*

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

公開日: : グルメレポート


パタヤのファランな朝食シリーズ

RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。
ここの朝食は、かなり評価が高い。
本格的なイングリッシュブレックファーストが99バーツ食べられる。

レポートはこちら
RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

そのRETOXの2号店がソイハニーインにオープンしている。

ブレックファーストを食べてきたのでレポート。

SPONSOR LINK

RETOX GAME ON

店の名前は、RETOX GAME ON(レトックスゲームオン)

RETOX2号店 (2)

店があるソイハニーとは、セカンドロードのソイ11のこと。
ページ10など日本人御用達のホテル街であるビーチロードのソイ10を渡った先だ。
ちょうど、ベイブリーズホテルの目の前がRETOX GAME ONとなる。

地図

RETOX GAME ONは、かなり大きな店舗で、セカンドロードのソイ10側からも入ることができる。
バイクは裏口のほうがとめやすい。

RETOX2号店 (3)

わたしは裏口から入った。

RETOX2号店 (1)

本当に店内は広い。
巨大なスポーツバーで、店内のいたるところにTVモニターがある。
たぶん、パタヤ最大のスポーツバーではなかろうか。
RETOX1号店の2倍以上の広さ。

RETOX2号店 (4)

RETOX2号店 (5)

テーブル席も多数。
いくらでも好きな場所へ座れそうだ。

Small Breakfast

RETOXGAMEONブレックファースト (1)

メニューを見てみると、フルブレックファーストとスモールブレックファーストに別れている。

スモールが95バーツ、フルが295バーツ。

反射的にスモールをオーダーした。
が、これはドリンクが別途注文となった。たまに、こういう店がある。
朝食の内容に期待しよう。

コーヒーが45バーツ。

RETOXGAMEONブレックファースト (2)

大きめのマグカップ。
このコーヒーはお代わり無料とのこと。

本体の到着。

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

大きくて太いソーセージが1本。
厚切りのベーコンが1枚。
器に入ったベイクドビーンズ。
目玉焼き。
トースト1枚を二つに切ったもの。

確かにスモールサイズではあるが、見た目の迫力はなかなかのものだ。

ベーコンがうまい。
本当に厚切りで、まるでステーキのようだ。

ソーセージは、わずかに臭みのある本格的なヨーロピアンソーセージ。
これも食べごたえがある。

ベーコンとソーセージは、ホテルの朝食ブッフェにありがちな安っぽいものより格段も上だ。
実に肉肉しいコンビである。

豆とトーストは至って普通だが申し分なし。できればトーストはもう1枚ほしい。

全体的に上質の食材を使っている印象。
調理の仕方も丁寧。

本場イギリス人たちを満足させるには、これくらいやらないとダメなのだろう。
イギリスは料理に関してはダメダメだけど、朝食だけはうまいからなあ。

スモールブレックファーストとコーヒーで合計140バーツとなった。

 

ソイレンキーのRETOX一号店の99バーツブレックファーストに比べると、ボリューム的には寂しくなる。

これが1号店の99バーツブレックファースト
RETOX朝食 (4)

でも、ソーセージとベーコンは、2号店のほうが上かな。

2号店でも、フルブレックファーストだと、トマトやポテトも増えて、コーヒーもオレンジジュースも付いてくる。
ボリュームも3倍くらいありそう。
295バーツ。

費用対効果を考えると、RETOX1号店の99バーツブレックファーストを食べるべきだろうけど、ビーチロード周辺のホテルに滞在している人は、気軽に2号店へ行くのも大アリだと思う。
コーヒーがおかわりできるし、店内は広々としていて快適。
喫煙は外のテラス席で。

他にも、がっつりとしたファラン料理が多数あり。
味もボリュームも間違いないと思われる。

180グラムのオーストラリア産和牛を使ったgame on burgerはかなり強烈そうだ。
誰か食べてみてください。

ドリンクは、LEOが70バーツと良心的な価格帯。カクテル系も100バーツほど。
食事は抜きにして、単純にスポーツバーとしての利用価値も高い。

まあ、まわりはファランだらけだけど、気にしなくてもオッケー。ウェイトレスが気軽に話しかけてくれます。
ゴルフコンペも開催。9時くらいに集合みたいです。常連は店内の大型ロッカーにゴルフバッグを預けているようです。
ちなみに24時間営業です。

SPONSOR LINK

関連記事

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

Third road bukkake rice venue (4)

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。 サードロー

記事を読む

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

Brauhaus menu (5)

ドイツ料理レストラン、Brauhausのジャーマンブレックファースト

パタヤの各国料理レストラン紹介シリーズ。 今回はドイツへGehen(Go)! どうでもい

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

ビッグCエクストラフードコートのバミー (4)

ビッグCエクストラのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

パタヤカンにあるBIG-C EXTRA(ビッグシーエクストラ) セントラルパタヤロード

記事を読む

Tee laab zeb Tom zab

サードロードの安くてうまいイサーンレストラン、ティーラーブセーブ。おすすめはトムセーブ。

サードロードのおいしいイサーン料理専門店をご紹介。 店名は、ティーラーブセーブ。 看板

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑