロードとセカンドロードの交差点)がちょっとわかりづらいかもしれない。初心者の人は、ビーチロードへ出るほうが無難。
ウォーキングストリートからの帰りは、セカンドロードの乗り合いソンテウで1本。ビーチロードのソイ10付近で下車すればいい。10バーツ。

パタヤ初心者から、それなりのリピーターまで、満足できる立地条件でしょう。
昼も夜もとにかく便利なので、よほどあちこち出かけたい人以外、レンタルバイクは不要ですね。
徒歩とソンテウでパタヤ中心部の主だったスポットや夜遊びは網羅できるはずです。

ちなみに、バイク置き場は玄関前だけで、ちょっと狹い。ハイシーズンは置き場に困るかも。
ただし、ソイハニー内にベイブリーズ専用駐車場があって、そっちまで行けば、いくらでも駐輪できそう。

baybreezhotelpattayaparking

駐車場。BAY BREEZ HOTEL’S GUEST ONLYと書いてある。

宿泊料金と予約先

朝食無しのプランで予約した。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_101916_081720_pm

スタンダードルームで、税込みにすると、約850バーツ。
ブッカオの格安ホテルに比べれば、やや割高ではあるが、立地条件とバスタブ付きという設備をかんがみれば、コスパは悪くないと思う。
ハイシーズンで1000バーツほどで予約できれば利用価値は大いにある。

ベイブリーズホテルパタヤ予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコム

総評

まずまず広くて、まずまず清潔で、まずまず居心地がよい。
立地条件と料金を懸案すると、まずまず合格点だ。
バスタブ付きで、室内喫煙可能。
決して豪華さを求めず、リゾート感も求めず、こういった条件でいい人には、まずまず向いてます。
特にパタヤ初心者でも安心して利用できるはず。
ハイシーズンで他のホテルが軒並み高くなった場合に利用価値大でしょう。

SPONSOR LINK

関連記事

じゃらんホテルクーポン年末まで (7)

年末の宿泊までオッケー。じゃらんの1万円クーポン配布中。残り3日。

以前の記事でも取り上げた「じゃらん」の最大1万円割引クーポン配布。 それ以降も、ずっと継続中。

記事を読む

Sutus court room (2)

ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。 日本語表記はばらつきが

記事を読む

ジャングルリゾート (12)

ジャングルリゾート宿泊レポート@ジョムティエン・チャイヤプルック

先日宿泊したジャングルリゾートホテルの詳細な宿泊レポートをお届け。 とにかく、都会の喧騒を

記事を読む

チャップリンイン (7)

チャップリンイン(Chaplin Inn)宿泊レポート@サードロード。穴場的ホテルで長期滞在可能。

日替わりホテルシリーズ後半戦の2軒目はサードロードへ。 パタヤタイとの交差点近くにあるチャップ

記事を読む

pattaya-at-nine-hotel-1

センタン徒歩15秒。パタヤアットナインホテル(Pattaya at Nine)宿泊レポート。

ビーチロードのソイ9といえば、問答無用のパタヤ警察署、そしてセントラルフェスティバル(通称センタ

記事を読む

Sawasdee Hotel Sukhumvit Soi 8 (8)

意外と綺麗で便利。サワディー ホテル スクンビット ソイ8 (Sawasdee Hotel Sukhumvit Soi 8)宿泊レポート。

バンコク・スクンビットソイ8にあるサワディーホテルに泊まってみた。 サワディーグループといえば

記事を読む

スクリーンショット_051216_124613_PM

【クーポン配布継続中】じゃらん海外ホテル予約の都市名検索方法。タイの地方都市も扱っているよ。

じゃらんのタイの地方都市ホテル検索方法 お得なクーポン配布継続中のじゃらん海外ホテル予約。

記事を読む

The garden palce pattaya swimming pool (1)

屋上プール付きの格安ホテル、ザ ガーデン プレイス (The Garden Place)宿泊レポート

一泊600バーツからと格安ながら、部屋が広くて、屋上にスイミングプールまで付いているホテルに泊ま

記事を読む

centara-azure-deluxe-room-8

ソイブッカオ新築ホテル、センタラ アズーレ ホテル(Centara Azure Hotel Pattaya)内部見学レポート

随分前から建築中で、ずっと推移を見守っていたセンタラグループの新しいホテル&コンドミニアムがつい

記事を読む

スクリーンショット_061816_100044_PM

ホテルズドットコムのアプリ・モバイル限定8%割り引きクーポン配布中。PCでも適用させる方法。

ホテルズドットコムの8%割引クーポン 海外ホテル予約サイト、Hotels.com(ホテルズドッ

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑